2006年12月30日

再インストール時にまずやること

e8aa5b83.jpg今日は土曜日。都内の友人に電話したら、今日帰省するのだと。(泣)一日くらい付き合えといいたくなるが、家庭の事情は仕方ない。ということで、あっさり秋葉原行きは断念。一人で行くのは寒くて面倒。

朝からずっと、昨日のWindows2000の再インストールの続き。面倒なのは、サービスパック4を落とし、ウイルスチェックをすること。

手順としてはこうだ。
1、ノートンインターネットセキュリティの最新定義ファイルをダウンロードする
2、ガードを固めておいてから、WindowsUpdate
3、Windows2000、SP4をインストール
4、ノートンで、ウイルスチェックを完全にやってみる

これで、一安心。まずはセキュリティ面のガードをしっかりした上で、バックアップからデータを戻す。

そして、更に設定がある。
1、プリンタの設定
2、ネットワークの設定
3、TweakUIの設定(マイクロソフト純正、設定拡張ツール)
 これを使えば、ログインパスワードの入力などを省略できる

こんなことを一つ一つやる。だが、ひとつはまったことがある。USBのキーボードがうまく使えないのだ。原因は、内蔵USB拡張カードの電源不足のよう。きちんと使えているようでも、再起動すると認識しなくなる。またUSBポートを差し替えれば認識する。

だから、今日の教訓。
1、PCが1台の場合は、キーボードだけはPS/2のものにすること(USBキーボードは使わない)
2、PC2台で、切り替えながら使う場合は、キーボード・マウス・ディスプレイ切り替え機は、きちんとしたいいものを使うこと

2台のPCで、キーボード・マウス・ディスプレイを共有し、切り替えて使う場合は、いわゆる「パソコン切り替え機」というものが売られているが、「安物はダメ」ということだ。こういうところでケチると、思わぬ苦労を背負うことになる。

マウスだけは、USBポートに刺せば何も問題ないが、キーボードがUSBだと何かとトラブルになり、使えなくて困ることになる。(笑)

ということで、明日もどうもWindows2000のパソコンとにらめっこの1日になりそうだ。

夕方、外に出て日没の光景を撮ってみた。デジカメでも手ぶれがあるが、まあ縮小すればアラが見えない。(笑)

それと、思い出したが、Windows2000のSP4とその後のアップデートを入れると、とたんに起動やシャットダウンの時間が遅くなる。うーん、何を考えている!マイクロソフトめ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sayama1/50276653
この記事へのトラックバック
無料ウイルスチェック機能の実施テストあたりについて色々と注目している
無料ウイルスチェック機能の実施テスト【レンタルサーバーの比較と価格・性能】at 2006年12月31日 22:21