October 20, 2009

地上最大のロボット

pluto1[1]・『PLUTO(プルートウ)』浦沢直樹

・マスターキートンのころからだから、浦沢直樹とはもう20年位のつきあいになる。高校の時に友人が持っていたコミックのひとつが、マスターキートンだった。当時、少しは文学や考古学に目覚めかけていたオレは、マスターキートンにどっぷりはまった。何より、短編ながら明らかに「魅せる」ことに長けたストーリーテリングは、放課後の部室でむさぼり読むのに十分な理由になった。

・その後、オレはYAWARA!やHappy!に進まず、パイナップルアーミーへ先祖がえりし、その後、MONSTER→20世紀少年と進んだあたりで「この人、昔みたいにもう風呂敷はたたまないんだ!」ということに気づいて、距離を置いていた。最近、PLUTOを友人から借りるチャンスがあり、一気に読み進めてたんだけど…。

・浦沢先生どうしたんですかっ!風呂敷、きっちりたたまれてるじゃない!というかね、元ネタの「地上最大のロボット」、実はこれを借りる前にBOOKOFFで見つけて読んだけど、改めて、手塚治虫の重層性やスピード感にしびれたんだけど、それを読んだ上で『PLUTO』(プルートウ)を読むと、換骨奪胎というか、借景というか、本歌取りというか、ちゃんとアトムになっているんだよね。

・ゲジヒトも、モンブランも、ノース2号も、ブランド・ヘラクレス・エプシロン…。ちゃんと手塚の「本歌」に登場する。そこに浦沢流のストーリーテリングが加わって、改めて芸術的な浦沢直樹の才能を見せ付けられた気がしました。しかし、これだけやれるんだったら20世紀少年も、ちゃんとやれよ!って言いたい浦沢ファンがたくさんいるんじゃないかな。マスターキートン時代が好きな浦沢好きには、必読だと思います。

・という訳で、もう更新しないと関係各所には思われていましたし、僕もそう思っていましたが(20ヶ月ぶり!)、今度ともどうぞよろしく。

January 10, 2008

パナソニック・ブランド名に統一(久々の広報ネタ)

松下電器、社名も「パナソニック」に ブランド名と統一
松下は国内では、冷蔵庫、洗濯機など白物家電製品に「ナショナル」ブランドを、パソコンや映像・音響機器には「パナソニック」ブランドを活用してきた。海外ではパナソニックブランドで統一して販売しており、松下よりもパナソニックが浸透している。
・三つのブランドがちょうどよく共存していると思っていたんですが、それは国内だからの話。長年のブランドが既に浸透しているから「松下」「ナショナル」「パナソニック」が併存に疑問を抱いたことはなかったんですが、世界規模で見た場合は確かにそうですよね。

・でもこの、統廃合、個人的にものすごく興味があります。どんな戦略で決定され、そして終わる松下・ナショナルブランドにどのような幕引きが用意されているんでしょうか。そして「♪明る〜いナショナ〜ル♪」のコマーシャルソングも、聞き納めになるんでしょうか…?

・本日の更新過去ログ:帰省→帰還(2008/01/02)

January 09, 2008

魂をちぎって投げる。それが言葉だ

・「言葉こそすべてじゃないか。人は自分の魂をちぎって投げるんだ。それが言葉だ。

・僕が大好きな中島らもの小説、「ガダラの豚」の一節。本当に僕もそう信じている。言葉より行動なのも確かだけど、言葉にだって魂が宿るし、その言霊が響く人、伝わる人、共鳴する人…。僕の言霊がどこまで伝わっているか、僕に投げられてくる魂をどこまで心に容れることが出来るか。そのことを僕はよく考える。

・僕の魂は、届いてますか。

January 08, 2008

過ぎ去りし日々のことも

揚げ豆腐と白菜・朝会社に行く前に小鍋の中に昆布を投入。家に帰ったら火をつけ、温まる間に白菜と揚げ豆腐を切り、適当に投入。順番としては白菜の根に近い部分→揚げ豆腐→白菜の葉の部分。煮えるまでの時間にポン酢を準備、その中に柚子胡椒を少量、溶き入れる。

・いやはや、体が温まるね!あとはご飯を一膳。久しぶりに自炊したけど、勘は狂ってなかったね!!勘のいらない料理だけど。

・さて、今日からBlogも更新するけど、過去のトピックもあわせて更新していきます。しばらくは、過去と現在を同時に書いていきますので、よろしくデス!

