俺の場合は化学はセンター対策から入りました。

最初に使った参考書は、
パワーUP版 センター試験 化学Iの点数が面白いほどとれる本」です。
この本は最初のほうで化学における単位計算の重要性が書かれてます。
ただ、多分この部分一度読んだだけでは理解できないと思います。
理解できる人はいると思いますが
俺の場合は無理で、「なんだコレめんどくせ」と余裕で飛ばしました。
おそらくこれが一年目に犯した化学における一番のミスだったと思います。
化学の計算問題では思っている以上に単位が重要で
単位見るだけで意味もわからないのに解ける問題がゴロゴロあります。
この本のその部分だけはめんどくさがらず、しっかり理解できるまで読んでください。
センターにおける化学の計算問題対策はこの本でいいところまでできると思います。
ただ、この本の弱点は有機化学。
この本だけでは有機化学において2次力をつけるための土台が作れません。
なので有機化学分野は
上記の「パワーUP版 センター試験 化学Iの点数が面白いほどとれる本」と
岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (無機・有機化学編)」のタッグで攻めます。
それほどページ数も多くないのでビビらないでやってみてください。
時間が余れば、岡野のはじていの無機分野と
岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編)」(化学1のみで良い)をやってさらなる高みを目指してください。

あと、化学反応式を丸覚えするしかないと思っている人がいますが大変な時間のロスです。
確かに丸覚えしなければならない反応式もありますが、ほとんどが理論さえ知ってれば書けます。
一例ですが、弱酸遊離など理解していない人は無駄に記憶力を使ってる可能性があります。

最後に、センター化学でたまに出る有機化合物の可溶性や色。
これは資料集、もしくはネットで調べればまとめられているページがあると思うのでそこでチェックしてください。
あと、できれば周期表はセンターだけでも臭素まで覚えておいたほうがいいです。
ゴロ合わせは岡野の参考書に載ってます。