2013年01月14日

あけました

 すみません、相変わらず放置してしまってます、どうも2012年は仕事面で全く余裕がなく、ブログ2本にツイッターにフェイスブックまで更新するのは無理がありました。まだこの状況は続きそうなのですが、でもこのブログもたまには更新していきたいと思います。なんか結果的にいちばん書きたいこと書けるのが、このブログになりそうです(笑)。

 2012年は、競馬が全然ダメでした。とゆうか、万馬券もかなりの数当たったのに、結果トータルで見ると負けてるとゆう、流れが良くない状態が続きました。大好きな岩田が勝ちまくったのに赤字って、ただの馬券下手やん!
とゆうことで、今年はちょっとスタンスを変えて挑みたいと思います。

 ズバリ、 「一日、決まった額しか買わない」です。

 でないと、結果負けることに。
 

  あ、毎年恒例、函館行きが今年もめでたく決定しました。

 2月の4週目に、行ってきます。
 今年は一日伸ばして3泊4日です。
 毎年、色々考えながら函館の街を歩いてますが、今年もたぶん、同じです。
 でも、それでいいんです。

  では、今年もどうぞよろしくおねがいいたします。


savvycurro at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 北海道 

2012年10月20日

(こちらでは)毎年恒例、北海道旅行記

はい、おまたせいたしました。北海道日記をこちらにも。

ちなみに、10月5日の夜中に新日本海フェリーで敦賀港から出て、北海道苫小牧港に到着したのは10月6日の20時すぎ。20時間の船旅も、快適で楽しいもんです。今年は和室。船の中でふとん敷くのって、すごく変な感じ。でもちょっと修学旅行気分で楽しかったりします。



 着いた日はそのまま、苫小牧から高速に乗り、帯広入り。この日は宿に着いたのが23時過ぎ。距離が200キロ近くあるので、深夜ドライブはなかなか気をつかう。しかも北海道は「動物注意」の看板が至る所にあり、油断してると本当に出てくる(笑)。コンフォートホテル帯広に着いたら、もうグッタリ。ちなみにこのホテル、コーヒー無料サービスがあったり、朝食が無料だったり、部屋にも気配りグッズがたくさん。とても快適なビジネスホテルです。自分が出張の多いサラリーマンなら、間違いなくこのグループを選びます。ぐらい快適。一日目はこれで終了。





 10月7日。帯広から厚岸へ、これまたロングドライブ「厚岸かき祭り」なるイベントがあり、それに行って「現地のカキ」を喰らうため。普段は混みあうはずもない厚岸大橋から渋滞で、会場の「子の日公園」に着くまでに1時間近くかかった。しかし、カキは抜群にうまかった!!!行った甲斐あったぁー。



 その後、帯広市内に戻り、夕方からはばんえい競馬観戦。1年ぶりだが、これまた楽しい!!馬券は1コ当てただけ、結局損だったが、あのばんえいの雰囲気はたまらない。競馬知らない人にもぜひ行ってほしい。楽しいから。