・本日の更新過去ログ:テルミンmini(2007/10/15)謹賀新年(2008/01/01)

January 02, 2008

帰省→帰還

・昨日から佐賀に帰り、そして今、トンボ帰りで福岡に戻ってきました。佐賀では父の墓参り、そしてかつて僕の家族が住んだ家があったところを見てきました。既に更地になっているっていうのは聞いていたけど、ちょっと切ない気持ちになりました。周囲には見慣れた風景があるのに、その場所だけが見慣れない空間に。ボロボロで雨漏りだらけだった家も、見慣れた木々も何もかもが無くなって、肌色の砂地と、冬の最中なのに頑張っている雑草の緑だけの場所になっていました。特にショックを受けたわけでもないけど、押し流すような時の流れを改めて体感したような気になって。少ししんみりしたり、しなかったり。いつのまにか、記憶の中にしかないものになっていました。

・わかってる。そうなることも、そうなっていかなくてはならないことも。「でもね。でも」…そう思ってしまうのも仕方のないことだとわかっている。福岡に住んで数年経つけど、でもきっと僕の原点はあそこにしかないような気がしています。また、行こう。

January 01, 2008

謹賀新年

雪降る博多駅・博多駅も雪、雪、雪。

♪無駄な言葉など 僕等にいらないよ
 愛と平和だけ 忘れないでね

・歌詞は奥田民生の近未来。言葉を大切に、しなやかに、鮮やかに、シンプルに。そして今年は跳ぶ年に。高く、遠くまで行きたいと思います。何とぞよろしくお願いいたします。



October 15, 2007

テルミンmini

テルミン・のだめカンタービレにテルミン奏者の「ヤドヴィガ 」というキャラクターがいる。ちょっと鬼太郎チックな髪形なんだけど、テルミンとは世界初の電子楽器。テルミンという楽器本体に手を触れることなく、音が鳴るというなかなか変わった楽器。小山田圭吾も弾いてたみたい。そのテルミンが大人の科学の付録になったんで、先日、お昼休みにいそいそと買いに行ってきました。ゲット!

・その後、組み立てる機会もなく封じたままでしたが、先日残業中にどうしても我慢できなくなって、組み立てて鳴らして見ましたがいやはや、良くできてる!ちょっとした暇つぶしというか、自分の動きが音に変わるって言うのは、ちょっと不思議な体験です。しばらくは残業中にちょっと遊ぼうかな。

追記:その後年末近くの大掃除の時に上司に見つかり「時限爆弾かも知れんと思った!」と、ちょっと怒られてしまいました。「どんだけ目立つ爆弾やねん!!」と心の中でそっとツッコミを入れて差し上げました。

October 14, 2007

NO MUSIC NO LIFE in IMS!

ハイロウズ・たまたまIMSを通りかかっていたら開催されていたNO MUSIC NO LIFEのポスター展。このブログのタイトルも、いっちゃパクリなんだけど、そのポスターが一堂に会すとまたこう、迫力が違うね。まずはハイロウズ。仮面ライダー一号、本郷猛こと藤岡弘じゃなかなった、今は「藤岡弘、」なんだっけ。かっこいい。あ、全部携帯のカメラで撮ったので画像が粗いのは許せ。

ビートクルセイダーズ・紙の覆面をかぶったロック野郎、ビートクルセイダーズ。真ん中の女の子はほしのあき。覆面の目がハートになっていたり、鼻血がでてたりと、芸が細かい。

奥田民生・民生先生。言うことありません。広島カープで幸せそう…。

東京スカパラダイスオーケストラ・スカパラ!ちょっと見にくいしわかりづらいけどスカパラ!昨日のライブもカッコよかったぜ!!

クレイジーケンバンド・トリはクレイジーケンバンド。宮史郎とってどんな組み合わせじゃ!と思わず突っ込んでしまいました。ノーミュージックノーライフ「兄弟」って言うのもなかなか素敵。いやちょっと素敵な展示会でした!スカパラが展示位置の関係上上手に撮れなかったのがちょっと残念。

October 13, 2007

東京スカパラダイスオーケストラ 2007 Autumn-Winter Tour

・場所は福岡サンパレス。5月のZepp以来、そして5月のZeppと同メンバーで参戦。

・感想はまた後日。吹っ飛ぶ位汗だくになって帰ってきました。mixiやらなんやらで調べた結果、どうやらこんなセットリストだったっぽい。
Skank In My Bones
火の玉ジャイヴ
Black Jack
Taboo Ska
バンパイア
MANTECA
TIN TIN DEO
A Quick Drunkard
Natty Parade
新曲
WALK BETWEEN RAINDROPS
銀河と迷路
暗夜行路
SUN FISH
interlude〜Howlin' Wolves〜
ルパン三世'78
太陽にお願い
追憶のライラック −Trumpet Dub−
White Light
Come On!
TONGUES OF FIRE
SKA ME CRAZY
DOWN BEAT STOMP

・TIN TIN DEO、生で初めて聞いたけど、とてもカッコよかった!ちなみに、今回はinterlude〜Howlin' Wolves〜→ルパン三世'78→太陽にお願いの踊り狂え!三連でトドメでした。


