21世紀の森野外音楽祭

2013年10月13日

TPPについて

TPPについてテレビで話されている。
 こんにゃく芋は重要5品目の中には入っていない。
 このまま行けば関税は無くなることは間違いない。
「反対」
と声を上げるのは当然だと思うが、もうそれだけでは何も変わらないと思うのだ。良い悪いは関係なく自由化は進むだろう。
 そう言った中で今こそ、欧米先進国と同じような直接支払いの声を上げることが重要だと思う。

 欧米の農家が農業経営を成り立たせている大きな要因は、農家への直接支払いがあるからだ。フランスの酪農家で販売している乳価は10数年前に言ったときに50円くらいだった、しかし150円前後の直接支払いがあるのだ。だから安くても経営が成り立つのだ。ドイツに訪問したときも親子3人で経営している農家に年間400万円から800万円の直接支払いがあり大きい農家になると1200万円の直接支払いもあった。
 日本で農家への直接支払いの話が出ると必ず言われるのが、
「農家だけ保護するのはいかがなモノか?」
と言う意見だ、しかし、欧米の消費者はそのお陰で安い食品をてにいれる事を可能にした。又、その農産物を利用して様々な加工食品が開発され雇用の場も生まれ食を中心とした経済が発展しているのだ。
 野菜などはすでに関税がかかってないから関係ないというのは浅はかだと思うのだ、なぜなら関税が無くなって生産が立ちゆかない品目が生まれれば、当然野菜の生産が増え、野菜ですら再生産価格を割り込むことが予想される。

 身近なところで言えば、こんにゃく農家に対して一俵(30kg)あたり2000円から2500円の直接支払いをする事を提案したい。これに対する国が必要とする予算は50億円前後となる。一俵あたりに対し固定的な直接支払いをすることで、こんにゃく原料はその年の生産量の善し悪しで今までどおり価格が変動し生産量の調整が市場原理で出来るようになる。
 これにより出来たこんにゃく原料は国際価格になるのだ。

 そうなることで、農家は勿論成り立つがそれだけではない、こんにゃく芋の流通業者、加工メーカー、販売店など多くの人が利益を享受し、地域経済を成り立たせるのだ。 

 つまり、農業への直接支払いは地域や食品産業に関わる多くの人たちに恩恵を与え、最終的にそれを消費する人たちにも価格の低下という面で大きな恩恵を与えるのだ。

 今こそ、ただ反対をするのではなく、直接支払制度をしっかり制度かすることを声を上げていくことが大切だと思う。

sawaurablog at 08:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
21世紀の森野外音楽祭