リタイア後は今までと違う空間で時間を刻もう 一緒に老後を「遊びましょう」

8月に入り激しい落雷とゲリラ豪雨が毎日襲って来る。
DSC_3981

DSC_3977

DSC_3978

犯人はこいつか?
DSC_6288
ゴジラが嬬恋高原の大気を乱しているに違いない。


正装して長野原祭り花火大会を見に行ったのに・・・。
_20180815_202249

ずぶ濡れのご帰還となりました。

弥彦神社参拝
DSC_6196

弥彦山にはまだ紫陽花が咲いていた。
DSC_6200

DSC_6203

DSC_6212

雨が少ないせいか何となくいつもより色濃く見える田園風景。
DSC_6254

じょんのび村。
DSC_6252

DSC_6250

高所恐怖症が吊り橋から撮る風景。
ビビって構図悪し。
DSC_6249

DSC_6259

新潟に来たからには。
DSC_6257
へぎそば食べなければなりません。

燕市に来たからには。
DSC_6218
元祖燕系ラーメンを食べなければなりません。
背油こってりでもまろやかな味付けが人気。

DSC_6216
餃子も巨大で濃厚な味。
_20180806_093957
交通の便が悪い住宅地にあるにも関わらず超満員の杭州飯店お勧めです。
って・・・燕市じゃ行かないですね。


と、言うわけで日本海の夕日は無事でした。
DSC_6245


image


ワイルドだろ〰️

より近くで観たい、体感したい!

で、打ち上げ場所に一番近い桟敷席を買った。
DSC_6231

打ち上げの”ボッ”という音のあと、開花とほぼ同時に炸裂音が響き渡り一拍おいて夜空に広がる300メートル(連発する10号尺玉)の花びらが頭上に落ちてくる。DSC_6228

DSC_6230

その爆音は脳と内蔵を震撼させる。

しかし、あまりに近すぎて(花火そのものに入ってしまう感じ)10号尺玉のスケール感を味わうことが出来なかった。

復興祈願花火として2005年から打ち上げられている超ワイドスターマイン『フェニックス』は、平原彩香が歌うジュピターに合わせ開花幅2㎞にもおよび5分間圧倒的スケールで打ち上げられる。
yjimage
※カメラに収まらず長岡市ホームページより引用させていただきました。
これを堪能するためには今回の桟敷席から少なくとも200メートルは後ろにさがる必要がある。

近すぎず遠過ぎず、風上でトイレが近く、終了後脱出しやすい場所を求めて来年もここ長岡に参上いたします。

↑このページのトップヘ