2007年08月

2007年08月11日

子供のカヌー遊び

73e9ed6c.jpg今回は、たくさんの子供たちが手作りのミニチュアカヌーを海に浮かべていました。
ほとんどが10歳以下の子供なのですが、こうして海に向かっている少年は、ちょっとだけたくましくみえたものでございます。

サタワル到着

c1b718d3.jpgピゲノで5時間ほど過ごし、船で一泊、そして翌朝ようやくサタワルに上陸できた次第でございます。
1年ぶりのサタワルは、なんだか不思議な感じがしました。まず、到着すると、知った顔がどっさりいて、何かと声をかけてくれ、花輪をもらい、荷物のチェック&運搬もしてくれました。昨年、ひとりぼっちで荷物を持ち上げぎっくり腰になり、水中で立ち往生していたときとは大違いです。
 人口が最も多い村で挨拶を交わし、昨年私の娘的存在となったお嬢ちゃんとその両親の家に連れて行かれて一服。ココナツなぞをいただき「レマノン(マウの村)は今外人がいっぱいで混んでるから家に泊まりなさいよ」とお誘いいただいたり。結局、レマノンからお迎えが来て、レマノンへと参りました。
 レマノンには予告通り、ハワイからのドキュメンタリー撮影隊総勢7人が滞在なさっておりました。そのうち6名の男性は、マウのお隣のフィティ酋長の家を丸ごと借りておられましたが、マウの家には、元女優のプロデューサー、エリザベス様がエアマット付きベッド持参で滞在なさっておられました。写真は、マウの「スターコンパス解説」の撮影風景でございます。


ピゲノのヤシガニ

f13d0592.jpgサタワルの兄さんたちと、ピゲノの森の中を散々歩きまわって探し当てたヤシガニは、なぜかこんなきれいなブルーでした。当然この方も丸焼きにされて人々の腹の中へ。それにしても、やはりサタワル兄さんたちの目はすごいです。私はいくら捜索してもひとつも発見できませんでした。そういえば、アワビも水中での見え方がわかるまでは見つけられなかったけれど、これもそういう目の慣れ、みたいなものが必要なのでしょうか。

ピゲノの食料クルカーク

6c86ce34.jpg7c5b2540.jpg写真はクルカーク、たぶん黒アジサシだと思われます。これはナビゲーションでよく使われる鳥だと聞きますが、ピゲノの場合、食料です。ここには山ほど生息しており、その上とても簡単に捕れます。ふつうに手を伸ばしてつかめば、誰でも捕れます。呆れるほど簡単です。で、捕ったものは首をひねって殺戮し、毛をむしって丸焼きにします。私も何か働こうと思い、お兄さんがシメた鳥の毛をむしろうと申し出ました。兄さんに渡されたクルカークは、当然ながらまだ温かく、生きてるみたいだなあ、と思いながら、おそるおそる毛を引っ張ってみました。すると、にょろ。鳥が動いたのです! きゃあ! 思わず声をあげ、隣の兄さんに、動いたよ! まだ生きてる! と主張しましたが、兄さんは相当笑いながらクルカークを取り上げ、死んでるってば、と毛をどんどんむしってみせました。確かに死んでいました。情けない思い出でございます。

ピゲノの小屋

e671313a.jpgこれは、上陸するビーチにある小屋です。ここで寝泊まりするそうです。ほかに、井戸なんかもあります。
なので、一見すると無人島風ではありませぬ。

ピゲノの教会

9e210278.jpgピゲノは無人島ですが、離島の人々が頻繁にカメ漁のために訪れ、何日か滞在するため、いくつかの施設(?)があります。写真はこう見えても教会です。ここで嵐に遭遇したときなどは、かなり祈ったという話を聞きました。

ピーク&ピゲノ

5d8aff9a.jpg私を乗せた船、マイクロスピリッツはようやくサタワルに到着したのですが、波が高くて小舟がリーフを通れない状態。つまり乗客が上陸できないので、船は別の場所へと走り出しました。ぼんやりしていると、とある島に到着。ここはどこ? とその辺の人に尋ねると、答えはピーク。私は大層驚きました。
ピークは現地語で、英語ではピケロット。サタワル、プルワトあたりの人々がウミガメ穫りによく行く無人島です。話だけは山ほど聞いていたのですが、実際はカヌーに乗らないと行けないので、事実上ピークへ行くのは諦めていました。が、こんな状況でなぜか知らぬ間にピークへ来ていた次第です。
しかし、ここもリーフがとても入りにくいところで、波が高く、ボートでの上陸は断念されました。
我が船はピークの前で一泊。翌朝出航致しました。で、いよいよサタワルかと思いきや、またまた別の島へ。で、ここはどこかと尋ねたら、今度はピゲノ! 英語ではウエストファユと呼ばれる島でした。ここもピーク同様、亀の島として山ほど話を聞いていた島です。そしてこちらはラグーンが広がっていて、余裕で上陸できたのでございます。
 写真はピゲノのビーチです。