2005年08月31日

空飛ぶサザビー☆

サザビーの大好きな遊びの1つにキャッチボールがあります。
お散歩の時にはかならず、この遊びをしないと彼女は納得して帰りません。
ですから、雨の日は最悪です・・・
サザビーも私もビショビショになりながら、芝生に向かってキャッチボールをしていたりします(もう、ヤケクソ状態なんですが・・・w)。

投げ方にも幾つかのルールがあって、あまりに遠くにボールを投げてしまうと、彼女はキャッチした先で一休みしてしまう。
そう、すぐにボールを持って帰ってこないのだ。
かといって、近すぎると取りに行かなかったりもする・・・
なんつう我侭な犬だ(苦笑)。
それでも私はサザビーのお散歩時には最低30回は遠投をさせられます(汗)。

さて、パピヨンには関節の弱い子が多いのです。
それは個々の犬種の持った特性で、ある意味仕方の無い持病なのかもしれません。
とは言うものの、病と反比例するように「パピヨンはジャンプが大好き」だったりもするのです。
子供の頃は「自分が空を飛べるものだ」と勘違いをして、高いところから平気で飛び降りたりもするそうで・・・
サザビーも例外ではなく、子供の頃はよく高い場所から落下して関節を痛めたり、外したりしたものです。
しかし、それも慣れてしまうと恐ろしいもので・・・
一時は関節を外すと、3本足で立ったまま、その外した後ろ足を自分で伸ばして直してしまうようになったほど・・・(本当の話ですw)
それでも最近はめっきり外すこともなくなりました。
何故かと言うと・・・

ジャ〜ンプ!サザビーは日々、キャッチボールをする度に、こんなに(写真)ジャンプをしているのです。
これを1日最低30回・・・
恐らく、このハードな運動で彼女の足はかなり鍛えられたようで・・・
今や、サザビーの後ろ足のトモの部分は、堅い筋肉の鎧が付いています(・・・って、もう、パピヨンじゃないやw)。
つまり細い足の骨を筋肉で囲むことにより、その関節部分を外れないように保護(カバー)して、更にその筋肉が着地の時のクッション代わりになっているそうです(お医者さんの話)。
それにしても毎回、こんなにジャンプをしているとさすがに見ているコッチはハラハラします(汗)

お医者さんも「あまりジャンプを癖にして、やり過ぎないようにしてください」と言っていましたし、彼女の年齢から考えても(現6歳)、あまりハードな運動は控えた方が良い気もするのですが・・・

それでもボールを投げれば、彼女はジャンプキャッチしないわけにはいかないようで・・・(汗)。
今日もしっかり飛び続けます。

回数を減らすしかないかもねぇ〜☆
  

Posted by sazaby_9966 at 09:52Comments(2)TrackBack(0)

2005年08月30日

エタニティー

前日に銀座のお姉さんが座った車のシートから離れないサザビー・・・
それもそのはず、彼女はお姉さんが大好きなのだ。
私のことより好きなのかもしれない(困るんだよ〜それじゃあ・・・苦笑)

渡さないよ〜☆ドッグショーで一緒だったお姉さんの席からサザビーが離れなくなった。
恐らく彼女の匂いがするのでしょう・・・
香水はCKのエタニティーだったかなぁ〜
(ちなみに私はロリータ・レンピカっす・・・笑)
仕方ないのでシートごとサザビーを自宅に移動させました。
しかし・・・
家の中に入ってもサザビーはシートから離れない!
ご飯を見せても、グリちゃんで釣ろうとしても・・・
離れないのだ!
オマケにそのシートの上で寝る始末(汗)
「おいおい、サザビー☆そんなにお姉さんが好きなの?」

私の問いかけにも、こ〜んな顔(写真w)をして返事もしません。
あ〜あ・・・
仕方ないから私も香水をエタニティーに変えてみようかな(笑)
それでも私の元へ来なかったりして・・・

うん・・・
100%来ないな、
絶対に負けそう・・・だ。

残念・・・♭
  
Posted by sazaby_9966 at 10:20Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月29日

ドッグショーにて☆

お友達のヨーキー(ヘンリー・牡・9ヶ月)がドッグショーに出陳することになり、
私は付き添いと応援を兼ねてサザビーと静岡に向かいました。
集合地は沼津、現地に朝の7時に集合ということだったので、
私とサザビー、ヘンリー達は家を4時半に出発。
東名高速は混む事もなく無事、朝の7時に到着。
会場に入ると既に多くのワンちゃん達がゲージに一杯でした(汗)

会場〜☆私はドッグショーには肯定も否定もしません。
何故ならば長所と短所が同居していると思えるからです。
長所は、その犬種の本来の外見や性質が拝見できること。
オーナーの皆様が日々、懸命に努力を重ねて育てた
愛犬の集大成のお披露目の場・・・
手入れを施すと、ここまで美しさを引き出せるといった点や
躾についても、非常に勉強にはなります。

勿論、昔はサザビーもこういったドッグショーに出陳をしていました。
(パピーの頃ですが・・・w)
しかし、あることを境に私は彼女をショードッグに育てることを辞めたのです。
それは他人から見れば些細な理由からだったかもしれません。
けれども私には受け入れることができなかったのです・・・

私も出たい〜?何百頭のワンちゃんがゲージに入れられて、鳴き声も雰囲気も
サザビーにとっては懐かしいものだったのかもしれません。
最初はその独特のムードに一瞬、躊躇していた彼女でしたが、すぐにいつもの笑顔になり
『大人しくしていれば良いんでしょ?』
と言わんばかりにジッとお座りをしていました。
そんな彼女の姿を見た私が、
『今日は出ないんだよ、好きにしていていいんだよ』
とサザビーに話しかけても彼女はジッとして、チラっと私を振り返り『早く、早く』ってトリミングを期待しています。
こんな風に育てのは私のせい・・・
仕方なく私は彼女を1度、車に戻すと
約1時間程度ブラッシングを施してあげました。

サザビーは元来、あまり手間の掛からないコでした。
一通りの躾を済ませると、ショーに対しての躾も素直に何でもこなしてくれたのです。
勿論、トリミングも大好きですし褒められることも大好きな女の子でした。
それだけに当初は、彼女に対する私の期待が大きく、
毎日がショーに対しての日常生活に変わりつつありました。
お散歩時に歩く時も、あごを上に向かせて他人とすれ違っても
『OK』を出すまで挨拶もさせません・・・
他のワンちゃんのそばに勝手に寄り添ってはいけませんし、
他人からおやつを頂くこともご法度でした。
当然のことですが『抱っこ』もしません・・・
これを癖にしてしまうとショーの最中に、甘えを見せたり
『抱っこして!』の甘えたポーズをとってしまうことがあるからなのです。

それでもサザビーは毎日嫌な顔も見せずに私に忠実でした。
それは言うことをキチンと聞いていれば、私に褒められるからです。
そんな当時の彼女の唯一の愉しみは、好きなだけ自由に走り回れる
私と2人だけのキャッチボールだったのです。

パピヨン集合〜☆会場に戻ると多くのパピヨンが集合していました。
現地でトリミングを済ませた美しい被毛をなびかせた蝶が一杯
どのコも素直で吠えるコはいませんでしたし、
嫌がるコもなくショーはスムーズに進んでいきます。
今回はパピヨンの出陳頭数が多かったために、単独でショーが行われていましたが、何故かカラーはホワイト&ブラックのコがやたら目立っていました。
それでも皆気品のある顔立ち、その独特のしぐさはパピヨン・ファンシャーであれば誰しもが笑顔になってしまうことでしょう。
更に体格も小ぶりで体重も3,5kg程度だったと思います。
え?サザビー?
サ、サザビーは4,2kg・・・です(汗)。

ある時、パピヨンを飼っていらっしゃるショーのお友達に言われました。

『サザビー、身体が大きくなったんじゃない?お散歩のさせすぎは良くないわよ』

私は当時、1日1時間程度のお散歩をしていたのですが、
運動量を増やすと骨格が太くなって体格が大きくなってしまう恐れがあることを聞いていました。
でも彼女の唯一の愉しい時間であるお散歩の時間を減らすことは躊躇っていたのです・・・

『キャッチボール?とんでもない、そんなに運動させたら大きな子に育っちゃうわよ!』

その言葉を聞いた私は、その日の夕方のお散歩にボールを持って行きませんでした。
公園の原っぱで、サザビーが私を見つめます。

『ボール投げしようよ!』

私は彼女の問いかけを無視するようにリードを離しませんでした。

そ し て ・ ・ ・

そのまま原っぱを通り過ぎたのでした。
何度も原っぱと、私を見上げるサザビー・・・
それでも、彼女は私の横を合わせるように小走りで付いていきました。

出たい〜♪友人のヘンリーのショーも無事に終了して、会場の廊下の隅でお座りしていたサザビーが私を見つめます。

『ねぇねぇ・・・私は出ないの?一緒に行こうよ〜♪』

すっかり自分も参加しているつもりになっている彼女。
私はサザビーを膝の上に乗せて

『表でキャッチボール、しよっか?』

とバッグからボールを見せました。
キョトンとする彼女・・・

『今日は偉かったね、ちゃんと大人しくしていたものね』

頭を撫ぜながら、私の褒める言葉にニコニコするサザビー。

『表であそぼっか、サザビー?』

私の言葉に彼女の瞳がキラキラしてきます。

お友達のヨーキーを私がビデオに録画している間も、人通りの多い廊下の隅で、
鳴き声一つ出さずにジッとお座りし続けていたサザビー。
私は彼女にご褒美を上げたくなったのです。

食べ物も全て決められていて・・・
お散歩の時間も制限して・・・
『抱っこ』もしてもらえない。
その上、キャッチボールもさせてもらえなくなったサザビーは、
それでも私に寄り添い次の命令を待っている子供になっていました。

『パパのように立派なショードッグになってね』

たった、それだけのこと・・・

それだけの為に、私の希望をただ叶えるだけの為に・・・
彼女は小さい頃からあらゆる事を我慢して、私に忠実でいてくれているのです。
何が幸せなのかはわかりません。
ショードッグになれることも幸せかもしれませんし、
自由に遊べるコも幸せなんだと思います。
ただ、飼い主と愛犬の気持ちがそこで通じ合わなければ、
本当の幸せには成り得ないものなのかもしれません・・・

いつものようにリードを引いて公園の原っぱに到着した私達。
サザビーは原っぱの中で走り回る他のワンちゃん達を横目で見ながら・・・
そのまま通り過ぎていこうとしました。

