ブログネタ
東京ディズニーリゾート(TDR) に参加中!
SPディナーのDM、第1弾SPディナーのDM、第1弾・2





SPディナーのDM、第1弾(手書きのお手紙)




8月が終わって9月に入ったばかりのとある日の事です。

仕事を終え、自宅に帰宅するとテーブルの上に一通の封筒が置いてありました。

私宛の郵便物なのですが、封筒はランドホテルのもの・・・・・・

ランドホテルから郵便が送られて来る心当たりが一切無かったので「一体、何事???もしかして私が何かやらかしたのだろうか・・・・・・」と一気に不安な気分に陥ったのでした(爆)

封筒の裏面を見るとそこにはカンナの表記がされており・・・・・・

カンナから郵便なんて益々心当たりが思い当たらす、若干パニック状態に陥りながら封を開けると中にはシェフとマネージャーさんのお名前が記載された1枚のお手紙が入っていました。

このお手紙を読んでみると・・・・・・・

今年の7月で無事に開業1周年を迎えたディズニーランドホテル。

その開業1周年を記念、そしてこの1年間の感謝の気持ちを込めてという事で9月下旬から10月末までの約1ヶ月と1週間の期間、カンナで“Special Dinner”なるプログラムが開催される事となったというご挨拶とお知らせを兼ねたDMが届いたのでした。

このDMが送られて来る1週間と数日前にディナーに行っているのですが、その際にはマネージャーさんも他のキャストさん達もスペシャルディナーについてなど一切仰っていなかったので、色々な意味でサプライズなお便りでした。

・・・・・・ってその前に私はカンナで住所などは一切申告しておらず、どの辺りに住んでいるかという話しすらした事が無かったので、そういう意味でもサプライズだった訳でカンナから郵便が届いてかなり動揺したのでした。

という事でこのDMを頂いてすぐに予約の電話をしてしまったのですが、その際と次にランチでカンナに行った際に住所に関しての突っ込みを入れると「色々と手はありますから。」とか「連絡網があるんです♪」などと笑顔で言われてしまい、思わず「怖いですからっ!!」と言ってしまうのでした(笑)

送って下さったDMを読んでいると“アペタイザーはシェフによる最終仕上げをバーカウンターにてご覧いただき、その後テーブルにて温かいお料理をサービスキャストによるデクパージュ(目の前で取り分ける)にてお楽しみいただきます。”という文が書かれており、この文を見て大興奮!!

これは行くしかないでしょう!!と興奮を抑えきれなくなった私はすぐさまカンナに予約の電話を入れてしまうのでした。

今回のスペシャルディナー、2名からの利用で1日2組限定の上にホームページや通常のメニュー上には一切掲載しないもので5日前までの完全予約制の特別プログラムという事で今年の6月に行ったミラコスタのシルクロードガーデンの“初夏のスペシャルコースメニュー”と似た感じのものなのかなぁと思うのでした。←キャストさんに確認してみると、こちらのメニューに関してはレストランから声を掛けたゲストのみに提供するプログラムとの事でした。

前回のシルクのスペシャルコースメニューの時と同様、何だかよく分からないけれどもとにかく行ってみようという事で電話をした私ですが、予約の対応をして下さったキャストさんが「お手紙にも書きましたが、メニューはまた決まり次第改めてご連絡させて頂きます。」と仰りました。

そう言われても「手紙にそんな事書いてあったっけ???」と内心思いつつ詳細の説明などをキャストさんから受けて、この時は無事に予約を済ます事が出来たのですが・・・・・・

電話を終えてから改めて封筒を見ると、封筒にくっ付いてしまっていて電話をする前に気が付かなかったのですが1枚のメモ書きが同封されている事に後から気が付いたのでした。

このメモ用紙に書いてあったメッセージを見て、電話の際にキャストさんが仰っていた事に納得したのでした(爆)

そのメモ用紙のメッセージが上にアップした画像3枚目の物になるのですが、ちゃんと手書きの物なんです!!

