2008年03月09日

日報

3月6〜7日とマスターは自治体消防60周年記念式典出席のため東京へ出かけて居ったが、その間I先生がスケイルの店番をして居った。6日はマスターの娘が居たので問題はなかったのじゃが、7日は娘がパートの仕事のためメニューをこなせる者が誰もいなかった。それでもせっかく来てくれた客に事情を話すためにI先生が一日留守番をして居ったわけじゃが、以下はI先生の日報じゃ。
。隠瓜10分 カレーの出前注文有り(20食)  残念ながらお断りしました。
■隠音50分 朝日新聞集金に来店  出直しをお願いしました。
13時12分 黒豚脱走。13時30分脱走終了(担当内蔵助)
ぃ隠鎧45分 お客様 美女二人。
ィ隠柑10分 イグアナのウンコの掃除と水の入れ替え。(Kさん)
Γ隠柑40分 黒豚再脱走。14時45分脱走終了(担当I)
В隠柑50分〜15時30分(40分間)Kさんトイレ休憩、どうやら昼の寿司らしい  音で分かる
┌隠技10分 N総代よりTEL有り。丁寧にご説明申し上げると、明日、TELをしてから伺うとのこと(明るい感じに受け取れたので心配無用)
西村T君がMちゃん(マスターの孫)にことづけ物を持ってきた。カウンターに置く。
15時50分 郵便物受け取り サインする。
16時引き継ぎ完了。
総評
黒豚が逃げた時は内蔵助は泥酔にもめげず、捕まえた功績は大であるがNは終日役には立たなかった。
Kさんは80点ぐらいで、カレー20個の客を逃がしたのが減点。
Iは絵で疲れてよく寝ていた。
カメレオン看板左の写真がI先生が留守番をしながら書いてくれたカメレオンの絵じゃ。1週間くらいかかったようじゃが昨日看板に取り付けて完成した。結局7日は内蔵助達と寿司を食って酒盛りをして売り上げの方は0じゃった。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 19:19Comments(2)TrackBack(0)お笑い 

2008年02月06日

水曜会会員資格

マスターの射撃の同好会が「水曜会」という会名であったが、今年から「ルーキーガンクラブ」に変わったようじゃ。ジジイばかりのメンバーなのでオールドルーキーにでもすれば良いのにと思うのじゃが、まあそれはさておき、水曜日(定休日)にスケイルの常連で昼飯を食べに行って居るが、これが自然な成り行きで「水曜会」という会名になった。毎週水曜日に安くて旨い店を探して昼飯を食べに行くというそれだけのものじゃが、一応会員資格を決めておこうと言うことになって、10箇条を制定した。下記がその内容じゃから、読者諸氏で入会希望者があれば、内容をよく読んでマスターまで申し込んでくれ。
水曜会会員資格10箇条
1,絶対に冗談を言ってはならない。
2,絶対にウソをついてはいけない。
3,人の話はよく聴き、話に割り込まない。
4,支払いは割り勘とする。
5,食事代は値切らず、変な注文はしない。
6,絶対に屁をこいてはならない。
7,ガラガラ声で話してはならない。
8,人に酒を注ぎ回ってはならない。
9、大きな笑い声をたててはならない。
10,各々好き放題の話をしてはならない。
上記10箇条を守らない者のみが会員としての資格を有する者とする。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 19:19Comments(3)TrackBack(0)お笑い 

2007年12月24日

祝賀会

小説現代のショートショートコンテストにマスターが予選通過しただけでI先生が祝電を打ってきて、今朝のスケイルは常連達が祝賀会を開こうと大騒ぎじゃった。会費は5千円か1万円かに始まり、お祝いは10万か100万かと出す気もない大きな事を言い、呼ぶ人数は150人くらいにするか、もっと多くするかで、会場はホテルか赤とんぼ荘ではどうかと言って居る内に、少人数でこぢんまりとした方がよいとか、「それなら会場は「さつき」がええで」と急にホルモン屋になってしまい、「やっぱり金がかかるからスケイルでええで」と言っておることが支離滅裂じゃ。要はマスターのことなどどうでもよくて、自分たちの呑むことばかりワイワイガヤガヤと賑やかにやって居った。結局昼過ぎまでコーヒー1杯で粘って、何も決めずにそれぞれが勝手に帰ってしまった。皆が居る間は賑やかなので結構忙しいような感じじゃったが、帰ってしまうとやはり閑古鳥が啼いておった。まんざらでもない顔をして聞いて居ったマスターも誰もいなくなるどっと疲れが出てしまったようじゃ。
本日はこれにて。     


