先ほどメールマガジンをお読み下さった
読者の方からご質問がありましたので、お答えします。

「本文にありました
タイピングが速くなるコツを
教えて下さい
一ヵ月後にワードの試験があるんです
タッチタイピングですが
ひらがなからローマ字に矯正中です
よろしくお願いします」

Kさん、ご質問ありがとうございました。

とにかく速く打てるようになりたい。
そのお気持ちわかります。

ではこの方法でやってみて下さい。

====================================

よく使われる文字を攻略する

★母音をモノにする

母音(あいうえお)の位置があいまいだと
両手で打っていても速度が遅くなります。

特に間違えやすいのは、

・「え」のキーを「E(イー)」と発音するため「i」を押してしまう

・「い」のキーを「I(アイ)」と発音するため「A」を押してしまう

この二つです。
間違えないようにするためには
【その音を伸ばした時に出る音がどこにあるか】を
正確に覚えましょう。

あ1.「さ」と打つ時は「さぁ~」と伸ばして言ってみる。
   すると「さ」だからSを打って、「あー」と伸ばすから「A」を打つ

い2.「き」と打つ時は「きぃ~」と伸ばすので
   「K」を打って「i」を打つ
 
う3.「る」と打つ時は「るぅ~」と伸ばすので
   「R」を打って「U」を打つ

え4.「ね」と打つ時は「ね~」と伸ばすので
   「N」を打って「E」を打つ

お5.「も」と打つ時は「も~~」と伸ばすので
   「M」を打って「お」を打つ

全部伸ばしながら
「さぁ~くぅ~らぁ~」と言いながら打つと
SAKURA と打てます。

これをだんだん速くしていくだけ。

※ただし、キーを打つ指がどれなのかを
間違えないように打ちましょう。

10本の指で、どのキーを打つのに
どの指で打つか。これが重要です。

同じキーをいろんな指で打ってみたり
誤った指で打っていると、後で矯正がききません。
最初はゆっくりでいいので、正しい指で
打つようにして下さい。

正確な指がわからない方は、こちらをご参考に。
http://ja.wikipedia.org/wiki/タッチタイピング#.E3.82.AD.E3.83.BC.E3.81.A8.E6.8C.87.E3.81.AE.E5.AF.BE.E5.BF.9C
(「タイピング 指」で検索してみましょう)


★次に、よくつかわれる子音を攻略します。

「さ行」「か行」「ま行」から始めて
その他の子音を順番にあなたのものに
していきましょう。

まず、同じ子音を使って、その子音の最初の字が
どこにあるかを指に覚えさせます。

「さ行=S=中段=aの右=左手の薬指」です。

ではまずSで始まる言葉ばかりを打ってみましょう。

★練習課題★

【さ行-「さ」】

斉藤さんの 魚屋 さすがに 早速 さらりと さんまを さわって さばいて 刺身に 三角に

saitousanno sakanaya sasugani sassoku sararito sanmawo sawatte sabaite sasimini sankakuni

「し」…素人 塩味 幸せ したたか 失敗 知らずに しにものぐるいで 知ってる シナリオ 仕組んだら
    sirouto sioaji siawase sitataka sippai sirazuni sinimonoguruide sitteru sinario sikundara

など。

同じように、「す」「せ」「そ」で始まる言葉だけを
集めて書き並べ、すらすら打てるまで繰り返します。

見なくても大体Sの場所が感覚でわかったら、
他の行で試してみましょう。


【か行-「か」】

かなり 可愛い 彼女が かっこいい彼氏に 肩を抱かれて 買い物にでかけた
kanari kawaii kanojoga kakkoii karesini katawodakarete kaimononidekaketa


こんなふうに、いつも使う言葉を並べてみて
それを打つように練習してみて下さい。

今日のポイントは、母音と子音の指の場所を覚える、でした。

それではまた!