みなさんお疲れ様です。
蒸し暑い日でした、水分補給は大丈夫ですか。
今日は1日書類の整理に追われていました。

問1 健康保険法
パートタイマー(短時間就労者)の定時決定に関しては、一般の労働者に比べて労働日数及び労働時間が短いため、支払基礎日数ごとに定時決定の算定方法は以下の通りとされている。
(1)、報酬の支払基礎日数が17日以上の月が1ヶ月以上ある場合は、17日以上の月の報酬で平均額を算定する。
(2)、報酬の支払基礎日数が17日以上の月はないが、( A )以上の月が1ヶ月以上ある場合は、当該( A )以上の月の報酬で平均額を算定する。
(3)、報酬の支払基礎日数がすべて( A )未満の場合は、( B )で決定する。

選択肢
1、10日  2、13日  3、15日  4、保険者が算定した額 
5、従前の標準報酬月額  6、当該事業場で同様の事業に従事する者の平均額


答え
A、3、15日
B、5、従前の標準報酬月額

問2 労働一般常識
( A )とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で128職種の試験がある。

1、職能資格制度  2、ジョブローテーション 3、技能検定


答え
3、技能検定


☛職能資格制度とは、能力主義にもとづく処遇で、社員をその職務遂行能力の発展段階でランク付けし、それに応じて賃金等の処遇を決定する。ランク付けしたものを職能等級または職能資格とよび、それぞれのランクに応じた能力給を決定する。

☛ジョブローテーションとは、総合職の社員等に対して、色々な職種を経験させるために一定の期間ごとにローテーションを行うことである。

問3 労働一般常識
雇用保険の被保険者でなく、かつ、受給資格者でない者(以下( A )という)に対する支援措置として、2011年(平成23年)10月から求職者支援制度が施行された。
求職者支援制度では、( A )に対して公的職業訓練の受講機会を提供するとともに、収入、資産等一定の要件を満たす場合、訓練中の生活を支援するため( B )を支給している。

1、受給権者 2、特定求職者 3、特定受給資格者
4、基本手当 5、職業訓練受講給付金 6、受講手当

答え
A、2、特定求職者
B、5、職業訓練受講給付金

・・・

未来を選択する権利は

自分の手中にある

さあ、競技場は目の前です

今、燃えないで、いつ燃える

燃えろいい女

燃えろいい男