2007年07月03日

船のサタワル軍団

7aeb90fe.jpg船旅全般を面倒見てくれたのは、他ならぬサタワルの方々でした。
船に乗り込む前、ヤップでの買い出しや港への送り出しをやってくれたのはマウの娘の一人でしたし、港では、マウの孫の一人、ジェリーが荷物を積み入れ、陣地を作ってくれました。私は貴重品を運ぶだけ。らくちんです。彼らは顔見知りでしたが、同じデッキにはお初のサタワル軍団がおられました。でも、私が2年連続でサタワルへ行こうとしていることは噂で聞いておられ、ココナツや食料を常に供給してくれました。っていうか、サタワルにつくまで、ずっとご一緒させて頂きました。
そのお返しではありませんが、私は昨年のサタワルの写真を皆様にご披露しました。これは噂を呼んで、舟中のいろんな人が写真を見に集まってきました。驚いた事に、他の島の人でさえ、写真に写るサタワルの人の顔と名前をみんな知っていました。この辺りの離島は、みんな親戚みたいなもののようです。

 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かとう   2007年07月03日 14:48
サタワリーズにしてはスリム?
2. Posted by sazayo   2007年07月03日 15:36
若いうちは細い人も多いのであります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