これの続き





Jane Doe 2 (ななしさん その2)の証言:


私たちは子供時代に一度きりの機会を与えられます。発達する機会が1回だけあり、人生の方向を見つける機会が1度だけあります。 ジェフリー・エプスタインは機会あるごとに、私からそれを奪い、否定しました。
私はニューメキシコとの州の堺からそう遠くない、テキサスの小さな町の出身です。 
母は長年癌に苦しんだあげく、私が11歳のときに死にました。父も兄弟も、私同様に絶望しました。
父は借金を抱え込んでおり、私が大学に行ける唯一の希望は、15歳のときに奨学金を得ることしかありませんでした。
私は開花しつつある高校1年生でした。
私は母の夢を生き続けようと努力していました。
母は私にバイオリンをマスターしてほしいと願っていました。 
私は放課後よく隣街のモールに行っていました。 
1人の女性が私に近づいてきて、私がバイオリンのケースを持ち歩いているのを見て、私に上手なのかと聞きました。私たちは、バイオリンや私の家族について話しました。そして、なぜ私がお下がりのような服を着ているかも。 

キャプチャ
ギレン・マックスウェル

その女性は、自分は非常に金持ちの男のために働いているのだと言いました。
彼は近くに家を持っていて、私がバイオリンを弾くのを聞きたがるだろうと言いました。 
もし私が家から遠出できるなら、自分が彼の家からの往復の交通手段を手配して、私の家族が私の不在に気づく前に家に帰らせてあげる、と言われました。 
いくらか迷った後、私は同意しました。
この決断が、私の子ども時代の終わりの始まりでした。 
自分を「J」(ジェイ)または「ジェフ」としか名乗らなかったその男は、私に肩のマッサージをしてくれないかと頼みました。何度か訪問するごとにそれは発展し、最終的には私は口での性交を強制されました。
彼が私に与えた金は、私の若い魂をさらに、歪んだ地獄の感覚へと陥れました。 
私は自分自身と、彼が私にしたことに全く嫌悪し、彼に会いに行くのを止めました。
私はこの出来事について記録し、テキサスレイプクライシスセンター宛に、この - 今私がジェフリー・エプスタインとして知っている - 男について手紙を書きました。 
エプスタインは、母親が最近ひどい死に方をし、家族構成が悪化していた若い少女をターゲットにし、つけこんだのです。 
彼の行為は、私 - 若い少女を下方スパイラルに陥らせ、ついに私は銃を買って、人里離れた場所まで車で行き、自分の苦しみを終わらせようとするに至りました。 
母の声でしかありえない声がこう私に言っているのが聞こえました。
「私は被害者(ヴィクティム)ではない。私は勝利者(ヴィクター)だ。絶対に引き金を引くな」 
私は数日後、銃を返品しました。 
エプスタインは卑怯者です。彼は人を鼓舞するような若い少女の魂を食い物にして生きました。彼自身が鼓舞されることはどういうものなのかを知らないからです。そしてヒルのように生きました。 
いったんエプスタインが満たされたと感じたら、彼は別の被害者を探し求めました。
私が唯一正義を感じられる希望があるとしたら、それは彼が刑に処されることでした。 
しかし彼は、その生きざま同様に死にました。責任を取ることなく、容易な逃げ道を取ったのです。  


we only have one opportunity at childhood

the one opportunity to develop

one opportunity to find direction for our lives

Jeffrey Epstein robbed and denied me at each opportunity he had

I came from a small Texas town not far from the New Mexico border

my mother died when I was 11 after suffering from cancer for many years

my father was devastated as where my siblings and I

my father was saddled with debt my only hope for college was to get a scholarship when I was 15

I was a blossoming freshman in high school and I was trying to carry on my mother's dream she wanted me to master violin

after school I'd often go to the mall in a nearby city

lady approached me and saw I had a violin case with me and asked if I was any good

we talked about the violin my family and why I had clothes that look like hand-me-downs

the lady told me she works for a very rich man who had a close home close by and that he would pay to hear me play

I was told that if I could get away she would arrange for transportation to and from his place and   have me back before anyone knew I was gone

after some hesitation I agreed.

This decision was the beginning of the end of my childhood

The man who only identified himself as J or Jeff had asked if I could give him would shoulder massage and over for visits eventually progressed to forced oral copulation

the money he gave me further placed my young soul into a perverse sense of hell

I was so utterly disgusted with myself and what he did to me that I stopped going to see him

I had documented the events with a Texas write rape crisis center about the man I now know as Jeffrey Epstein

Epstein targeted and took advantage of me a young girl whose mother had recently died a horrific death and whose family structure had deteriorated

his actions placed me a young girl into a downward spiral to the point where I purchased a gun and drove myself to an isolated place to end my suffering

a voice that could only have been from my mother told me quote I am NOT the victim I am the victor and I dare not pull the trigger

I returned the gun days later

Epstein is a coward he lived his life leeching off the souls of inspiring young girls due to the fact  that he could never know how it feels inspired how it feels inspired to live like a leech

once Epstein had his feel fill he would unlatch and seek out another victim the only sense of justice I had hope to see was Epstein being sentenced

however Epstein died as he lived taking the easy way out without any responsibility