今までに他のレストランからDMを頂いた事はありましたが、手書きのお手紙を同封して下さっていたのはカンナが初めてで正直驚きました。

今回このDMを送ったのはどれ位なのかは分かりませんが1枚ずつ手書きのお手紙を添えるというのは大変だったのではないかなぁと思いながらもこの1枚がとっても嬉しかったりもするのでした。

このDMを頂いた後にカンナに行った際に、久しぶりにお会いしたキャストさんとお話しをしたのですが、何とこのキャストさんともう1人のキャストさんの2人でこの手書きのお手紙を担当されたとの事でお話しが盛り上がったのでした。

このキャストさんが「他のレストランと同じではつまらないじゃないですか。」と仰っていたのが印象に残っているのですが、まさか手書きのお手紙を添えて下さっているとは思いもしなかったので、驚きますよね。

この手書きのお手紙の追伸に“素晴らしいメニューは後日出来上がったらご連絡させて頂きます。”と記載されていたところが「メニューがまだ決まっていないのに“素晴らしいメニュー”って言い切っているところが突っ込み所満載・・・もしかしてここはあのお方のユーモアですか?」とこのキャストさんに言うと、大正解との事でカンナのマネージャーさんのユーモアがDMからも感じられる、ほのぼのとした温かみのある今までに無いDMだと思いました。

このお話しには続きがあるのですが、後は追記よりアップ致しますのでお手数ですがご覧下さる方のみ「続きを読む(続き)」からご覧下さい。

<DM第2弾>
・・・・・・という事でてっきり冗談かと思っていたので、送られて来た時には本当に驚いたのですがあれから数週間後カンナから再び郵便が届きました。

メニュー内容が決定したとの事でメニューが掲載されたものが同封されていたのですが、メニューを見てもカンナらしく想像が付かない様なお料理もチラホラ・・・

しかしながら想像が付かないからこそ逆に“このお料理は一体、どんなお料理なんだろう???”と色々想像を膨らませながら益々当日が楽しみにもなったのでした。

SPディナーのDM、第2弾SPディナーのDM、第2弾・2





決定したメニュー






という事で前置きが長くなってしまいましたが、先日このスペシャルディナーを実際に頂いて来ました。

今回実際にこのスペシャルディナーを頂いてみて思ったのは「本当に行って良かった〜」という思いと「こんな素敵なものに常連でもない私の様な人間にお誘いの声を掛けて下さったシェフとマネージャーさんを始めとしたキャストさん達に感謝しないと・・・その前にあんなに素敵なキャストさん達にこのカンナというレストランで出会えた事はディズニーホテルが大好きな者にとっては本当に有り難い事だったなぁ。」という思いを改めて抱いた機会にもなった一夜となりました。

そして・・・・・・1年前、初めてカンナに行った時に“勇気”を出して私達に声を掛けて下さった○○さんとの会話がきっかけで私のリゾートでの楽しみ方にまたひとつカンナという選択肢が増えた訳ですが、今回このスペシャルディナーを利用させて頂けた事でゲストとしてこの1年を振り返る事が出来た様にも思います。

正直、今だから言える事かとは思いますが半年位前まではゲストとして「これってどうなんだろう・・・」と接客の面などで感じる事もあったりもしたのですが、ここ最近では若手のキャストさん達にも段々余裕が出てきたのか以前に比べるとレストランの雰囲気が良くなって、キャストさん達のそれぞれの個性や色々な魅力が少しずつ感じられるレストランになって来ているのではないかと思います。

今回のスペシャルメニュー、これはカンナでないと出来ない事、カンナだからこそ出来る事が満載のとても素晴らしいものでした。

お料理は勿論の事、サービスキャストさん達のサービス、それだけでなく思いもしなかった心が温かくなるサプライズな演出など・・・・・・

正直、ここまでされるとは思ってもいませんでした。

特にある演出がされた際にはキャストさん達が「どうですか?」とか「どうです?泣いちゃいそうですか?泣いちゃ嫌ですよ〜」なんてまるでやんちゃな子供の様な笑顔をしながら感想を聞くので「こんな演出がされるなんで思いもしなかったから、嬉しいんですけど、感激を通り越してただただ驚いてしまった・・・・」的な返しをしてしまったかと思うのですが、本当はウルウルで大変でした(爆)

今回はカンナのキャストさん達にやられてしまった・・・という感じかとは思いますが、忘れられない素晴らしい思い出をまたひとつ残す事が出来ました。

今回頂いて来たお料理や思い出の品については少しずつアップしていく予定ですので、またお付き合い頂ければ幸いです。