out on the ocean

音楽、たまーに旅。

ドタバタな新年。。

さて、二度目の投稿!すごい!
これが続けばね。。って思うんですが。

前回は2016年の振り返りみたいな感じでしたが、、2017年はまたまた波乱でした。

新年はとにかくゆっくり、、ゲームして、食べて、、ほんの少し練習して、、平和に過ごせました。

ゲームはツムツム、マベツム、ぷにぷにやってます。もうツムツムとマベツムは陰りを見せて殆どやりませんが、未だに自分の世界の中ではトップに居座れてます笑
でも2000万の壁は中々厚いですね。。
ぷにぷには去年の雪辱を晴らし、頑張って覚醒エンマゲットしましたよ!

ってな感じで楽しめてました。

が、サボり過ぎて全ての準備が後手後手に。。やっぱ練習はコツコツしないとダメですね。。

一発目は急遽大先輩にお手伝い頂いてのカルテット演奏。実ははじめてご一緒したのですが、、ポテンシャルの高さには感服致しました。生徒達にも間違いなくいい刺激になりましたし、楽しかった!
フォーダンディーズ。。笑
先輩楽しい時間をありがとうございました!


その次は久々に大分でも演奏でしたが、、なんと雪で阿蘇の道路が凍結。。朝まで様子みたけどやっぱりダメで、、チェーン買おうとか考えたものの在庫もなくて、、やむなく新幹線で、、、。

そしたらなんと往復18,000円なり_:(´ཀ`」 ∠):

皆んなで泣きました笑大赤字。。。

しかも車に積んでいく予定の電子ピアノを持ってけないので、急いで現地調達。。何とか4オクターブくらいのキーボードを入手。。

もう全ての準備が思い通りにならない1日でしたが、、総じて楽しかった。
お客さんにも喜んで頂けたし。。

その後は直ぐ熊本に戻り、熊本オペラ芸術協会の本番。


カルメンのハイライト的な意味でボルヌのカルメン幻想曲を超絶カットで演奏してからの、平成音楽大学学長 出田敬三先生作曲の「銀杏城の夕暮れ」をソプラノサクソフォンとメゾソプラノとピアノのトリオで演奏させていただきました。
あっという間でしたが、とても楽しかった。

いや、とにかく無事に大分に行って、無事に演奏して、無事に熊本に戻り、無事に演奏終えて、、良かった。。
無事にが多過ぎですが、、本当に、何より無事である事の有り難さ。。。どんなに大赤字だろうが笑実感しました。。

そして、我がクラスの大イベント、クラスコンサート。























間に合うのか、、、?本気で心配だったのは勿論、まぁ本人たちが一番不安だったと思います。
本番前日ある意味笑いあり、涙ありの吹き合い会でしたが、当日は立派に堂々と自分の演奏をしていました。

ソロの曲目は
P.モーリス プロヴァンスの風景
H.トマジ コンチェルトより一楽章
A.ウェニアン ラプソディーより一、二楽章

トリオで
J.B.サンジュレー デュオコンチェルタントより一楽章

カルテットでは。
F et M.ジャンジャン 四重奏曲
J.フランセ 小四重奏曲
などを演奏しました。

意外にガラスの香りが好評でしたね。まぁ何よりこちらもやってて楽しかったからでしょう。勿論全曲存分に楽しみましたよ!

今回は受付も全て自分達でこなし、演奏以外のこともしながらよく集中したと思います。

皆んな本当にお疲れ様!よくがんばった!

