out on the ocean

音楽、たまーに旅。

リサイタルツアー2018のご報告

2月後半人生初のオーケストラとの共演、リュエフのコンチェルティーノについて書きたかったものの、、中々時間も取れず遅れに遅れてます。。
一旦時間軸を今に戻して笑

皆さん、なんと昨年のリサイタルから半年しか経っておりませんが、、笑

今年度のリサイタルツアーをまた開催させて頂く事になりました!

今年は7月12日(木)大分、13日(金)福岡、14日(土)広島、15日(日)和歌山、18日(水)熊本の5か所でやります!

今年はドビュッシー没後100年記念と言う事で、前半はドビュッシー、後半はサクソフォンのオリジナルといった内容になってます。

プログラム
C.ドビュッシー  ラプソディー
                           小組曲
                           シランクス

F.デクリュック  ソナタ嬰ハ長調

R.ブートリー     セレナーデ

他、、と言う事でお楽しみに!


チケット沢山ありますのでガンガンお申込み下さい!笑
ちなみにチケットの必要な公演は大分、福岡、熊本の三公演です!
広島、和歌山に関しては会場となるお店か私に直接ご連絡下さい。

詳しくはチラシをご覧下さい。


image

もろもろ2月前半

もう、こうなりゃ勢いで2月も書いてしまいましょう。。

2月も色々ありました。ちょっとしんどい位に色々と笑  
色々あるのは何よりも有難い事なのですが、辛かったのはフランスへ行き帰りの長時間移動で完全にやられてしまった腰。。。多分1月からやばかったのかな。。ずっと座りっぱなしってのが昔からどうも慣れなくて、、、。
なんか後々知りましたが、どうやら軽いギックリ腰だったみたいで、、、安静にする暇も無かったからどんどん酷くなるわで、、何となくで無理なストレッチしたら余計酷くなったと言う。。。苦笑
ホント情けないのだけど、、おじいさんみたいでした。。笑

そんな中有難い事に昨年からお世話になっているパレアさんから声をかけていただき、2月初めにはパレア祭りでミニコンサートを計4回もさせていただきました。
IMG_1199


しかも、ピアノ有りとどソロで2回ずつ。以前やった時の響きを覚えていたので、バッハの無伴奏チェロ組曲はとても合うなと思い、抜粋でやらせていただきましたが、思った通りでした。
響に助けられ、音楽的にもすごくいい意味で自由になれた気がして、吹いてて心地よかったです。まぁ、決して簡単では無いけれど、バッハの無伴奏作品は特に響の無いところでやるのとはあまりに表情が違います。。当たり前の事かもしれないけど、やはり体験すると新鮮だな。

留学中結構旅してた時にあちこちの田舎の教会に行っては人がいないのを見計らってこっそり吹かせてもらったりしてたけど、、教会とはまた違う響きで面白い。しかもちょいちょいこういう経験をさせて頂く中で少しずつ1人だけでも30分以上間を持たせられる様になって来た様な笑

その分ピアノとやる時はまた更に心地よく演奏できたし、よりピアニストの有り難さをひしひしと感じました!!
そして、この場所でやるのはすごく好きだな。。

お客さんも昨年より各回とも沢山来ていただけたみたいで何よりでした。とにかく聴いて頂いてナンボなので、、最後の2回なんて代表のN氏も一緒に踊って下さりそのお陰もあって大盛り上がりでした。僕自身もすごく楽しめました!

沢山の方々に感謝ですね。。

その後は10日の平成音楽大学のサクソフォンクラスコンサートに向けて怒涛の追い込み。。

IMG_1112

なんたって、僕がフランスに行ってる間生徒たちをほったらかしてたものだから、、自業自得ながら心配で心配で、、。

今回は卒業生にも手伝ってもらい、そのお陰で編成も少し広げて演奏する事が出来ました。

まぁバタバタで、何もかも滑り込み過ぎて笑出演者全員色々不安で心配でたまらなかったと思いますが、、、どれ1つ漏れ落ちる事なく、皆んなそれぞれ本番で1番いい演奏が出来たと思います。
うん、これは断言していいかな!
絶対いい演奏をするんだ!って気持ちと集中力、そして来てくれた人達への感謝の気持ちがきっとそうさせたんだと思います。いい音、空気が出てましたから、、それが何よりの証拠です!
勿論それぞれの課題はあるけれど、それぞれが次のステップへ上がるためのいい一歩が踏み出せたかな?と思います。
今年は特に心配だったけど、本当にいい演奏会になりました。
沢山のお客さんに聴いて頂くことも出来て良かった。。ありがとうございました!

