2005年04月11日

アインシュタインから日本人へのメッセージ

先日のメッセージは日本人の平和ボケを非難した形となりましたが、

僕自身、書いててすごい嫌です。あんなこと。


でも、今の日本の状況は極限まで来てるんです。

東京で何十万という人が死ぬんです。


日本大好きな俺は、どうしてもそれが我慢ならないから

思いっきり非難めいた文章を書いた次第です。


日本は素晴らしい国ですよ。

まだ潰しちゃだめです。みんなでしっかり守っていきましょう!


以下の文章は不世出の天才、アインシュタインが大正11年に

日本に滞在したときに残していった言葉です。



アインシュタイン



「世界は進むだけ進んでその間、幾度も闘争が繰り返され、最後に闘争に疲れるときが来るだろう。

その時、世界の人類は必ず真の平和を求めて、世界の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。

その世界の盟主は武力や金力でなく、あらゆる国の歴史を超越した最も古く、且つ、尊い家柄でなければならぬ。

世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰り、それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならぬ。

我等は神に感謝する。天が我等人類に日本という国を造っておいてくれたことを」



留学した当初、この文章読んだとき、感動で震えが来ました







とりあえず、年収100万円ほど上げません?



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sazan1216/18603561
この記事へのトラックバック
アインシュタインの予言(あるいは、「世界の盟主」)       近代日本の発展...
アインシュタインの予言【Let's blow!毒吐き@てっく】at 2005年11月28日 02:14
この記事へのコメント
なんつーか前の記事についてなんだけど、
自衛隊は備蓄だけでも1ヶ月もつし
戦争がもしはじまればそれだけ輸入増やすだろうから1年はもつと
軍事評論家らはもうしておりますが、そもそもその情報はどこから
得たものなんですかねぇ?それこそTVなどをみて出てた情報そのまま書き綴っただけじゃないんですか?
Posted by a at 2005年04月11日 14:58
なるほど 貴重な情報ありがとうございます

僕の情報は本、ネット、軍事評論家の記事を統合して書きました。


備蓄といっても、食料、弾丸、石油といろいろあります。
そのどれか一つでも欠けたら戦争終了ですよね?
日本の自衛隊は10日程度で、そのうちの一つが底をつくとありました。


もちろん、戦争の規模などで日数なども変わると思います。
一ヶ月持つ可能性も全く否定できないです。


ただ、戦争が始まったら輸入を増やすとありますが、
その輸入は確実に確保できますか?

補給路を断つのは、戦争では常套手段です。
特に、アメリカ、中国などと戦争になった場合
船での補給というのは、ほぼ不可能な状況になります。

そうして、日本の備蓄だけで戦わなければいけない場合、
一ヶ月程度で底をついてしまうわけですよね?


日本の戦争維持能力、むちゃくちゃ低くないですか?
Posted by 龍 at 2005年04月11日 15:48
うーん考えさせられますね!!最近中国でも日本への

風当たり強いし!!

いつでも海外に行けるように最近英会話始めました!!
Posted by 山田優のうんこ食べたい(株) at 2005年04月12日 21:06
みなさん色々考えてらっしゃるようで…私はまだまだ未熟者みたいです。

龍さん。私は日本嫌いじゃないけど、やっぱり嫌になること、色々あります。アメリカ好きだけど、全てが好きなわけではないし…。
日本人は中国や韓国を異様に感じることが多いみたいだけど、反対に彼らからしたら日本が異様なんでしょうね。お互いに都合のいいことしか言わないだろうし。昔日本が韓国人を強制的にトラックで日本に…って話も実は嘘だとか言われてましたし。実際の様子をこの目で見たわけでもないのでなんとも言えませんが。
Posted by Andrya at 2005年04月12日 21:17
To Andrya,

たぶん大事なポイントは未来を見るってことじゃないかな

過去ばっかり見て、お互いの悪いところを指摘しあっても、前に進めないし
今後、どういう関係を築いて、お互い発展するか?

その点を議論していくほうが、よっぽど建設的だと思う

まぁ、中国は国民を洗脳して、日本を憎むようにしないと、
国が持たないってのもあるけどね・・・
Posted by at 2005年04月16日 00:07
…おおっ!博士の肖像、携帯の待ち受けにさせてもらいますた。
ところで、博士のその言葉、出典はどこなんでさょう?
よく見掛けるけど、どこで言った言葉なのか判らないんですよね。
Posted by ぬこぽ at 2005年05月23日 13:27
拝啓:

http://blog.livedoor.jp/sazan1216/archives/18603561.html

アインシュタインの予言は全くのデマである事を御存知でしょうか?

http://www.yorozubp.com/0502/050228.htm
http://www.yorozubp.com/0506/050626.htm

日本を真に愛するものとして、恥ずかしく思います。

敬具: 高田 Bebson






Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月04日 14:47
《アインシュタインの偽予言》

永島中 様

> どういう経路からか、あの「アメリカ留学奮戦[奮闘]記」に、
> 引き込まれ、夢中で読んでいました。
>
> 最後のあなたのコメントに、正直言ってムッとしました。
> 簡潔で短い文章の中に、怒りのようなものを感じたからです。
>
> 目が覚める思いです。アインシュタインもそうですが、
> 「萬晩報」という素晴らしいHPを紹介してくださり、
> 心から感謝しています。
>
> どうしても、このことをお伝えしたくて、
> メールを書かせていただきました。
> ありがとうございました。 永島

