May 28, 2009

さたちのお祝い、ありがとう*

2cd0695f.JPGみんなの愛に支えられながらここまで来ました。

みんなどうもありがとう。
本当にありがとう。

これからもどうぞよろしく。


sayakko at 07:02|PermalinkComments(2)

March 02, 2009

*ミッショントリップ第2弾*

私の元ルームメイト友ちゃんがお引っ越ししたよ。
でも、ミッショントリップでアトランタに来てくれます!

締め切りは過ぎたけど、遅すぎることはないと思うので、
興味のある人は連絡ください。

とってもエキサイティングなトリップです。
お祈りに覚えてるよ、チームのみんな!
今日からみんなはミシガンに向けて出発しました。


トリップをサポートするとかは別にしても、
この友ちゃんのCDはかなりおすすめ!!

私も書いたけど、彼女のCDが紹介されてるサイトでの
レビューをみても分かるように持つべきCDです。
ぜひぜひみんな購入してほしい!!



tm












* guess who? さん:(2008/02/25 14:38:04)
27
初めて聞いたとき、毛穴が開いて、全身の毛が逆立って、鳥肌もんだった。
日本人にこんな美しい音がだせるなんて・・・。
感動とショックが入り混じった感じ。
日本人として今まで歩んできた自分と重なる詩に、とても共感を覚えた。
これからの活動が大変楽しみな、注目日本人アーティストだ。

* sayacco* さん:(2007/11/12 16:13:05)
★おすすめ★
「まるで呼吸」
この言葉がすぐに頭に浮かびます。

息を吸って吐いているように
言葉が音に乗って、溢れ出る空間。

それがここにはあります。


初めてのようで、それでいて
ほっとする場所。

それがここにはあります。

highly recommended!デス。


* Daisy さん:(2007/10/24 17:41:07)
27
アメリカ在住のものです。
日本人でこの歌唱力のシンガーって滅多にいないと思う。ってアメリカ人が言ってました。
私も賛成します。
歌詞はもちろんのこと、彼女の歌声は感動ものです。
聞き流していないのに、優しい言葉と歌声が心に刺さりました。
素敵な音楽をありがとう。


* ひゅう さん:(2007/10/24 17:41:00)
「新しい」そして「懐かしい」響き。
CDデヴューする前からのファンです。
期待を上回る出来に仕上がってるので推薦します。

彼女独特の声表現は「ヴォーカル」という言葉を敢えて使わない方が
わかってもらえるかも知れません。
奥行きのある音空間に、漂うようにまた戯れるように響く「声」。
耳元で囁かれたかと思うと遠くでこだまが鳴ってるかのよう。
陰影ときらめき。嘆きと希望。そんな言葉たちが聞くものの心にスッと入り込んできます。
国境を越え大陸をまたいだ彼女の「魂」が切なくも艶やかに「今」
という時間に確実に降り立ちました。
それは僕らの鼓動と心の動きに重なり合うような新しくて懐かしい「響き」なのです。


* Nekosukiko さん:(2007/10/23 17:49:24)
27
four leaf sound最高です!!!
友達に薦められたのがきっかけなのですが、彼女の音楽を聴いたとたん
four leaf soundの大ファンになりました。
私の中で彼女の音楽は甘くて苦くそしてくせになるチョコレートの様です。
ちなみに私の一番のお勧めはArukuです。
朝コレを聴くと元気になれます。お勧めです!!!






以下がミッショントリップチームからの挨拶です。
分からないことがあったらいつでも連絡してくださいね★



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆



「あなたがたはキリストの体であって、一人一人は各器官なのです。 
1コリント 12章27節」

日本のリバイバルのために、繋がる必要がある。キリストの体として、
一つとなって働く時のために。
私たちは神様からこのビジョンをいただき、昨年の12月22日から今年の1月8日にかけ、
カリフォルニア、ネバダ、アリゾナの各日本人教会を回り、
この地に散らばっている神様の家族を励まし、絆を作り、
ビジョンを分かち合うための旅に行ってきました。
私たちの旅のビデオの総集編がここでご覧になれます。