 夕張メロン熊は、「ユルくないユルキャラ」として、人気がジワジワ上昇中。写真撮ってもらおうと、近付いてきた大人子供容赦なく噛みます(笑)。本当です(笑)。

子供泣かせまくってました。すげえ。



 とゆうわけで、ざっくりと2日分をまとめてみました。



 また気が向いたら書きます。




savvycurro at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月01日

スマホから

このlivedoorブログ、更新できるようになったみたいです。

かなり放置してますが、時々思い出してアップします、すんません。

最近はツイッターとFacebookにアメブロがメインなので…

ま、ぼちぼちいきます。


savvycurro at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月26日

7572分の一

 そう、久々の更新です。

 明日は、競馬の祭典、日本ダービー(東京優駿)がおこなわれる。

 2009年生まれ、7572頭の頂点を決める戦い、それが日本ダービー。

 どの馬も、まずは出走できた幸運を喜び、そして、無事に廻ってきてほしい、その思い。

 生産者の皆さんにとっては、出走させることすら叶わないこともある大レース。
ましてやその優勝馬は、これまでにたった78頭。

 そんなすごいレースに、皐月賞を制し、「2冠」に王手をかけている日高の小牧場の馬が出走する。

 その馬の名は、ゴールドシップ

 実は私が毎年北海道で訪問している、宝寄山育成牧場さんと同じ、「賀張(がばり)」という地域の生産牧場、出口牧場の生産馬なのである。

 牧場さんは、近所さんとは当然お付き合いがあり、勝てばお祝いをもっていき、困ればものを貸してあげ、助けてあげる間柄。だから今回の喜びの度合いも半端ないことだろう。

 もちろん、ゴールドシップにがんばってほしい。


 でもそれだけじゃない、競馬の側面、別のドラマもある。

 騎手、福永祐一。

 父の勝てなかった、ダービーというタイトルに、ワールドエースという良血馬で挑む。
 こちらはこちらで応援してあげたい。


そして更に、蛯名正義という騎手。
彼は数々のビッグレースを制しているが、日本ダービーのタイトルは獲得していない。
今年20回目の騎乗。パートナーはポルトガル語で『怪物』を意味する、フェノーメノ。サッカー選手、ロナウドの愛称でもある。
青葉賞勝ちのダービー馬はいない。

しかし、この馬は東京コース3戦全勝。
蛯名にとっても、もう最後のチャンスかも知れない。


 出走するすべての馬と人に、それぞれの物語があり、ドラマがある。

 あなたは、どのドラマを支持しますか?

 さぁ、世紀の瞬間へ!!

どんなドラマが待っているのか。

ワクワクして、発走を待ちたい。



savvycurro at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) うま 

2012年05月04日

そこのけそこのけ、オオエライジン様が通る!!


 今日は園田競馬場へ。「兵庫県競馬史上最強馬」(←中之上アナ)オオエライジン様が、久々にホームグラウンド園田競馬場で走るから。とにかくこの馬、「頭がいい」のである。その辺はレースを見るとよくわかる。直線向いて並んだ馬を交わして先頭に立ったら「もうええんやろ」と、緩めてしまう。それでゴール前寄せられたりするけど、負けない。明らかに園田では抜けた存在。そんな彼が一敗地にまみれたのは去年暮れの「兵庫ゴールドトロフィー(Jpn掘法廖JRA勢のスーニ、セイクリムズンの後塵を拝し3着(実はこのレースにはここが引退レースとなる我らがエーシンフォワードも出てたんだけど、これには先着。フォワードは4着だった)。この時ライジン様は初めて「俺より早く走れるヤツ、おるんやぁ・・・」と感じたに違いない。

 そして年明けの佐賀記念(Jpn掘では5着と、初めて馬券圏内からも消える。この時は相手関係からも1番人気の支持を集めたが、やや不甲斐ない敗戦となった。初の佐賀競馬場、そして初の2000mも影響したかもしれない。

 2回続けて敗れたことで、「オオエライジン、普通の馬」説も出始めた。いわゆる地方競馬には多い、「内弁慶」ではないのか、ということだ。確かに、そう思われても仕方ない結果ではある。そこに、中央の三冠馬オルフェーヴルの2度の敗戦。ある意味「園田のオルフェーヴル」ともいえるオオエライジン。「大丈夫なのか、本当に強いのか」

 でも、オオエライジンは復活の時を待っていた。


 今日の兵庫大賞典。一回り大きくなった身体に、静かに闘志をたぎらせて、彼が帰って来た。

 レースは実に、圧倒的な内容だった。ハッキリ言って、力が違いすぎた。以前とは違って、先頭に立ってもソラを使わず、しっかりと伸びた脚力に、「次は(中央勢が相手でも)違うぞ」と思わせるに十分な内容だった。距離も問題ない。自分のレースさえすれば、結果は自ずとついてくる。これこそがオオエライジンの走りだ。

 これで次が楽しみになった。帝王賞が最大目標だが、場合によっては東海Sに参戦も考えているとのこと。
 個人的には帝王賞(6/27)直行をしてほしいが、JRAしか見ていないファンにひと泡吹かせたい、という意味では東海S(5/19)に出る選択肢も悪くないと思う。

 レース後の勝利騎手インタビューで、いつも面白い(笑)、兵庫県馬主協会会長さんは、「昨日の兵庫チャンピオンシップでは、園田の馬に上位を、と思っていたのに、結局掲示板に載ったのは全部中央の馬でした、オオエライジンがきっと、今度は中央のレースで上位に来てくれると信じてます」とコメントした。木村健騎手は「がんばります」と返した。

 その後、木村健騎手にサインもしてもらって、「帝王賞、がんばってください!!」と伝えると力強く「はい、がんばります!!」と返ってきた。ファンに囲まれて、結局別場所で即席サイン会みたいになってた(笑)。

  
こんな魅力あふれる「兵庫県競馬の至宝」オオエライジンと木村騎手のコンビ、ぜひ全国を沸かせてほしい。

 そこのけそこのけ、ライジン様が通る!!!


