SAWASENのブログクラス・社会保険労務士を目指すすべての人へ

SAWASENのブログクラスは、社労士試験受験生を応援するものです。真剣に、かつ、前向きに受験を目指している方なら大歓迎です。☛コメント欄についてのご案内☛特定の個人や他のコメント、受験団体への誹謗中傷や受験団体への要望はご遠慮ください。また、コメントの内容によっては公開しない場合があります。お返事はできないことも多いです。

社労士・合格一直前1317「選択式はこう攻略せよ!②」

みなさん、お疲れさまです。
日中は暖かですが、仕事帰りは寒いのでコートは手放せない気候です。


今日は、平成29年 国民年金法 選択式3を取り上げてみます。

問題
国民年金法第107条第1項では、厚生労働大臣は、必要があると認めるときは、受給権者に対して、その者の ( E ) その他受給権の消滅、年金額の改定若しくは支給の停止に係る事項に関する書類その他の物件を提出すべきことを命じ、又は当該職員をしてこれらの事項に関し受給権者に質問させることができると規定している。

候補
⑪ 資産若しくは収入の状態
⑱ 届出事項の変更若しくは受給資格の変更
⑲ 被扶養者の状況、生計維持関係
⑳ 身分関係、障害の状態

まずは消去法を用いて考えてみます。
被扶養者の状況、生計維持関係
を代入してみると、前にある「受給権者」との整合性がとれなくなります。
被保険者⇔被扶養者の関係であり、受給権者と被扶養者は対になりません
よって、⑲は消去されます。

次に⑪ 資産若しくは収入の状態 、を代入してみます。
受給権者に対する確認事項で、「資産」が関連するものがあるとすれば、滞納処分、収入が関連するものといえば「20歳前障害」です。
完全には消去することはできないと思われますが、国民年金の条文の表現としては違和感があります。

次に
⑱ 届出事項の変更若しくは受給資格の変更
⑳ 身分関係、障害の状態
の2択で考えてみます。
⑱のキーワードは「変更」
⑳のキーワードは「障害の状態」
です。
Eは文節の「最もメイン」となる部分です。よって、そこに「変更」を持ってくるのは違和感があります。
また、「障害」に関しては、障害基礎年金の等級や支給停止等があるので、物件提出や職員による質問があることは考えられます。

もし迷ったとしても、⑳ 身分関係、障害の状態 を選ぶことができるのではないでしょうか。

選択式は「慣れ」で得点できる問題もあります。
今ならまだ間に合います。
粘り強く、文章に取り組む練習を積んでいきましょう。







社労士・合格一直線1316「選択式はこう攻略せよ!①」

20190301_110256みなさんお疲れ様です。
3月に入り、そろそろコートなしでも外出できる気候となりました。

写真はよく遊びに来る近所の「ミケ」です。
本名はわかりません。

暖かくなったので、毎日来るようになりました。
可愛いお友達が来ると、何だかうれしく感じます。

縁側で勝手に寝ているので、うちの猫だと勘違いされているようです。

別のお友達の「おかめ」も来るので、けんかしないように。
我が家の「みーちゃん」とも仲良くしてね。




「選択式はこう攻略せよ!①」
選択式試験で必要な力「文章読解力」

題材…平成30年の国民年金法の選択式試験

国民年金法施行規則第18条の規定によると、厚生労働大臣は、( A ) 、住民基本台帳法の規定による老齢基礎年金の受給権者に係る機構保存本人確認情報の提供を受け、必要な事項について確認を行うものとされ、機構保存本人確認情報の提供を受けるために必要と認める場合は、(  B ) を求めることができるとされている。

Aの候補
⑥ 各支払期月の前月に 
⑦ 各支払期月の前々月に
⑰ 毎 月
⑱ 毎 年

答は⑰ 毎 月 です。
過去に択一式で誤りの選択肢として出題されています。
「毎月」の部分を「支払期月ごと」として誤りの肢でした。
よって、過去問を見ていた人にとっては、易しい問題でした。
年金受給権者の生存確認情報は毎月行っていないと、「過誤払い」が生じてしまうので。

Bの候補
⑨ 市町村長(特別区にあっては、区長とする。)に対し、当該受給権者に係る個人番号の報告
⑩ 市町村長(特別区にあっては、区長とする。)の同意
⑲ 老齢基礎年金の受給権者に対し、当該受給権者に係る個人番号の報告
⑳ 老齢基礎年金の受給権者の同意