けれど私は彼女のリードをそっと緩めたのです・・・

そしてバッグからサザビーのボールを取り出して、こう言いました。

『サザビー、キャッチボールしよっか?』

最初は訳がわからなかったのか、首を2,3回かしげた彼女でしたが、
すぐに嬉しそうにフットワークを使って地面をクルクルまわると、
思い切りボールを追いかけて行きました。

そして嬉しそうにボールを咥えて戻ってきた彼女を私は『ギュッ』と抱きしめて・・・
初めてお散歩中の『抱っこ』をしたのです


それはサザビーが1歳と2ヶ月の頃・・・
少し遅すぎた『抱っこ』だったのかもしれません。

『ごめんね、サザビー・・・
 これからは毎日沢山お散歩して、
 沢山キャッチボールをして、
 沢山抱っこしてあげるからね』


そう言った私を彼女は笑顔で舐めてくれたのでした。
そうして・・・
私は翌月のジュニアの大会にサザビーを出陳することを取り止めました。

優雅だね〜☆サザビーを『抱っこ』したまま会場を出ようとした時に、
以前から幾度かお見かけしていたオーナー様の
パピヨンちゃん達とすれ違いました。
相変わらず優雅で美しく
清楚で気品があって
そして小ぶりで可愛い・・・
まさに3拍子揃ったパピヨンの良さを『これでもか〜』と言わんばかりに(笑)、前面に出しているようなワンちゃん達です☆
ちょっと羨ましくもあった私でしたが・・・(苦笑)、
『尻尾はあなたの方が綺麗で長いよ♪』
と一言サザビーの耳元でささやくと、
軽くオーナー様に会釈をして会場を後にしました。


『時には親バカであることも必要だよね〜☆』

な〜んて思いながら、まだまだ残暑の日差しが厳しい外に出た私達。

わぁ〜い♪普段のお散歩中に、サザビーのブラッシングをしていると、
時々すれ違うお散歩仲間の人達から
『ジッとしていて偉いわね〜』とか
『いつも素直に言うこと聞いてくれて羨ましいわ』
なんていわれる度に、実はこの昔のショーの躾の名残を
思い出して私の胸はチクっと痛みます。

それでも今は違う・・・
華やかな拍手や喝采はないけれど、
嬉しそうなあなたと愉しそうな私がいる。
それが2人の幸せだったかもしれません。
こんな簡単なことに気づくのに時間はかかってしまったのだけれど・・・その分一生幸せでいようね、サザビー☆☆☆

ショーはお金をかけることだけではなく、個々のオーナーの愛犬に対する想いも垣間見ることができますし、素晴らしいハンドリングによりそのワンちゃんの忠誠心を覗くことも可能な場です。

私は今でもドッグショーを見るのは大好きです♪
  
Posted by sazaby_9966 at 07:08Comments(5)TrackBack(0)

2005年08月28日

ショーに行ってきます☆

急遽決まったので、時間がなく・・・
更に色々書きたいこともあったのに、なぁ〜んにも出来なくなった(汗)

いってきますぅ〜☆今日はこんなフザケタ画像ですみません。
これから支度をしてサザビーとショーに行ってきます。
サングラスに意味はありません・・・w
眩しいと嫌なだけです(苦笑)
ちなみに場所は沼津でつ・・・
距離的には家から160kmぐらい、かな?
たぶん空いていれば2時間ぐらいかもしれませんね。
途中で、お散歩仲間の「銀座のお姉さん」(ヨーキー、ヘンリー・牡・9ヶ月)を乗せて、高速を抜けていきます☆
よって明け方から行かないと、時間的にちょっと微妙なので・・・
今日はこれにて退散!
ショーの模様は帰ってきてから、また色々書きたいと思います。

それでわ、皆さん、良い休日を〜♪
  
Posted by sazaby_9966 at 01:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月27日

wow wo♪

やっぱり思ったほど台風11号は大きくなかった。
前回の7号も言われているほど大きくなかったし・・・
それでも被害にあわれた多くの皆様、ご無事だったでしょうか?
こんな私めを心配してくれた方々も、本当に有り難う御座います。
お心遣い、嬉しかったです♪

今日は台風一過のせいで、やはり夕方の公園は暑かった・・・
お散歩に出るや否や汗だくになりそうだったので、
タオルを多めに持っていきました。
サザビーは雨も上がって走り回れるのが嬉しいのか、
『はぁはぁ』言いながらもボールを追っかける。
そんな無邪気な彼女を見ていたら急に、

『そうだ!こんな日は写真を沢山撮ろう〜♪』

なんて勝手に決め込んだ私(苦笑)
早々にカメラを取り出しシャッターを押しまくる。
・・・が最初に撮った1枚が、アレレ・・・・?

な ん だ ? こ り ゃ ・ ・ ・

だぁ〜っしゅ♪ピントがズレてるのはともかく・・・
これって完璧、漫画みたい(笑)
サザビーがアニメキャラクターのようになってしまった(汗)

ボールを遠くへ放った瞬間に『カシャッ☆』っと
シャッターを切ったら、こんな写真に・・・
特にこの左前脚・・・
もう完全に漫画です(笑)
顔も良く見ると茶色の被毛が横にブッ飛んでるし〜
身体の線も一筆書きっぽい・・・
オマケに舌まで横にはみ出しているような〜
あんたホントに犬かい?(笑)


可愛らしい女の子っぽい写真を撮りたかったのに・・・

気を取り直して、再度挑戦☆
一生懸命、彼女をおだてまくる私。
しかしはしゃぎすぎている彼女は中々静止してくれない(汗)
そりゃ、そうだ。
久々の晴れ間が広がった芝生の上なのだから・・・
一頻り走り終えた彼女は生理がまだ残っているのか、今度は男の子を探していた。
ここで男の子が現れたら、また『デヘへ〜』って顔になっちゃう・・・
なんかイイ方法はないかなぁ〜と考えた私。

そうだ・・・

そんな目に騙されないわw私は周りを見回して・・・誰もいないことを確認してから、
そ〜っと静かに歌を歌いました。
曲はサザビーの好きな小田和正の『Wow Wow』(苦笑)
最初はキョトンとしていたサザビーが私を見て、首をかしげる・・・
音大卒とは言え、私は歌が凄くヘタクソだから、どこまで彼女に通じるか判らなかったんですが・・・(汗)

『息を止めて 君を見つめてる
wow wo wow wo 君を抱きしめていたい・・・』


彼女がゆっくり私の瞳を見てくれました。
そして、ほんの一瞬・・・
辺りがスーっと静かになった感じがしました。

カ シ ャ ☆ 

いつもこんな表情でいてほしいなんて考えるのは、私の勝手な言い分だけど・・・
それでもあなたを見ていると、ホッとしちゃう。

ちなみに、サザビーのこの瞳は
『ヘタクソ!』って言っているようにしか見えなかったりして(汗)
  
Posted by sazaby_9966 at 00:07Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月25日

誰も来ないねぇ・・・

勿論、大雨ならばお散歩は中止・・・のつもりでした。
それでも夕方は降ったり、止んだりの繰り返し。
「これなら・・・」
と、私はぐずるサザビーにレインコートを着せて、車で公園まで2人で繰り出しました。
それでもさすがは台風直前・・・
瑞穂の公園はこんな感じ(苦笑)

誰か来ないかなぁ・・・猫すら見えない・・・
風は弱いものの、雨は時折強くなる。
辺りは薄暗くなってきて、勿論こんな天気にお散歩をするようなワンちゃんはあまりいない(笑)
サザビーは生理が終わってないから、必死で男の子を待つ。
待つ!
待つ!
・・・・・(来ないって、笑)

MIXのロッキーくんと、チワワのパルちゃんにすれ違ってご挨拶。
2頭共男の子だったから、多少はサザビーも満足したかと思いきや・・・
それでもまだ帰る気はないそうで・・・

ももが来たよ〜♪そんな矢先に豆柴のももちゃんが登場。
彼女は3歳で、9月には2頭のママになる。
それでも、サザビーはももちゃんが女の子と判っているから、寄り付きもしない(苦笑)
そうか、そうか・・・そんなに彼氏が欲しいのか。。。
恋人が欲しいのは私も一緒・・・2人揃って寂しいねぇ〜(笑)

ももちゃんのお母さんと東屋でダベっていたら、雨が強くなってきた。
「ヤバイぞ〜本降りになる前に帰りましょう!」
それでもサザビーは帰るのが嫌だそうで・・・・・・・
私は半ば強引に彼女を抱きかかえて、これにてお散歩タイムは終了〜☆

抱っこをしながら車まで、雨の中を走りました。
私もサザビーもびしょびしょになっちゃいました(笑)
それでもこういうのって、ちっとも嫌じゃなくって、なんだか愉しい♪

びしょびしょ〜♪お家に着く頃には、すっかりびしょ濡れの私達。
一緒にお風呂に入ってから、乾かしている途中に・・・
ズブ濡れサザビーは、ドライヤーを当てられながら寝てしまいました。
きっと男の子を待ちくたびれてしまったのかもしれませんね(苦笑)

来年は、上手くいったらサザビーに交配を考えるつもりです。
その方が、この後に起きる想像妊娠も避けられるし、病気の予防にもなるみたい・・・
その後は避妊手術をするかもしれません。
今ある乳腺腫瘍も気になるし・・・
身体にメスを入れるのは嫌だったのですが、彼女にはずっと、長生きしてもらいたいから・・・

明日は台風が過ぎ去って、綺麗な青空が広がるといいね♪
  
Posted by sazaby_9966 at 22:52Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月24日

台風がやってくる?

明日?
今日の夜から?

台風11号〜☆台風11号が関東に上陸するそうで・・・
今度は大きいのかもしれません。
(7号は小さかったし・・・)
大雨と暴風に注意とのこと。

嫌だなぁ・・・
せっかくの休暇が台無しになりそうです(泣)

お散歩に行けなくなる事を考えて、午前中に2人で外出してみました。
もぁ〜っとした澱んだ大気・・・
それでいて、空はどんより厚い雲に覆われています。
今にも泣き出しそうな空模様・・・

台風なんか、知らないよ〜♪『そんなこと、関係ないね〜☆』
と、ばかりに走り回るサザビー・・・
まだ生理中なんだけど、さすがに平日の午前中。
誰もいない公園で彼女もひたすらボール投げに没頭します。
しばらく男の子を追っかけまわして、このところ全然ボールで
遊ばなかったから、少しは嬉しいみたいな感じ☆

それにしても・・・
涼しい風も吹いてきて、嵐の前の静けさか?

