医学部受験を鼻で笑われた人のための勉強法

2chスレ「偏差値30台から独学で国立医合格したが質問ある?」で紹介した勉強法をまとめています。

医学部生活の日記は"こちら"

受験開始時の偏差値(駿台全国判定模試)
英語45.0
数学47.9
国語37.5
物理28.6
化学27.0

センター1年目 720/900
センター2年目 872/900

<注意>
以下、記事においての「〇か月間やった」や、「〇月から始めた」という記述は
あくまで曖昧な記憶に基づいたものなので間違っている可能性があります。
また、俺の方法があなたに合うとは限らないので、参考程度にしてください。

2chリンク
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/jsaloon/1369641216/
したらば
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/school/21000/1366712643/

また受験に突入するので、ブログ開設しました。
大学受験についてはもうすっかり課程が様変わりしてしまって答えられることは多くないですが、
医学部の試験に使えた参考書など、あげていきたいと思います。
医学独学ノススメ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

勉強に直接関係ない質問はここでどうぞ。
科目別の質問はその科目でしてもらったほうが返信しやすいのでよろしくお願いします。

コメント欄に入りきらない長文の相談や、人に見られたくない話は↓にどうぞ。
and_then_there_were_n0ne_k@yahoo.co.jp

メールした時は、コメント欄に御一報くださると有り難いです。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

英語に関してはセンター対策は特に必要ありません。
ただ、センター英語は数学、理科のように満点が比較的取りやすい教科なので
発音・アクセントの対策はしっかり取ったほうがいいと思います。

俺がまずはじめに使った文法書は
安河内の英語をはじめからていねいに」の上・下。
これは中学レベルから高校レベルまで文法を教えてくれる参考書です。
ただ少し、単語レベルが高い、という意見がありましたので単語帳を併用、または単語を覚えてからやるのが良いと思います。
文法で一見役に立ちそうになく、軽視されがちな文型(SVOOとかSVOC)などですが、この本で絶対に理解できるまでやってください。
後々非常に役に立ってきます。
また自動詞、他動詞という用語の意味をしっかり押さえることも非常に重要です。

併用する単語帳としては、俺の場合は
速読英単語 入門編

速読英単語 必修編」という形で取り組みました。
単語を覚えるときは特に動詞に気を配って、自動詞か他動詞か、または両方の用法を持つのか、
他動詞だとしたら二重目的語を取れるかどうか、に注意して覚えてください。
これがのちの英文読解に生きてきます。
上記に上げた「速読英単語 入門編」ですが、ある程度英語を勉強したことある人ならやる必要はないので飛ばしていただいて結構です。
どうしても覚えづらい単語をどうやって覚えるか、という問題ですが方法はいろいろあります。
俺の場合は、
ダジャ単―英単語記憶術の極意」を使ってゴロで覚えてしまうか、
名前は忘れましたが語源からアプローチするタイプの単語帳を一冊持っていましたので、それを使いました。
また、洋楽の歌詞の中で覚えてしまう、その単語が使われているカッコいい名言を音読して暗記など、方法は多岐にわたりました。

文法と単語がある程度固まったら、英文読解に入りますが
俺の場合は「速読英単語 入門編」に載っている英文訳から入りました。
それができたら次に「速読英単語 必修編」の英文に進み、
次からは「英語長文レベル別問題集」の解けそうだな、と思うレベルより1つ下の参考書をやってください。
ここからはとりあえずどれだけ本番までに長文を読むことができるかが勝負になってきます。
参考までに俺のルートを示すと、
英語長文レベル別問題集(2)」⇒
英語長文レベル別問題集(3)」⇒
「やっておきたい英語長文300」⇒
「英語長文レベル別問題集(4)」⇒
「やっておきたい英語長文500」⇒

ここから、
横山ロジカル・リーディング講義の実況中継
英文解釈の技術100」(ただこれはこの時点では難しいかもしれないので、「基礎英文解釈の技術100」をやってからでも良いです。

次いで、
「英語長文レベル別問題集(5)」⇒
「やっておきたい英語長文700」⇒
「英語長文レベル別問題集(6)」⇒
「やっておきたい英語長文1000」⇒
[国公立大]医学部の英語」⇒
いろんな大学の過去問英語
と、多分こんな感じだったと思います。(順番など記憶違いあり。また、恐らく忘れていて書いてない長文問題集あり。)

あと、長文を読むときには、絶対に前から読み下すように意識してください。
戻り読みをしてると確実に後で泣きを見ます。
「だれが?」「なにを?」「どうした?」の順で日本語は記述されるところが、
英語では「だれが?」「どうした?」「なにを?」になっているだけです。
同じ情報がただ形を変えてるだけなので、慣れれば難しいことではないです。
対策としては、まずは意味を取ろうとせずに、
副詞・副詞節・接続詞節(このあたりの用語があまり理解できていない人は安河内で勉強してから見てください。)をすべて()でくくる。
そうすれば残るのはS,V,O,Cなどの英文の骨格だけになるので、それを前から読み下す練習をしてください。
慣れれば、()でくくる必要なく英文が読み下せるようになると思います。

センターが近づいてきたら(3,4か月前を目安に)、文法用問題集として
大学入試英語頻出問題総演習」をやりました。
ここに書いてある熟語を覚えれば、よほど特殊な大学でない限りは十分だと思います。
また、センターの文法問題対策に効きます。
ただ、文法がある程度できてないと進めていくのが大変だと思いますので、安河内の参考書をしっかりと復習しておいてください。