卒業生もしっかり後輩を支えてサポートしてくれました。勿論お陰様で僕も助かりました!

皆んなよく頑張ったよ。。本当にお疲れ様。ありがとう!





と、次の日の講習会に急いで大分へ向かうバスの中でほっこりしてました。。痛い腰と戦いながらね笑
また長距離バスがキツイんだ。。。泣


次の朝大分の佐伯市で初心者講習会でした。懐かしい方々に再会できたり、色々と楽しかったです。
こういう講習会ってホント毎回色んな意味でとんでもない楽器とお目にかかれます。すごくいい楽器か、とんでもない状態の楽器って事ね笑

でもとんでもない状態の楽器でも皆んな音を出すんですよね笑えらい!というか、しなくてもいい苦労なんだけど、、無理矢理吹くから変な癖がついちゃうし、
、本当に可哀想なんだけど、、だからこそこういう機会に僕は、必ずそれぞれの楽器を吹いて状態を確認する様にしてます。

まぁ、色んな状態の楽器があったけど、ほぼ大丈夫。悪い箇所は生徒にも、先生にも説明はしました。後は基礎的な事を中心に。。時間が足りない。。泣

いつも思うけど、中心部だけじゃなくて、もっと地方にも満遍なく指導者が行き渡ればいいのにな、、、って思うのは簡単だけど、実現させるのはとんでもなく大変だろうし、、だからこそこういう初心者講習会があるし、すごく必要なんですよね!!

でも一回のチャンスで中々全てを伝える事は難しい。。。自分の指導力の問題もあるとは思うけれど、音楽はそんなに単純ではない。。いや、寧ろ見方によってはある意味素直でシンプルかもしれないけど、、そうなる為には物凄く大変。。

余計な力が入って力んだり、、沢山の無駄な事を排除していく作業でもあるから、、またその癖を取り除くのは本当に気が遠くなる作業。。

今教える事に関して、ひたすら自分の考えを続きで書いてたけど、気が遠くなるし、今回はやめときます笑

とにかく教える事は大変。。でも勉強になる。。生徒のために必死で考えた解決策、方法は、いつかまた他の生徒の為にも、自分の為にもなる!
それは人を教えれば教えるほど感じる。
。たった1回だとしても、そこで出会えた縁は宝。。少しでも何かの手助けになればいいな。。その為にももっと頑張らなくてはね!

その後待っていたのは怒涛のアウトリーチ三日間(1日2本、一本45分)。。まぁいずれ書くけれどとにかくアウトリーチって色んな意味でしんどい、、結構日頃の演奏では使わない頭も使うので、、
まぁ、日頃あまり頭使ってないのもあるのかな。。?笑

それを1日2本って言うのは中々大変。
僕は同じ時間で選ぶなら90分の演奏会、リサイタルの方を選ぶかな笑
勿論、物凄く勉強させて頂けて、本当に毎回楽しくやらせて頂いてます!!
本当ですよ笑

ただ特に自分の場合トーク力があまりに無いので、、敢えてそこを鍛え上げる為にこのアウトリーチに飛び込みました。
そのかいあって結構苦労したけど、少しは成長出来たと、、思います笑

アウトリーチと言うのは全校児童に聴かせるスクールコンサートとは違い、MAX40名程度(大体1クラス)の小規模の児童に対して一人一人より身近に音楽を聴いて親しみを持ってもらうというもの。。
場合によっては体験や、体を動かしたり、目をつぶって聴いたり、寝転がって聴いたり、、やり方は様々。トーク内容も言葉を選んで、より1人でも多くの児童に1つでも多くの事を伝え、感じてもらう為にあらゆる工夫をこらしながらその45分を作り上げていく。。

でも、それでも計画通りには行かない、、笑
アウトリーチの1番恐ろしい所であり見方を変えれば1番の魅力なのですが、子供達(主に小学生)が対象である事。反応も様々、、大げさだけど場合によっては天使にも悪魔にもなり得る笑
静かに聴いてくれる子ばかりでは無いし、またクラスと言うカラーもある。。様々な人間関係もあり、、男子と女子でも違う、、その中のグループでも違う、、一人一人勿論違う。。そしてみんな素直!!