2日ばかり集中豪雨になりそうです。
嫌だなぁ・・・

ここ最近、私の体調と同様に、仕事明けの休暇は天候が思わしくない(汗)
こうやって来ることが判っているのに何も出来ずに待ってるのって・・・
とっても嫌なんだ。

も う す ぐ 台 風 が や っ て く る ・ ・ ・

今は治まっているこの身体にも、もうすぐ台風が吹き荒れる。
嵐の前の静けさは、あとどれだけ続くのだろう・・・
そして通過した後には何が残っているのだろう・・・


私 ・ ・ ・ 残 っ て る か な ? イ エ ス 様 ・ ・ ・


これも日頃の行いか・・・(ため息)
  
Posted by sazaby_9966 at 13:38Comments(6)TrackBack(0)

2005年08月23日

お家の問題・・・

東急ホームさんと電話で打ち合わせをしていました。
で・・・
問題となるのは具体的な資金計画と、今後の家の仕様の決定についてでした。
色々考えた末・・・
実は何も決まってない我が家の建築(笑)

先ず具体的な資金計画は、東急ホームさんが凄いサービスを提供してきてくれたので、一瞬「それでイイ!」と決めてしまいそうになってしまいました(苦笑)
どんな凄いサービスだったかは・・・書けません、ごめんなさい!
東急ホームさんに「ネットで書いちゃダメです」と言われてしまったので、書けません(汗)

でもって今後の家の仕様についてなのですが、下記の2つで迷っています。

ミルクリーク「APベーシック」1.ミルクリーク「APベーシック」
建坪40坪以上もある大きなお家で、間取りも申し分なし。
坪単価・約43,5万、上物工事費17814900円(135,32屐
ラップ式のサイディング、屋根はコロニアル式。

画像と全く同じモノが造れて、内装・仕様ともに全て確認済み。
ただし、家の外観がニューイングランド風・・・私の好みではない。


ミルクリーク「ビアロッソ」2.ミルクリーク「ビアロッソ」
私の大好きな南欧風の素敵な外観・・・
坪単価・約66,7万、上物工事費19677000円(97,45屐
こて塗りの壁、屋根は洋瓦をふんだんに使う。

画像と同じモノが造れるわけもなく、縮小した設計となる。
勿論、予算の都合で建坪29坪が限界・・・間取りもイマイチ。


この2つのお値段がほぼ同一金額ということになったら、皆さんはどちらを選ぶのでしょうか?
将来は結婚する気もないので、部屋数は狭くても良いのですが・・・
間取りは1が確かに素敵でした。
2の外観は自分の理想にピッタリに作ってもらえる分、フリー設計ですのでお値段も上がってしまい、泣く泣く坪数を抑えるパターンになっちゃいます。

決め付けるわけではないのですが・・・
男の人はやっぱり外観に拘って2かな?
女の人は現実的だから1かもしれない?

どっちにする?え?私?
私は・・・迷ってます。
正直、2番がもう少し広ければ2なのですが・・・
実際、生活するのは中なのだから、現実的に考えれば1なのかもしれないけれど、やっぱり外観も捨てられない。

こんな時はサザビーに決めてもらおう〜♪
・・・とは言っても、ねぇ。。。

どっちを選んでも後悔しそうな2者択一・・・
  
Posted by sazaby_9966 at 23:58Comments(4)TrackBack(0)

愛のチカラ・・・☆

昨日は夜中にブログを更新しようと思ったら、急に激しい嘔吐と下痢に見回され・・・
朝まで瀕死の状態だった私。
どうやら軽い食中毒だったようで・・・
実に今夏に入って2度目だ。
昔は胃が強いのが自慢だったのに・・・
もう賞味期限が1日でも過ぎていたら、食べるのはやめよう♪
(当たり前か・・・笑)


午後から残っていた原稿を書き上げて、担当さんに連絡。

『おお、この夏の集大成ですかぁ〜?』

なんて茶化されるものだから、
こっちも負けずに

『ええ、勿論!スターウォーズ3や
 ランド・オブ・ザ・デッドを上回る面白さです』


と言ってやった!
最近はなりふり構わなくなってきている私・・・(汗)


午後から夕立になると聞いていたので、車中でも天気予報を聴きつつお散歩タイム。
サザビーは相変わらずシーズン中なので、こんな状態・・・

『ねね、イチャイチャしない?』『いいよ〜♪』チワワのパルちゃん(牡6歳)はサザビーが大好きなんだけれど、普段はちっとも仲良くしてくれない。
しかし、この日は違った・・・
サザビー自ら駆け寄って、思わせぶりな態度を取る(苦笑)
パルちゃんだって、ちょっとビックリしてたけれど2人はすぐに意気投合〜って感じで仲良くやっている。
こんなツーショットの画像も滅多に撮れないから、ついついパシャリ☆(ピント、ずれてっし・・・汗)

辺りが真っ暗になってきて、そろそろ夕立タイムかな?と思った瞬間・・・

ピ カ ッ ☆ ゴ ロ ゴ ロ ゴ ロ ・ ・ ・

カミナリがなり始めた。
そろそろお散歩タイムも終了〜って感じで、皆と別れようとしていたら・・・
サザビーがパルちゃんから離れない(汗)
カミナリが鳴ろうが、雨が降ろうが、それでもイチャイチャして離れない・・・


愛 の 力 っ て 恐 ろ し い ・ ・ ・ ( 苦 笑 )


2人を半ば強引に離して車に戻ると、雨がザーっと降ってきました。

『大雨情報、当ったねぇ〜』

話しかけてもサザビーはご機嫌ななめ(笑)

カミナリ・・・鳴ってるね?豪雨の中カミナリが大きな音を立て始めたので、このまま家に戻るとサザビーが吠えまくっちゃうと考えた私は、しばらくスーパーの駐車場でお休みタイム♪
案の定、車中だとカミナリに全く反応しない彼女(不思議だよね〜)
明日から休暇が取れるよ、何しよっかぁ〜、ねぇ・・・?
気がつくとサザビーは助手席で、グーグーいびきを立てて寝ていました(苦笑)

お家の打ち合わせでも進めないと・・・ね。
  
Posted by sazaby_9966 at 20:29Comments(2)TrackBack(0)

2005年08月22日

いつまでも・・・

残暑が厳しいよ・・・
病院で診察を受けた後、表に出てふと・・・そう思いました。
今日も昨日と同じように暑くって、そしてあさってもそうかもしれない。
ずっと同じことの繰り返しかもしれない。
同じことがずっと続くと、退屈になったり、飽きてしまったりする人も多いかもしれない。
でも・・・
でも、私はずっとこのままでいたいのだ。

今日は3年前にお別れを言い渡された記念すべき日だった。
今頃、何処で何をしているんだろう?
時折、そう思い出してはいたけれど、そろそろ止めないといけない。
時間がないんだ。
去っていった人を追い続ける気持ちより、今一緒にいてくれる人を大切にしなくちゃいけない。

あっかんべぇ〜☆家に戻ってサザビーを拾った。
お散歩に行かなくちゃいけないからだ。
こんな日常の当たり前の行動も、永遠に続いて欲しいなんて考えてしまう。
病院の先生から頂いたありがたいお薬を一気に飲み干した私は・・・
鏡に向かって「あっかんべぇ〜☆」
今までの私と決別した記念すべき一瞬です(笑)

もう、間に合わないかもしれない。
もっと早く、こうすべきだったのかもしれない。
それでも「しない」よりは、はるかに良いのだ

そして変わってしまう前に・・・
これからの私に・・・
乾杯♪

恥ず・・・wもっと痩せちゃうかもしれない・・・
もっと醜くなるかもしれない・・・
そして、もう写真は撮れないかもしれないね。

それでもサザビーは許してくれるよね?
ずっと・・・
ずっとあなたのそばに居たい。
毎日、あなたとお散歩がしたい・・・
お金も何もいらないよ。
このまま、ずっと「いつまでも」同じ生活で構わないから・・・。
サザビー、今日もちょっとだけ「にらめっこ」しよう☆

夕方になると少しだけ涼しい風が吹いてます。
もう夏も終わりかもしれません・・・
こんな風に毎年感じる季節の移り変わりですら、大切な一瞬に思えます。
サザビーが「エヘヘ〜♪」って笑いました。

何にしよっか?お散歩を早めに切り上げて、2人でおやつの買出しに出かけました。
「何がイイ?何が欲しい?」
私はこの子に何でも買って上げたいし、何も不自由はさせたくなくって・・・手に取るモノ、全てを買い与えたかった。
こんな普段の買い物の時間だって、今の私には大切な時間なのだ。
いや・・・こうして2人で居ることができる時間は、全て大切な時なのかもしれません。

あ、また笑ったね?サザビー。
もっと、笑ってサザビー・・・
サザビーが笑ってくれるなら、私は何でもするからね。

病院の診察の結果、私はまた肺を切らなくちゃいけない・・・

  
Posted by sazaby_9966 at 23:39Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月21日

プレイガール♪

朝からエッチがしたくなってしまったそうで・・・
その突然の出来事は、彼女の性格を180度変えてしまうのです。
ただ今、サザビーはシーズン真っ盛り〜♪

こうなってしまうと、毎日のお散歩が非常に苦痛になってくる。
とてもじゃないけれど、ノーリードでは歩けない・・・
普段は見向きもしない男の子達に、彼女は自慢の長い尻尾を振りながら、
「こんにちわぁ〜♪」なんて自分から寄り添っていくのだ。
お散歩仲間の方々は、普段の気難しいサザビーの豹変振りに驚いてしまう(苦笑)
勿論・・・
「飼い主さんに似たんですね」
なぁ〜んて絶対に言われたくない!(汗)

レオく〜ん☆先ずはポメラニアンのレオ君・・・
普段はレオ君が
「遊ぼうよ〜♪」って近づいてくるだけで、
「ウゥ〜」なんて威嚇して追い払うくせして、今日だけは全く違う・・・。
レオ君だって、いつもの意地悪サザビーじゃないから、ちょっと戸惑ってる(苦笑)

ちなみにレオ君はつい2週間前に去勢手術を施したばかり。
それでも、まだまだ匂いに反応するらしく、すぐに意気投合・・・
サザビーはレオ君にベッタリだった。
「サザビー、あんた表情がヘンだよ」(恥)

ダイちゃんにも〜☆☆花火大会にも一緒に行ったマルチーズのダイちゃんにも、このサービス振り・・・
普段の2人は特別、仲良くもせず、喧嘩もせず・・・
付かず離れずの関係だったのに、この日は違いました(苦笑)
ダイちゃんを見つけると走り寄って行くサザビー。
ダイちゃんもすぐに反応・・・

「おいおい、君達!花火の時は見向きもしなかったくせして・・・」
そんなセリフは聞えないかのように、ここでもサザビーはイチャイチャ・モード。

やってられん・・・

ハチもおいで〜☆☆☆シェルティーのハチ君はまだ8ヶ月・・・
勿論、去勢はされていません。
それでも興味はないと思いきや〜・・・
なんとサザビーが大人の誘惑(苦笑)
ハチ君も以前、サザビーに追い払われたことを忘れちゃった?
サザビーの耳にチュ〜なんかしちゃって、すっかりラブラブ・モード。
「そうそう、お上手ね〜」って感じで喜んでいるサザビー・・・

お散歩開始から早や40分・・・(汗)
全く前に進まな〜い!
まさか全員の男の子に挨拶して回る気か?

