2008年09月18日

未来の君へ

0d2d371f.jpg久しぶりだね・・・

何年ぶりだろう

何してた?

変わらないな(笑)

オレね、いろいろあったよ。

楽しい事もあったし、辛い事、悲しい事、いっぱいあった。

相変わらず雲や夕焼けや星や月を眺めながら考え事してるよ(笑)

でもさ、いくら考えても結局は思い通りにはならなくてさ。

風を感じて、息をして、空気を食らう・・・

そんな毎日だよ(笑)

でもさ、少しも笑うことが出来るからね。

君はどうなんだい?

笑顔はいいね(笑)

実は昨日、賑わう街をぶらりと散歩したんだ。

なんかさ、久しぶりで懐かしい感じがしたんだ。



ホント、良かったよ。


また話そうね。


ずっと思ってたんだけど、オレさ、楽器が出来ればよかったな。


そうすればもっと自分を伝えられたのに。


もうちょっと先に行ったら君の言葉きかせてな。




涙って不思議なものなんだね。








sayabou0218 at 00:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年07月17日

空色の渚

2a5719ea.jpgおぉ時間は 風より優しく 

海辺の椅子を揺らして過ぎていくよ・・・

来生たかお
「空色の渚〜時よゆっくり〜」より



そう、風になれればいいなぁ。

爽やかな風になって微笑んで過ぎていければ。





sayabou0218 at 00:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年06月11日

確信

生まれてきて一つだけ確信が持てることがある。

あえて書かないけれど、自分はそれを学ぶため?気付くため?に生まれてきたんだろうね。

色んな人が色んな人生を送り色んな足跡を残していく。

事実と真実

事実は一つで真実は複数。

複数の中でも自分の真実は一つ。

生まれて 死ぬ

それは間違いなく決まっている事。

何を学ぶか?

何を気付くか?


そして、報いはあるのか?


神様は本当に神様なのか?


生きる・・・って事は


自問自答で納得しながら進むしかないのかな?


算数のように正解があるのでしょうか?


それとも人生は、文学のようなもので人の感性によって価値が大きく違ってくるものなのでしょうか?


おいしいものを食べる・・・

「おいしい」


それだけの気持ちで生きられれば、そこが天国かもしれないね。











sayabou0218 at 01:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年03月11日

Something

ポリ袋ぶら下げてブラブラ歩く

全ては決まってるんだと呟きながらブラブラ歩く

こうして歩く事も決まっていたこと

そうさ、だから逆らわない

流れるままに流されて時間を泳ぐ

見上げるソラ(宇宙)は全て決まった事のビデオ上映会


そして、自分の心のソラには鳥が一羽だけ飛んでいた。





sayabou0218 at 23:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年02月15日

時間

時間はどこに向かうのかな・・・

時間の中に生きるということは魔法使いに魔法をかけられるようなもの。

時間の中には創造されたもの全てがあり、そして時間の中で創造されたもの全てが消え行く。

ほんのちっぽけな思いを胸に時間を旅してる。

それが人生かな。




sayabou0218 at 00:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年12月25日

Happy Xmas

040c984f.jpg小さい頃サンタクロースがプレゼントを持って来てくれるって信じてた。

そんなかわいい頃もあったんだ。

街はクリスマス

夜空には真ん丸のお月さまが輝いてる。

ジョンの歌声が頭の中をぐるぐるまわる。

子供じゃない今、自分にはサンタクロースはいない・・・

でも、いろんな事を願い、想い、形のないプレゼントを心に描く。


ジョン、貴方は愛に満ちてるね。

もうこの世にはいないのに・・・

いないからこその愛なの?


Happy Xmas・・・☆


手が届かないもの、手に入らないもの、思い描くだけのもの・・・

それがあるから人は夢が持てるんだね。


そうだよねジョン、

夢が無くなったら生きる意味無いよね。


War Is Over・・・

自分の心の戦いもいつか終わりが来るのかな・・・?



きっと見ててくれてる・・・


そう、忘れたはずのサンタクロースが・・・☆












sayabou0218 at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年11月27日

誰だって

16cc1430.jpg
70ebc150.jpg
誰だって小さい頃があったんだよね。


sayabou0218 at 16:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年10月23日

ツボ

ある映画を観ました。
どう考えても雑だしストーリーだって有り得ない物語だし突っ込みどころ満載なんだけど・・・

ツボにはまるとはこういうことか・・・

昨夜観たのに、今日仕事で運転中も思い出しては泣けてくる・・・

登場人物のそれぞれに何だか感情移入しやすくて自分を色んなパターンで投影しやすかったのかな・・・

他人からみたらあの映画、駄作だろうけど。

なんかもう一度観たいなぁ。

sayabou0218 at 00:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年10月14日

淋しいね

20e315c1.jpgあの日から数日が過ぎました。

何かしらコメントが出ると思ってたんだけどね。

他人の土俵に入ってまでいつもは言いたい事言うくせに・・・

なんかやるせないね・・・

保身・利害・・・

実験だか何だか知らないが、あんたが一番嫌いなスタイルじゃないのかい?