[リスニング]
リスニング対策は
「速読英単語 入門編」のCDを使い、CDを聞いてそれをディクテーション(紙に書き出す)しました。
順序としては、一文一文CDを巻き戻しながら聞いて書き出して行き、すべて書き出せたら答え合わせ。(どうしても聞き取れない単語はカタカナでどう聞こえたかを書いておく。)
答え合わせが終わったら、CDをシャドーイング3回。
その後、CD無しで2回音読。
最初は時間がかかるかもしれませんが、そのうち慣れて早く終わるようになってきます。
入門編が終われば必修編へ。
必修編がほとんど聞き取れれば、東大リスニングも怖くないぐらい英語が聞き取れるようになってます。
洋楽の歌詞を印刷して歌ってみるというのもリスニングには有効です。
また息抜きにもなるのでよくやっていました。
EMINEMとかには間違っても挑戦しないように。

[発音・アクセント]
「センター試験英語「発音・アクセント・文強勢・会話・リスニング」の点数が面白いほどとれる本」を使用。
これの文強勢、リスニングはやらなくても大丈夫。
会話は、苦手な人はやっておいたほうがいいです。
発音・アクセントについてはかなり勉強法がわからない人が多いと思います。
発音については、この本に書いてある法則をある程度でいいので覚えてしまいましょう。
そしたら、スペルだけで発音が予測できるようになります。

アクセントはこの本に載っている単語のアクセントを覚えれば大体解けるようになると思います。
不安ならば、即ゼミのアクセント問題もやっておけばほぼ万全です。

[英作文]
まずは、
「よくばり英作文」の例文を丸暗記することから始めました。
ここで言う丸暗記とは、日本語訳を見て完全に英文戻せる、ということです。
英作文は文法の復習にもなり、大変有意義です。

これが終われば、
大矢英作文講義の実況中継」を始めます。
受験生が間違えやすいポイントが列挙してあり、凡ミスを減らすのと同時に自由英作対策などにも良いです。

次に、英語長文読解に使った
[国公立大]医学部の英語」に英作文問題が載っているので、
これを解いてYahoo!知恵袋で採点してもらっていました。
他にも、Yahoo!知恵袋に載っている誰かの宿題の英作文をやる、など英作する題材はあちこちにあります。
日常生活でも、脳内思考をできるだけ英語で行う、目についたものを英訳する、漫画のセリフを英訳する、などちょっとした時間にできる勉強法がいくらでもあるのが英語の特徴だと思います。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ


数学は唯一独学に失敗した教科です。
以下俺が実際に行った参考書と手順を書いていきますが真似しないでください

まず、
「とりあえず医学部だし難しいやつやらないとなー」、と考えていた俺は「赤チャート」に手を出します。
数日後、これは何か違う、と思った俺はレベルを1段階下げた「青チャート」に変更。
とりあえずほぼ全ての問題の解答を見て、一応Ⅰの範囲だけ終わらせセンター試験のⅠの範囲だけをやってみたが全く解けない。
この時点で多分夏終了寸前。(ぐらいだったと思うがよく覚えてない)
焦って参考書を探しに本屋に行き、
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学I・A」を手に取って中を見るが
表紙ダサすぎ、著者の顔と口調生理的に受け付けなさすぎで断念。
そこで初めて「坂田シリーズ」を手に取る。
イラストが多く見やすかったので、これに決めて購入。
坂田をやり続けて1年目センターに突入。
坂田のおかげか思ってたよりは点が取れた。

そして2年目、
「数学は暗記だ!―受かる青チャートの使い方」を読んで
「そうか数学は暗記だったのか!!」ってなり、再び青チャートに挑戦。
青チャート暗記全然進まず、ふとした拍子に和田秀樹は灘高卒だということを知り以後、和田は嫌いに。

もうこうなったら、記述数学は捨ててセンター数学だけでも取る作戦に切り替える決心をする。
センター狙いとはいっても、2次のⅢCの簡単な問題を捨てるのはもったいないのでⅢに坂田導入。
Cに関しては「志田晶の 行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわかる本」を使用。
坂田の微積はわかりやすかったが、志田は少し初学からやるにはハイレベルで理解するのに時間がかかる場所もあった。
Ⅱと行列は坂田、ベクトルは志田で固める。
数学の面白いほど~、は1周目問題解きながら解説も精読、
2周目問題解きながら解けた問題は解説読まず、
3周目巻末の問題だけを解く、という方法でやってました。
次に、
「センター試験 数学I・Aの点数が面白いほどとれる本」
センター試験 数学II・Bの点数が面白いほどとれる本」を開始。
特にⅡ・Bの微積の裏ワザは役に立ったのでこれはオススメ。

ここから、過去問、駿台、河合、Z会の予想問題を朝、起床して1A、2Bとも解く。
多分この時センター1か月前くらい。
解き終わった後には、解けなかった問題の問題番号と反省点を書いたメモを作成。
毎日、予想問題解く前に読み返してから予想問題に移った。

あとセンター2・Bの過去問は
大学入試センター試験過去問演習数学2・B (東進ブックス)」がオススメ。
旧課程で普通は演習に使えない問題も新課程対応にしてくれているので演習が多く積める。

しょうもないことですが、俺は過去問や予想問題をやるときはコピーしたマークシート用紙を毎回使ってました。
数学のみならず全教科で。


センターが終わり、ⅢC忘れてたのでもう一度坂田志田で復習。
チョイス新標準問題集数学3・C」開始⇒すべて終わることなく時間切れ。


というのが大体の流れです。
最初の赤チャ、青チャをやっている過程を抜いてもらえば、もしかしたら使える勉強法になるかもしれません。
自己責任でお使いください 笑

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

このページのトップヘ