ブログネタ
D&D に参加中!
 Player's Strategy Guideには、D&D4版のパワーカードを使いやすく改造する方法についての一項がもうけられています。(p123、『CUSTOMIZE YOUR POWERS』)
 普通にそのままのパワーカードを使うより、わかりやすく自己流で手を加える方がいいよ、という話です。

 具体的には、パワーカードに自分の命中ロールを書いたり、ダメージロールを書いたり、援護効果の内容や、クリティカルした時のダメージを書いたり……まあ、ここまでは普通。
 特技を取得し、パワーの内容が一部変わっている人は、それももれなく記入。……ここまでも、普通かと思います。

 が、更にはマーカーで文章に色をつけたり、アクション毎に独自マークをつけたり、カードの角を切ったり曲げたり。
 例えば、右斜め下が切ってあるカードは無限回パワー、的な区分けをするのだそうで。

 こ、ここまでするんだ……。

 ……ですが、このテの小細工は大好きだったりします。
 フィギュアに色を塗って楽しむのと大差ないですよね、パワーカードに色をつけるのは……。……違う?(笑)

 そんなわけで、取り出したりますはマイシャーマンのパワーカード。

201007022258000


 一枚ずつに切り離し、このために買ってきたラッコのポストイットをぺたぺた。

201007022258001


 回復属性のあるパワーには黄色のシールを貼り、全面ポストイットを貼って必要な場合は特技を記入。
 余白欄に命中値とダメージを記入。
 ……これでこのパワーカードは、シャーマンのパワーではありますが、私のキャラにしか使えない仕様になりました。

201007022309000


 細工ものをしているうちに楽しくなってきたので、色鉛筆を出して隅っこを色分け。 
 下に色を塗ったパワーは命中によって効果が出るパワー。黄色は対反応防御値、茶色は対頑健防御値、紫は対意思防御値。


 よし、これで戦闘中にパワーの区分けで悩む心配なし!
 ――覗きこんだ同居人に「うわぁ見づらいね」と言われたことは、あえて聞かないふりです!

 ごちゃごちゃしているように見えても、データが錯綜しているようでも、このパワーカードのデコレーション作業は『自分の好きなように』やることに意味があるのだと思うのです。
 どんなにわかりやすくデザインされているカードでも、『自分用に作られているもの』であることが、何よりも重要。
 ……とはいえ、ラッコのシールはぺらぺらして思ったより邪魔っけでした。これは取っちゃおうかなぁ……。