ミニサイズの巾着を作ったので、備忘のため作り方を書いておきます。

裏付きミニ巾着


裏付きで、裏布の方が表布より大きいので表に5mmほど出るデザイン。
ちょっとしたアクセントになります
袋の内側は裏布を少しだけ小さくしているので、袋の中で裏布がもたつかずスッキリです。


出来上がりサイズ
縦 10.5cm
横 9cm


材料
表布 11cm巾×22cm長さ
裏布 11cm巾×24cm長さ 
ひも 25cm×2本


<1> 生地を裁断する

生地を裁断(裏付きミニ巾着)

表布を11cm巾×22cm長さ、裏布を11cm巾×24cm長さに裁断します。
表布が薄い場合には、接着芯を貼ります。
この生地はフニャフニャなので芯を貼りました。

表布に刺繍をしています。
刺繍については別ブログで書いてます。


<2> 表布と裏布を縫い合わせる

縫い合わせる(裏付きミニ巾着)

表布と裏布を中表にして重ね、縫い代1cmで縫います。
輪っかみたいになります。

縫い合わせる(裏付きミニ巾着)

縫い代は表布側に倒してアイロンをかけます。
縫い代が多いとひも通しの邪魔になるので、1cmある縫い代を半分くらいに切ってスッキリさせます。


<3> 表に返してアイロンをかける

アイロンで折る(裏付きミニ巾着)

表に返します。
裏布の方が表布より長いので、ペタッとたたむと上下に5mmずつ裏布がはみ出します。
この状態でアイロンをかけます。


<4> 印付け

印を付ける(裏付きミニ巾着)

写真のように折って、表布と裏布の境目をぴったりと重ね、待ち針でとめます。
図を参考に、縫い始め・縫い止まりの位置と、裏布を縫う線を付けます。

巾着印付け



普通は表布と裏布は同じサイズにしますが、この巾着は裏布を少し小さくして、袋の中で裏布がもたつかず、スッキリするように作っています。


<5> 両脇を縫う

横を縫う(裏付きミニ巾着)

しるし通りに縫います。
<4>の図の、青い実線矢印が縫う順番です。
ひも通し部分の1cmだけ縫わないことになります。

返し口の部分は、ミシンの縫い目を大きくして縫います。
後でアイロンをかけてからほどくので、ほどきやすいように。
私のミシンの縫い目は最大で5mmなので、5mmで縫っています。



長くなったので次回に続きます

◆続きの記事はこちら