ハリーもいいよ☆☆☆☆ハスキーのハリー君は11歳の男の子。
もう、こうなると誰でも構わないサザビー!
ゆりかごから墓場まで?(失礼)
子供から、大人までの完全なウエルカム状態です。
年齢差も体格差も全く苦にしない、お色気全開モードが爆発している。
普段の「ツーン」とした気品は何処へやら・・・

昨日は唸りを上げて、ハリー君を追い払ってたくせして・・・
横目で見ている私をよそに、2人は大人のやり取りに大忙し(恥)

「早く、お散歩済ませようよ〜」

ティティちゃんも・・・って、女の子か。。。わずか2kgにも満たない可愛いパピヨンのティティちゃん♪
突然、駆け寄ってきたサザビーにビックリして後さずり・・・
いつもは、ちっとも仲良くしてくれないサザビーが匂いをクンクン嗅いでくる。
「いやいや、サザビー、その子は女の子だから・・・(汗)」
私の声も届かないのか、彼女はティティちゃんを追っかけまわします。
「ごめんね、ティティちゃん」

レオ、あんたも来なさいよ!最後はプードルのレオ君。
普段はすれ違うだけで、
「来ないでよ!」
ってそっぽを向いて意地悪しているのに・・・
レオ君に全速力で駆け寄ると、
「ホラ、あんたもコッチに来なさいよ!」
って、いつもと全く逆なんですが・・・
それにレオ君も、何だかビビっているし・・・(苦笑)

しあわせ〜☆☆☆☆☆ポメラニアンのサクラ君もやって来て、両手に花?
男の子達に囲まれて
「ああ・・・幸せ〜♪」って感じのサザビー・・・
けれど、こんなに優しい彼女も来週一杯の期間限定版です(苦笑)
シーズンが過ぎれば、あっという間にまた、意地悪サザビーに早や変わり。
その時の男の子達の可愛そうなことといったら・・・

しばらく瑞穂は来れないねぇ〜

  
Posted by sazaby_9966 at 23:53Comments(8)TrackBack(0)

2005年08月19日

無音でも・・・

ついに買った・・・w
サイレンシア♪
要は耳栓です(笑)
とにかく家の隣と向かいの家は煩い・・・
足音がドタドタ・・・
まぁ〜子供が煩いのはしょうがないけれど、こっちはしょうがないでは安眠できないしストレスも溜まってしまう(苦笑)
恐らく親までもが部屋の中を歩く時に、平気でかかとに重心を置いで歩いているんでしょうねぇ・・・(ヤレヤレです)
何度かお願いはしたのだけれど、全く変わらない。
家は窓も締め切っているのですが、響くんだよぉ〜!
もうちょい静かに歩いてくれ・・・
暑いと殺意を覚えます(笑)

サイレンシア・・・♪でね、これがサイレンシア(真ん中のヤツね)。
HPから性能を見ると・・・
ナント、30db(デシベル)も雑音を遮音するとのこと☆
買っちゃいましたよ、薬の福太郎で!(笑)
使ってみて驚いたのは、本当に低周波は聞えなくなってしまう!
全くではないけれど、それでも隣家の雑音はほぼ聞えない・・・
足音も窓の開け閉めも聞えない・・・・
目の前のテレビの音やラジオの音はかすかに聞える程度。

でも、これはイイ〜♪
もう、手放せない〜♪
やはり高周波は防ぎづらいようだけど、それでもサザビーやララの鳴き声がかすかに聞える程度なのです。
おお〜これはストレス軽減になるよ〜!
良いモノを手に入れた!
私にとっては久々のヒット商品です☆☆☆

1つ驚いたことがあって、それはサイレンシアを外した時のこと。
周りの喧騒が凄い・・・
ノイズやら車の音、騒音が一気に耳の中になだれ込んでくる。
「普段、こんな騒音の中で生活していたんだぁ・・・」
改めて、そう認識させられるほど、着用時の性能を思い知らされました。

ところで、ここで耳栓を着用する時には注意しなくてはいけないことが2,3あることに気がつきました。
先ず、耳栓を着用するってことは完全な難聴状態になるわけですから、自分の生活音も遮断してしまっているわけです。
ですから台所での料理の音も、水道の音も、電話の音も、来客の呼び鈴も全て聞えなくなっているのです。
(なんせ換気扇や掃除機の音が殆どしなくなってしまうぐらいだから・・・)
ですから視界に入ってこない危険信号に気づかない可能性があるわけです。

2つ目はこの耳栓を着用しながら音を聴こうとしてはいけないそう・・・
いけないというか、更に耳の感度が上がってしまうらしいのです。
これはもっと音に敏感になってしまうってことだから、耳栓を着用しなければならない生活環境に住まわれている方にとっては、あまり好ましくない状況なわけです。

まぁ〜、どちらにしても睡眠時にしか使わなければ良いのですけれど・・・(苦笑)

ふて寝・・・安眠を手に入れた私でしたが、サザビーは変わらない。
やっぱり燐家の物音が聞えればストレスは溜まっちゃう・・・
たまに「ワン☆」なんて吠えてるのを聴くと、「ああ・・・煩いんだな〜」って可哀想になってきちゃう・・・。
「なんだよ〜自分だけ耳栓で快適な生活を手に入れやがって」
とでも言いたげです。

そうだよね。
私には無音でも、彼女は前の状況とちっとも変わらないんだもんね・・・
ごめんね、サザビー。
お家、早く建てて引っ越そうね♪
  
Posted by sazaby_9966 at 08:33Comments(7)TrackBack(0)

2005年08月18日

愛しのザクレロ

お盆というわけだからではないのですが、
昨年私の愛猫・ザクレロ(牡16)が他界しました。

病状は腎臓炎・・・

おしっこが出来なくなって、尿の毒素が外へ上手く出せなくなる病気です。
少しずつ、モノを食べられなくなっていったザクレロ。
サザビーと変わらない、いや、それ以上あった立派な体も
最後には2,5kgぐらいになってしまったのでした。

『もっと早く気がついてあげればよかったなぁ・・・』

ザクレロが好きだったケンタッキーのお店の前を通ると、ふとそう感じます。


元来、猫は犬と違って味覚がやたら超えていて味にうるさいため、
毎日同じモノでは中々完食してくれません。
2日も同じ缶詰を出した日には、3日目からはストライキを起こす始末・・・
(食べてくれないのです、笑)
ザクレロも去年の秋から、好き嫌いのレベルが一気に跳ね上がり、
困った私は色々な缶詰を買い与えていました。
しかし、それでも食べない・・・
高ければイイってものでもないらしく、自分好みの味で無いことが判ると、
匂いを嗅いだだけでプイって行ってしまいます。
この時に気づけば良かったのですが、実はザクレロは既に高齢であったため、
内臓器官に異常をきたしていたのです。

『また、いつもの好き嫌いが始まった』

そんな程度に考えていた私は、それが病気であるとは思いもしませんでした。

彼は16歳であった割には立派な体格をしていて、
サザビーを毎日からかっては逃げる身軽なフットワークは、
とてもお爺さんには思えないほどでした。
そんなザクレロが本当に何も食べなくなってしまい、大好きだったケンタッキーも
一口かじっただけで何も口にしなくなってしまったのです。
勿論、水も飲まなくなり、私が病院に連れて行った時には
既に腎臓炎の末期であることが判明しました。

病院の先生からは

『人間なら人口透析が行えるのだけれど、猫ちゃんにはそれが出来ない。
 年齢からいっても16歳という高齢のために手術は危険だし、
 仮に手術を行っても助かる見込みはあまりないでしょう』


と言われて・・・私は自分を責めました。

『もっと早く気づいてあげていれば・・・』

先生は

『仮に早く気がついても、これは高齢からくる内臓疾患ですから
 正直、未然に防げたかどうかは判りません・・・』


と言ってくれたのですが、私は助かるならば何でもするつもりでした。

その日から私はあらゆる猫の缶詰を買い始めました。
それは先生の

『もし、何かしら口に入れて吐き出さずに消化して栄養を取れるようになれば、
 多少は回復するかもしれません』


という言葉が私の唯一の救いであったからです。

しかし、どんなに美味しそうな猫の缶詰も、果ては人間の食べ物であっても、
彼はそれを口に入れようとはしませんでした。
仕方なく、栄養剤や水分を含んだ点滴の治療を続けるだけの毎日・・・
それは一時的な治療にしか過ぎないことは判っていましたが、

『それでも今より苦しくなくなるのであれば・・・』

とザクを車に乗せて、私は毎日病院に通いました。
抱っこをするその度にサザビーと変わらない体重だったザクレロが
日々軽くなっていくのが判ります。

最終的には歩けなくなって
立てなくなって
横たわるだけになって・・・

病院で診察を受けた僅か10日後。。。
朝、私の腕の中で『にゃあ〜』と一瞬うめいて・・・
彼は静かに目を閉じました。

ザクレロとサザビー☆

ザクレロは一人暮らしの私が最初に飼った猫でした。
どんな時もいつも私達(サザビー・ゲルググ・ララ)の傍らに佇んで見つめてくれた、
言わばお父さんのような存在だったのです。

16年間って長いようで短いものです。

『もっとこうしてあげていれば良かった』とか
『ザクは幸せじゃなかったかも・・・』とか

暫くは色々なことを考えてしまう日々が続きました。


だけど・・・

だからこそ、
『私はザクが大好きだったんだなぁ〜』って
考えられるようになったのだと思います。

ザク・・・病気に早く気がついてあげられなくって、ごめんね。。。
また、いつか逢いましょう♪
  
Posted by sazaby_9966 at 02:06Comments(14)TrackBack(0)

2005年08月17日

お墓参りで、地震来襲?

