SAWASENのブログクラス・社会保険労務士を目指すすべての人へ

SAWASENのブログクラスは、社労士試験受験生を応援するものです。真剣に、かつ、前向きに受験を目指している方なら大歓迎です。☛コメント欄についてのご案内☛特定の個人や他のコメント、受験団体への誹謗中傷や受験団体への要望はご遠慮ください。また、コメントの内容によっては公開しない場合があります。お返事はできないことも多いです。

社労士・合格一直線・木曜のエッセイ「今できることで、ベストを尽くせ!」

苦しいときもあるさ社労士受験生の皆さん、お疲れ様です。
いろいろな状況で、苦しいときもあります。
私も同じです。

全国の皆さんも同じです。
でも、目的地はもう見えています。
そこまで一緒に、さあ、元気出して行きましょう!

トンネルの向こうには、光が見えているよ。
どんどん加速してごらん、楽になるから。

今あなたは自分の力で進んでいます。
その素晴らしい、実感を感じながら、ベストを尽くせ!

私は、そんな君を尊敬しているよ!
今大事なことは、今できることに全力を尽くすこと。

大丈夫、私が応援団長です!









社労士・合格一直線1274「社労士試験・直前期の質問にお答えします」

みなさんこんにちは。

豪雨により被害を受けた、関西、中国、九州、四国地方の受験生の皆さん。
大変な中、受験どころではない方も多くいらっしゃることでしょう。
ご自身やご家族のご健康と復興が一番です。
気落ちなさらぬように、心よりお見舞い申し上げます。

無料対策講義のご案内
●平成30年7月15日(日)16時~LEC新宿Lタワー本校(全国中継)
「労働契約法速攻チャージ」
…終了いたしました

●平成30年7月22日(日)16時~LEC新宿Lタワー本校(全国中継)
本試験「選択式ベスト20」
労働一般の統計問題を中心に、今年出題が予想され、かつ、「対策がなされていない意外な論点」をピックアップして、選択式20問の問題をお配りし、クイズ形式で一緒に解いていきます。
この5年間、まさか!という選択式問題が毎年出題されてきました。
いっしょに対策を立てておきましょう。

☛いずれの講義も無料です
☛LEC受講生さん、他校の方、独学の方、人事総務検定の会員の方
みなさんお気軽にお越しください。

@@@
今日のご質問です。
「試験は、何の科目からやればいいのでしょうか」

これは、人のよって異なると思います。

通常パターン
労基⇒労災⇒雇用⇒一般常識⇒健保⇒厚年⇒国年
マークシートミスを防止するには、安心感があります。
私もこのパターンでした。

一部変更パターン
労基⇒労災⇒雇用⇒一般常識⇒健保 ⇒国年⇒厚年
勉強の順番に合わせて、最後の厚生年金と国民年金の順序を入れ替えたパターンです

年金対応パターン
昼休みに年金の過去問や問題を一通り見る
国年⇒厚年⇒健保⇒労基⇒労災⇒雇用⇒一般常識
昼休みに問題をやって、年金のアイドリングをしてから、すぐに年金科目に入るパターンです。
これだと、年金は得点しやすくなります。

一般常識対応パターン
昼休みに、統計白書を見ておく
一般常識⇒労基⇒労災⇒雇用⇒健保⇒厚年⇒国年
気がかりな一般常識を先にかたずけてしまうパターンです。

いずれにせよ、最終模試で自分のやり方を確立しておくことが肝心です。
本試験では、あまり特別なことをしない方がいいと思います。

もう少しです、気持ちを前に向けてファイト!















2018・直前MAX800本・通信用・補正情報

2018(平成30年度)直前MAX800本補正情報
澤井の直前MAX800本ご使用の皆さん
教材に下記の誤りがありました。訂正の程よろしくお願い申し上げます。


一般常識・解答解説
〔問46〕×⇒〇
第3号加入者の拠出限度額を12,000としていいますが、正しくは23,000円となります。

誤り…第3号加入者(国民年金の第3号被保険者)の拠出限度額12,000円
正しい…第3号加入者(国民年金の第3号被保険者)の拠出限度額23,000円

補正後
確定拠出個人型年金の掛金の拠出限度額は、第1号加入者に関しては、付加保険料又は国民年金基金の掛金と合算して68,000円、第3号加入者に関しては「23,000円」とされている。


雇用保険法・解答解説
〔問41〕
表2段目
誤…30歳以上45歳未満…育児・介護休業開始時賃金日額上限額
正…30歳以上45歳未満…育児休業開始時賃金日額上限額
 …45歳以上60歳未満…(最も高い)(介護休業開始時賃金日額上限額)

同〔問41〕の
表の中の、上段の真ん中(申出期間)
受給期間中に妊娠・出産・育児等の理由により引き続き30日以上職業につくことができなかった期間がある場合の「申出期間」について

誤り…引続き30日以上職業に就くことができなくなるに至った日の翌日から起算して1月以内に
正しい…引き続き30日以上職業に就くことができなくなるに至った日の翌日から起算して、「最長4年を経過するまでの間」に

健康保険法
〔問41〕解説の関連事項5つ目

誤…被保険者があらかじめ保険者に申請した場合、「6 か月以上1 年未満」の期間を限って、一部負担金等の徴収を猶予することができる。

正… 被保険者があらかじめ保険者に申請した場合、「6 か月未満」の期間を限って、一部負担金等の徴収を猶予することができる。



大変ご迷惑をお掛けしました。
制作者である、私の間違いです。心よりお詫び申し上げます。
なお、公式サイトでも公表させていただきます。






お仕事のご依頼はこちら
出版及び講義・講演関係のご依頼はこちらにお願いたします kiyoharu-sawai@nifty.com  (中棒はハイフォンです)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 社労士・合格一直線・木曜のエッセイ「今できることで、ベストを尽くせ!」
  • 社労士・合格一直線1272「社労士試験・直前期の質問にお答えします」
  • 社労士・合格一直線1271「平成30年・本試験・傾向と対策・労働一般・選択」
  • 社労士・合格一直線・1270「平成30年・本試験・健康保険・傾向と対策」
  • 社労士・合格一直線1269「平成30年本試験・雇用保険・傾向と対策」
  • 社労士・合格一直線1268「平成30年度本試験・労災法・傾向と対策」
  • 社労士・合格一直線1267「平成30年度本試験・労基法・傾向と対策」
  • 社労士・合格一直線1266「社労士試に必要な5原則」
  • 社労士・合格一直線1265「月曜のエッセイ・ちょっとしたことで差が出るシリーズ・