有難う御座います。私が如何して?アインシュタインの予言を疑う様
になったかを書いた手紙を転送して置きます。参考にして下さい。

続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:36
--------------------------------------------------------------
大久保 直政 様
http://genkiup.net/son/son194.htm
> 高田様
> ありがとうございます。
> ご指摘に感謝申し上げます。
> 紹介いただきました中沢先生の内容を学ばせていただきます。
> 世界の盟主のお話を頂いた白峰由鵬先生にもお伝えしておきます。
> 大久保

お返事有難う御座います。インターネットで最初にアインシュタイン
の予言に出会ったのは増田俊男先生のホーム・ページでした。
続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:40
これは
素晴らしい内容なので、ヨーロッパの僕の友人達に書いて送ろうと思
ったのですが、僕が翻訳するよりも、原文そのものを送った方が良い
と考えて、増田俊男先生に英語か、独逸語か、又はアインシュタイン
の学生時代の家庭教師のMax Talmeyから習った可能性のあるユダヤ語
かどれか原文があればお送り頂けますかとメールを差し上げたのです。
増田俊男先生は欧米で講演されてその人脈も大変お広いと書かれてい
たからです。すると代わりに事務局の方から妙に訳の分らない弁明の
お手紙を頂戴したのです。そこでこれは怪しいと思い他に色々資料を
探したのですが、欧米の資料には全く適合するモノが見つかりません
でした。
続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:41
ところが最近東京大学の中澤英雄先生の文章にやっと出会い
まして、とうとう資料が見つかりましたと増田俊男先生にお手紙を出
したのですが、やはり完全な黙殺でした。しかし増田先生の影響力も
大きなモノがありますので、日本の為に放って置く訳にもいかず、私
なりに騙されている人達を探し出して、本当の所をお伝えしなければ
今後、日本の国益に害があると考えましてインターネットでコツコツ
と探し出して警告の手紙を出している所なのです。
続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:43
ところがオームと
全く同じでして、99%の方々が無視、1%の方からお怒りのお返事
を頂きまして、改めて日本人の国際性の無さに唖然とした所だったの
です。ですから感謝のお手紙を頂いたのは大久保様たったお一人です。
私のやっている事も少しは日本人の為に役立っているのでしょうか?

敬具: 高田 Bebson

続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:44
--------------------------------------------------------------
山口大輝 様
http://www.shuwary.com/blog/archives/000075.shtml

拝啓:

> 対等な対応はいたしかねます。

可也、御不快に思われた様なので、最後に御説明をして、
この素敵で、お洒落なブログを立ち去りたいと思います。

もし山口様の仲間のパティシエが、お客様には体にとっ
ては多少とも毒だが、安くて儲かる材料を使って平気で
ケーキを作って売っていたら、貴方なら如何されますか?

続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:49
沢山の(分からず屋の)外国の人達に日本の立場を色々な
材料や色々な国の言葉を使って説明しております。私に
とって今回のアインシュタインの予言は毒入りの材料な
のです。決してお客様にお出ししてはイケナイ物なので
す。ですから、場違いとは思いましたが毒入りですよと
思わず警告してしまった次第です。お騒がせしてすみま
せんでした。山口様の今後の大!御活躍をお祈りします。

敬具: 高田 Bebson
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 20:50
--------------------------------------------------------------
Dear Mr. Casinos: Noble Poker:
http://www.kandamasanori.net/archives/2004/12/post_7.html

Schnook - They say ... once Albert Einstein visited Japan and
- lectured that in the 21st century Japan would be
- the blessed Eretz of God for the rest of the world!


Rabbi Moyshe - Ayyayyay! Oy Vey! Oy Vey!
- I thought he was a genuine Jew. Efsher ...
- That Albert E. could have been a Jewpanese!


Dimmi con chi vai e ti diro` chi sei.

Lei capisce? ... Bebson Y. TAKATA

Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月08日 22:30
転送;《日本を誇る資格》

桑野 洋之 様

拝啓:

> 知りませんでした。
> ご指摘ありがとうございます。
> 貴方の行動力には敬服を覚えます。
> 桑野 洋之

お返事有難う御座います。
私の手紙に対して、99%の方々が無視、1%の方からお怒りのお返事
を頂きました。皆さん感激を持って信じていた事を簡単に否定されるの
はとても嫌悪でしょう。しかし乍ら幾ら感激しても嘘を信じ続けるのは
オウムと何ら変わりありません。続く...
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月12日 05:18
日本の本当に優れた点を人に言われる
のではなく、自分で苦労しながら探して見つけ出した者だけが、本当に
日本を誇る資格があるのです。お手軽な誇りには意味が無いでしょう?

私が完全に無視されながら、手紙を出し続けるのは、今のママではこの
世界に恥ずかしい嘘がどんどん拡散してしまいます! 私の手紙を受け取
った人達は自分のナイーブさを認めるのは嫌でも、良心の呵責で少なく
とも他の人達に伝えて行くのは止めてしまいます。ですから私は伝染病
防疫官の働きをさせて頂いております。これも日本の将来の為なのです。
そうは言っても、この嘘がどの位?日本にとってダメージになるのかは
残念ながら、多分、皆様方には到底想像が付かない事と思われますね。

敬具: 高田 Bebson
Posted by Bebson Y. TAKATA at 2005年07月12日 05:19