October 08, 2007

何だか知らないうちにソフトバンクホークスは3位だった

ソフトバンクホークス・何だか知らないうちにソフトバンクホークスは3位であり、そしてクライマックスシリーズも8対4ってどんだけ乱打戦なんだ。あ、画像は別に今日千葉まで行った訳でも何でもありません。

October 05, 2007

Lupin The Third 聴き比べ

・ふと気付くとiTunes内にルパン三世関係が結構あったので同じフォルダにまとめて見たら、結構いろんなアーティストがカバーしてるんだね〜。

・以下曲名/アーティスト名
Lupin The Third/akiko
ルパン三世'78/The Ventures
ルパン三世'78/東京スカパラダイスオーケストラ
ルパン三世メインテーマ/Char
ルパン三世のテーマ (VOCALヴァージョン,CKB仕様)/CRAZY KEN BAND
ルパン三世−ワルサーP38/奥田民生
(番外)
ルパン・ザ・ファイヤー/SEAMO

・で、こういう話は必ずどれがオススメ、っていう展開になると思うんだけど、どれもオススメです!甲乙つけがたし!男の魅力満載のエロヴォイス、CRAZY KEN BANDもいいし、会社の方からCDを貸していただいたakikoも癒されるというか落ち着くというか素敵なアレンジメントがなされてるし。Charも渋さ抜群。機会があれば皆様も是非。

October 04, 2007

BGM:真夏の果実

海・二ヶ月位経ったけど、夏の想い出。BGMは、もちろん、サザンオールスターズの真夏の果実。さ、皆さんもご一緒に♪涙があふれる悲しい季節は〜ってことで、今年、素敵な友人たちと海へバーベキューに二回も行きました!幸せ〜。

蒼いタイル・波打ち際には、蒼いタイル。何故か心に惹かれるものがあって思わずデジカメを向けて。

バーベキュー・メインのバーベキュー。肉メインのバーベキューだったのに、漁をしていたおじちゃん達からおすそ分けが!!上手そう…じゅるる。実は大分アップ目に撮影していて、サザエも蟹も結構小ぶりでした。でも美味しかった!

仲間たち・逆光に浮かび上がる仲間たちの影。実は僕らの仲間じゃなくって、「シャッターおしてくださーい」と頼まれた左側のオトコが、僕らの仲間。でもちょっといい雰囲気だったので僕もそれをファインダーに収めました。♪遠く離れても 黄昏時は熱い面影が 胸に迫る♪って感じでしょ。

夕暮れ・夕暮れに、月ひとつ。とてもいい一日でした。
♪こんな夜は涙見せずに また逢えると言って欲しい
忘れられない Heart & Soul 涙の果実よ♪

October 03, 2007

薄揚げとニラの味噌汁

薄揚げ&ニラ・オレの中では最強に近い、味噌汁の具の組み合わせ。今日はコレとご飯でした。ごちそうさま。


October 02, 2007

一ヶ月遅れのLIVE REPORT! Crystal Kay Live Tour '07 ALL YOURS

・オレ、scapaとCrystal Kayの組み合わせに意外さやギョッとされた方も多いと思いますが、オレ自身も確かに意外でした。友人ののぐりんから「チケットあまっとうけん行かん〜?」の電話に最初はパスだったんだけどやっぱり行くことになったのが9月2日、Crystal Kay Live Tour'07 ALL YOURS@Zepp Fukuoka。なななんと、チケット番号が1〜4。マジですか。私初めて目の前でZeppの扉が開かれていくところを目の当たりにしました。しかもこんな聞き込んでない人がこんな番号ってコアなファンの方々ほんっとーーーーーーにスイマセン。きっとこのバチがあたったのか、10月13日のスカパラは先行予約で申し込んだのに二階席ってどういうこったい!!!ともかくダッシュせずに最前列のど真ん中を確保できたんだけど、見上げる格好になって首が痛い。おまけにステージ全体を見ることも出来なくなりそうなので、1ブロック下がってそこのど真ん中を確保。こんな余裕をかますって、なんて素敵なんでしょ。

・鏡が印象的なステージ。「こんなに近くで...」や名曲(らしい)「月のない夜 道のない場所」「恋におちたら」等、120分、みっちり聴かせて踊るライブが終了。印象深かったのはCrystal Kay、腹筋ががっつり割れてたってことと、「ダンサブル」や「ソウルフル」「セクシー」というのが彼女を表すキーワードと思っていたのに、実際にライブを見ると「キュート」という属性が相当入っていること。楽しい時間でした。のぐりん、ありがとう!

・そうそう、どうやらバックダンサーにもファンと追っかけがいるらしく、「○○ちゃーん(←聴き取れず)」と声がかかってました。