神様は、各地で素晴らしい働きを私たちを通して成させて下さり、
私たちにも、また私たちを受け入れて下さる各教会の方々にも恵み多きものとなりました。
そして今回、また新たに次の道が開かれ、ミシガン、ニューヨーク、ワシントン、
アトランタの4地域で約10の集会に関わらせていただくことになりました。
私たちは、この旅が日本のリバイバルの一部になることを確信しています。
ですので、皆さんにもこの旅に関わっていただける方法はないだろうか。
また、皆さんにサポートしていただく方法はないだろうかと考えました。
そこでファンドレイジングのために、この旅のチームメンバー・JAZZミュージシャンの
Tomoko MurabayashiのCDアルバム、「27」を販売させていただくことになりました。
今回は、 Tomokoさんの直筆サイン付きで、日本の皆さんには送料込みで2400円。
アメリカ在住の方には、$20で販売させていただきます。
彼女は、バークレー音楽院を卒業後、ジョージア州立大学でジャズを学び、
精力的に活動しているアーティストです。CDの試聴も可能ですので、ぜひ一度、
彼女のサウンドに耳を傾けてみて下さい。

試聴:

Discover Four Leaf Sound!


****************購入方法*****************


* このCDの収益は、全て今回のミッショントリップの費用(レンタカー代、交通費、宿泊費)に
使われます。今回の私たちの働きを、「ぜひサポートしたい!」という方は、
ネットショップhttp://christian.ocnk.net/product/33/admin (ペイパル)でご購入いただくか、
銀行振込の場合はこのアドレス[iamfisherman.nk@hotmail.co.jp]まで、
郵便番号、住所、氏名をご記入の上、ご連絡下さい。商品の発送は、入金確認後、
3月5日に全ての購入者様に発送させていただきます。






長文を読んで下さり、ありがとうございます。
皆さんの上に、神様の豊かな祝福がありますように



sayakko at 10:10|PermalinkComments(0)

August 29, 2008

*ホンモノ*

ほんとに じぶんが いちばん つらいときに

ひとに あいをもってせっすることは ほんものだとおもう。


じーざす。  かれは そんなひと。


sayakko at 09:58|PermalinkComments(8)

July 05, 2008

*おやすみ*

お仕事を始めて、久しぶりの連休。


やることは山ほどあるけれど、
今日はお休みにしよう。

朝、起きたら
そんな気持ちになった。

何もやらない日。
充電の日。
自分を大切にする日。


「自分のためだけに時間を使う。」

最近してなかったね。


ゆっくりお風呂に入って、
少し遅い朝ご飯を用意して、
映画を観た。

めがね』。

ずっとずっと観たかったのに、観れてなかった作品。mgn2
Mgn1















海と人とご飯と音楽とお布団。
とてもすてきな映画。



ぽかぽかのお日様と、そよそよした風に包まれながら
リビングでお昼寝をして、お母さんからの電話で目が覚める。
まだ外は明るいけど、いつの間にか夕方だった。

お母さんと、家族の話をした。
家族がいて私がいる。

私の中に家族がいつもいて、
家族の中に私がいつもいる。
いいね、いいね。うれしいな。


そんなことを思ってたら外で花火がなってた。
そうそう。今日はアメリカは独立記念日。

遠くでやってる花火が部屋から少しだけ見えた。



野菜のたっぷり入ったお味噌汁と玄米のご飯、
少し甘い卵焼きを焼いて、お祈りをする。

神様、今日もありがとう。
また、明日からがんばれる。







sayakko at 14:30|PermalinkComments(4)

February 01, 2008

社会人1年いちご組さやっこ。

*ミクシィにも同じ日記をアップしました。
でも、ミクシィは友人のみ公開なので写真付きデス。)



最近、数年間封印していた関根勤の一発芸をまたやり始めたサヤッコです。
お久しぶりデス。


社会人になって3ヶ月。
昨日から家1人暮らし家も始まりました。

アタシは20ピー年生きてて、18歳の時から女子短の寮に入ったので
お家を出てからはもう10年。(ァ,年がばれた。)
でも、アパート暮らしでも寮でもルームメイトが必ずいたし、
後はホームステイだったから、絶対にお家の中に誰かがいました。
でも、昨日から、始まってしまいました。「ひとりぐらし」
寂し過ぎてお家に帰って速攻寝ました。(午後5時過ぎ)
夜起きてもしばらく一緒に住んでた「ひなちゃん」が
いなくなった現実に寂しくなりました。だから「ともちゃん」と
電話してまた寝ました。(どんだけ寝るんだ。)
だから、みんな、うちに泊まりに来てください。


