2012年07月30日

太陽熱消毒

 ここのところ猛暑が続いていますが、悪いことばかりではありません。
 私達の農場は有機栽培でほうれん草や小松菜、こんにゃく芋を栽培していますが、特にほうれん草の立ち枯れ病対策はとても重要です。
 通常の栽培ですと、薬品による土壌消毒をしますが、有機栽培では出来ません。
 そこで行っているのが太陽の熱を利用した熱殺菌です。
 昨日の午後3時の地温は58℃でした。そして、今朝の地温が42℃。この状態が5日間続けば立ち枯れ病の菌は死滅し、雑草の種も煮えてしまいます。一石二鳥の方法です。
 このハウスを建てた平成16年の地温は高くなって52℃でしたが、58℃まで地温が上がっていると言うことはそれだけ太陽の力が強くなったのだと思います。
 温暖化の影響を逆手に取った有機農法です。
DSC_0420


sawaurablog at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月29日

先人に感謝

 私達のすんでいる昭和村赤城原は、戦後の開拓地です。
 開拓当時はこの大地には水がなく、朝起きて最初にすることが水くみです。その苦労は計り知れない物があったと思います。
 そして、念願かなって水が来たのが昭和40年3月です。
 私が生まれた翌年になるわけです。当時はその様な場所だったですが、今ではすべての畑に水がとおり豊かな大地になりました。先人達の努力に感謝です。
 今日はその昭和40年に出来た貯水池の草刈りで朝から参加しました。
DSC_0417

 草刈りが終了したあとで、私の家の墓地にも行って掃除をしました。
 私の家は父親が1代目で、両親も幸い健在で仏様はいませんが、お墓とは私達の先祖を祭るところだと言われ、この前に立つと心が引き締まります。
DSC_0418


sawaurablog at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月20日

初めての黒帯

 昨日、長男賢治郎の黒帯が届きました。
 コーチをしている小室さんからのプレゼントで、待ちに待った黒帯です。
 まだ、板に付いてないですね・・・・
 私は遠野に出張中で、女房からメールで写真を送ってもらいました。

 3歳から柔道を始めて、時には「柔道に行きたくない」と泣きながらでも半ば親が強制的に道場に通わせ、初段の有資格年齢14歳になったと同時に初段の資格を取ることが出来たのです。
 色々な考え方がありますが、一度始めたことを途中で投げ出さない事を、小さな時には親が半ば強制的に行うことも大事かなと、最近感じています。
 あと10日で中体連の県大会、団体、個人ともに優勝を目指して最後の追い込みです。
 顧問の先生や、コーチには土日休まず指導していただき、本当にありがたいなと思っています。
120719_200738


sawaurablog at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月15日

有機栽培こんにゃく

 今日、テレビの取材を受けながらこんにゃくの畑を見て回りました。
 有機栽培こんにゃくの畑は綺麗に開葉していて、とても良い状態でした。

 こんにゃくは、地上部に見えるところはすべて葉で、地下の芋にあたるところは茎になります。つまり、こんにゃくには葉が一枚しかないのです。だからその一枚の葉が病気にかかったり傷んだりすると、大幅な減収につながります。
 昨年は9月の台風で葉が痛んで30%の減収になり、生産者も収穫量が少なく特に有機栽培で契約販売をしている人たちは大きな痛手になりました。
 今年は、順調な年になって10月を迎えてもらいたいと思います。早く8月、9月がすぎて欲しいといつもこの時期に思います。
DSC_0409


 

sawaurablog at 19:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年07月14日

金沢大地の井村さん

 昨日の夜中、東京から金沢に入り、ラディックスの会の食品部会に参加しました。
 金沢大地の井村さんの話を聞いて、有機農業に対する考え方や商品開発に関して色々と勉強が出来ました。
 特に、有機米、有機小麦、有機大豆などを170悩惑櫃靴董△修譴鮓粁舛貌本酒や水飴や蕎麦、お菓子、豆腐など様々な商品にしています。
 金沢市内にある市場に直販店を出して、自社商品を販売していました。
 自分が生産した農産物の可能性を追求している経営にとても感心しました。
DSC_0406


sawaurablog at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)