Bの穴を解くカギは、「を求めることができる」(下線部)です。
「求めるもの」が何か、そこがキーとなります。

4つの候補を2つのグループに分ければ、以下のようになります。
○○の同意…⑩と⑳
受給権者に係る個人番号の報告…⑨と⑲

つまり、「求めることができる」のは
「同意」、OR、「個人番号」ということになります。

仮に「同意」だとすれば、文章上「機構保存本人確認情報」を受けるために「○○の同意」が必要だということになります。
そうすると、前段で
( A ) 、住民基本台帳法の規定による老齢基礎年金の受給権者に係る機構保存本人確認情報の提供を受け、必要な事項について確認を行う
としているのに、後から「同意が必要」という文章となり、矛盾が生じます。
よって「同意」ではないと推理できます。


そうすると「個人番号の報告を誰に対してもとめるか?」という論点が残ります。
「市町村長に対して」、OR、「受給権者に対して」
さて、どちらか・・・。最後の2択です。
(問題文)
「機構保存本人確認情報の提供を受けるために必要と認める場合は、(  B ) を求めることができるとされている。」 

ここは意外と悩むところです。
印象としては
「受給権者」
なのですが、「報告」という文言があるために「市町村長」も捨てがたいのです。
この問題で最後に絞り切れないのは、「報告」と「市町村長」の相性がいいからです。
ただし、「個人番号」の秘匿性から考えれば、本人、つまり「受給権者」を選ぶのが順当でしょう。
よって、正解は
⑲ 老齢基礎年金の受給権者に対し、当該受給権者に係る個人番号の報告
です。

なかなか手ごわい問題でした。
文章力は、普段から「突き詰めて」考えていれば、案外早く身につきます。
ぜひ、粘り強く文章を読み解く力を付けて下さい。























社労士・合格一直線1315「月曜のエッセイ・かかわるだけ無駄である」

みなさんおはようございます。
3月に入りました。

20190228_132202写真は、事務所にはってあるネコです。
新宿Lタワーのスタッフさんにもらった、チョコに入っていました。
あまりに可愛いので、そのままはっています。


「かかわるだけ無駄である」

同僚や上司、部下。
顧客の担当者。

威張る人もいます。
いじめ体質の人もいます。
人を傷つける人もいます。
怒鳴る人もいます。
どうしようもない人もいます。
自分のために人を陥れる人もいます。

でも、そのメンバーを選ぶことはできません。
あなたは会社員ですから。
そして、それらの人達の性格を変えることもできません。
「無駄です」。

それらの人の影響を最大限避ける方法が1つあるとすれば。
それは「あなたがキレる」ことです。
何かあるたびに「キレまくる」。
そうすると、相手よりあなたの方が「どうしようもない人」になります。
そのとき立場が逆転します。

半端なキレ方ではいけません。
信じられないくらいキレて下さい。
「会社を辞める覚悟」があれば、できると思います。
心の底からキレて、キレて、キレまくって怒鳴り散らしてください。

日頃の我慢を爆発させて、相手にぶつけてください。
あなたは「へんな人」といわれます。
その結果、「かかわらない方がいい人」になります。
そのとき相手はようやく、あなたを攻撃するのをやめます。

残念ですが、相手の攻撃を防御しているだけでは、相手の攻撃はおわりません。
なにしろ、相手は筋金入りの「イヤな人」ですから。

やさしい人もいます。
思いやりのある人もいます。
助けてくれる人もいます。
周りの人を大事にしている、そんな人はどこにでもいます。

その人と波長を合わせてください。
笑顔で会話してください。
相談してください。
でも、「頼ってはいけません」。

人に頼っていると、相手にされなくなります。
自分のことですから。

仕事ができない人は、教えたらいい。
でも、子どもの頃から人をいじめてきた人を今さら変えることはできません。
なぜなら、自分はいつも正しいと思っているからです。
自分がいかに正しいかを常に主張して、「人を傷つけている人」
あなたの会社にもいませんか。

結論。
かかわるだけ「無駄である」。
















お仕事のご依頼はこちら
出版及び講義・講演関係のご依頼はこちらにお願いたします kiyoharu-sawai@nifty.com  (中棒はハイフォンです)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 社労士・合格一直線1316「選択式はこう攻略せよ!①」
  • 社労士・合格一直線1315「月曜のエッセイ・かかわるだけ無駄である」
  • 社労士・合格一直線1314「月曜のエッセイ・樹林帯を抜ければ山頂」
  • 社労士・合格一直線1313「月曜のエッセイ・今日、幸せを感じるために」
  • 社労士・合格一直線1308「月曜のエッセイ・2019年明けましておめでとう。」
  • 社労士・合格一直線1307「月曜のエッセイ・感謝の気持ちです!良いお年を!」
  • 社労士・合格一直線1306「エッセイ・ネコのかあさん」
  • 社労士・合格一直線1304「月曜のエッセイ・人と人との距離」
  • 社労士・合格一直線1302「月曜のエッセイ・不安感とは」