さて、お仕事の事なんだけど、今まで夢だったミュージックセラピスト。
3ヶ月経って振り返ってみて、少し落ち着いて来た気がします。
もちろん、まだまだ新人で「アレ?」って行動をする事の方が
多いけど、でも、担当の子供達&ファミリーともよい関係を持てています。

、、、 と言えるのは、今日だから。
昨日のお昼まで、本当にアトランタでいいのかな。
アタシはここで音楽療法をしてる意味はあるのかな。
って考えてる事もあったんです。(毎日じゃなかったけどね。)

最初の1週間目なんて、「アタシが音楽療法士なんて無理だわー!」
と泣きべその日々。でも、そんな時、ボスが「さやか、
自分を信じて。アタシはさやかの中に光るものを感じて、
そしてさやかのスピリットが大好きなの。神様は意味を
持って今、さやかにここでの仕事を与えたのよ。」
って力強く言ってくれました。サヤコ、それを聞いて号泣。

毎日1人で運転して、障害のある子供の自宅に
ギターやドラム、絵本、おもちゃなどを持って
子供達と楽器をプレイしたり、歌ったり、音楽アクティビティをします。
お母さんタチにはどうやって子供と接したらいいのか、
おうちではどんな事が必要か、またお母さんタチの
色んな相談にのります。

いろんな子供がいて、いろんなお母さんがいて…
相手は人間だから、アタシがコントロール出来ません。
ましてや、英語はアタシの第二カ国語。
なんでわざわざこの地でセラピストとしてやってるのか
分からなくなったりもしました。
お母さんタチとの関係を恐れたときもありました。
でも、セラピストとして、スイッチオンして明るくいかないと
いけません。丁寧に接さなければいけません。




1人のお母さんにアタシの前に担当だったセラピストから
「さやかのセラピーはやめて、うちのに戻しませんか?」
と電話が来たそうです。でもそのお母さんは
「アタシはさやかのセラピーがスキ!」って断ったそうです。

1人のお母さんは「先週、さやかが帰った後、
この子の人生(現在8歳)初めて一緒にピアノを
演奏する事が出来たの!今まではアタシが触れると
すぐピアノから手を離してたのに。」と教えてくれました。

1人のお母さんは「この子はさやかが大好きなの。
さやかが今日来るよって言ったらすぐに窓に走って行くのよ。」
と伝えてくれました。


人は「愛されてる」と感じるのは
「自分の存在を認められたとき」
なんだなってまた思い出すことが出来ました。

こうやって、アタシが子供達の中で自分の存在があると
気づかされると本当に安心します。嬉しくなります。


それと同時に、子供達もそうなんだろうな。
それと同時に、お母さんタチもそうなんだろうな。

セッションをしているとき、「○○ちゃんは今日、
こんなことが出来ましたね。」って伝えます。
それはものすごく小さな事だったりするけれど、
アタシ達の中では大きな事。
(例えば、今日は「bah!」って声が出た。とか、
セッション中、部屋から出て行かなかったとか。)

子供達はアタシやお母さんが喜ぶ顔をみて、本当に嬉しそうに笑います。
お母さん達も、アタシのコメントを聞いて、先週はこんなのが出来たの!
とたくさんの事をエキサイトしながらシェアしてくれます。


障害児を持つということは私には想像もできないくらいの
チャレンジングな事だろうと思います。
健常児のように成長していない自分の子供をみて、
受け入れ、一緒に歩んで行く事は簡単なコトではないと思います。

アタシのセラピーでそれが癒されるだろうなんてことは
恐れ多くて言えないけれど、少しでもその場所に
笑顔や笑い声があればなぁと思います。
みんな、1人1人が大切なんだよって伝わればイイナァと思います。




相手の事を大切に想う事は、相手の存在を認めること。
それは当たり前のようで、なかなか相手には
伝わっていなかったりする事が多いのかなと思います。

相手のことを思うがあまり、先にやってしまったり、
言葉では伝えきれていなかったり。



アタシ自身が嬉しかったから、これからも
1人1人の子供達の存在を認めていることを
伝え続けるセラピストでいたいと思います。
そして、周りの大切で大好きな人達にも、
きちんと伝える事の出来る人でいたいです。







「わたしの目には、あなたは高価で尊い。 わたしはあなたを愛している。」
(聖書*イザヤ書43章4節)
















sayakko at 16:35|PermalinkComments(2)