月曜日が学校の振替休日となったので、スパリゾートハワイアンズに行ってきました。
よくCMでは出て来てますが、どういうところはよく分かってません。
行ったことがある人たちにきいても賛否両論。

とりあえず前世は魚か人魚姫かどちらかであろうと思われる紗綾姉の希望によってスパリゾートハワイアンズに行くことにしました。
日帰りで行ったら入場券が3000円、交通費往復約13000円、合計16000円かかりますふが、これを宿泊にした場合、近くまで無料往復バスで送迎してくれるため交通費往復300円、入場料は宿泊費込みで1泊2日ハワイ案ず入り放題で12000円弱と泊まった方が安い、ということで、泊まりコースをチョイス。
#ちび紗綾も泊まる時は有料なので結局はとんとん、ということになりますが。

バスは無料送迎バスということで全く期待していなかったのですが、一般的な観光バスクラス(スキーバスと同じ)で3歳以上は席が確保、場合によっては補助席も利用となってましたが、一応全員普通の席になってました。
バスはこの日平日扱いなのに一つの駅に4台が送迎に出るくらい大繁盛です。

ホテルハワイアンズに到着するとすぐにスパリゾートハワイアンズに駆け込む紗綾姉。
すぐにロッカールームがあり、そこでひとまず着替えてすぐにプールへ。
中は結構大混雑でゆっくり泳げそうには無かったのですが、比較的暖かい日であったため、外の場所スパガーデンパレオへ行きました。
パレオまで子連れで徒歩約15分(迷子になった時間含む)、そしてパレオに付いたとき私がたまたま、ロッカーキー(有料)がゆるゆるで外れそうになってたので、紗綾パパにきつく留めるのを手伝ってもらおうと思ったら紗綾パパの第一声「あ、ロッカールームのキー、付けっぱなしや(鍵をかけてくるの忘れた)。」
ロッカーの中には紗綾パパの貴重品もざくざく。
紛失したり盗難に遭ったらシャレにならないので、即座にロッカーまで舞い戻って貰いました。
多分何事もなかったみたいですが。

そこで、紗綾パパがいないからと言って大人しく引き下がる紗綾姉妹ではございません。
水深110cmあって紗綾姉の身長とすでに同じくらい、ちび紗綾にいったては軽く溺れる深さ。
はい、二人ともそんなこと考えもせずに一目散に飛び込みましたよ。
紗綾パパが慌てて行ったので、デジカメなどもそこら辺に放置されているのにそんなことは考慮に入れてくれません。
私が浮き輪を膨らますまではまだ入るなと言ったので、その後しばらくは浅いところで我慢してましたが、大変でした。
暖かい日とは言っても水の中に入り、出ると、かなり寒いです。
また、水の中でも日陰に入るなり寒かったりして比較的空いているっぽいのですが、探検する出来るほどの暖かさではなく早々に引き上げ、次のスポットスプリングパークへ行きました。

ここは温泉プールのようなところで温泉療法などを目的としている部分のようです。
なので、肩こりコースや疲労回復コース、痩身コースなど色々なコースがあってそれぞれ療養するようですが、子供二人もいたらそんなことはできず、やはり普通に入るのみでした。
ただし、温泉の温度は34度に設定されていて外から入って来たのに比べたらすこーーーし寒いかな、、、もう1度ほど暖かい方がよかったかも、、、です。
やはりここでもトイレが近くて。。。
スプリングパークには今紹介した水着で入る混浴(?)ゾーンと本物の風呂(男女別)のあるゾーンに分かれており、日帰り入浴はここでやることになります。
こちらも温泉療養コースがあって全部まともにやっていたらかなりの時間がかかるな、と思いますが、なかなかお勧めです。

そして、映画の舞台にもなったウオーターパークです。
私の友達の中にはこのウオーターパークはいまいち、という意見もあったのですが、やはりここがメーンのところだな、と思いました。
ここでは紗綾姉は水を得た魚のようになってましたが、夕食の時間が5時からの予約なので、すぐに引き上げて夕食を食べました。
基本的にはここは2食付きでしかも紗綾一家は貧乏人の王道のバイキングコースなので、「食べなきゃ損」という考えが根底にあるためとにかく食べまくりますが、ホテル内には居酒屋やらラーメン屋などもあってこれでも十分お腹が満たされると思いますし、現に夜の時間は大繁盛でした。

夕食後はまたウオーターパークへ。
昼間はいっぱいだったのですが、夜のウオーターパークは貸し切り状態で思う存分遊びました。

そして、翌日の朝、10時オープンですが、10時きっかりにはすでにウオーターパークに着いていた紗綾一家です。
そして平日なのに、いっぱいで大繁盛でした。。。。
そして、帰りのバスの時刻ぎりぎりまで水の中に入ってました。

二日間水に入っていたので、紗綾姉は息継ぎが出来るようになり(約10m)、ちび紗綾も初めて補助具なしで泳げるようになりました。

帰りのバスの中は私も含めてずーっと眠っておりました。

と、ざーっとハワイアンズ体験記を書きましたが、部屋の中がかなーーーーり年季が入っているものの(一番安い部屋)、それなりに人手もかけているなと実感出来(ホテルでケチケチしていない)、交通費込みの料金、そして、車の中は親は何も考えること無くずーっと寝ていられる、子供たちも熟睡ということを考えてかなりお勧めスポットです。
来年の振替休校日には紗綾姉妹の気が変わらなければまたハワイアンズに行くと思います。