2006年05月09日

大人気カットわかめ

ルームメイトが興奮した面持ちで帰って来るなり、
「ねぇ、日本人って海藻食べるってほんと?」と
聞いてきた。

「うん、食べるよ」と答えると、
「やっぱりね」と言いたげな顔をして、
「今日、特別講義があってそこで
海藻に含まれるヨウ素の話を聞いたの。
人間の体にはヨウ素が必要で、ガーナ人の普段の食事では
十分なヨウ素を取り入れられないんだって。
教授が言うには中国人や日本人は日常的に海藻を食べるって。
だからどうしても確かめたくって。」
確かに、海藻を食べているガーナ人を見たことはないし、
海藻料理も見たことがない。

彼女は海洋学を専攻しており、海藻のことを今日は勉強したらしい。
なんでもガーナ北部では海藻に含まれるヨウ素を摂ることが
できず、それが病気の元や、寿命を縮める原因になっているらしい。

そこで私は日本から持ってきた海藻類を出して日本人がどれだけ
海藻を食べるか説明してあげた。
「海藻はね、日本人にとって欠かせない食物なの。
色々な種類の料理もあってね、工夫して食べるのよ。
低カロリーだし、海藻をいっぱい食べると髪の毛がきれいになる
って昔から言われてるのよ。」
「へぇ」
「この粉状のものは昆布からできてるの。
昆布のおいしい成分を抽出して、スープや煮物に使うとおいしくなるの。」
「へぇ」
「これは寒天、天草、おご草っていう海藻からできているの。
これをお湯に溶かしてジュースやコーヒーを入れるとゼリーみたいなものが
できるのよ。」
「へぇ」
「これはワカメ。乾燥したもので、スープやサラダにして食べるの。」
「へぇ」
「これは水やお湯につけると量が増えるの。見てて。」
とカットわかめを水につけて戻すと、ルームメイトは大喜び。
「わぁお。これはすごいわね。マジックみたい。
ちょっともらっていってもいい?クラスメイトや教授に見せたいの。」

というわけで一掴みのカットわかめを彼女は小さなタッパに入れて
大事そうに持って行った。

その後、彼女を訪れて部屋に来る友達みんなが私に
「カットわかめちょうだい」と言うようになったのは
言うまでもあるまい。


sawakco at 00:01│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