昨日は空模様も悪かったので、

『これは適度に涼しくて丁度イイかもしれない?』

なんて考えて、急遽サザビーと妹とお墓参りに出向きました。

それでも・・・・
明け方は雨が降っていた千葉も、海に近づくに連れて日が差し込み始め、
昼前にはなんとメチャクチャ暑くなってきてしまった・・・
車内でエアコンをガンガンに回していても、暑い。
日陰に車を停めないと、サザビーも私も新陳代謝が弱いので(?)、
上手に気温の変化に対応できないのであります(爬虫類かよ、笑)

お寺も暑いねぇ・・・

お寺に着くと住職様に差し入れを手渡し、
『サザビーちゃんも一緒にどうぞ』と言われて何故か凄く嬉しくなりました。
当然、喜んで誰もいないお寺の境内や建物を見て廻るサザビー。
グルグル境内を探索して、ときどき下を除いてはその高さにビックリしている彼女(笑)
暑かったけれど、苛々することもなく愉しそうにしているサザビーを見ていたら、
『連れて来て良かったなぁ〜』と思ったのですが・・・

突如、グラっと・・・☆

地震?
大きな揺れが私達を襲いました。

ビックリした私達はお寺を出て、周りを見渡しましたが・・・
揺れはすぐに止まった感じ。
それでもその一瞬の揺れは凄く大きかったような気がしたので、
早々に住職様にご挨拶をして、取りあえずはお墓参りへ出向きました。

機関車だぁ〜♪

お寺の裏手にあるお墓に向かう途中にある公園内で、サザビーが機関車を発見☆

『わぁ〜い♪』

何故か喜ぶサザビー・・・
暑いし、余震による墓石の倒壊も怖いということで、
しばらく妹と私とサザビーの3人はそこで時間を潰すことにしました。

そういえば昨日、地震とは関係ないのだけれど、福井県で墓地のある斜面が陥没して100基以上の墓石が倒壊したそう・・・

そのニュースを朝のラジオで聴いていた私達は、尚更慎重になっちゃいました(汗)

お墓に向かう途中ですれ違った夫婦に

『宮城県で震度6弱の大きな地震があったのよ』

と言われて、先ほどの揺れを納得した私達・・・
それでも千葉県まで揺れを感じるなんて、凄く広域な範囲の地震だったんですね。
なにはともあれ、皆さんは無事だったのでしょうか。

お線香をあげたよ☆

お墓に到着すると、既に親戚の誰かがお線香をあげて立ち去ったような後・・・
掃除もきちんと済ませてあり、どうやら入れ違いだったようです。
妹と2人で『誰だろうねぇ〜』と話をしながら、
お線香を新たにあげて手を合わせてきました。

お墓参りを済ませた頃には、サザビーはすっかり暑さでグッタリ・・・
空には大きな灰色の雨雲も見えてはいるのですが、
それでも蒸し暑さはこれでもか?と言わんばかりに私達を襲います。
車に戻ると、車内も蒸し風呂状態・・・(苦笑)
私達は車を風通しの良い日陰に移動して、しばしの休息。
暑さ寒さも彼岸まで・・・って、あれは嘘?(笑)

帰りに新居建設予定地に立ち寄って、私は自分の土地の草むしり・・・
妹とサザビーは仲良く車の中で涼んでいます(手伝ってよ、汗)
その間、朝早くからの外出で疲れていたのでしょう、
私が車内に戻るとサザビーはエアコンの前でグッスリといびきをかいて寝てました(笑)

キャッチボール、だ〜い好きっ♪

それでも夕方近くになって自宅の近くにある公園に車で通りかかると、
サザビーは突然パッと飛び起きて『充電完了!』とばかりに、
近くの公園に飛び出していきます(苦笑)
勿論、夕方と言えども蒸し暑さは変わらないのですが、
芝生のある公園内で『キャッチボール、やってぇ〜♪』とせがむ彼女・・・
私はと言えば、こんな暑さの中でボールを放りたくはなかったのですが、
サザビーの必死のお願いに根負け・・・(汗)
またも30回以上もキャッチボールをしてしまいました。

喜んで走り回る彼女・・・
グッタリしている私・・・


対照的な私達のお墓参りの1日でした。
  
Posted by sazaby_9966 at 08:11Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月15日

熱帯瑞穂・・・

夕方、お散歩に出たら空は曇っているのに、異常な暑さを感じました。
それもそのはず、辺りは全く風が吹いてなかったのです。
あまりに暑くって、瑞穂の公園に着いた瞬間から私はバテバテ・・・
普段から暑いところを歩かない私は身体が気温の急激な変化についていけないらしい(苦笑)

「あそぼ〜よ♪」「来ないでよ!」・・・

2人でダラけて歩いていたら、土日しか会えないダイちゃん(マルチーズ)を見かけたので、
近くまで駆け寄ってみると・・・
そこにはお初のパピヨンちゃんが一緒にいたのです。
目がクリっとした可愛い男の子はアメルくん、
10歳でしたが、とっても元気一杯でした。
3kgに満たない軽い彼は、それでもヘルニアの持病があるそう・・・
去勢や避妊をしないと、年齢を重ねていくうちにホルモンバランスが崩れて、
色々な病気にかかりやすくなってくるのです。
それでもサザビーが女の子と判ると、沢山モーションをかけてくれたのですが、
意地悪な彼女はまた拒否・・・
本当にごめんなさい、せっかく来てくれたのに・・・

蓮の池に到着すると、お盆休みも終わりに近づいたせいか、
いつものメンバーのワンちゃんが勢ぞろい♪
久し振りに仲良くお散歩ができました。
それにしても今日の花見川の川岸は、風もあまり吹かないせいか、かなりの蒸し暑さ・・・

『夕方から大雨、もしくは雷雨っていっていたのにねぇ〜』

皆さん、空を見ながら少し早めにお散歩に出てきたそう・・・
それなのに、雨も降らず、風もない瑞穂はまるで熱帯雨林のようでした(苦笑)

ガブガブ飲むよ〜☆

サザビーはちょこっとボール投げをするだけで、お水をガブ飲み!
まぁ、この暑さじゃ仕方ないよね。
1球投げて取りに行っては水を飲み、また1球投げては水を飲む・・・
これの繰り返し。

『こんなことしてたらバテちゃうよ、ボールは止めようよ』

そういっても彼女は一頻り水を飲み終わると

『投げて〜!』

って嬉しそうに催促してくるのです・・・
暑くっても、遊びたいんだねぇ〜
投げてるこっちがバテちゃうよ(汗)

サザビー、6歳だけど、まだまだ元気一杯です♪
  
Posted by sazaby_9966 at 21:51Comments(0)TrackBack(0)

怖い話

※今回は勝手にリンクを踏むと
「過激な描写」
を含む映像が流れる恐れがあります。
心臓の弱い方等はリンクをクリックしないでください☆

昔から変なモノを良く見ていたのですが、私は霊は信じないほうです。
それでもお盆のこの時期は「何か見たら嫌だなぁ〜」という気持ちになる。
ちなみに私はクリスチャン・・・宗派はカトリックです。

霊とは関係ないけれど、恐怖映画は大好きで、大のホラー映画マニアの私。
でも外国のホラー映画って、やっぱり全然怖くは無い。
「んじゃ、何で見るの?」と言われれば、
凄くエンターティメントだったり、その様式美や映像美に魅了されたかったり・・・
そう、つまりは怖がるために見ているわけではないのですw

そんな私のお気に入りのホラー映画はゾンビモノ♪
特にジョージ・A・ロメロのゾンビ映画は大好き。
最近、ついに待ち焦がれた最新作「LAND OF THE DEAD」が公開されて、
ゾンビファンは必見です(苦笑)

本当に怖い「ゾクゾク体験」をしたいと思ったら、
日本の怖い話の本の方が数倍怖い。
霊を信じない私でも、読み終えた後は
「おおっ」なんて結構「来る」モノもある。
作り話と判っていても感動してしまうぐらい怖い話も中にはあるのだ。

でも、こんな私でも「本当に怖い!」と思った映画がたった1つあった。
それは日本のホラー映画・・・
薄暗く、それでいてどんよりした映像は、舞台が日本なだけに身近に感じてしまう。
「リング」の貞子は全然怖くなかったのだけれど・・・
伽椰子は怖かった・・・。

私が本当に、見終わった後も怖かった映画は「呪怨」です。
それもVシネマ版の1・2は怖い・・・
(映画の1・2・はVシネマ版の続編です。海外版「THE JUON」は、「THE RING2」同様、やっぱり全然怖くなかった・・・)

正直な話ですが「呪怨」を見終えた後の私は、自分の家の2階に上がれなくなった。
昼間でも怖く感じるぐらい「呪怨」は怖かった。
この結果、イイ迷惑になってしまったのがサザビー・・・(苦笑)
私が2階に上がらなきゃいけない時は、かならず呼び出されて
「2階、見てきて!」
なんて私にお願いされるのだ。
私の家の2階のおどり場は奥が薄暗いので、
サザビーに先に2階に上がってもらって待っていてもらわないと、
私自身が怖くて上がれない時があるのです(汗)
特に夜はそう・・・
なんか暗い階段のおどり場に伽椰子が這ってきそうで・・・

それでもサザビーが2階に上がることを渋る時があります。
そんな時に、誰もいるはずのない2階に向かって彼女が
「ウウ〜」なんてやってるのを見ちゃうと・・・
もう上がれません!
怖くって本当に上がれない(汗)

呪怨・・・?この間も2階の階段に向かう途中で、
一緒に付いて来たサザビーがいきなり
「ワォ〜ン!」
なんて吠えるからビックリして上のおどり場を見上げると・・・
そこには真っ白なフワフワしたものが浮いていました。
「ひえぇぇぇ!」
私はビビリまくってサザビーと上っていた階段を、
一気に駆け降りたのです(苦笑)
で、おそるおそる、
もう一度、恐る恐る2階を見上げると・・・
そこにはフサフサの尻尾を得意げに振るララ(牝7 チンチラ)が、まるで俊雄くんのよう・・・

人間、怖い怖いと思うと何でも変なモノに見えちゃうんですよねぇ・・・(ため息)
  
Posted by sazaby_9966 at 09:15Comments(6)TrackBack(0)

2005年08月13日

空を見てたら・・・

立ち眩みがした・・・
最近の私は睡眠時間が少ないせいかもしれない。
けれど、こういう仕事では当たり前なのだ(汗)
自由に融通が利く分、締め切りが近くなってくると
本当に根を詰めて原稿を仕上げなければならない。
ああ〜部屋に引きこもりっきりだよ・・・
少しは気分転換がしたい気分、です。

