2005年12月

2005年12月22日

ナビゲーターさんたち in Hawaii

d31a0690.jpg先月あたりから、マウ・ピアイルクじいさんと、その息子セサリオは、数名の子分をひきつれ
ハワイへ行っているようです。ハワイの方々から頂くカヌーの仕上げのお手伝いだとか。噂では、ハワイ島のカワイハエ港で作業にいそしんでいるとのことだったのですが、先日電話したところ、マウとセサリオは、ホノルルの友人宅でのんきに酔っぱらっておりました。カヌーに使う何かの材料が足りなくて、作業が止まっている、だそうです。冗談めかして言っていたので真偽のほどはわかりませんが、お金も足りない、ともおっしゃってました。
本当は来年1月にはカヌーは完成してミクロネシアへと帆をあげる予定だったのですが、3月まではハワイに居ると言い張っていたので、きっとそうなんでしょう。セサリオは、クリスマスに向けて一度ヤップに戻り、年が明けたらまたハワイに戻るそうです。マウもホノルル暮らしを楽しんでおられるようでした。しかし、離島からら連れてこられた子分たちは、ハワイ島に置き去りにされたまま。おっかない上の人たちが居なくなり、のびのびしていればいいけれど、ハワイ島という広大な先進国(?)の一角で縮こまっているような気もして、人ごとながら気がかりです。
 で、私は、来年の1月の末ぐらいをめどに、彼らに会いにハワイに行ってみる予定です。その頃にはきっとハワイ島の港でちゃんとカヌー作りを進行している、と思いたいですが、さて。


sazayo at 04:04|PermalinkComments(10)TrackBack(2)clip!カヌー