貧乏を楽しむ家族生活

貧乏で貯金ゼロでも節約しながら毎日楽しく明るく生活するブログです。


夏よりも、
冬のほうが
水道光熱費が上がります。

水道代は1年通じて
ほとんど変わりません。
家計に負担を掛けているのが
ガス代と電気代です。

ガス代は、やはり冬のほうが寒いので
料理やお風呂のガス代が増えます。

電気代は、日照時間というよりも
電気を使うことになる暖房機。

石油ストーブを使うと
多少節約できるかな?と思い、
使ってみたのですが
確かに電気代が若干少なくなるも、
石油代と電気代を合計すると
逆にお金が掛かってしまうことが分かったので
今は石油ストーブは使っていません。

何とかならないのかしら?と
思っていますが、もっと節約するしかないか。

毎月は微々たる金額かもしれないけど、
積み重なると大きな金額になるから。

「そんなに水道代が気になるなら、
公園の水道を使えば?」
なんて極論を言われる方もいらっしゃいますが、
私はそこまでしません。

近所の目が恥ずかしいとか、みっともないとか
そういうことではないんですよ。

だって公園の水道はみんなのものだから、
確かに使って悪いわけではないけど、
個人や家庭が生活の所有物のように扱うのは
ちょっと限度を超えていると思うのです。

それに公園の水道って無料ではなくて、
税金という形でお金が支払われているので、
個人や家庭が生活として使うのとは違うと思うんです。

はっきり調べたわけではありませんが。

公園の水道が税金でまかなわれているのなら
それを個人や家庭が生活用の水道として扱うのは、
税金をプライベートな目的に使っていることになりますよね?

誰だって、税金を有効に使ってほしいと思っているはずですし
プライベートな理由で使ってほしくないと思っているはずですから
そういう意味でも、水道代節約のために
公園の水道を生活用として使うことはしないんです。

でも、水道止められちゃったら、
ちょっと考えるかも。。。

次に電気やガスなのですが、
ガスそのものは節約するしかないにしても、
電気や熱源は太陽光を使えば何とかなる気がしています。

今知っていることは太陽光発電は節税になるということぐらい。

いろいろと制限がありますので
一般的には知られていないようですが
太陽光発電を導入すると初期費用は掛かってしまいますが
余った電気を売ったり、
自宅で使う分の電気代を節約するだけではなくて、
節税になるというところがポイントです。

電気や熱源の節税や節約に関しては、
まだ具体的に太陽光を使って実施していないので
なんともいえませんので、
こちらについても、実際にやってみて
何か分かったら書きますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

確定申告しましたので、
昨年、源泉徴収で支払った税金のうち
ほんの少しだけど返ってきます。


源泉徴収で税金を支払っていると
ワザワザ税務署に行くのは面倒くさいなぁって
思っちゃうこともあるし、
払いすぎた税金から返してもらう金額と
パートで働く金額とどっちが得?とか
思っちゃうこともあるけど、
やっぱりやったほうがいいよね?

あと、一般的には扶養控除から外れないほうがお得と
言われていますけど、鵜呑みにしないで
パートなどを開始する際にきちんと計算したほうが良いですよ。

私は税理士ではないので詳しい説明はできませんが

仮に扶養控除から外れても収入を得たほうが
総合的にお得なこともありますので。

旦那様が会社員の場合は、会社の経理を通じて
相談できることもありますし、お近くの税務署でも教えてくれます。

お近くの税務署にご相談する際には、
(時間的余裕があるのなら)
確定申告の時期である、
2月中旬から3月中旬ではない方が
良いとは思いますが
(かなり親切に教えてくれますので)
時間的余裕がないなら、
混んでいてゴタゴタしそうではありますが
2月中旬から3月中旬の忙しい時期に
相談するしかないでしょう。


追記:

結局、還付金をいただくために
天気が良くて気持ちが良い日に
確定申告してきました。

もちろんパートを休んでではなくて、
パートが入っていない日です。

提出場所は、税務署ではなくて、
近くの出張所(公民館?)が受付をしていたので、
散歩ついでに行ってきました。

それで、一応、時給計算してみたら、
やっぱりパートで働いたほうがお得でした。

時間当たりの金額で考えると、
損したことになりますけど、実際のところとうなんだろう?

