2006年06月05日

こんな棋士を応援したい。

 さて、本日は、前回の続きを少しほど。

 私にはついつい「バックアップしたくなる棋士のタイプ」というものがあります。

 それは、自分の行動や言動の中に、いつも「ファンに対する意識」が入っている棋士です。

 「ファンを常にイメージしながら行動している棋士」と言ってよいかもしれません。

 話は少し飛びますが、以前あるTV番組で、ヤンキースの松井選手に次のような質問がなされました。

司会者;「松井さんはシーズン中、試合終了後には必ずインタビューに応えられていますが、正直、今日はインタビューを受けたくないな。という時があるのでは?」

松井選手;「ありませんよ。カメラの向こう側には、はるか日本で大勢のファンが自分を応援してくれている。それを考えれば、今日はインタビューは受けたくない。という気持ちにはとてもなれません。」

 この言葉を聞いたとき、正直私は感動しました。

 これこそプロだと。

 「ファンあってこそのプロ」という言葉がありますが、これを真に理解しているか否かは「行動」を見ればわかります。

 例えば、ブログ。

 ブログの向こうにファンがいることを意識して書かれた棋士のブログは、やはり読んでいて非常に気持ちが良いものです。

 この点、若手の中では、渡辺竜王上野四段大平四段遠山四段の各ブログには、「読み手のファンをイメージしながら書かれている」のが伝わってきます。

 最近、友人や大学院の同期等に「なんでそこまで将棋にこだわるの?」と聞かれることがあります。

 そんな時は大抵こう答えるようにしています。

 「応援したくなる人間がいるからだよ。」と。

 ファンを常にイメージして行動できる棋士。

 それが私の応援したくなる棋士です。

★将棋ビジネス普及のためご協力をお願いします★
人気ブログランキングへ ←【将棋ビジネス】の言葉を普及させるため「1クリック」のご協力をお願いします。

Posted by sbc2005com at 00:01│Comments(9)
この記事へのコメント
ご無沙汰をしております。パワーアップされて戻ってこられたようで、以前にも増して鋭い指摘をしていただいて感謝をしております。
現在は、体に爆弾を抱えているような状況で、1つのことで、全てが崩壊してしまうことが考えられるので、今ひとつ力の入らない日々を送っています。ただ、少しは賢くなりました。今後もご教授お願いします。
Posted by 大平 at 2006年06月05日 00:50
>ブログの向こうにファンがいることを意識して書かれた棋士のブログは、やはり読んでいて非常に気持ちが良いものです。

同王です^^

それにしても、ブログやHPを持っている棋士が増えましたね。
微妙に、ファンとの距離感を感じている棋士が、多くなったと言う事でしょう。

主催者さん。
書かれた4名の方以外にも、女流棋士の方や、囲碁棋士の方も書かれていますが、それぞれに、カラーが出ていて、面白いですから、読み比べられて、それぞれへの主催者さんなりの感想もお聞きしてみたいですし、今後の考察にも生かされると思いますよ。
Posted by わかばマーク at 2006年06月05日 15:29
将棋世界についてですが、将棋クラブ24で一応五段あるので、高段者一人の意見として聞いてください。
正直、今回のリニューアルは残念でした。対局日誌、タカミチの実戦コーナーの廃止・・・対局日誌は棋士のドラマや控え室の様子、タカミチの実戦コーナーは、気になっている戦法や局面をチェックするのにコンパクトにまとまっていてとても好きでした。
私が楽しんで読む記事はタイトル戦と勝又先生の講座だけになりそうです。伊緒の振り飛車講座がどれぐらいのレベルかわからないので何ともいえないところですが・・・正直、勝又先生の講座が終わったら買うのは辞めるつもりです。
将棋世界=初心者〜初段まで。 近代将棋=初段から高段者まで。になりそうですかね?
Posted by いつまでも at 2006年06月05日 21:17
渡辺明の記事を忘れてました・・・あれが終わるのも残念です。初心者から高段者まで楽しめる様な気もするんですけど・・・まぁ、ネタがなくなったと言う事でしょうか?
Posted by いつまでも at 2006年06月05日 21:27
【大平さん コメント有難うございます。】
>ただ、少しは賢くなりました。今後もご教授お願いします。

ブログを拝見するとなかなかの読書量のご様子。私もうかうかしていられませんね。

私のほうこそ、今後とも宜しくお願い致します。
Posted by 主催者 at 2006年06月05日 23:33
【わかばマークさん コメント有難うございます。】
>書かれた4名の方以外にも、女流棋士の方や、囲碁棋士の方も書かれていますが、それぞれに、カラーが出ていて、面白いですから、読み比べられて、それぞれへの主催者さんなりの感想もお聞きしてみたいですし、今後の考察にも生かされると思いますよ。

ご紹介有難うございます。

なかなか時間がとれなくて主要ブログ以外にまでは手が出せない状況です。が、確かにおもしろそうなブログも増えていますので、時間を見つけて読んでみますね。

「感想」の件、了解しました。
Posted by 主催者 at 2006年06月05日 23:37
【いつまでもさん コメント有難うございます。】
「将棋世界」の誌面変更の動きを見ていますと、「今度からはここをターゲットにするからこう変更する」というよりも、むしろ「とりあえず、中身をどんどんリニューアルする」という意図のようにも感じられます。

つまり、将棋世界は「刷新」され「生まれ変わった」というイメージを強く前面に出したい。という意図です。

この刷新の動きを既存のヘビーユーザー(読者)がどう受け止めるかについては、ウォッチしていこうと考えています。
Posted by 主催者 at 2006年06月06日 00:02
先週放映されたスカパー320chの「将棋まるごと90分」に
上野裕和四段が出演したとき、このサイトで褒められたことを
トーク冒頭Q&Aの「最近うれしかったこと」で上げていました。

Posted by (´・(ェ)・`) at 2006年06月11日 13:58
【 (´・(ェ)・`)さん 情報有難うございます。】
>先週放映されたスカパー320chの「将棋まるごと90分」に上野裕和四段が出演したとき、このサイトで褒められたことをトーク冒頭Q&Aの「最近うれしかったこと」で上げていました。

大変恐縮です。
Posted by 主催者 at 2006年06月12日 21:03