2006年12月26日

遠吠え

株価は閑散も値上がり
先高感は強そうです。
個人的には
今年は完敗でした。
来年は乾杯でお願。
完璧な読み違えでした。
相場は悪そうだから素直にディフェンシブでよかったようです。

それでも鉄鋼は買えない。
大型株だしバブルならともかく。
巨大な金がだぶついてることを軽視してしまいました。

あとは負け惜しみです。
鉄は喰えない。
装置産業だが
技術的には古い。
ワタより軽い鉄板など出来るはずもない。
発展途上国にも追いつけ、追い越す機会はくる。
金利安がサポートしてるがやがては高金利。
資源高に円高にも振れたら痛い。
上がり目より下がり目のが多い。

一方の消費関連、サービス業。
人件費の高騰懸念で下がり続けている。
しかし景気がよくなれば、売上は伸びる。
人件費が高騰するなら個人の財布の口も緩くなる。
前年対比減は回復しかない。
もたぬとこは流行りのエムアンドエー。
借入金は多くとも規模は小さい。
僅かの金でも暴騰。
参入障壁は低いが、接客業にマニュアルはあっても
真のノウハウは、生産技術より高度。
生き残りには、それがある。
と思ったのだが。

思い出して欲しい。
重長厚大は斜陽化
短小軽薄の時代だと
言われたのは、少し前だ。
産業構造としては、そう進むだろう。
多少の綾はあっても。

次は造船。
宇宙戦艦ヤマトを造るぞ。
洒落にもならない。
犬は犬でも
負け犬でした。

ウォーン


say20051210 at 18:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