パートも大事ですが、
普段行かない場所へ散歩するのも楽しいし
私の中では、何と言うか
言葉で表現するのが難しいのですが、
「スッキリ!」とした感じがするのです。

それにパートが入っていない日に
申告することが出来たし。

自宅の近所ではあるけれど、
普段、あまり出歩かない場所でしたので
旅行ほどではないですが、なんか楽しかったです。

こんなところに、お店があるんだぁ~とか、
ここに咲いているお花はかわいいなぁ~とか、
見ず知らずの方ですが、散歩中のワンちゃんがかわいいなぁ~とか。

貧乏を楽しむ生活方法を
またひとつ発見したような気がします。

追記2:

所得税であまり変わらなくても、
市民税や県民税で大きく変わることがあります。
例えば医療費控除とか。

年金をもらっていたり、医療費が保険で
3割では無くて1割負担の場合は、また変わってきますけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょっとグチっぽいけど、
家計簿をチェックしていたら、
4月からどうしようかというような不安がよぎってきた。


消費税が4月から上がるわけなんですけど、
仕方ないとあきらめていながらも、やっぱきついわぁー。

それと医療費も上がっちゃうよね。

一番不安を掻き立てられたのが、
普段買う食費の値段。

家計簿つけているし、
レシートは保存しているから
それにいつもそれぞれの食品ごとに
安いところで購入しているから気がついたんですけど、
いろいろな食品が値上がりしているの。

消費税の内税、外税の表記で
気がつかなかったりすることもあるんだけど
買った後に過去の値段と見比べてみると
総じて値上げしている。

確かに野菜とかは季節や気候とかの影響で
値段が変化するのは分かりますし、
お肉やお魚も多少変動するのは分かりますけど、
卵、お米、パンとか、
牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や
納豆、豆腐などの大豆食品などが
徐々に値上がりしているのはどうして?

値上がりしていなくても、
商品パッケージが新しくなったのは怪しくて
値段そのままで容量が減っていたりするの。

値上がりするにしても
消費税が8%になった4月以降だったら分かるんだけど、
今値上がりして4月にまた消費税アップで
値上がりするんですよね?

食費は節約に節約を重ねているから
これ以上はちょっと難しい感じなんですけど
何とかならないのかな。

ネットショッピングなんかもちょっと見るんですけど
お米とかは別にしても、やっぱり普段買う食品は
ネットではなくて直接お店で買いたいなぁーって
思うわけです。

消費税導入前の駆け込み需要とかあるのかもしれないけど、
うちとは殆ど無縁。
そもそも食品関係はストックで購入できるものは限られているし
日用品にしても、前倒しで買っておくメリットよりも
手持ちのお金が少なくなることが危険だから、
メリットあまり無いし。

便乗値上げとは言わないですけど、
どちらにしても収入をアップしない限り、
遅かれ早かれ、家計がダメな感じがしてきました。

給料に消費税が上乗せされるわけでも無いから
単純に節約による守りの家計ではなくて
何らかの収入源を確保して、攻めの家計をしなければ。

でもこれって、前から分かっていたことなんですよね。
いくら貧乏を楽しむって言ったって
お金が無いと何もできないことぐらい。
そこで、考えました。
貧乏を楽しむためには?

『生活習慣病予防対策!』と称しまして、
食事の量を2割削減します。

どうして2割かと言うと、
ちょっとやってみたところ、
3割減だとかなり少なく感じちゃうから。

それに計算上、2割食事量を削減すれば、
今の値上がりと消費税導入後の4月以降も
家計が傾かなくて済むから。

この時期に節約!というと、バレバレなので
『生活習慣病予防対策!』というスローガンを掲げて
貧乏生活を楽しむことにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


給料が入って
スグにお金を使う
というのは、我が家ではご法度です。

前にも書いたとおり
住宅ローンの返済が終わるまでは節約なのですが
ローンの有無に関わらず、
また収入の変動にも関わらず 毎月の生活費に割り当てた金額の上限を超えないように
決められた金額を必ず守るようにしています。

お金持ちにはお金持ち特有の誘惑?があるように
(といいましても、お金持ちではないので想像しているだけですが)
貧乏家族にも貧乏特有の誘惑があるんですよ。

誘惑といいましても、たくさんあるのですが、
お金に関してだけに限定すると
私の過去の経験でもあるのですが、
臨時収入が入ると使いたくなる衝動的な感情なんです。

例えば、毎月20万円で生活していたとして
今月だけ臨時で10万円とか20万円とか入ってくると
今月は20万円ではなくて、30万円とか40万円になりますね?

すると、その差額の10万円か20万円を使いたくなっちゃうんです。

自覚しているのは、まだマシなほうで
私の過去の失敗例では、ほぼ自覚なしに
お金を使っちゃいます。

街を歩いても、テレビを見ても、雑誌を読んでも、人と話をしていても
自動的に自覚無くお金を使いたくなる衝動です。
経験ないですか?

