ちび紗綾の音楽教室の時間、暖かかったので音楽教室ソバの神社内の公園で紗綾姉と時間を潰していました。
小鳥のさえずりとかが聞こえてきたりして公園に来て良かったな、と思いました。

公園

音楽教室 音1クラスの風景です。

各調の5音階と3和音の復習
全員でピアノを弾いて復習です。

和音の聴唱
F-dur、G-durの主要3和音の復習をした後、これらの二つの調の3和音のどれかを先生が弾き、分かった人が答えるものです。
全部で6種類の和音どれが出るか分からないので、1年生坊主は皆さん苦戦でした。
ある時は先生がボーンと和音を鳴らすと「はい、今のは?」1年生、、、誰も答えず、、、、
と思ったら誰かが「ファラド」と小さい声で答えました。
先生「あ、今誰か正解言ったよ、誰?誰?」
1年生「。。。。」先生「え?今誰か答えなかったっけ?」
「ファラド」。。。。先生こっちを見て、、、
「え?答えたのはちび紗綾ちゃんなの?正解です。すごいね、よく聞き取れたね」先生、すっかり感心。
。。。ということで、ちび紗綾は和音そのものを全く習ってないため完璧な答えではないのですが、多分正答率はかなり高かったと思います。
そうです。
音楽教室の生徒はこうやって少しずつ和音の種類が増えて苦戦しまくってやっと聞き取りができるようになるんです。
別に全員が当たり前のようにばんばん聴音が出来る訳ではないんです。
全員が出来るようになるまで何度(何週)でもやっていく、という方式を取り、やっとあのような難しい聴音とかが出来るようになるんです、多分。
逆にちび紗綾とかのほうが特殊な部類になるみたいです、この田舎の教室では。
このようにちび紗綾はバンバン和音を当てて(?)ましたが、そのうちに、、、、ものすごいにおいがしだして。。。
和音を答えるのにご本人様夢中になってしまったせいかオ○○シをしてしまったのでした。。。

ミッキーマウスマーチ
全員でグロッケン&ハンドベルでの合奏のミニ発表会でした。

けだものがきた
歌の練習をしました。

よっぱらいのふなのり
新しい曲です。

よろこびのうた
これも新しい歌で有名なベートーベンの曲です。
このうち、3度の合唱の下のパートのみを渡され、
「これは皆さんの知っている歌ではないですよね
 皆さんの知っている歌はこの3度上の音になります。
 じゃあ、この楽譜を見ながら3度上を読んでメロディーにしてください」
これも皆さん苦戦してました。
今回新しく見学の人が来てました。
前回私たちに色々と聞いて来た人です。
結局色々な理由で今回このクラスに編入し、来年の4月に正規のクラスに入れるように補講とかをしていきながらレッスンをしていくことにするみたいです。
やはり音楽教室は初めてということで、1週間の間どのクラスに入るべきか色々な学年を見学したそうで、かなり頑張っているお母さんだな、という印象を受けました。
今回も「私、音楽というものが全く分からないんで、、、」と言ってました。
私も今回初耳だったのですが、1年生から編入して来た人たちはやはり、しばらく補講を受けるなどしてやっとついていっているんだそうです。
「だから、○○さんもまだ入会して日が浅いんですけど、補講受けたりお母さんの指導でやっと今クラスについていけるようになったんですよ。
学年が上がるにつれてそれだけ内容も高度になりますからね〜やはり、最初の半年間はクラスとか様子見ながら授業受けたらいいと思いますよ」という先生のお話がちらっと聞こえてきました。

ということで、最初のうちは閑古鳥が鳴いていてクラスの存続すら危ぶまれてましたが、今はだいぶ人数も増えてきて安泰、という感じになりました。