概要

AWSのGreengrassを使い、遠隔でGPIOを操作しLEDの点滅ができた。


背景と目的

先日のGreengrass使い始めに続き、ドキュメントに沿っていろいろ試したところ、遠隔でエッジのLambda関数をトリガする方法もわかった。また、エッジのローカルリソース(ドライブや、シリアルポート、GPIOなど)にもアクセスできるとの記述がある。そこで、Raspberry PiのGPIOを遠隔で操作してみることにした。


詳細

0.参考資料

AWSドキュメント内の以下URLを参考にした。GPIOにアクセスできるとの旨が書いてある。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/greengrass/latest/developerguide/access-local-resources.html


1.Lambda関数

Lambda関数は、基本的にRaspberry Pi上でGPIOをいじるときと同じコード。

# coding:utf-8
import sys
import greengrasssdk
import RPi.GPIO as GPIO
import time
import platform
import os
import logging

# Create a Greengrass Core SDK client.
client = greengrasssdk.client('iot-data')

# GPIOの設定
GPIO_NUM = 4
GPIO.cleanup()
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(GPIO_NUM, GPIO.OUT)

def function_handler(event, context):
    try:
        client.publish(topic='LRA/test', payload="Sent from AWS Greengrass Core.")
        GPIO.output(GPIO_NUM, GPIO.HIGH)
        time.sleep(1)
        GPIO.output(GPIO_NUM, GPIO.LOW)
        time.sleep(1)
    except Exception as e:
        logging.error("Experiencing error :{}".format(e))
        client.publish(topic='LRA/test', payload="Experiencing error")
    return


2.リソースの設定

Greengrass>グループ>リソースで、/dev/gpionumというリソースに対して、Lambda関数がアクセスできるように設定した。

リソース


3.サブスクリプションの設定

以下2つを設定した。IoT Cloud側からLRA/test/triggerトピックに、送信することで、Lambdaが呼び出せる。

  • "LRA/test/trigger"トピックをIoT Cloud ⇒ Lambda関数で設定
  • "LRA/test"トピックをLambda関数 ⇒ IoTCloudで設定


4.テスト

以上の設定で、Greengrass CoreにLambdaをデプロイし、IoT Cloud側からLRA/test/triggerトピックにメッセージを送信した。ところ、GPIO4に接続したLEDが1秒間光り、"LRA/test"トピックに、Lambdaからのメッセージが来た。正しく、Lambdaが呼び出せている。


まとめ

AWSのGreengrassを使い、遠隔でGPIOを操作しLEDの点滅ができた。