2006年01月22日

センターを終えて

点数とかは報告しません。志望校等バレる恐れがありますので。



結果から言うと、『新過程はいやがらせ』ですね。
確実に昨年度より全教科において、かなり易化していますね。
(生物と物理は今年受験していませんが)

センターが易化すると何が問題かというと、ズバリあしきりです。
最高点は変わらないのに、平均点だけがあがります。

それにあわせて足きりラインまであげると、かなり上位の人まで
圧迫されるので足きりラインは変わらないと予想されます。


するとどうなるか?二次試験への負担が増えるのです。

本当に実力のある人なら問題ないですが、私のような大勢の一般人は
問題に左右されます。特に数学や国語には注意が必要です。

自分に合えばスラスラ解けますが、自分に合わないと・・・
おわりです(涙)


足きりをパスした大勢の方がくるわけですから、それだけ
問題と感性が合う人も増えるので嫌ですね^^;

以上二次試験へ向けての愚痴でした(笑)



あともう一つ!
リスニング無駄です。無駄。

あんな高校入試レベルの英語を聞かせる意味ありませんね。
しかも新過程で勉強した方達は、これの特訓までしてるんですよね?
時間の無駄です。リスニングは英語の平均点をあげただけでした。

と言いつつ、一つ間違えて48/50でした(笑

save_japan at 18:47|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2006年01月08日

圭一さんへ

こんにちは、圭一さま。

返事を書くと恐らくコメント欄に収まりきらないので
エントリーとして返事をさせていただきますね。
(始めにお願いしておきます。私は無意識の内に乱暴な表現を用いてしまう
ことが多々あります。それでも悪意はありませんので、最後まで読んでほ
しいです。)


まず第一に、友達になれるかどうかを答えておきます
『なれません』が答えです。

政治についてのブログやサイトを見ていただくと分かると思うのですが
このような場所では過度な馴れ合いは必要ではありません。
(何故かは自分で考えてみてください)

しかし、各々の意見や感想を述べ合うディベート相手としての関係なら
成立させることが可能ですね。



次に、誤解と偏見について。

圭一さまの発言をみていると、幾許か私に誤解や偏見を持たれているよう
にみえますので、一応説明しておきます。

私と圭一さまの最終的な願望は大差がないことにお気づきですか?
『労働者の救済』が私の最も大きな願望です。圭一さまも『労働者保護』
をあげておられますね。

もっとも、この先自分が労働者になることもあるのに『労働条件の改悪』
を理想として掲げる人なんているわけないんですが。



3つ目に、立命館について。
なぜ私が立命館を散々に批判しているかは過去に幾度か述べています。
従って、これ以上言うことはありません。むしろ私の発言から疑問に
思った点などがありましたら教えて欲しいくらいです。

私は『立命以外の私立・国立は大好き』というワケではないです。
全国の大学を調べて頂いたら分かりますが、左翼思想に触れる場所は
山のようにありますが、まともな保守的な思想を学べる場所は皆無です。

このことから分かるように、基本的に左翼思想というのはエリート主義
に陥りやすいのです。(サヨクを学ぶ大学がほとんどのため)

従ってほとんどの大学の文系は嫌いなのですが、立命・京大は断トツで
嫌いですね。


・・・と、まだ聞きたいことや主張したいことはたくさんあるのですが
本日はここまでです。



圭一さまが本当に私と接点をもつことをお望みでしたら、私からの
質問に答えていただいたり、あるいは逆に質問していただけると幸いです。
懐疑心なしに立命に入学すると、共産思想から抜け出せなくなりますので
ここで自分の信じるものを疑う能力を養えて欲しいです。

では。

save_japan at 02:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年01月02日

もう、新年二日目ですが・・・

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

近況報告はこちら↓続きを読む

save_japan at 16:28|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2005年12月26日

ヒューザー関連について

コトの発端や、現在の状況はもうあえて説明する必要はないと思うので
省略させていただきます。



SGが起こした問題なのだから、SGの資金で解決するのは当然だと思って
いたのですがどうやらSG関連者及び自民・公明の為政者の話を聞いていると

『建築業界はどこもかしこも自分達と同じような仕事をしている』
『だから今この問題をさわげば、建築業界全体が傾くことになる。』

などと理解することも可能なコメントがとびかっています。



そしてこれを『まってました』、とでも言わんばかりの勢いで与党批判を
公明以外の売国党の支持者達が開始しました。

確かに今回の件で、自民の一部議員と建築業界とでひどい癒着問題が
あるという事実はわかりました。だけど、この件だけで自民党の存在自体
を否定し次の選挙でぼろ負けさせようとする動きはいただけません。


いったい、売国党支持者(以下便宜上サヨクと記します)達は自民を与党
の座から引きずりおろして何をしでかすつもりなのでしょうか?