savvycurro at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) うま 

2012年04月12日

ほぼ6ヶ月ぶりですが

今週末、我が愛馬レッドグルーヴァーが、14日(土曜)の阪神競馬6R,芝1400Mに出走。鞍上には何とデムーロを配してきた。さすが角居センセ(笑)。問題は休み明け、あと時間がかかる原因にもなったソエ。牧場から帰ってまだそんなに日が経っていない復帰戦なので、正直半信半疑。でも、せっかくなんで競馬場には行って応援しますよー。

 ちなみに、このレッドグルーヴァーを選んだ理由は、エーシンフォワードの弟で、エディションファーム生産馬だから。ウチの人は先日、このエディションファームの人たちが来日した折、関西で会って色々話してきたらしい(もちろん英語だ、私は全くしゃべれないが、ウチの人は第2言語として操り、職場には外人が普通に存在している)。エディションファームさんには恥ずかしながら私が撮ったエーシンフォワードの写真が送られている。生産者の彼らにとっては、遠く極東の地で走る生産馬の活躍に思いを馳せ、真夜中でもネット中継でG気鬟船Д奪したりしていたらしい。引退後はレックススタッドに種牡馬として供用されているのだが、牧場さんは、「もし将来、彼の行き先がなくなるようなことが日本であるのなら、アメリカのウチの牧場に返してほしい。(功労馬として余生をみる、ということ)」とまで言っている。エーシンフォワードは幸せな馬なのである。

 そんなエーシンフォワードの弟が、まさかまさかの日本に買われ、しかもそれが一口馬主クラブだという。これは運命、そう思って一口馬主となった。ま、一口馬主になっていれば、世間一般より少し情報が入るだろう、そう思って。


  だから、結果は二の次。幸せな馬生であってほしい。

  みなさんも、応援してやってください。


  よろしく、お願いします。



savvycurro at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月08日

勝利騎手も名前を忘れる桜花賞馬(笑)

 今日は桜花賞。 例年なら現地観戦のレースだが、今年はウチの人が別件で京都へお出かけしたため、ナシに。 ま、それほど応援している馬もおらず、また来週には愛馬のレッドグルーヴァー復帰戦の話もあり、そちらを見に行くのは確実なので(一人でも行く)、今日は馬券だけ買いにWINSへ。中心はもちろん岩田騎乗の10番ジェンティルドンナ。ただ、混戦とみて5番パララサルー、8番マイネエポナ、12番プレノタート、14番トーセンベニザクラのボックスで、あと気になったトーセンからの流し馬券などを。それと3連単でジェンティルドンナ、17番ジョワドヴィーヴル1・2着固定のフォーメーションを持っていた。

 レースは、よどみなく流れて、馬場のいいところを選んで走ってきた岩田のジェンティルドンナが、佐々木主浩オーナーの15番ヴィルシーナ、11番アイムユアーズを押さえて快勝。実に岩田らしい勝ちっぷりだった。

 レース後のインタビューでは「(勝てると)自信をもって挑んだ」と答えた岩田だったが、「この馬と、えーと(名前なんやったっけ?)、がんばっていきたい」みたいな事を言った。ジェンティルドンナ、言いにくい、確かに(笑)。
ジョワドヴィーヴルも言いにくい。実況アナウンサーも、インタビュアーも、あげく「ホースコラボレーター(←そんな仕事あるんかい!!)」細江純子も、カミまくり。かくして「ひじょうに言いにくく、覚えられない」桜花賞馬が誕生した(笑)。


  それにしても、岩田は頼りになるなぁと思った。確かに今年は「ポカ」も多いのだが、決める時はキッチリと決める。 それは今回2着惜敗の内田博幸のコメントにもあらわれている。「ヴィルシーナとジェンティルドンナの間に一頭入って(3着アイムユアーズのこと)いたので、併せ馬の形にならなかった。併せ馬なら負けなかったと思うんだけどなぁ・・・」とのこと。確かに、ヴィルシーナはアイムユアーズを差し返しており、並んだら抜かせない勝負根性を持っている。でも、岩田はその外から差していったので、馬体は併せられなかった。これでは難しい。

 まぁ何にせよ、大好きな騎手が勝ってくれるのは嬉しい限りだが、馬券は「岩田勝ったのに外す」という最悪の展開。やっぱり社台系の馬ばかりが来たら、当たらんなぁー。配当も下がるしなぁ。


  来週は、とりあえずレッドグルーヴァーの出走に、期待してください。
 ひさびさの更新でした。



savvycurro at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) うま 

2012年03月07日

前人未到の福山競馬3000勝!!!