その後は自分の本番、久々にガッツリピアノとデュオでの本番でした。





もうさらう時間が殆どない中でも、何とかする術を大分身に付けた気がします。久々にスカラムーシュをやってみたけど、、あれは本当に難しい曲だ。。でも楽しい。その難しさすらも含めて楽しめるようになってきました。
まぁとはいえかなりリスキーな曲ですが。。。

そして生徒が一生懸命さらっているウェニアンのラプソディーを自分も急遽取り組む事に。日頃レッスンで細かく指導してる手前自分がしっかり演奏で示さなくては。。ですね。
以前嫌々さらっていた時よりは、ずっと曲の楽しさや魅力を感じて演奏できた気がします。あの時はそれを表現出来る実力が無かっただけの事なんだ。。今だって十分ではありませんが、着実に一歩ずつ踏み出せてるのは確か。
これからも地道に歩んでいくつもりです。


場所は植木の温泉旅館だったのですが、
これ何かわかりますか?































































なんと、サクソフォン!
立派です、まぁ写真がイマイチなんで残念ですが、本当に素敵だった。

おかげで演奏もうまく行き、お客さんにも喜んでいただけました。演奏後には美味しい料理に、温泉にも入れて、、至れり尽くせりの1日でした。。

その後は生徒の本番(再びウェニアン笑)クラスコンサートから1週間しか無かったですが、よく改善してきたと思います。やっぱり緊張しまくってましたが、立派に吹き切りました。

次の演奏は更に良くなっていることを期待します。

今もう2月も中旬になりますが、、、あぁもう直ぐ2人の生徒がまたこのクラスを旅立ちます。。

やだな。。なんか子供の駄々みたいですが、リアルに寂しいです。。




忘れられたブログ。。。

と言っていいくらい完全放置だったブログです。みなさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

と、節分過ぎてようやく新年の挨拶をするという遅れ様。。。文字数少なくすれば投稿数は上がるんでしょうが、やはり書きたいことがあり過ぎて、まとめきれず、、そのまま時が過ぎて結局何も投稿できてないって言うね笑
最悪やん。。

いつからだっけ?10月くらいから何にも書いて無いですね。。

その間色々ありました。勿論みんなそうだろうけど、、震災直後、勿論それどころでは無かったんですが、演奏の依頼は皆無。
最悪今年は全く無いってこともあり得るな。。。ってある程度覚悟してましたが、秋から年末にかけてものすごい勢いで依頼が来て正直対応しきれるのか不安なくらいでしたが何とかなりました。

沢山思い出に残る本番ばかりです。
学生カルテット、OBも混ぜたカルテットそれぞれでの演奏。ソロ、独奏は勿論様々な組み合わせでのデュオやトリオの演奏。
準備がギリギリ過ぎてハラハラする事は何度もありましたが、どの本番も良い集中力で、結果良いものが出来たと思います。

また、久々にアイリッシュをガッツリ演奏したり、はたまたポピュラー音楽でコラボしたり、、カルテットを無理やりトリオにまとめて演奏したり、ピアノも何もなく、たった1人で45分吹いた本番も。。

色んな状況にも恵まれ、鍛えられました。まだまだ勉強しなければいけない事ってクラシックだけでなくても沢山あるな。。と実感しました。

サクソフォンと言う楽器に関して一番大きく変わったのは、どの本番も必ずソプラノを吹くようになった事。これまで、学校の依頼やブラスでソプラノを吹くよう指示される事が何度かあり、その度にすごく気が病んで、、と言う事が何度かありました。

フランスに留学してから全くソプラノサクソフォンを吹かなくなってしまったので、、、。そこからやけに毛嫌いして、もうソプラノとか無くてもアルトでその音域も出せればいい!ってどんどん意固地になって。。その反面持ち替えて吹ける人達を見てて、凄く羨ましいと思ってました。今思えば。。

でもそのおかげで、アルトの音域拡大も成功したし、良い事もあったのですが、やっぱり無理が出て来て。。
元はと言えば一度フランスにソプラノを持って来たものの、落としてしまい。。そのまま吹かずに放置状態だったので、、いつの間にか全く吹けなくなってただけなんですが。。

でも、意を決して少しずつ吹く時間を増やし、本番で吹く機会を増やしていったらいつの間にか持ち替えにも苦労しなくなりました。やっぱり便利だわ、、絶対持ち替えは出来といた方がいい。。と実感しました。

これからももっと精力的に頑張ろうと思います。







profile
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