2006年04月26日

愛しい君よ・・・

私はサザビーが自分にとって出来すぎたパピヨンだと思うことがあります。
それは手前味噌な話になってしまうけれど、彼女は凄く私に気を使って、
一緒にいても手間をかけさせないようにしてくれるからです。
こんな物臭な私でも安心して犬と生活できるのは
彼女が私の邪魔をしないようにするところがあるからです。
そんな場面に出くわすと・・・

ああ・・・この子って本当に凄いな

って思っちゃうときがあるんですよ。

ホラ、私ってね、Blog内で、サザビーを褒めないでしょ?w

綺麗でしょ』とか、
可愛いでしょ』とか、ね

ようは恥ずかしいし、Blogを読んだ方も
コメントしづらいだろうなって考えちゃうんです・・・(汗)。
だから普段は絶対に褒めないっ!
リアルでも褒めないっ!
褒めるのは2人っきりの時だけなんですよね。

でも・・・
今回はちょこっとだけ・・・
こんな私の自慢話に付き合ってください。


もしサザビーの1番凄いところを上げろ!
って言われたら、間違いなくコレ☆

サザビーには私が話す言葉の殆どの会話が通じちゃうってこと

これ・・・凄く楽なんです(汗)。
自分の犬ながら『ハイパー凄い!』なんて思っちゃう(汗々)
(↑あ〜書いてて恥ずかしいw)

よくBlogで私が彼女に話している描写があるでしょ・・・
あれって実話なんですよ、心の叫びではなくって、本当に2人で話しているんです。
まぁ、彼女は喋りませんが・・・ね(汗)。

でも彼女はわかってくれちゃう・・・
こんな子はサザビーだけだろう〜なんて思っていた私。

そりゃ〜ショーに出ていた頃は、もっと頭のいい子は沢山いました。
けれど、私自身が見ていて、

サザビーより賢いパピはいない

なんて思っていたんです。
とあるパピヨンに出逢うまでは・・・


☆人気blog Ranking☆=13位
Pet Links=1位
今回は急遽、記事内容を変更して御送りしています。
大変、申し訳ありませんが・・・それほど大切なお話です。
御了承くださいませ。

『続きを読む』前に・・・
blog ranking☆クリック


その子は男の子のパピヨン。
両親の愛情を目一杯受けて育った凛とした男の子。
私はその子の写真を見たとき、一瞬で

『ああ・・・これは、ひょっとすると』

ってたじろぐぐらい、オーラを放っていたように感じました。
勿論、外見だけでは私もたじろぎません・・・(汗)。
けれど、その子には独特の雰囲気があったのです。

『サザビーよりも、はるかに頭がいいかも・・・』

そんな風に思ったのが最初でした。
しかし私は、その男の子の近況を知るたびに、
それが現実であるこを次第に知らされることになるのです。

彼はサザビーにできないことが沢山できました。
私が教えることの出来なったことをいとも簡単にこなしていました。
欠点のないワンちゃんはいなけれど、
私にはその子の欠点が見つからなかったのです。

『びっこ・・・
 この子、ハイパー凄いよ(汗)』


私はサザビーにその子の存在を教えました。
彼女は『エヘへ〜♪』と笑うだけでしたが・・・
私が初めて自分以外のパピヨンに驚嘆している姿を見て
内心は面白くなかったに違いありません・・・。

そう・・・
その男の子のパピヨンは、その日から私達のライバルになったのです。


びっこ、彼はコレが出来るんだってよ、やってみよう♪

びっこ、彼はこうして待っているんだってよ、やってみて♪


元来、サザビーは新しい遊び(コマンド)が好きなので
容赦なく私の言われた通りのことをこなしてくれます。

いつか・・・
いつか、彼に対面するその時までに

私達は、頭の何処かにそれを忘れることなく刻んでいたのだと思います。

私はサザビーを褒めまくります。
彼女はそれが嬉しくて、今以上のコマンドを次々覚えてくれます。
この関係が上手く続いた結果、
サザビーの性格は飛躍的に改善されていきました。
それもこれも・・・
私が初めて感嘆した、その男の子を上回るため・・・

そして上回ってこそ、
私達は彼と対等のコミュニケートが取れる☆

そう思っていたのです。
そして、いつか訪れるその日を、私達は心待ちにするようになりました。

私達は僅か半年の間に、彼の前でも
決して恥ずかしくないぐらいに成長した、と自負していたのです。


















それは突然のことでした。

私はつい最近、彼に何かがあったことを直感しました。



そ し て 、 そ の 直 感 は 当 っ て し ま い ま し た



私はサザビーを呼んで、そっと話します。

サザビー、彼が苦しんでる。
ついこの前のあなたのように、苦しんでいる。
私達はどうしたらいいのかな・・・


サザビーはじっと座ったまま、私を見つめて動きませんでした。

私達は彼を目指して、色んな練習をしてきたでしょ・・・
年下の彼だけど、彼には沢山のことを教わってきたよね。
だから、今度は私達が彼を助けてあげなくちゃいけない。


サザビーは視力の弱った瞳に、何かを浮かび上がらせました。

彼は凄かった・・・
いつも私達のお手本で、その両親との深い絆は
何かを超越していたようにも思えました。
初めて私達が、今のままじゃ彼等の足元にも及ばないって思わせてくれた彼・・・



そんな彼が・・・

そんなご両親が今、苦しんでいます。


その辛さが痛いほど判る私は・・・
正直、言葉がみつからない。
なんと言っていいのか、わかりません。

でも・・・これだけは判っています

彼は凄かった・・・
賢くて、気性が良くて、人の気持ちを理解できるパピヨン。
だからこそ・・・
こんな障害でへこたれるワンちゃんではないんです。
サザビーと一緒・・・
いや、サザビーに出来たのだから、彼にもかならずできるはず。
そして私が乗り越えられたのだから、彼のご両親だって絶対に乗り越えられるはず。