私は過去2回ほど、失敗したことがあって
1回目の失敗では、ちゃんと家計簿をつけることにして
2回目の失敗では、家計簿の記帳を見直して改善しました。

相手側が購入機会を逃さないために、
「限定先着何名さま限り」とか「今から何時間以内に」みたいに、
限定性で購入を勧めてくるんですけどね。
それでも私はあえて、買いたいものがあるときは、その場で即決しないで
一晩保留しておくことで、出費をかなり抑えられます。

もちろんそれで買えなくなることもありますが、
それはそれで縁が無かったものとみなしています。

その結果、私のパート代なんかも、そうなんですけど
毎月決まった金額以上は必ず使わずに取っておけるようになったので
(といいましても、微々たる金額ですが)
節約が出来るようになったし、
貧乏を楽しめるようになったのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「どうしてそんなに節約生活しているの?」

と周りから聞かれることがあります。

理由は簡単で、
収入が少なくて、住宅ローンがあるから。

ローン返済に困っていても困っていなくても
返済が滞ることは避けたいの。

ローンを支払いたくても
お金が無くて支払えない気持ちは
(経験してほしくは無いけれど)
経験しないと分からないと思う。


返済日までに借金 が返済できないときの対処法

上記のサイト情報にあるとおり、
私も電話でお願いをしたことがあるけれど、
もう同じことはしたくないんです。

払うお金がないときのストレスといったら、
もうすごいですよ!

だから貧乏なら貧乏なりに
楽しむ生き方を見つけて日々生活する!
と決めました。

そのためには、最低限の家庭内ルールを
自分に課しています。

生活に必要なお金を節約するとか、
無駄遣いをしないとか
家計簿は毎日つけるとか。

目くじらを立てて、「キィー!」となっちゃうと、
ストレスが溜まって逆効果なので
ある程度、ゆるゆるバージョンですが
閉めるところはしっかり閉めてます。

毎月掛かる費用のほかに
臨時で掛かる費用(例えば、お祝いとか)がありますよね?

そういうのは、たとえ貧乏でも節約しません。

もちろん高価なものは買えませんし、
高額な出費は出来ませんけど、
出来る範囲で、お祝いの気持ちを込めて、お金を出します。

そういうときに、損得を出すものではないと思うんです。

だから、貧乏は貧乏なりに贅沢な暮らしは出来ないけど
無理にお金を節約して溜め込むのではなくて
でも閉めるところは、ちゃんと閉めて
出来る範囲で楽しむことが
貧乏を楽しむにつながり、
やがては「きっと良いことがある!」と期待することで
楽しい人生が送れるのではないか?と思います。

それともうひとつは、
いつまでも収入に対して受身ではなくて
私もパートなどで収入を増やしていかなければならない
ということかな。

今は投資とかがブームのようですが、
今の私はリスクを背負ってできる状態でも立場でもないので
時給換算のパートを検討しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

はじめまして。

貧乏家族日記を始めます。

生活保護は受けていませんが、
それなりに貧乏です。

でも、何とか笑顔を絶やさず楽しくやってます。


貧乏から脱却しているわけではありませんので
あまり参考にならないブログだと思いますが
どうか、よろしくお願いします。

さて、最初の記事ですので
ちょっとだけ、我が家の食卓によく出てくるメニューをご紹介。

ひとつは、マヨネーズおにぎり。

マヨネーズおにぎり

もうひとつが、パンの耳ラスク。

パンの耳ラスク

マヨネーズおにぎりは、
おにぎりの中にマヨネーズを入れるだけ。

これが意外と美味しいんですよ!

私はマヨラーというわけではありませんが、
おにぎりの具に困ったときには、よくやります。

昨晩のおかずが少し残っているときは
余ったおかずとマヨネーズを組み合わせても、
多少相性の問題がありますが、殆どが良い具合だと思います。

おにぎりが冷めているときは
軽く温めたほうが美味しいですよ。
温める際には電子レンジを使いますが
電気代を使わないように
太陽熱を検討していますが、まだ実現できていません。

パンの耳ラスクは
知り合いのサンドイッチ屋さんから
パンの耳をもらう。

いつものことだけど。

それで、パンの耳ラスクを作る。

食費節約になるだけでなく、
おいしいし、 おなかにもたまるし、
おやつにもなるねー。

ただ残念なことに、最近この方法がうまくいかない。

意地悪されているのではなくて、
パンの耳が最初から無いパンを仕入れたり、
パンの耳を別の調理パンに使っているので
パン屋さんから入手しにくくなった。

あと以前は、サンドイッチ屋さん以外では、
お豆腐やさんから、おからをもらうというのもあったのですが
こちらもダイエット食で、おからクッキーが流行っちゃったら
もらえなくなっちゃった。

まあ、それは仕方ないねー。

ここまで貧乏なら、もう楽しむしかないと開き直りつつ
やや自虐な話題ではありますが、不定期ながらもブログに書くことにしました。

では、貧乏を楽しむ家族生活、
よろしくお願いします。

追記:2016年12月

最初の記事を書いてから、
早くも3年近く経とうとしています。

あれから、我が家の貧乏家族の生活は、
どうなったのかというと、それなりに何とかやっています。

もちろん、お金が有り余るほどの生活になったわけではありません。

多少の精神的なゆとりとしては、できたような気がします。

収入が若干増えたとしても、増えなかったとしても、
税金やら医療費、保険料などが高くなっているし、
生活する上で最低限必要な費用、食費やら水道光熱費やらの負担が
ジワジワと来ている感じですね。

ただお金では買えないもの
家族全員がとりあえず健康なのは
良いことなのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