サザビーと夕方、早めに家を出てお散歩に出向いた。
夕立は夜と聞いていたので、傘は持っていかなかったのですが・・・
空模様は灰色で、所々に日差しが見えそうで見えないような微妙な天気でした。
公園にはお盆休みでも多くのワンちゃん達が集合していて、とっても賑やか。
私とサザビーもしばらくそこで立ち話。
時折、雲の向こう側では『ゴロゴロ・・・』なんて聞えてる。

『降らないといいなぁ・・・』

空を見上げていた、その時・・・私は目眩がしてクラっとよろけてしまった。
下が芝生だったので、そのままちょっと横になった私・・・
離れて遊んでいたサザビーが私の異変に気がついて慌てて駆け寄ってきました。
私を覗き込む彼女。

『大丈夫、向こうで皆と遊んでおいで・・・』

そう言ったのですが、サザビーは私から離れなくなった。

仕方ないので2人で、そのまま空を見てたら・・・
気持ちが良くなって、少しだけウトウト。
こんな風にずっと寝てられたらいいのにねぇ〜
サザビーがずっと寝ている私を心配そうにしているもんだから、
他のワンちゃん達もよって来ちゃいそう・・・
起き上がった私は、多少クラクラしながらもサザビーとキャッチボールをしました。
それでも今日はあまりボールの方に行かない彼女・・・

『どうしたの?』

私がそばに行って尋ねると、サザビーは抱っこをせがむ。
ああ〜やっぱり動物って、ちょっとした異変にも気がついてしまうんだなぁ〜

『ごめんね、サザビー・・・心配した?』

あまり舐めてくれない彼女が私を舐めた。

『だよねぇ〜今日はちゃんと寝るから・・・さ』

今週は病院にも行かなかったし、薬も飲んでいなかった。
気をつけないといけないね。

でも・・・
いつか空をずっと見ているような時がきっとくる様な気がします。
その時『サザビーをちゃんと抱っこしてくれる人を探さなくちゃいけない』って考えたら、何故かもの凄く悲しくなりました。


『 遊 ん で お い で 』


待てぇ〜!

私が薄暗くなった空にボールを投げると、彼女はチラっと私を確認した後、
嬉しそうにボールを追っていきました。
暗闇に吸い込まれていきそうな彼女を見送りながら、
ボールを運んでくるサザビーを待つ私・・・

こうして、ずっとあなたを待っていてあげたいな

  
Posted by sazaby_9966 at 23:44Comments(7)TrackBack(0)

2005年08月12日

子供に雨にカミナリに・・・

お盆休み真っ只中の金曜日。
千葉は朝から小降りの雨が降ったり止んだりして、1日中グズついた空模様でした。
午後からの夕立も手伝ってか、今日はお散歩仲間にも殆どあえず終い・・・
唯一、ダックスのぷーちゃんとパピヨンのミーシャに会ったぐらいでした。
早めにお散歩を切り上げた私とサザビーは、あまり早く帰ってしまうと家の周りに住んでいる子供達が煩いので、しばらく車の中で遊んだりドライブをして過ごしました。

一頻り時間をつぶすと、夜の8時半!

『そろそろ帰らない?』

私の声にも耳を貸さずにサザビーは助手席でマッタリモード(苦笑)

それでも抱っこして家に連れて帰ると、夏休みのせいか向かいの家の子供がまだ煩いから、
大人しくしていたサザビーも突然キレた(汗)
どんなに宥めても、彼女は一旦苛々しだすと中々元には戻らない・・・

『原稿、やらなくちゃいけないのに〜』

焦る私だったが時間が経てば子供達も寝て、
サザビーのそれも収まると思いきや・・・甘かった(汗)

突然雨がザーっと降ってきて、今度は雨の音に反応する彼女・・・
サザビーの苛々がピークに達したときに、

ピ カ ッ !

ゴ ロ ゴ ロ ゴ ロ ・ ・ ・


11時を過ぎた深夜からはカミナリの来襲だった☆
そんなカミナリの音に怒った彼女は、


『 % $ △ & ○ # > ! ! ! 』


完全にキレたサザビーなのでした。。。

いやぁ〜落ち着くね♪

仕方が無いので、わめくサザビーを車に乗せてその辺を走った私。
何故か車の中だとカミナリの音にもあまり反応しない彼女・・・
今はこんな姿でマッタリしてます。

・・・てか、原稿全く進まないんですけど(汗)

  
Posted by sazaby_9966 at 23:56Comments(3)TrackBack(0)

洋瓦のある犬小屋

子供の頃マンション住まいだった私は、
「将来は1人でお家を建てるんだ☆」
なぁ〜んて密かな夢を持っておりました。
そんな私も今ではサザビーの為のお家が造りたくてしょうがない・・・(苦笑)

希望は輸入住宅で昔から東急ホームに決めていました。
外観は南欧風で赤い洋瓦に壁は肌色のコテ塗り♪
ドアは古いアンティークのような感じの木製の重いドア。
キッチンは1人暮らしなのでカウンターにはしないで、ダイニングを広く見せたいから壁に沿ったL字型。
キッチンの周りはサザビーが滑らないように、テラコッタタイルは無理でも、P−タイルを床に敷き詰めて、その他のダイニングは無垢材を出来る限り使用。
和室はダニ・ノミが嫌なので作らないかわりに、全て洋間はフローリング。
階段もそれに合わせてフロアカーペットではなく、木材を剥き出しにする。
家の中でもグルグル走り回れるように、階段は家の真ん中に持ってくる。
24時間空調をつけて、常にサザビーが過ごしやすい温度に設定しておく。
外部の音を気にするサザビーの為の遮音性にも気を配り、殆ど外の音が入ってこないような造り。

まだまだ沢山あったのですが、とりあえずは以上が私の希望・・・
あくまで希望(東急さんも爆笑でつ)
・・・・
まぁ〜無理だ(笑)
お金が凄くかかってしまうのと、維持費が大変。

通常、東急ホームのミルクリークって
APベーシックのような規格型プランが主流のようで、本来ならこれでも文句はないのです。
が、しかし東急ホームには私の憧れのビアロッソという企画があって、フリープランで坪単価は高いのですが、お金をそれなりに沢山出せば、それはそれは素敵な南欧風のお家が建つので御座います。
それでも本当に費用は馬鹿高い・・・
だから一般的にはAPベーシックの規格型プランをアレンジして、洋瓦を乗せたり壁をコテ塗りにして安く南仏風にしあげることも可能だとか・・・
でもね、それだと外観がAPベーシックなんですよねぇ。。。
長方形のお家に洋瓦のコテ塗りになって、これはこれで良いのだけれど、今ひとつインパクトに欠けてしまう気がする。
それなら最初っからAPベーシックのままの方が私にはイケてるようにも感じました。
ちなみに私の好きなビアロッソは神奈川の藤が丘にあるこんな外観のモデルです。

ビアロッソ藤が丘モデル勿論、こんなお家は高嶺の花(苦笑)
このモデルのお家の建坪は38坪ぐらいの広さだったので、坪単価約65万円ぐらいだとしても
38坪×65万=2470万円
それも電気やガス、水道は別だし、外溝工事も別・・・
更にオプション(洋瓦、ドア、窓枠の花壇、室内の細かい設備)も別途・・・
おいおい、上物だけで3000万いっちゃうじゃん(汗)
ましてや土地は別ですから、マジで無理!

それでも昨日の夜、東急ホームさんはビアロッソの2通りのプランの金額を上手く抑えて、図面を持ってきてくださいました。
でも・・・
1つは例のAPベーシックのビアロッソ版・・・
これは形がイタダケナイので却下。
(だって長方形のお家に瓦がついてるだけなんだもん)
でもって2つ目がフリープランのビアロッソ。
勿論、大きく造ってしまうと坪単価を抑えられないので、上に示したような価格になってしまいます。
そこで私は小さく造ってもらった(苦笑)
建坪の数を減らし、間取りも単純にしてもらったのです。
(普通、家を建てるときは使い勝手や間取りを広く取って、内部を実用的にするんですよね・・・でも、この時点で私は逆の発想をしちゃっているんです。
同居人がサザビー達だけ・・・ならではなのですが)
そのプランがコレ

小さいビアロッソの外観図面w図面で書くと、こんな感じになった。
勿論、これは藤が丘モデルの縮小版・・・
本当に小さいのだ(笑)
だって建坪数が30坪しかないも〜ん♪
それも1階15坪、2階15坪に振り分けてしまうと外観が長方形になってしまうので、1階を広くとって2階を狭くする。
これによって2階部分のなくなった場所の下に大きな洋瓦の屋根を装備するのです。

その小さなビアロッソの1階部分wその1階部分の図面がコチラ。
世間一般的なお家の建坪が約35坪ぐらいだとするならば、この1階部分は約17坪(約56,1平方メートル)程度ですので、それほど狭くは感じません。
ただ、この外観で建てるとすれば、この図面の間取りは大幅に変更する予定なので、実際の使い勝手等はまだ未定ですね。
それでも思ったより、リビングダイニングは広く場所が取れそう?です。
ところが・・・
家の建坪数の全体が30坪ということは
30坪−17坪=13坪
ということになり、2階には残り13坪しか使えないのです。

更に小さなビアロッソの2階部分wその狭〜い2階部分の図面がコチラ。
なんと、どの部屋も4,5畳しか取れません。
これは狭い・・・
さすが12坪だ(馬鹿だ、私って・・・笑)
一般的には左側の1階の屋根部分にあたる場所も、2階部分の部屋を確保するはずなのですが、それをしてしまうと屋根の洋瓦の箇所が減ってしまい、全体的な外観が長方形的なシルエットになってしまうのです。
長方形のビアロッソを嫌ったゆえの結末・・・(ホントに馬鹿だ・・・汗)
しかし、このままではあまりに狭いので、2階の右上にあるウォークイン・クローゼットの4,9畳の部分に、1階部分の右下にあるバスルーム&サニタリーを移動して更に1階のトイレを階段下に設置します。
それで1階の右下に6畳の洋間を1つ確保して、2階の左側にある4,5畳の上下の2部屋を1部屋にまとめて9畳の洋間にすれば、多少は広く使えるかもしれません。
てか、お金がないからこんなことになるのです(苦笑)

結局、来週の木曜日まで結論は持ち越すことになり、次回は仮にこの設計で建てた場合の費用が算出されるとのこと・・・(怖い!)
上物は2000万円を越えたくないんです。
これなら、素直にAPベーシックの規格型・建坪40坪を建てられちゃう。
そっちの方がお買い得な賢い選択なのかもしれません。
サザビーのお家は赤い洋瓦のある家と決めていたのですが・・・
この小ささじゃ、本当に「洋瓦のある犬小屋」になっちゃうよ。

ちなみにサザビーはまたしても駐車場の車の中でお留守番・・・
グリニーズをあげて誤魔化してきたんですが、戻ってきたらやっぱり御機嫌はななめ(苦笑)
ごめんね、サザビー。
ところでサザビーは、どっちの家がイイ?