だから、つまんないか興味津々かはっきりと表に出る。。だからこそこっちも必死!同じ学校でもクラスで全然違うから、1日2本以上あると反応も進め方も全く異なる。。アウトリーチ自体1つの生き物と思える。。それがまた面白い。。。スリル満点ですね。

僕は幸いこの1年間どれもいいクラスに恵まれたと思います。やりにくい、進め辛い、そんな時もあったけど、音を出せば皆んなきちんと聴いてくれた。。それだけで十分。。

聴いてくれるお客さんもまた、大人子供隔てなく、演奏家を育ててくれてるんだと、、改めて実感!
そして今回は給食も一緒に食べれてよかった!

さて余談ですが、いつもお世話になってるピアニストのM先生も今回怒涛のアウトリーチで本当に僕を支えてくださりました。。。
実はそのM先生が腰椎コルセットなるものをプレゼントしてくれたのです!
IMG_20180407_201534

散々勧めて頂いたにもかかわらず、頑なに買わなかった僕にしびれを切らし、、なんとプレゼントしてくれたのです。。神!!笑

なんで買わなかったって?そりゃあ恥ずかしかったのですが、、付けたら、、メッチャ楽ー。。。今まで拒否してた自分が本当にバカだなぁと、、、。

この最強アイテムのおかげで2月の様々な苦難も乗り越え、完治まで至ったのでした。。完治までの道のりはまだまだ先なのですが笑
まっとにかく!腰痛に悩む方々!これ是非オススメです!!




profile

ME-

11歳よりサクソフォンを始める。平成音楽大学音楽学部音楽学科を首席で卒業。同大学音楽専攻科を学長賞を得て修了。熊本市制100周年記念人づくり基金の助成を受け渡仏。パリ10区ベルリオーズ音楽院サクソフォン科、ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院室内楽科を首席で卒業。現在パリ国立地方音楽院室内楽科在籍。                      すみれ会室内楽コンクール福岡県知事賞(グランプリ)受賞。第22回八代青少年音楽コンクール金賞及び八代市長賞。第1回横浜国際音楽コンクール管楽器部門第1位。第10回九州音楽コンクール管・打楽器部門金賞及び最優秀賞、同年5 月受賞者記念演奏会に出演し出田賞(グランプリ)。第14回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディション入選、本演奏会出演。第53回西日本出身新人紹介演奏会に出演し、審査員満場一致で西日本音楽協会賞(グランプリ)及び福岡県教育委員会賞受賞。第47回熊本新人演奏会オーディションに合格、本演奏会に出演。
熊本市健軍文化ホールでジョイントリサイタルを開催し、好評を博す。第129回くまもとNHK美術館コンサート出演。第11回キエリ国際音楽コンクール室内楽部門第3位。第3回パリサクソフォンコンクール サクソフォンデュオ部門最高位。第9回ジェンコ国際音楽コンクールサクソフォン部門満場一致の名誉一等賞、同コンクール室内楽部門第2位。
第1回Theatre du passage vers les étoiles 音楽コンクール 室内楽部門第1位。第6回ナント国際サクソフォンコンクール第一位。またフランスのトゥールーズ郊外にて開かれた第4回Festival Chambre Avec Vuesの室内楽コンクールで、ファイナリストに選ばれ入賞及び聴衆賞受賞し、来年開かれる第5回同音楽祭の招待アーティストとして選ばれる。                        これまでにサクソフォンを生野一也、斎藤広樹、服部吉之、ファブリス・モレッティ、ルマリエ千春に、室内楽を斎藤広樹、ファブリス・モレッティ、フィリップ・フェロー、ヴェロニク・ロー=バリー、ジェローム・ボワザン、ポール・メイエ、エリック・ルサージュの各氏に師事。                そして、現在サクソフォンのみならず、アイルランドの伝統楽器ティンホイッスル、ローホイッスルを独学で学び、クラシカルサクソフォンとアイルランド音楽の融合を目指して活動している。

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