まさか自分達の支持政党である売国党を与党にする気なのでしょうか?
自民批判だけを繰り返し、自分達の支持政党に関して何の疑問も持たない
サヨクの言動をそう簡単に信じるのは危険です。

私は自民党を支持しますが、右翼でも保守派でもありません。
日本は間接民主制なので、自分の意見と100%一致する議員や政党が存在
しないのは当然です。ですから、どこの政党を支持するかと問われれば
日本の政党の中で最もマシな自民と答えるしかありません。

たったそれだけの理由で自民を支持しているのですから、当然今回の件
でも自民を批判します。この件を通して自民の問題議員と、公明党が与党
から去ってくれれば良いと思っています。


どんな結果になろうとも売国党が与党となれば、この問題が小さくみえる
ほどの大問題を起こすのが目にみえています。



右翼とかファシズムなどのくだらないレッテル貼りしている暇があるの
であれば、くだらないエリート主義に浸らずに今ここで起こっている問題
に正面からぶつかったらどうなんですかね?売国党の支持者の方達は。


(END)

save_japan at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年12月21日

近況報告

↓クリック↓続きを読む

save_japan at 12:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

日本が侵食されつくす前に・・・

結論ありきで話を展開することはあまり好きではありませんが、
これだけは理屈を述べるまでもなくハッキリしているので仕方ありません。

『日本に共産主義は全く必要ではない』

(というより、共産主義自体が机上の空論にすぎません。)



共産主義をまとめた有名な方の理論によれば、資本主義社会は
『資本主義が成熟』→『社会主義へ』→『共産主義へ』
と移行していく、つまり共産主義は最もな高次な資本主義だそうです。

だけど、実際には日本や資本主義諸国を見れば分かるように
そこまで資本家と労働者の関係が悪いわけではありません。むしろ
日本における職人としての労働者の立場は素晴らしいものです。

つまり何が言いたいのかといえば、現在では資本主義諸国が資本家と
労働者の関係悪化により社会主義国へシフトすることは起こらない

というコトです。我々の社会は上記の理論の移行ではなく、新たな素晴ら
しい社会へと日々動いているのです。



しかし、共産主義者の後者達はそれではおもしろくありません。
そこで労働組合を作り、恣意的に労働者と資本家の関係悪化を引き
起こそうとしているのです。

労働者と資本家間の関係を良好にさせる機関は、資本主義社会においては
必然なのです。なぜかと言えば、労働者の意欲が増せばそれだけ効率も
良くなります。そして、労働者も楽しく働くことが出来るからですね。

ここまで重要な機関を共産主義勢力に抑えられたのが痛手でした。
そして、未来の労働者や資本家になる子供を教育する機関である学校も
日教組に侵食され、間接的であれ直接的であれ『差別はよくない』などの
言葉を通して、『共産主義=良い』という教えを刷り込まれています。



しかし、2002年のワールドカップを境に転機が訪れます。
嫌韓の波の到来です。(もちろんブロードバンドの普及も重要)

韓国の数多の悪行が知れわたり、それに伴い韓国の悪行の容認を通りこし
むしろ推奨、或いは悪行の責任を全て日本の責任に転化させている諸団体
の存在が知られるようになってきました。

何を隠そう、私もこの時嫌韓になった一員です。中学時代の私と言えば
平気で『自衛隊は必要ない』などと言っていました。そして受験勉強の
ためだけの勉強は必死に行い学内1位を取って優越感に浸っていました。
本当は社会の仕組みなんてなにも知らないバカだったのに、非情に愚か
者でした。

(今思い返せば、このように受験勉強だけに注意を向けさせ共産主義の矛盾
に気づかせないようにしたのも日教組の手法だったのかもしれません。
これも受験競争の弊害の一種ですね。)



話がずれましたが、韓国の悪行を通じて朝鮮系カルト宗教の恐ろしさや
メディアの腐敗、在日外国人の問題、そして国内の売国奴の存在を私に
知らせる結果となったのは皮肉なものですね。