また車の中に、おいて行ったね!  
Posted by sazaby_9966 at 08:20Comments(7)TrackBack(0)

2005年08月11日

夜のお散歩☆

すっかり遅くなってしまった今日のお散歩・・・
辺りは真っ暗だけど、サザビーはへっちゃら(苦笑)
暗いとあまり目が良く見えないはずなのに、
全然お構い無しにズンズン公園の中を闊歩する彼女なのでした。

夜、大好き☆

今日は仕事の打ち合わせが長引いて、サザビーと瑞穂の公園に到着したのが夜の7時過ぎ・・・
勿論、こんな遅い時間ではお散歩仲間は何処にも見当たらず・・・
誰もいない公園で2人でひっそり遊びました(泣)。

暗闇の中、時折聞こえる子供達の花火の音に、ちょっとビビったサザビー(苦笑)
今日は不安定な天候で夕立が多くて、蒸し暑い相変わらずの1日だったけど、
どうやら明日はお天気らしい♪

そう明日こそ・・・・沢山遊ぼうね(最近こればっかだ、汗)。

とはいうものの、
明日は東急ホームの家の図面等が出来上がる日☆
さてさて、どうなることやら・・・

とりあえず、これから原稿やらなくっちゃ・・・(汗)

  
Posted by sazaby_9966 at 23:56Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月10日

睡魔とサザビー

昨日は睡眠不足が祟ったせいか、1日中眠かった・・・
夕方のお散歩には、いつものお仲間にあまり出会えなかったので、
そのマッタリモードは余計に私を眠くさせる。

『今日は早めに帰ろう・・・』

サザビーと適当にキャッチボールをして、お散歩を切り上げようとした時・・・
なんと久し振りに夜組の大型犬メンバーに合流〜♪
(暑さに弱い大きなワンちゃんや、飼い主さん達が働いていて
 夕方にお散歩出来ないワンちゃん達は19時以降にお散歩するのです)

パン(ボーダーコリー)、シルク(ラブラドール)、ナナ&ハチ(シェルティー)、ケヴィン(ウエスティー)、キャロン(ラブラドール)・・・
一番体格の小さなサザビーは機嫌が悪そうに隅っこに行ってしまいましたが(苦笑)、
それでも飼い主様達の井戸端会議が始まった頃には、私も何となく睡魔に襲われフラつき気味(汗)。
お散歩終了後の夕飯の買出しもソコソコに、私は家に着くとバタンとベッドで熟睡モード。。。

しかし・・・
遊び足りなかったのか?何なのか?
普段の私と同じ生活をしている『完全夜型のサザビー』
ベッドの上に乗っかって必死で起こそうとします。

『遊ぼうよ〜!まだ寝ちゃダメ!』

無視して寝ていても、髪を噛んだり布団の中にもぐって来て

『ワンワン☆』

と睡眠を邪魔してくれます。

『お願い・・・1時間だけ寝かせて・・・』

私の頼みも空しくサザビーは鍵盤を叩き始める始末。
それでも無視しているうちに・・・
私は夢の中に沈んで行ったようです。。。



どれくらい経ったのでしょう。
ふと起きてみると私の足元で寝ているサザビー。
時計を見ると3時間は寝ていたようで・・・(汗)

『やばい、原稿書かないと・・・』

そう思って布団から跳ね起きた瞬間!


バ ラ バ ラ バ ラ ・ ・ ・ ・ ?


幾つものボールやぬいぐるみ、ロープ、骨・・・
私の枕元には沢山のサザビーのオモチャが散乱していました(苦笑)

きっと遊んで欲しくって、1つずつ枕元に並べていたんだねぇ・・・
ごめんね、サザビー、明日は沢山遊ぼうね!

起きてよっ、遊ぼ!  
Posted by sazaby_9966 at 06:35Comments(5)TrackBack(0)

2005年08月09日

小さい頃の私

幼い頃の私の将来の夢は、
『音楽家になるんだ』って決めていたのに・・・
今はただの物書きになってしまった私。

小さい頃は何にでもなれたのに、年を取るにつれて
その夢の範囲は少しずつ狭まっていきます。

大学でパイプオルガンを専攻した所までは順調だったけれど・・・
やっぱりパイプオルガンではご飯は食べられませんでした。
もっと才能があれば、食べられたかもしれないけれど、私にゃ無理・・・だったのです(笑)

挫折は人を強くすると言うけれど、
私は打たれて凹むタイプだから、あんまり芸術家には向いてないのかもしれないね。
それでも小さい頃からの夢、
音楽家の夢を捨てようなんて1度も考えたことはなかったのです。
本当の挫折にぶち当たる時までは・・・。



お医者さんに

『もう、あまり鍵盤楽器は弾かないようにしてください』

そう言われた時が人生最初の挫折でした。
そう、私は突然、生まれて初めて自分の人生を振り返る時間を渡されたのです。

今までの努力ってなんだったのだろう?
何のために生きてきたんだっけ?
これから、どうするの?

小さい頃の私の毎日を辿るような日々が続きました。
練習・・・
遊ばないで練習
学校も行かないで練習
小さい頃からの夢の為に練習
それらは何だったのだろう?




そ し て 私 は 『 あ の 日 』 を 迎 え て し ま っ た ・ ・ ・




その後の毎日は延々空虚な日々が続きます・・・
そんな中、突然現れたサザビーだけが私を励ましてくれました。
彼女は私がどんなに落ち込んでいても笑ってる。
激突してきたり、
噛んできたり、
鍵盤を叩いたり・・・

『ねえ・・・一緒に弾こうよ!』

時折、そう言ってるように見えるサザビーの鍵盤を叩くしぐさは私を戸惑わせます。

『もう、音楽はやめたの』

私はそう言って、彼女を無視していてもサザビーは鍵盤を奏でます。
(うるさく叩くw)

そんなある日、いつものようにサザビーが鍵盤で遊んでいる時に、
そのトンチンカンな旋律が私を苛立たせました・・・

『うるさい!サザビー、そんなの弾かないで!』

私にそう言われた時、彼女は凄く悲しい瞳を私に向けて・・・
静かに鍵盤の前から離れたのでした。
私は思わず『はっ』として・・・


や ば 、 ま た や っ ち ゃ っ た よ 、 私


慌ててサザビーのそばに行き、彼女をそっと抱きあげて鍵盤の前にもう1度座らせたました。

『怒ってごめんね、サザビー・・・鍵盤はこうやって弾くの』

音色をピアノからチェンバロ(ハープシコード)に変えた私は、そのままヘンデルの
『調子の良い鍛冶屋』を彼女の前で弾きました。
耳をピンと立て、じっと聴いているサザビー。
久し振りの鍵盤演奏でしたが、指や手の甲は柔らかく良く動きます。
・・・が、3連符のワルツになったところで若干、手の甲に痛みが発生・・・

けれど私は決して演奏を止める事はしませんでした。
そのまま最後まで一気に弾き終えて・・・
隣で座って聴いていたサザビーをもう1度『抱っこ』して言いました。

『ありがとう、サザビー・・・たまに弾いてあげるからね』

この子の為に弾いてあげる音楽も良いかもしれない。
それはこの子の為に生きていてもいいかな・・・なんて思えた日でもありました。

小さい頃の私の夢が、小さい頃のサザビーに助けられた日・・・
あれから今日で、もう5年も経ちました。

小っちゃい頃w  
Posted by sazaby_9966 at 07:03Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月08日

今年の花火も大暴れ☆

先週の土曜日の夜、千葉のポートタワーの花火大会に
ナント、今年もサザビー連れで行ってしまいました(笑)
大変なことになることを判っていて行ってしまうのだから、
私も性格が悪いよねぇ・・・(苦笑)。

ポートタワーの向かい側の港で席を取って頂いた私達2人は、
多少の海風の強さを感じながら、開始時刻の19時30分のスタートを待ちました。
いつもなら同時期に行われる印旛沼の花火大会は、
なんでも今年佐倉市が中止を発表したそう・・・
(お金が集まらなかったらしいのです・・・不景気なんですよねぇ〜)
どうりで例年よりも見物人が多かったわけです。
そんな状況の中、ポートタワーは今年も花火を炸裂!させるとのこと☆
(いいぞぉ〜頑張れ、千葉市!)
印旛沼の花火よりは質素だけれど、去年よりは花火の打ち上げ本数も多いんですって☆

私とサザビーは開始時刻の1時間半前に車で現地に到着し、
千葉港近くの席に着いていました。
そこそこ彼女も機嫌がよく、

『なに?なに?なぁに?』

といった感じで表情は柔らかい。

『はぁ〜良かった、何とか機嫌を獲りつつ花火になだれ込んでしまえば、
 ひょっとすると今年は大丈夫かもしれない・・・』


そんなことを考えていた私だったのです。

が ・ ・ ・

そこには思わぬ伏兵が潜んでいたのでした(苦笑)。

私達の後ろの席が何か騒がしいなぁ・・・と思い、振り返ると・・・

『げげげ・・・!?(鬼太郎?でわない、笑)』

なんと後ろの席に陣取っていたグループが子供連れ
(女の子3人組み、5歳・4歳・3歳・・・汗)だったのです。
思わぬ伏兵が、この土壇場になって突然私達の前に立ちはだかりました。

そう、サザビーは小さい子が大嫌いなのです

その後、心配していた通りの事が起こりました。
早速、その女の子達がサザビーに気が付き、前の私達の席まで見に来たのです。
もう、その時点でサザビーは半分キレ気味・・・
私は必死で彼女をあやしてましたが、子供達は『触りたぁ〜い!』なんて、
とんでもなく命知らずなことを言う始末(笑)。

『ごめんね・・・この子は小さな子が怖くてダメなんだ。
 噛むから手を出さないようにしてね』


そう言われた子供達は

『へぇ〜小さな子がダメなんだって』
『小さな子が怖いんだ?』
『小さな子が・・・』


いやいやいやいや・・・
小さな子って君達の事だから(苦笑)
それでも小さな子供達は中々言う事を聞きません。
黄色い奇声を発しながら、辺りを走り回って・・・

『撫ぜてい〜い?』
(ダメ!絶対ダメ!)