オレは今まで言われた事を忘れちゃいないし忘れないよ。

「下手したら死ぬ世界」そして「そこに辿り着くまでの有り方」を自論で語ってたんだからね。

オレからすれば実験こそ練習でやれと。

あのスタイルだからといって別にオレには関係ないからその人を中傷したり糾弾する気は毛頭ありません。

って言うか、側近にいてそのスタイルに何も言わないあんたに失望したよ。

なんか淋しいね。。。

さあ、飯でも食うかな。










sayabou0218 at 01:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月29日

コスモス

コスモス畑がありました。
毎年たくさんのコスモスが畑一面を覆い尽くし見事な色彩を放ちます。

今年ももうすぐですね。

想像の中で、うたかたの夢を見ながらコスモスの気配を感じる。

風が僕を揺らして行く。

そして枯れ葉よ舞い上がれ。


sayabou0218 at 23:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月27日

荒城の月

4788d81f.jpg土井晩翠作詞・滝廉太郎作曲

♪春高楼の花の宴
巡る盃かげさして
千代の松が枝わけ出でし
昔の光いまいずこ

秋陣営の霜の色
鳴きゆく雁の数見せて
植うる剣に照りそいし
昔の光いまいずこ

いま荒城の夜半の月
替らぬ光たがためぞ
垣に残るはただ葛
松に歌うはただ嵐

天上影は替らねど
栄枯は移る世の姿
写さんとてか今もなお
嗚呼荒城の夜半の月♪


全ては変わり行くもの

感情の入る余地なく、水のようにカタチを変えて

枝先にとまるトンボも月を見上げる

心が辿り着くところはいったい何処なんだろう・・・



sayabou0218 at 23:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年09月03日

夏の終わり

a20fc748.jpg夏も終わり・・・

「夏休み」っていう言葉の響きほど胸躍るものはないけど、季節の終わりで夏ほど淋しくなる季節もない。

今年は暑くていい夏だったなぁ・・・いっぱいビール飲んでいっぱいお日様浴びて。

また来年、会いたいね氷旗




sayabou0218 at 00:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月31日

過ぎ行くまま

3c27f23e.jpg散歩してると色んなものが目に入ってくる。

綺麗だな。

凄いな。

何だ?。

生きてるな。

死んでるな。

そんなものを見ながら風と空気と時間を感じる。

自分は今ここにいて、ここを歩き、ここで呼吸している。

そして色んな事を感じて、色んな事を想う。

自分で歩き、自分で行き着く・・・

感覚は敏感に、でも、意識は麻痺させて・・・

孤独に走るか。

いつか、叩く扉は何色なのかな。


sayabou0218 at 00:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月21日

笑顔

e47ad942.jpg笑って

笑って

笑って


笑顔で歩いて自分に返る


もう何も気にしなくていい


なんにもないからね

sayabou0218 at 00:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年08月07日

921612f1.jpgもう少し時間がゆっくり過ぎて行ってくれれば・・・

そんなに嬉しい事はない

苦しい時間、淋しい時間は長く感じるのに・・・



時は止められない

sayabou0218 at 00:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年07月13日

苦手

60dbd6fc.jpg小学校三・四年生の頃、音楽の授業は縦笛の実習が多かった。自分は音楽を聴くのは凄く好きなんだけど、楽譜や縦笛を吹く事が凄く苦手でいつも縦笛を忘れるというより確信犯で持って行かなかった。
そのたびに授業中、いつも廊下に正座させられていた。
正座しながら、音楽室の中から聴こえてくる級友が奏でる縦笛の音が心地よかった。「音楽が好きなのになんで自分はこんな事してんだろう・・・?」と何度も思ったよ。
その反動かどうかは分からないけどリチャードクレイダーマンのピアノ演奏や映画のサントラ盤レコードを親に買ってもらい、レコードが擦り切れるくらい聴いていた。

春先の授業で、先生がオルガンを弾き「さくらさくら」を斉唱したのを思い出すなぁ・・・。
窓の外は小雨が降っていて、弘道館の梅林をなんとなく見つめてた・・・。

あの時の音楽室にもう一度でいいから行ってみたい。







sayabou0218 at 00:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年07月03日

一本道

d7492b9f.jpg小さい頃の思い出

虫捕り行って、お弁当作るところ見て、カブの後ろの籠に乗せられて、悩みなんて何にも無かった。

銭勘定に天婦羅、酔っ払った祖父ちゃんに吉田拓郎の「眠れない夜」・・・そしてクーラーの冷たく気持ち良い風。
花火やった。
お風呂入ったのに火薬と汗の匂いの僕。


それでもオレは今ここにいる。


sayabou0218 at 00:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年06月07日

バス停

96008a86.jpg今日も誰も待ってない

今日も誰も乗らなかった

でも明日もバス停は立ってる

たとえ錆びついたバス停でも、乗る人がいればバスは留まりますよ

sayabou0218 at 23:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年06月06日

小さくたって・・・

9fd30abd.jpg綺麗だ

咲けばいい

咲き誇ればいい

誰かが必ず見てる!




sayabou0218 at 00:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年06月05日

沸々と

久しぶりに怒りがこみ上げてきてる

ミテロヨ・・・このタコ野郎



sayabou0218 at 00:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)