そしてネット上では、上記共産勢力の捏造や不正の解明及び分析の速度は
どんどんあがってきています。しかし未だに大衆の大部分は共産勢力に
洗脳されネットの情報はいかがわしいものだと信じています。



確かmumur氏が『不特定多数の個人であって、組織ではない』ことがネット
のメリットだとおっしゃていられた思うのですが、私はメリットであると同時に
デメリットでもあるとも感じています。

ネット世論が、世論を越えるためにはやはり組織ではなくてもある程度の
大きな団体が必要だと思うのです。ここに記載されている内容の全てを
信じているわけではありませんが、まず一般の方たちではかの国の方達の
やり方にはなんの抵抗もできないでしょう。

共産勢力を批判することによって、『差別主義者』とのレッテルを貼られ
逆に差別を受けるような状況である以上、極一部の方達を除いて個人での
活動には限界があります。このような状況で個人で活動するためには団体
のバックアップがないと厳しいです。

でも確かに組織化すると、ヒエラルキーが構成され団体内の論調に偏りが
生じてくる可能性も十分あります。だけど、団体のバックアップが欲しい
のも事実です。この葛藤を解決し乗り越えたときに日本を侵食する共産勢力
を一掃することも可能かもしれませんね。



(END)

save_japan at 04:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

共産主義者には・・・

2つの種類があると思うのです。

前者はただひたすらに、『差別のない』『平和』な世界になることを願う
人達ですね。理想を追い求めるなら矛盾なんて関係ない、といった
ところでしょうか。このタイプの人達はアーティストであったり、著名な
作家であったりと世間に強い影響力をもつ人が多いです。



そして後者は資本家ではなく、共産党が労働者を支配するという
野望を持った人達です。ソ連型共産主義を批判する人が多いですが、あなた
達も結局は自分の利益のために共産体制を作ろうとしているのですから、
ソ連型共産主義と同じですね。そして前者の共産主義者を広告塔に利用して
自分達はクリーンであると宣伝する手法自体が汚いことに気づいていません。



最も現在共産主義社会を目指している方たちは、前者のように現実逃避を
行い理想だけを語る方と、今以上に利益や権利を得ようとしている諸悪の
根源である後者しかいません。つまりどちらとも必要ないです。

R館大学の件を見て頂ければ分かりますように、たいてい後者型の
共産主義者達は彼らが批判する「現段階での資本主義社会」にて成功、
つまり今流に言えば勝ち組に分類されている方が多いです。

それでいて、『平等な社会を』と言うのですからあきれてしまいます。


結局<共産主義>は必要ないってことです。



(END)

save_japan at 04:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月17日

日本の大衆はこのままで良いのか?

前回からの続きです。

もしも、大衆がこのまま思考停止を続ければ私たちも政治の手法を
変えなければなりません。つまり一人、或いは少数の非情に優秀な
人間のグループが代表となり政治をしていく形です。

こういうコトを言うと、無知な大衆は貴族制だの君主制だのと文句を
言いますが、今の政治は扇動政治家による衆愚制だと説明すれば良い
でしょう。



結局は日本をまともな国家に戻すためには2種類あると思うのです。

 1:共産勢力を追放した後、大衆を無知から脱出させる
 2:共産勢力以上に甘い言葉で大衆を利用し、共産勢力を追放する。

2も、左翼もとい共産勢力を追放した後大衆を無知から脱出させる
ので結局は同じなのですが、1の手法の方が好ましいです。しかし、
実際問題として少数の良識人で圧倒的多数(+無知の大衆)の共産勢力を
追放できるかといえば難しい問題です。



大学、宗教、会社と共産勢力の影響力はどんどん広がっています。
実際に共産勢力の支配下に落ちてしまった都道府県も出てきている
くらいです。共産勢力一派の思想が危なくなければ私も文句はあり
ません。しかし彼らの思想は危険すぎるのです。
(というより、私は共産勢力の方たちがまともな発言をしているのを
見聞きしたことはありません。つまり彼らの言動は全て・・・)



しかし、時代は進み新たな希望が見えてきたのも事実です。
そう地上波デジタル放送です。現在の民放とNHKが独占する形から
脱出し新たな放送局を作ることが出来るならまだ望みはあります。

