冷やかしで某塾の入塾テストみたいなものを受けてみました。

返って来た点数を見て、、、絶句。。。

 一応、まだ2年生ということで、不合格になることはないということですが、参考情報として合格基準点というものがありました。
それがまた、、、紗綾姉の倍の点数だったりするんですね。。。(ということは、半分も正解していない、というわけですが)

「2年生の段階では普段から塾に行っている人と行っていない人の差が非常に大きくて、どうしても塾に通っている人は点数が高く出ます。
そういう人がやっと合格基準点に達する、という計算ですので、気にする必要はないです。
今後訓練次第ですぐに合格基準点に達するようになります。」
#多分もっと上の学年になるとさらに差が大きくなると思うんですけど、、、
入るつもりは元々なかったので、入塾説明会での説明では、3年生以上は合否判定が入るようになり、現在の合格基準点に達しなかった場合入塾が出来ないこともある、という説明以外は何の説明かすっかり忘れました。
塾や通信教育など日頃から勉強している人たちが合格基準点に達する感じ、半分あたりを取ってる人が日頃学校の勉強を理解しているレベルの人たち、というのが大体の目安となっているそうです。

っつーことは。。。
紗綾姉、学校の内容も理解していないレベルか、、、(~~); 
、、、確かに漢字でも1年生レベルで”ざ 創作漢字”あったり、足し算で間違えていたりしていたし。、、、 
本人、全く気にしていないところがいいのか悪いのか、、、