『尻尾、触りたぁ〜い!』
(とぉんでもない、汗!)

『抱っこさせてぇ〜!』
(ママに抱っこしててもらいなさい!)

私が断っても、サザビーから中々離れずにウロチョロする子供達に、
彼女の我慢も限界に近づきつつある事を察知した私・・・
追いかけっこを始めた子供達の声が聞こえる度に、
サザビーの表情は見る見るうちに野獣のように険しくなった。

それでも走り回る彼女達・・・

『危ないよ!危ないよ!危ないよぉ〜!』
『親は何してんだ、こらこらこら、転んじゃうってぇ〜!』


ハラハラしていた私の予感は的中!
(こんな時だけ的中・・・w)
その中の1人が勢い余って私とサザビーになだれ込んで激突☆☆☆


ぎ  ゃ  お  ぉ  〜  ん  !


花火の前にブチ切れたサザビー!
一瞬、辺りは水を打ったようにシーンと静まりかえりました・・・




19時30分・・・
一斉に花火が打ち上がり、いざ夜空の光の饗宴がスタートした時、、、

私達はいつも通りの駐車場の車の中でした

音だけがやたら『ドン!ドン!』と聞こえて、辺り一面は歓声の渦
・・・だったらしい。
(だって、見れないんですもの・・・☆)

それでも何とか花火を間近で見たかった私は、人気の少ない港の方で
必死にサザビーをあやしつつ、堤防際で座り込む・・・
と、その瞬間ドデカイ花火の爆音が


『 ド ド ド ド ぉ ー ん ☆ 』


サザビーは・・・


『 △ & % ○ > # $ ! ! ! ! 』


怒って私を噛むわ、蹴るわ、殴る?わ・・・
で、大暴れの彼女にアザだらけにされた私。

その後、家に帰っても機嫌がずぅ〜とっ!悪かったことは言うまでもありません。

ごめんね、これからは絶対に近くで花火を見ないようにするから許してね☆
あっ、それと小さな子供達の近くにもなるべく行かないようにするから、ね(苦笑)

花火は夜だってばw
  
Posted by sazaby_9966 at 08:12Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月06日

水浴びしたい?

いつもお散歩に行く瑞穂の公園にはハスのある池がありまして、
過去ワンちゃんがこの池に飛び込むというハプニングも何度かあったそう・・・
勿論、サザビーも御多分に漏れず、飛び込むというよりは、
橋の上からバランスを崩して落ちたことがなんと5回・・・・
(バカな子でしょ?苦笑)

今日も昨日に負けないくらいに暑かった。
勿論、こんな日は水浴びしたいのはわかるけど・・・


サ ザ ビ ー ! 落 ち な い で ね ! ( 汗 )


橋の上は暑い・・・

今日も橋の上は暑いなぁ〜

どれどれ涼んでみるかな♪

どれどれ、いっちょ涼んでみるかな♪

誰も来ないよねぇ・・・

誰も来ないよねぇ・・・?

こっちからか?

こっちからか?

それとも、こっからか?

それとも。こっからか?

入ったら怒られる?・・・よねぇ〜

入ったら怒られる?・・・よねぇ〜



当たり前だのクラッカー・・・・失礼♪

  
Posted by sazaby_9966 at 01:23Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月04日

朝から海・・・

久し振りにドライブにくり出した私達☆
まだ薄暗い夜明け前に九十九里に出かけて、砂浜でサザビーとキャッチボールをして遊びました。

とは言うものの・・・

今日は朝から日差しが出ただけで、砂浜は灼熱地獄のような暑さ!
そのあまりの暑さに、サザビーは僅か10分でバテバテ・・・(笑)
車の中に緊急避難した私達でしたが、エアコンをガンガンに回しても車中は暑い!
そんな中、次々に海の家に海水浴客が到着してきた。

絶好の海水浴日和だもんねぇ・・・
世間一般は夏休みだし楽しそうだなぁ〜


い い な ぁ ・ ・ ・


それでもサザビーが暑さに負けてグズり始めたので、
カラフルな水着のお姉さん達を横目で眺めながら、私達はあっという間に退散・・・
陽も上がって、いよいよこれからという時に帰らなきゃいけない私って(苦笑)

さすがにこんな早く海を後にする車はいないわけで・・・
帰りは渋滞も無く1時間で家に到着。

よく考えたら朝の散歩が外房だなんて、贅沢・・・
家の近くの稲毛海岸で十分だったよ(笑)

え?
夕方のお散歩?
ちゃ〜んといつもの公園まで行きましたよ(汗)

でも、海に入りたかったなぁ・・・

海だぁ〜☆

マリア、ママは『あの日』からずいぶん成長したよ。
だって、こうやってサザビーと海にも行ける様になったもの・・・

あと何回こうして海に来れるかわからないけれど
今まで来れなかった分、これからは沢山来るからね☆
そして一杯思い出を作ろうね、サザビー!

  
Posted by sazaby_9966 at 23:36Comments(4)TrackBack(0)

2005年08月03日

なんだかなぁ・・・

中国も下手くそだけど、それに負けてるサッカー日本代表は論外・・・
辛うじての引き分け?
勝って当然でしょ!
ボール支配率は上回っていたものの・・・
メンバーの入れ替えも、無駄なパス回しも良くない!良くない!良くない!
ついでに審判もいくない!

ダラけたサッカーは見たくはないし、情け無い代表戦も見たくはない。
ついでに相変わらず機能していない空回りの三都主・・・
そんなにイエローカードが欲しいのか?
使えん・・・

サッカー好きの私はただただ落ち込んだ・・・


な ん だ か な あ ・ ・ ・



今日は、あまりの暑さに仕事の原稿の打ち合わせもロクに捗らなくて、
『また後日に・・・』と担当様に軽くあしらわれてしまいました(苦笑)
その後、外は日差しが強いのでドッグカフェや車の中でサザビーと過ごして時間をつぶす私。
それでも外でのお散歩がメインの彼女は、どうしても公園でボール投げがしたかったらしく、
仕方なく私はサザビーを連れて6時過ぎにいつもの川岸の公園へ到着。
今日の川岸は風が弱く、歩いているだけで汗だくになりました。
なのに・・・20分もキャッチボールをさせられて、
挙句の果てに帰りはサザビーがバテて歩かない・・・

『ねね、ママ、歩いて欲しいなあ〜』

必死に彼女を促す私。
けれどリードを引っ張ろうが、オヤツを見せようが
何しようが全く動く気配は無し。
まるで電池の切れたオモチャの犬のよう・・・(汗)
仕方なく私はサザビーを抱き上げた。


あ つ ・ ・ ・


抱っこしたら、更に暑い〜!
この時期のワンコの抱っこは本当に暑いよぉ・・・(泣)
まぁ、でもこの暑さで具合が悪くなっても困るし
熱中症も心配だし、しょうがないかあ〜


と こ ろ が ・ ・ ・ ・ ・ ・


ドライブ大好き〜♪車に到着すると突如元気になってこの笑顔。
車内のエアコンの前で途端に元気になるサザビー!
表情も二ッコニコのようでして・・・

どうやら単にキャッチボールで疲れて
帰りは歩きたくなかっただけみたい(汗)



帰 り も ち ゃ ん と 歩 け ぇ 〜 ☆



・・・ったく、どいつもこいつも


な ん だ か な あ ・ ・ ・

  
Posted by sazaby_9966 at 22:41Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月02日

宇宙(そら)に行った犬

ここ数日間、毎日アメリカの探査機スペースシャトル『ディスカバリー』に
搭乗している日本人宇宙飛行士、野口聡一氏の話題が届く。
宇宙の神秘や、彼の船外活動、更に彼にまつわる宇宙への想い等、
日々あまり目にすることの無い宇宙の話題で、地上での私達は未来への壮大な夢を描く。
そして勿論、最終的には安全に任務を果たして、
シャトルの乗組員全員には無事に帰ってきて欲しい・・・
誰しもがそう考えるのだ。

いや・・・
人類のために危険を冒して宇宙で任務を遂行しているわけだから、
それは意識しなくとも当たり前に感じる感情なのだ。
そう感じることが、地上で待つ私達のせめてもの彼等に対する敬意なのでしょう。


そ れ が 人 間 な ら ・ ・ ・


クドリャフカ』の話を聞いた時に、しばらくは落ち込んだりもして・・・
でも、それは私が犬を好きだったからなのかもしれない。
愛するサザビーと重ね合わせてしまうからかもしれない。
だから余計に、せつない気持ちにもなるのでしょう。


先ずはフラッシュを見てください。

  続きを読む
Posted by sazaby_9966 at 09:27Comments(2)TrackBack(0)

2005年08月01日

診察室で

検診の日はすぐにやってくる。
一週間は早いね。
待ち遠しい日は中々やって来ないけれど、嫌な日はすぐにやってくる(苦笑)

ここ数日の猛暑のせいか、病院の待合室もなんだか熱気でムンムンしていました。
私はと言えば缶コーヒーを飲みながら、夏のお出掛けを頭の中で計画していた。
サザビー連れだと、どう考えても行ける場所が限定されてくるから、悩むところ・・・
こうやって元気なうちに、ちょっとでも長く遊んであげたいから、
本当は2人で一緒に行けるなら場所は何処でも良いのだけれど・・・。

診察が終わり、今日も異常はなさそう・・・
ホッとすると同時に病院を出ると、外は暑くて一瞬クラっと来ました。
私は車を停めた駐車場まで歩く気がおこらず、取り合えず近くのデパートに緊急避難(笑)
ベンチに座って医者に止められている煙草を吸っていると、
この暑さと現状のどうしようもない状態に、私は何故か無性に苛々がつのった。

そして煙草を消して立ち上がると・・・

先週末に競馬で勝った30万円を銀行から引き出した私は、
そのお金で手当たり次第、買い物をしまくってしまったのだ!


今思えば、随分入らないものも買ったよなぁ・・・(泣)
私の服を10枚、
サザビーの服を5枚、
お揃いのアクセサリーを1つずつ、
猫のご飯とオモチャ、
更にデジカメ、
更に・・・掃除機(←あるのに・・・泣)
CD10枚、
DVD3枚、
楽譜1冊。

まさに『ええ〜い、買っちまえ〜!』って感じだったのです。
よっぽどストレスが溜まっていたのかもしれません・・・。

  続きを読む
Posted by sazaby_9966 at 23:53Comments(5)TrackBack(0)