日本国民が、日本全土で均質な番組を見る機会を減らしていけば
共産勢力の洗脳も弱まっていきます。そして圧倒的にチャンネル数が
増えれば全ての番組を共産勢力がチェックする時間もなくなります。

でも今の独占状態が崩れることはあまり期待できないのが実情です。



やはり私たちが取れるただ一つの手段は、上記のです。
社会調査で大衆の調査をした後、心理学でどうすれば大衆を惹きつける
ことができるのか研究します。そして選挙で両院ともに圧倒的大多数で
席をとり、共産勢力を追放するための法整備を行う。

共産勢力一派がまた独裁政治だの『レッテル貼り』をしてきたら、こち
ら側も『レッテル貼り』をすれば良いのです。ここまでの状態になって
いるのであれば、明らかに大衆はこちら側の勢力になっています。実際
にそうなのですから『売国奴』と呼べば良いでしょう。



そして最後に、大衆を無知から脱出させなければなりません。
我々だって人間です。目先の欲望に駆られて、いつ裏切るか分かり
ません。その見張り役として大衆は必要不可欠なのです。

世界に誇れる日本人、日本国にしてきたいです。



(END)

save_japan at 18:35|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

私はなりたくない!

似非平和主義をとなえ『自衛隊反対』、『国際化しろ』
『差別するな』と根拠もなく妄言を叫び続けるのが左翼

そして

街宣車で軍歌だけを流し、構成員に在日朝鮮人を抱え、自己及び
上記左翼の矛盾に対し発言や行動を起こさないのが右翼の定義で
あるのなら、私は右翼にも左翼にもなりたくない。

更に言うならば、こんなのが右翼・左翼ならば日本には必要ない。




左翼の発言する甘い言葉に安々と騙される大衆も反省すべきです。
きちんと説明すれば、小学生でもわかる左翼のウソに騙されては
いけない!!

日本の政治は間接民主制なのだから、大衆が思考を停止すれば
政治が腐敗するのも当然です。我々は賢い大衆でなければなりません。

しかし、上記左翼の方たちは手遅れです。思考形式いや思考回路が
朝鮮半島のモノと同一となってしまっています。都合が悪くなれば
論理のすり替えを行い、それでも対処しきれなければ感情或いは火病
をおこして逃げる。

しかしまだ大衆は大丈夫です。義務教育の場から日教組を追放し
論理的な能力をきちんと身につけれる場に改正できれば・・・




えてして、左翼の甘い発言を批判すると『差別主義者』だの『偏見』
だのと、左翼の得意な攻撃の手段の一つである<レッテル貼り>
あってしまいます。そしてこのレッテル貼り攻撃はダメージも大きい。
日本は間接民主制なので、風評被害にあってしまうと選挙にも響くのです。

間違いを、間違いであると指摘することができないなんおかしいです。



しかし、大衆がこのまま思考停止の快楽におぼれるのなら我々も
手法を変える必要がでてくるでしょう・・・
続く

save_japan at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(1)私心 

2005年12月12日

負け組みだからこそ、共産が憎い。

中学以来、私は社会の矛盾を正したいがために必死に勉強に
うちこんでいました。そして大学受験を直前に控えた今、その
気持ちは前にも増して膨れ上がっています。


似非平和主義、人権屋、マスコミ・・・全ての共産主義勢力の根絶を
目指し日々努力していきたいです。いったい一個人にどこまでのコト
ができるかわかりませんが、諦めるとそこで終わってしまいます。


だけど、この受験を食い物にしている共産主義勢力もあります。
関西圏内に2つのキャンパスをもつR大学といえば分かるでしょうか?
毎年約10万人もの方が受験します。単純に受験料を3万円とします。
10万人×3万円/人=・・・30億円です。

このお金を利用して北朝鮮に留学生を送ったり、共産活動費にあてたり
しているのでしょう。来年からは法科大学院も出来るそうです。
関西の左翼弁護士生産基地にならないことを願うばかりです。


R大学の急激な左傾化は、京大から左の教授をたくさん招いたこと
からですね。やはり憎むは共産主義です。以前見にいったのですが
R大学内で『民主仕儀を取り戻せ』というプラカードをもった団体が
ストライキの演技をしていました。あなた達のせいで民主主義が
くずれていってるのですが・・・


メモにまとめずに、だらだらと文章を書くとトンデモな文章に
なってしまいます、というかなってしまいました(汗)

ですので、今日はこのへんで

(END)

save_japan at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)私心