ども、スマホに替えてからすっかり更新が面倒になり、こちらもアメブロもサボってつぶやいてばかりですみません。函館の話題も書くと言いながら・・・ いずれまた。

 今日はそんなことはさておき、めでたい話題なので早速ご披露したい。

 福山競馬の岡崎準騎手、(福山競馬史上初の)3000勝を達成!!!

 なぜ、いきなり福山競馬の騎手の話なのか。

 話は2年前の10月にさかのぼる。

 毎年の北海道旅行で、いつものように日高の牧場さんちに寄ったのだが、その後門別競馬を一緒に見に行くことになり、車でついて行った。で、この日は「ワールドスーパージョッキーズシリーズ地方代表決定シリーズ」の最終日で、門別での2戦でトータルチャンピオンが決まり、その騎手が暮れの阪神競馬場に出場することが決まっていたのである。

 で、その中に岡崎準騎手が入っていて、この人がこの牧場さんと知り合いで、「帰りに一緒に連れてゴハン行くから」とゆうことで、「ナゾの小さいオッサン(←どう見てもそうとしか見えなかったのですよ、知らない人だったので)」が福山競馬のトップジョッキーであることを知ったのでありました。

 岡崎騎手は、この日の2鞍は良い所もなく(笑)、最終レースを前にして着替えてファンのいるスタンドにやってくるという状態。数人のファンが目ざとく気付いて握手を求めたが、まだ私の中では「この人が本当に福山のトップジョッキーなのか?」という疑問符状態(失礼)。しかし確かにさっき、馬の上に乗っていた人である。

 レースが終わり、みんなで一緒に競馬場の近所の(といっても、数キロ離れている)焼肉屋へ。ここで岡崎騎手を交えてのゴハン会となった。もちろん競馬好きの私は色んな質問をぶつけ、色々話したのでありました。

 その後もみんなで盛り上がり、最終的にはスナックへ。久々に「スナック」行ったー、って感じのスナックだった。
そこで本来、この岡崎騎手が泊まる予定だった宿、新冠のレ・コードの湯に(時間的に)向かうのが難しくなり、私たちの泊まる賀張の宿、アンナプルナに「もう一人、別部屋で泊まれます?」と聞いてOKがでたので、岡崎騎手は私達と同じ宿に帰ることになったのでありました。


 この日、痛飲しまくった岡崎騎手は、翌朝、牧場さんが迎えに来た時、まだ爆睡中で、私が部屋まで様子を見に行ったら、ベッドの中からパンツ一丁で出てきた(笑)。後にも先にもトップジョッキーのパンツ一丁を見たのはこの時だけだ(当たり前だが)。

 そこから、時々電話したりお歳暮送ったりの間柄が続いている。

 まだ福山競馬に行ったことがないので、岡崎騎手ががんばっているうちに、ぜひ応援に駆け付けたいと思う。


  というのが、この岡崎騎手とのいきさつ。

 3000勝ってひとくちに言っても、相当すごい記録だと思う。
 大きな怪我もあったりして、決して順風満帆とはいえない騎手人生。
 だからこそ、喜びもひとしおだろう。

 今回は岡崎騎手の大好きな焼酎をお祝いに贈った。
 そうしたら、「福山の岡崎です」と電話がかかってきたのである。
 ぜひ今年中には、応援に行きますね、と伝えて電話を置いた。
 園田の「ゴールデンジョッキーシリーズ」にも出てほしい。

 だから、このブログを見てくださってる方は、「福山の岡崎準」を、ぜひ応援してあげてください。
 私にとっては、パンツ一丁の酔っ払いのオッサンですが(笑)。
 馬に乗せたら、超一流ですから。

  こうして色んな人とつながっていける、「趣味」ってたのしーなー、と思う。

  ひさびさに競馬の「深イイ話」でした(いや、深くないか)

706


savvycurro at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) うま 

2012年03月03日

今日はフットサル

11db5222.jpg
月一の万博フットサルでーす。

病み上がりの割に、身体動いてゴールも決まったよーん!

しかし、暑いなぁ。


savvycurro at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月16日

明日より函館

7eefff29.jpg
なのであります。こちらは更新サボってすみません(笑)。

明日から函館なんで、こちらの更新頻度をあげていきます、スマホに替えてまだ慣れてないので遅いですが。

杉の子で、しっかり飲んでくるぞー!

函館の皆さん、よろしくお願いします。

さ、帰ってから荷物用意せな(笑)。


savvycurro at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
認定証
QRコード
QRコード
Profile

すたあまん

記事検索
livedoor 天気