2006年05月13日

超我の親切

以前も書いたが、
私にはすごく仲良しのパン売り屋夫婦がいる。

このパン屋の夫婦は本当に健気で大好きだ。
旦那は他に仕事を持っており、仕事が終わった後
午後7時から夫婦揃って学校内のマーケットにやってきて
店を開く準備をする。

パン工場からパンを卸して買い、
バターブレッド、シュガーブレッド、シュガーブレッド大の
3種類のパンを売っている。
値段はそれぞれ、42円、30円、58円。
しかしこのパンも、1個に付き7円の儲けしか彼らには
入ってこない。
1日30個売っても210円しか儲からない。

それに付随して卵焼きをその場で作ってパンに
挟む「エッグサンドウィッチ」も売っている。
卵焼きは卵の数を選べる。
1個だと23円。2個だと46円という具合。
卵を割って、家で切ってきた玉ねぎやトマトといった具と
塩を少し入れて、油を引いたフライパンで焼く。
最近は鶏肉ソーセージも始めて、30円プラスすると
切ったソーセージを卵焼きの中に入れてくれる。
「パン12円分と卵1個でお願い」というオーダーの仕方で
すぐに作ってくれる。
それでも儲からないので、クーラーボックスを持ってきて
ジュースや水も売っている。
毎晩夜中1時まで店を開き、タクシーを使って帰らなくては
ならない為、儲けは本当に雀の涙ほどしかない。

今日もパンを買いに行くと、パンを卸しに来た仲良しの
工場のお兄ちゃんが私に特大のパンをプレゼントしてくれ、
夫婦はソーセージ入り卵焼きを「もっていきなさい」と差し出した。
「お金払うよ」とお金を出しても受け取らない。
彼らの儲けから考えるとそんな余裕はないはずなのに。
嬉しい半分複雑半分。

こっちが白人だからといって値段を吊り上げたり、
騙そうとするガーナ人がいるのはもちろんなのだが、
こうして心からの親切を与えてくれる人も同じくらいいると思う。
仲良くなるとこの親切を受ける度合いというのは格別に増す。
おかげで最近の私は親切にしてくれる人に囲まれており、
どこに行っても恩恵を受けまくりである。

私が物やお金でなくお返しとして彼らに出来ることがあるのかな。



sawakco at 04:54│Comments(2)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ハメ撮り満載  [ 女喰い列伝 ]   2006年05月13日 12:32
ちょっと縛って言葉責めしたら涙流しながらイッちまったぞ!!

この記事へのコメント

1. Posted by ここで   2006年05月13日 05:13
4 無修正のDVDを買ってみました
即納だし高画質だし良かったですよ
2. Posted by 山本   2006年05月13日 16:54
面白かったです!また来ます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