ピアニスト伊佐津さゆりのブログ

安曇野在住のジャズピアニスト・コンポーザー伊佐津さゆりのブログです。

本日の信濃毎日新聞に、先日 松本で行われた「チック・コリア ピアノ・ソロ・コンサート」の記事が掲載されていました。


チックさんと一緒に演奏させていただいた記念として、ずっと大切にしていきたいと思います。

先日5月25日は、松本市音楽文化ホール(ハーモニーホール)で行われた「チック・コリア ピアノ・ソロ・コンサート  奇跡の松本公演!!」に行ってきました。チケットも即日完売と聞いていました。
私も、何カ月もずっとチケットを大切に保管し、時々 保管してある場所にチケットが無事あるか確認して過ごした程、楽しみにしていました。

会場に到着すると、私の指定の席は、ピアノの鍵盤がやや下から見上げる感じでとても近くに見え、想像以上にチック・コリアさんを間近で見れる場所でした。3列目の真ん中よりやや左でした。


中学生の頃から「チック・コリア」の名前はその当時習っていた先生から聞いていて、実際に聴くようになったのは、やはり「スペイン」からだったように思います。

「一度でいいから、いつかは生演奏を、そして同じ空間を共有してみたい。」と思っていただけに、とても楽しみにしていました。さらに、今回の来日で2箇所しかないソロコンサートの一つに松本が選ばれたことも、すごい機会だなあと思っていました。


実際、コンサートが始まると、ジャンルを超えて、全てが、「チック・コリア」の音楽になっていて、また、ピアノの音色がすごく柔らかく、優しく。「こんなにピアノの音が、体にスーッと入ってくるものなんだ⁈」と。チックさんのピアノを弾く姿勢や椅子に座る深さ、ピアノと椅子の距離など、それからペダルを踏むか踏まないか、踏む時はどのように?などなど、聴きながら、感動しながら、いっぱい見てしまいました。温かいお人柄もステージに にじみ出ていました。


2ステージ目に入り、「ゲーム」をするというチックさんのお話。

最初、音で「ポートレート」をということらしく、ピアノの横に椅子を置き、客席からモデルになる人を、男性・女性 一人ずつ。それぞれの方に、チックさんが音を紡いで即興の作品が完成。キラキラした音がとても印象的でした。


その後、椅子を片付け、次のゲームをするとのこと。インプロビゼーションで。
やはり、客席に向かって誰か一緒にやらないかと。

まず、男性が一人、手を挙げてステージへ。チックさんと並んで座り、即興で曲を完成。拍手喝采を浴びてステージを下りてきました。


そしてまた、もう一人誰かインプロビゼーションを一緒にやらないかと。。私の心臓はバクバク!「どうしよう、、今募ってくれている間に手を挙げないと。ここはどうしても行くしかない」と。。
で、思い切って手を挙げました。
チックさんは、私にすぐ気がついてくれて、にこやかにステージへ促してくださいました。


ピアノの椅子は一つ、私が右側に座り、チックさんと接近して連弾状態に。何か弾いてみてと言われ、私から音を出してからの、夢の中のようなチックさんとの共演。私が弾いた音やフレーズをアレンジして返してくださって、私もチックさんが返してくれた音やフレーズをなんとか繋げて。。チックさんの音色の美しさや、一音一音を弾くタイミング、フレーズの組立て方やヴォイシング、刺激あり過ぎです。。私「今のは音の選び方はどうだったかな」とか、「もっとシックリくる音があるんじゃないかな」とか考えながら、緊張しながら、でも音選びを楽しみながら共演させていただきました。

演奏が終わると、客席からいっぱいの拍手をいただきました。


「チック・コリア」という偉大過ぎる音楽家と並んでピアノを弾かせていただけたこと、一緒にあの時だけの音楽を作らせていただけたこと、私の一生の宝物になりました。

先日は、横浜「ドルフィー」にて、"信州ジャズ"のライブ、2度目の出演をさせていただきました。

 演奏、そしてトーク(笑)も、とっても楽しくやらせていただき、あっという間の2ステージでした。

先月末の長野2daysからの続編といいますか、今回も、「春」色多めから、季節が移っていく感じで選曲もしてみました。

ホールのステージとはまた打って変わって、「ドルフィー」では、メンバーみんながステージ上でギュッと一体している感じ。音も振動も、木の温もりを感じる床から直接伝わって、一つ一つの曲のシーンをバンドで作っていく感じが心地良く。。会場のお客さんとの距離も近く、空間を共有して進めていくライブ感がまた嬉しかったです。

いつもながら、他のメンバー 一人一人の演奏に刺激を受けながら、一つ一つの曲の場面を作りながら演奏していくこと、毎回新しい発見があります。

自覚症状ないまま、今回も私のトークがまた笑いを呼んだようですね。、、(笑)

会場が笑いで包まれるのも幸せ!良かったです。。(笑)

長野2daysから、また久々に演奏している「太陽の恵み」という曲、自分でも気に入ってます。バンドで演奏していて、ほんと元気をもらえる感じ。メンバーの皆さんの演奏がまた素晴らしく、この日も盛り上がりました。

たくさんのお客様にもご来場いただき
、信州でも、また信州以外でも、こうして、"信州ジャズ"を聴いていただけるよう、また次に繋げていきたいと思います。

皆さん、ありがとうございました!

そして、またこれからも"信州ジャズ"
よろしくお願いします!


このページのトップヘ