442569339_1168453807518483_5697869227566903915_n
MY24年のBharain Victorious Team のレプリカカラーご注文を頂きました!!

・・・今までの赤・黒から真逆の白・青・金に!!
scultura_team_L.jpg (2100×1210) -  2024_05_27 16_28_53
今回ご成約をいただきましたお客様は、かねてからTEAMグレードのフレームに憧れておられ、一時期は昨年カラーのTEAMフレームを狙っておられたのですが残念なことに、ご縁がなく諦めていたところ当店に今年のカラーがあり、ご相談にご相談を重ね納得のいく形で組み立てをさせていただける運びとなりました!!

では、各部を見ていきましょう!!
メリダ -MERIDA- _ SCULTURA V - Google Chrome 2024_06_05 22_07_00
オールラウンドバイクのSCULTURA(スクルトゥーラ)は軽量クライミングバイクの軽やかさと、REACTOで得られた空力性能(エアロ)を高次元で両立し、プラスαとして快適性までも付随してくる!!
441889402_1510253439556059_6516671985604750573_n

チームレプリカ完成車としては早期の段階から28Cタイヤをアセンブルするなど、現行のモデルがデビューした時(言っても2年前だけど...)まだ賛否両論だった部分もしっかりと採用するなど、しっかりといいものは取り入れていくスタイルはMERIDAらしさを感じます。
442450402_1193299742088966_7123605930029730852_n
最も注目すべきはMERDIA オリジナルの TEAM SL 1pc handlebar
SCULTURAの第五世代モデルと同時に発表されたハンドルは、コンポーネントの制限こそあるものの、軽量でしっかり芯を感じる握り心地と、快適性を搭載。

Visionと同じようにドロップ中間からエンドまでは少し横に広がる構造をしていて、ブラケットポジションではエアロに、下ハンドルでは安定感と抱え込みやすさを両立。

そしてある一定の条件というのは”無線電動コンポーネント専用"ということ...
441298749_1006601751029460_3474749154073815130_n
実はこのハンドルブレーキホースしか通らないようにあえて設計されています。
ハンドルなどの加力がされやすく自転車そのものの操舵に関わる分にケーブが2本通るような大型のホールを作ると補強や、内側の加工処理など重くなる要因や、加工の難しさが出てきたりします。
442676327_1659118688249831_2297283649210104088_n
このハンドルではブレーキホースのみを通すこと前提として、フレーム側の挿入口(ステム下)~ハンドルショルダー出口までカーボンケプラーのライナー管が備え付けられていて、ケーブルが通しやすく音鳴りもしにくくなっています!
441244501_2154354521608704_8882873736579529262_n
性能を割り切っているからこその軽さ!!
お客様のインストール品は国内展開最大の幅420mm、ステム長110mmで356g(カーボントップキャップ、ボルト含む)です!

そんなお客様が選ばれたコンポーネントは日本が誇るShimano
レーシンググレードの入門とよばれる”105”のDi2グレード!!
ULTEGRA _ SHIMANO BIKE(自転車部品)-日本 - 5
このグレードが流通し始めた時こそ"レーシングコンポ―ネントの入門"なんて言われていましたが、時が経ち今では”入門電動変速コンポーネント”なんていわれるようにも...

非常にざっくばらんに言えば、とりあえず選択肢に困ったら"105Di2"入れておけば、今後はどうにでもできる!!
といった具合に、Di2にするだけでできることが拡張されます!!
そのお話はまた別の機会に...

そして、実際に組付けた車体を見てみると...
445951396_1168867204138658_8610844013655917088_n

しっかりとまとまりのある仕上がりに...
しみじみ思うのが、105もトップハイエンドのフレームに似合うまで来たんだなぁと

Di2の利点としては以下の通り
・物理的なワイヤートラブルがほぼない(断線)
・一度セッティングを決めてしまえば、狂いがほとんどない。
・電気制御だから、手元のスイッチを押すだけで済む。(疲労軽減)
・シフトワイヤーがない為、見た目(主にハンドル周り)がすっきり。

一度味わうと、もう戻れないDi2のシフト操作の簡単さ...
しかも油圧Discブレーキのブレーキタッチの良さと言ったらもう鬼に金棒ですよ(笑)

そして、ホイールはRovalのカーボンディープリムホイールRapide CL2をインストール!!
441289604_7719227318173212_494156197986181345_n
フロント51mm、リア60mmの異ハイト仕様で空力と軽さを両立!
まさにフレームコンセプトと同じ!!

フロントのリムボリュームと言ったら圧巻です!

この幅!!エゲツナイ...
ハブには大手のDT SWISSの350を採用していて、リアのラチェットは有名なスターラチェットLNを採用!!

シートはPrologo Dimention Tiroxレール使用をチョイス!!
445387434_470463178705947_7194985824266419317_n
スタッフ古川も愛用する信頼性の高いショートノーズサドル!
ステンレス合金であるTiroxは軽量で丈夫
ステンレス合金レールを備えるサドルの中では軽量な"204
g”を実現、どこぞのカーボンレールサドルよりも軽いという..

94982280_3008399815886327_3291596990726537216_n
またNACKレールというカーボンレールモデルでは”168g”カーボンレールサドル界では(オールカーボンサドルを除く)最軽量級です!!
またモデルによっては"CPC”と呼ばれる技術が使われている物もあり、座面でのお尻のずれを抑制してくれるような仕様のものも販売されています!!
441155005_3670157956533444_4364752482606444366_n
(上写真:古川車体に取り付けられているCPCサドル)

最後に各部のお写真を...
441246213_1004010954668049_4120650386959077146_n
442445522_993344405716541_1721678005439309458_n
441375281_1756768554853973_8070935328773541412_n
436464991_1596721240869443_4902408516774523001_n
442008146_1401837613864612_6736359252117067453_n
447753187_1525004024715377_9067081798439431476_n

如何だったでしょうか?
今回は、フレームセットからの組立ということもあり、完成車ではないアッセンブルに自分の好みを載せていく形でした!!

当店では今後SCULTURA TEAMフレームセット/48サイズが8月頃を目途に1本入荷予定です!!

そして!!
6月中頃には、あざみ野店オリジナルのお買得完成車が誕生するかも!?
続報をこうご期待!!

SBC横浜あざみ野店
古川

SBC 横浜あざみ野店

住所 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2丁目28-10エステービル1階
電話番号 045-532-8010
MAIL:   sbc.azamino@gmail.com
営業時間 平日11:00~19:00 / 土日祝日10:00~19:00
定休日 火曜日 水曜日
※最寄り駅の東急田園都市線あざみ野駅から徒歩6分
sbc facebook
Nepest取扱い開始
MERIDA6000特価案内

norikae_new



VERTEX-WEB

SDU-web

 名称未設定-41