20190825_104031みなさんこんにちは。
再び暑い日となっております。
お元気でお過ごしでしょうか。
毎年社労士試験の検証をしていますが、しばらくは投稿しないつもりです。

「少しやすみましょう!」

さて、人はミスをします。
私も同じです。
誰でもミスをします。

でも、そのことを忘れている人が多くいます。
だから、自分がミスをしたときに冷静でいられないのです。
そして、ミスをした人を攻めてしまう。

ミスをしたときに落ち着いて対処することは、なかなか難しいことです。
そのことで動揺してしまい、更にミスを重ねることもあります。
気持ちをくさらせて、投げやりな態度となってしまうこともあります。
過去を振り返ってみれば、そのことに気が付くのではないでしょうか。

自分を責めて、気持ちを落ち込ませることもあります。
実は私もこのタイプです。
自分が取ってしまった言動を後悔して、何度も思い出し、その都度またへこむ・・・。
なぜか、そこから抜けられないということがあります。

女子ゴルフ界で活躍中の渋野選手が強いのは、ミスを引きずらないからです。
ミスがあることは解っていても、人は感情でそれを克服することが難しい。
だから、それを素直に認めてしまって、早く次に切り替えることで、リカバリーしているのです。

私の場合は、一時的に落ち込みますが、割と早く立ち直ります。
周りの方や受講生さんからの相談が多いので、そちらに気を取られて自ずと忘れてしまうからです。

この状態は、健全だと思います。
他者の相談に乗っていれば、だれでもミスがあって、悩んだり、落ち込んでいることがダイレクトにわかるので、自分だけが苦しいのではないということも感じることができるし、何より、人の役に少しでも立てれば、気持ちも立ち直ります。

時間も大事です。
人が気持ちを立て直すためには時間が必要だからです。
その時間を何につかうか…。
そこにヒントがあるのだと思います。

読書や映画、レジャーやスポーツ。
気持ちを動かしたり、体を動かすのがポイントです。

1人部屋で、落ち込んだ気持ちを持て余していても、なかなか晴れ晴れとはしません。
そんなときは、外に出てみることです。
試験が終わったのですから、遊びに行きましょう。

私もこの夏、休みを取ることができませんでした。
今も原稿の締め切りや収録があるので、休むというわけにはいきません。
でも、休みます。

休むと決めないと休めないので。
ミスをした自分を責めるのは、もう、やめにして・・・。

お疲れ様会のお知らせ
参加資格…今年の社労士本試験を受けた方
場所…LEC新宿Lタワー本校
日時…9月8日午後5時30分~
ビールや酎ハイ、ソフトドリンク
澤井のクイズ大会…賞品あり
申込…電話03-5325-6001(澤井のお疲れ様会参加希望とお伝えください)
お待ちしています!
現在の参加者:17名