  
Posted by scale_masuta46 at 21:15Comments(0)TrackBack(0)お笑い 

2007年11月03日

痔、眠大連立

昨日の党首会談で痔民党の腹田首相が眠酒党の汚沢党首に連立を持ちかけた。この提案を持ち帰って検討するとした汚沢党首であったが眠酒党幹部は全員がこれに反対、大連立は頓挫したかに見える。しかしこれにはまだまだ裏がある。マスコミへの発表は痔民党側からとなっているが、これは汚沢が仕掛けて、腹田に痔民側から持ちかけたように発表させたらしい。眠酒党幹部が反対するのも当然予定通りで、その先眠酒党が割れることになる。痔民党も同様で、そこで腹田言うところの新体制実現を狙っているわけだ。寄り合い所帯の眠酒党を分解し、痔民党も青臭い若手を除外して老人パワーを発揮する。こういう計画が密かに進められているのである。新聞やテレビで発表されているニュースを鵜呑みにせずに、その裏を読むということを忘れてはならない。
以上は最近のニュースを元に儂ら魚族の感覚で捉えたことを発表した。この記事の結果については何ら責任は持てぬので、そのつもりで読んでくれい。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 18:54Comments(0)TrackBack(0)小説 

2007年10月30日

案山子

案山子スケイルの近所のコスモス畑に自治会が案山子を立てておるが、マスターが店を閉めて帰る頃になると暗闇の中に人が立っておるようでちょっと気持ちが悪い。ブログを書いておって遅くなったマスターがその横を通りかかると視界の端に案山子が動いているように見える。視線をそちらに移すと何も動いておらぬ。気のせいかと思い又歩き出すと後ろでクスクスと笑う様な声がする。振り向けばやはり何事もない。歩き出すと又聞こえる。今度は素早く振り返るが、その瞬間声は止んでしまう。案山子に背を向けて見えなくなると明らかに人が動いているような気配がする。これは案山子が寂しがっておるのではないかと感じたマスターは案山子の側まで行って「儂も踊ってやるさかいに一緒に踊れや」と言って阿波踊りを始めた。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」と腰をかがめて踊り出したが案山子は恥ずかしいのかなかなか踊り出さぬ。まだ乗りが足らぬと思ったマスターは手を使い腰を使い汗が出るほど激しく踊り出した。案山子もマスターの踊りにつられて踊り始めた。「おう、その調子や、もっと踊れ」と落ちていた空き缶を拾って、チャンチャカチャンチャカチャンチャカと叩く。立っていた案山子全部が輪になってにぎやかに踊り出した。かなり盛り上がってきたところで近所の人がやって来て「マスター何しとんや? 酔うとるんかいな?」と声をかけた。案山子達は何事もなくじっと立ったままであった。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 21:49Comments(0)TrackBack(0)小説 

2007年10月17日

I先生の繰り言

以下はマスターの株仲間、I先生の繰り言じゃ。
暴落すると恐ろしくなって投げ売りし、平静になると買場であった事を知る。
余裕資金を遊ばせておくのは勿体ないからと全額を株式に投入するので、買場が来ても買えない。
3回ぐらい買い下がる難平資金を確保しながら相場を見つめている気楽な日々はこれから先無いのか?信用取引の手続きくらいはしておこうかと思案したが、それだけは絶対すべきでないと初心者(マスター)にまで言われた自分が情けない。2008年の正月は余剰資金を半分は確保して気楽な正月三が日が送れるかどうかが課題である。
来年も同じ事を繰り返して居る事じゃろう。
本日はこれにて。
  