だって私達の中では、彼は今もスーパースターなんです


だから、ずっと待ってます。

待って

待って

待って

いつかサザビーが私の言うことも理解できなくなっても、
私達は彼を待ってます・・・。

そして・・・
いつか、絶対にお逢いしましょう。
偶然でも、すれ違ったら・・・
私達は気がつくことでしょう。
それぐらい私達は、彼を見つめて追いかけていたんです。

今がどんなに苦しくて、
どんなに辛くて、どん底だって・・・


私 達 に と っ て 、 

あ な た 達 は 最 高 だ っ た ん で す



夢は、あなた達が帰ってくること。
それは近い将来、かならず実現されることでしょう。


最後にサザビーから、彼へ・・・


い つ か 、 同 じ 芝 生 の 上 に 立 ち ま し ょ う 

そ し て 、 ま た 私 達 を 感 動 さ せ て く だ さ い 

そ の 時 ま で 、 ず っ と 待 っ て る ね


頑張れ・・・愛しい君よ


☆人気blog Ranking☆=13位
Pet Links=1位
今回は急遽、記事内容を変更して御送りしています。
なお、先日のお話の続きは明日更新いたします。
御了承くださいませ。

blog ranking☆クリック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sazaby_9966/50679458
この記事へのコメント
なんとも神妙な・・・
そのパピ君はかなりの緊急事態なのですか?
「私もサザビーも乗り越えた」って・・・
わからないけど心配になります、彼の行方が。

コマンドでコミュニケーションはいいですよね。
人も楽しめて、わんこもうれしいし、賢くなるし、おやつももらえるし(笑)

視力がだいぶ弱くなったようですが、サザビーちゃんもがんばってくださいね!
Posted by chizu at 2006年04月26日 21:46
Aさん、こんばんは
お友達のパピちゃんにトラブルがあったのですね
トラブルと目にした時・・・ゾットしました

二年前にコジが足を手術するような事になってしまった時の事がつい昨日のように頭をよぎりました
其のパピちゃんは大変なトラブルを抱えたしまわれたのでしょうか・・・
本当に心配です

この場をお借りしてお友達のパピちゃんがお元気に成られる事を心よりお祈り致します
Posted by コジママ at 2006年04月26日 21:59
パピヨンくん・・どうしたんだろう・・。
とっても心配です。
AYAさんとサザビーちゃんにとってあこがれの君なんですね・・。
あこがれの君がどうか困難を乗り越えられますように・・。
Posted by miumama at 2006年04月26日 22:30
お友達のパピちゃん、トラブルにあわれたのですね
トラブルと拝見してゾットしました
コジが二年前に足を手術するような事になってしまった時の事がつい昨日のように思い起こされました

この場をお借りしてお友達のパピちゃんのお体が一日も早く回復される事をお祈り致します
Posted by コジママ at 2006年04月26日 22:35
すいません
二つコメントしてしまいました(汗)
お手数ですが一つ削除して頂けますでしょうか
申し訳ありません
このコメントも削除お願い致します
Posted by コジママ at 2006年04月26日 22:38
男の子のパピヨンちゃん、何があったんでしょうか?
心配です。
サザビーちゃんとAさんの絆は、すごいと思いますよ。
サザビーちゃんが、すごく賢いワンちゃんだというのは、ブログを見ていると、ちゃんと伝わってきます。
たまに、ブログでサザビーちゃんの凄さをAさんが書いても、ちっとも嫌みにはなりません。
Posted by プラム at 2006年04月26日 22:57
Aさんご無沙汰してました*^^*
お知り合いのパピヨン君はお体悪いと感じました。
Aさんの記事を読んでいると、よほど酷いのでしょうか?
そのパピヨン君が元気になる事祈っています!

我家のパピ達も、私の発する『言葉』はほとんど理解していますよ*^^*
パピ達に一人でいる時に、お話したりしてるせいなのかしら(笑)パピ達も私に話しかけてくる何かがわかりますよ(笑)『言葉』が通じるのはお互いの『心』が通じ合っているからだと、な〜んて♪私は思います*^^*
Posted by chie at 2006年04月26日 23:08
かなりはげしく遅ればせながら。。。(汗)
100000Hitおめでとうございます!!
これからもAさんとサザビーちゃんとララちゃんの
素敵な毎日を楽しみにしています♪

この記事をみて今ドキドキしています。
もしかして私も知ってる男の子のパピちゃんでしょうか。。。
そうであってもなくても、このパピちゃんがどうか
無事よくなってくれますよに。。。
Posted by jomi at 2006年04月27日 00:04
ビッコちゃんのお友達に何かあったの?
とても心配ですね・・・
ビッコちゃん共々元気になって一緒に芝生で遊べると良いです。
Posted by momoya at 2006年04月27日 07:27
愛しい方(サザビーちゃん)の愛しい君(パピくん)はワタシにとっても愛しい君ですよ、さざびーちゃん。
お祈りしましょう。いっしょにね。神様は距離なんて関係なく祈りを受け取ってくださるからね。
Posted by けいこ at 2006年04月27日 13:52
愛しいパピヨン君は大変な試練の中なのですね。
それが何かは分からないけど負けないで欲しいです!
同じパピヨンの親として・・・
Posted by はりねずみ☆ at 2006年04月27日 16:56
えーと、素敵な彼、頑張ってください。
書くコメントがうまく見つかりませんでしたが、
AYAさんの気持ちはなんとなく分かりました。
私の願いも少しでも力になればと思います。
Posted by ごり at 2006年04月27日 21:04