前世は料理人?

堺市・大阪狭山市 食の応援ブログ

お盆に食の東京遠征第二弾は、セレッソ大阪堺レディースがなでしこリーグ2部カップ決勝戦で優勝し気分良く、味の素フィールド西が丘から都営地下鉄本蓮沼駅へ歩き、三田線一本で神保町へ移動し伺った、欧風カレー ボンディ 神保町店さんです。ちょっとわかりにくいところにあるんですが、店内満席で次から次へとお客さんが入店されビックリ、一番人気のビーフカレー辛口とエビカレー中辛を注文しました。まず最初にホクホクのじゃがいものがバターとともに出され、その後にカレーが、ごはんにはチーズが乗っていて、ビーフカレーは、ビーフがゴロゴロ入っていて、マイルドで味の深みと旨味のバランスが良く、最初は甘みを感じ後から辛味が、こりゃ流行っているのに納得、ちょっと癖になるかもでした、エビカレーも爽やかにあっさりと頂けました、御馳走様!気分を良くして帰路につけました、ちゃんちゃん!

私が五年前から応援しているセレッソ大阪堺レディースが、8月12日1600〜開催     なでしこリーグ2部カップ決勝戦に進出、東京味の素フィールド西が丘へ応援しに行くことに、てなわけでついでに(笑)東京食の遠征も決定、お盆に食の東京遠征シリーズを、まず第一弾は試合開始までのランチタイムに伺った、ル スプートニクさんで、東京在住のフランス料理ご意見番のとある方にご一緒して頂きました。店内に入ると優しい雰囲気でサービスの方も女性、こりゃ来やすいムード満載やな、ハイ、お客さんはほとんど女性客、その後の展開が楽しみになってき、ハイな状態に、ところで肝心なお料理は、つかみボチボチ、そこからエンジンかかり、構図色彩 で圧倒され、もちろん酸味 旨味 食感が素晴らしく、組み合わせと構成密度が高く、しっかり記憶に残りました、高橋シェフ 田村支配人 御馳走様!また機会を作って是非寄せてもらいます、超オススメのお店です、最後に食事の後に行った、セレッソ大阪堺レディースは、なでしこリーグ2部カップ戦で見事に優勝、カップをピンクに染めました、ちゃんちゃん、当日のメニューは以下の通りです
一週間熟成の甘鯛、チェンマイレッド、青林檎とホワイトセロリ・枝豆のチュロス
鮎のヴルーテ、パン・ドミーで挟んで焼いた鮎、メロンと胡瓜・''薔薇''ビーツのチュイル、フォアグラ・ハモのクネル とうもろこし”ミライ”のソース・オマールと埼玉県産鶉のバロティーヌ、自家製セミドライトマト 、合わせたジュ、シェリーヴィネガー・マハタのポワレ、キャベツ、ブラックオリーブのソース・エゾ鹿のシヴェ、自家製セミドライピオーネとロックフォール、ジェニパーベリー・桃のコンポート、紫バジルの液体窒素・焙じ茶のブランマンジェ、抹茶と和三盆のシューアラクレーム


6月末にオープンされ、それ以後地元のお客さんがひっきりなしで来店、快調なスタートを切られた、Pan biyoriさんにまたまたお邪魔して参りました。というか二、三日に一度くらいは買いに寄せてもらっていて、私の超お気に入り、大阪市内の名店に引けを取らない、超レベルの高いお店で、知り合いのシェフにバケットを差し入れると驚かれ、ビビりましたと、今回は東京のパン好きのフランス料理通の食べ手にバケットをプレゼントしようと買いに伺い、あと4点を購入、相変わらず全てに生地が美味しく、香り旨味食感が素晴らしい言うことありません、永塚シェフ御馳走様!超オススメのお店です、私のパン人生は幸せになりました、ちゃんちゃん!
              

山海料理 仁志乃さんのFBで、今日のランチは、大阪湾の金太郎イワシ塩焼きですとの記事を拝見し、速攻でまたまた伺って参りました。一カ月ぶりの金太郎イワシの塩焼きですが、今回のは前回頂いたよりサイズがでっかく、脂ののりがバツグン、はいトロイワシそのものです、塩焼きと刺身で頂き、焼きたてのイワシと刺身のイワシにノックアウト、もう超満足で言うことありません、大阪湾の金太郎イワシバンザイ、それをひいてこられるのは西野シェフの仕入れルート、完璧です。皆さんにもこの鮮度の良い大阪湾の金太郎イワシ是非オススメいたします、西野シェフ御馳走様!アップする写真を選んでいると、また金太郎イワシ食べたくなりました、ちゃんちゃん!

昨日のランチは辻調技術顧問の永作先生に御一緒して頂き、予約して超久しぶりに伺ったのが、大阪狭山市駅からすぐの、ジューダバレリーノさんです。今年辻調技研卒のカッキーさんが入られ即戦力でお店は好転、ランチタイム全席満席よう流行ってはります。肝心のお料理は、松井シェフの十八番ローマ料理スペシャルで用意して頂き、スープは温を冷に再構築
前菜は気合い入りまくりでプレデュード

パスタ 
自家製トレネッテ カチュ エ ぺぺ
(チーズと胡椒のパスタ)

リガトーニ バイヤータ 
(和牛小腸とイタリア産豆のトマト煮込みソース)

メイン
仔牛テンダーロインと菜園セージ
パルマ産生ハムのサルティン ボッカ

オッソ ブーコ
仔牛のすね肉の赤ワイン煮込み

全てお料理が美味しく素晴らしい表現で王道のローマ料理、頂いた料理を永作先生の解説付きで、オッソ ブーコにはサフランリゾットが付くよと伺ったら、ちゃんとその通り出して下さり、満腹大満足でお料理堪能出来ました、松井シェフ御馳走様!本物のローマ料理が食べて見たい方は、是非超オススメのお店です、また機会を作って寄せてもらおっと
            



このページのトップヘ