Posted by scale_masuta46 at 20:35Comments(0)TrackBack(0)お笑い 

2007年10月08日

大忙し

三連休の最終日は来店客が多くなる事がよくあるが、朝の内雨だった事と先日のTV放送の影響か開店直後から常連以外に一見客もやってきた。当然マスター一人では捌ききれず、奥方と娘が手伝って居ったが、一段落した頃に奥方と娘は見舞いと買い物に出かけてしまった。マスター一人になったのを待っていたかのように客がどんどんやって来だした。何時も大きな顔をして陣取って居る常連も一つのテーブルに追いやられ、窮屈そうである。その内満席状態になり、座る椅子もない状態で、中には一つの椅子で重なって膝の上に座っているアベックがいる。マスター一人で捌ききれぬうちに駐車場は満車状態、道路の遙か向こうまで車が繋がって渋滞してしまって居る。最早マスターの目はつり上がり、頭からはシュンシュンと湯気が上がり、注文を聞いた順番などはでたらめで、怒った客が帰ろうにも次から次と入ってくる客で外へも出られず、店内は押し合いへし合いの状態から壁がミシミシときしみ音を立てて外へ膨れだした。マスターの手作りで頑丈に建てているとは言え、二重三重に重なった客達の重みで店自体が地面に沈み込みだした。最早店内は阿鼻叫喚の地獄の様相を呈してきた。マスターは、このような事を考えながら、チラホラとしか居らぬ一見客の注文をいつものゆっくりしたペースでこなして居った。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 21:10Comments(0)TrackBack(0)小説 

2007年10月07日

7700通のメール

マスターはスケイルのHPにメールを設定して居ったが、ずっとメンテをしておらなんだ為に久しぶりに開けてみると7700通あまりのメールがたまって居った。それもほとんどがHメールなどの迷惑メールばかりじゃ。マスターがHな小説を書いて居るせいかまともなメールはほとんど無い。メールの意味がないのでリンクを外したが、7700あまりのメールの削除に昨夜は12時過ぎまでかかってしまったようじゃ。なにぶん25通ずつしか削除できぬから作業を300回以上繰り返したわけじゃ。マスターは右手の人差し指にクリックダコが出来て居るが、先日削り取ったばかりじゃのに又堅くなってしまった。メンテはまめにせぬと後が大変なようじゃ。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 18:43Comments(0)TrackBack(0)パソコン 

2007年09月29日

TV効果

27日のTV生放送の効果をマスターは期待しておったが、さほどでもない。本日まで4〜5組くらいじゃが、その中の一組が変わっておった。六七十の純朴そうな男が孫と覚しき男の子を連れてやって来た。マスターは早速水とおしぼりを出して注文を聞こうとしたが、爬虫類を珍しがってなかなか注文をしない。写真を撮っても良いかとデジカメで写したり、孫に見せたりとなかなか忙しい。マスターはその内注文するだろうとI先生達と雑談をして、これも商売気がない。やがて子供が飽きたのか「もう帰ろ」とぐずりだした。男がマスターの方へやって来たので注文するのだと思って伝票とボールペンを持って立ち上がると、「入店料はいるんかな?」と聞いてきた。「入店料はいりませんが」と言うと「ほな、又ゆっくりくるわ」と言って出て行ってしまった。その夜マスターはその男の紹介でお茶も飲まずに爬虫類見学に来る客がわんさか詰めかける夢を見てうなされてしまったようじゃ。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 19:18Comments(0)TrackBack(0)お笑い 

2007年09月26日

マスターの悪い虫

ハイパーモタード1ハイパーモタード2ハイパーモタード3ハイパーモタード4





又マスターの悪い虫がおきたようじゃ。2年ほど前から発売を待っていたドッカティーのハイパーモタードが姫路のコルサに入荷したので、金もないのに早速見に出かけた。いつものメンバーで棚龍で食事を済ませてから、いかにも買いそうな話をしながらコルサの店員から説明を聞いておった。諸経費を入れると180万ほどするバイクじゃから、今のマスターではちょっと手が出ぬが宝くじでも当たればすぐに買うじゃろう。
本日はこれにて。  
Posted by scale_masuta46 at 19:03Comments(0)TrackBack(0)バイク