工作と競馬

電子工作、プログラミング、木工といった工作の記録記事、競馬に関する考察記事を掲載するブログ

タグ:コンプレッション

概要

 サウンドエフェクト:コンプレッションに関する記事。本記事では3回目として、コンプレッションのパラメータであるReleaseについてパラメータによる波形の変化を確認した。


背景と目的

 前回のAttackに引き続き今回はReleaseというパラメータについて波形の変化を調べてみる。


活動の詳細
1.実験に使用するソフト、音源など

 今回の実験条件は、前回同様以下とする。
図1は、使用するコンプレッサのGUIである。いくつかのパラメータつまみがあり、その中のRelaseというパラメータを変化させてみる。

  • DAW:SONAR 8.5 LE
  • 音源1:Drop Zone Pro Dry Kit 01のバスドラム(SONAR LE付属の音源)
  • 音源2:フルスケールDC信号(フリーソフトWaveGenで作成)
  • コンプレッサ:Cakewalk Compressor/Gate(SONAR LE付属のプラグインエフェクタ)
  • オーディオファイル:リニアPCM、16ビット、44.1kHz
  • 波形ビューワ:SoundEngine Free(波形表示)
  • 画像編集ソフト:Paint.NET(波形比較画像作成用)
コンプレッサGUI
図1 コンプレッサのGUI

2.実験条件

 比較する際のコンプレッサのパラメータは以下のとおり。Releaseは0(最小値)から4(最大値)までの4種類を用意し、その他は固定でRelease値による波形変化を比較する。また、比較する波形は、フルスケール直流信号と前回使用したバスドラムの音の2種類を使用する。

  • Release:0、0.05、0.25、4
  • Ratio:3:1(DC信号のとき)、Ratio:5:1(バスドラのとき)
  • アタックタイム:0
  • スレッショルド:-10dB
  • インプットゲイン:0dB
  • ゲートモード:OFF

3.結果

 図3.1に各Release値設定における出力波形4つを重ねがきしたものを示す。縦軸は波形のレベル、横軸は時間で数値の単位は秒である。波形は青がAttack0、紫が0.1、緑が0.2、オレンジが0.5である。入力信号は0.4秒後に0dB⇒-12dBと遷移するDC信号である。レベルが変わった瞬間は直前までの圧縮動作がそのまま働くため、一旦-20dBまで圧縮されるがそこから徐々に圧縮動作が解除され最終的に入力レベルと同じ-12dBに落ち着く。しかし、それはRelease値が大きいほど圧縮動作が解除されるまでの時間が長くなっている。つまり、Releaseは圧縮を解除するスピードを決めるパラメータであることがわかる。Releaseを長くとっていると、短い時間内に急峻にスレッショルドを下回る波形が入力されても圧縮動作を継続するといえる。Releaseの設定によって、鋭い立ち下がりの波形に対しては圧縮を解除せず、ゆったりした波形に対しては圧縮を解除するというような動作をさせることが出来るだろう。

Releaseまとめ
図3.1 直流を入力したときのRelease設定に対する応答波形変化の比較

 図3.2にバスドラムの音を入力した際の出力波形4つを重ねがきしたものを示す。グラフの軸は図3.1と同様である。波形の色は、黒が入力波形そのもの、その他の色は図3.1と同様である。負側の第2ピークはRelease値=0の場合とそれ以外で圧縮率に違いが見られる。これは、負側の第2ピークに対しては、Release値=0では圧縮動作が解除されるのに対し、それ以上では波形変化が早く圧縮動作が継続したままになっている。つまり、今回使用したバスドラムの音に対しては、Releaseが0より大きければ、正側第一ピークの圧縮率を保ったまま、負側第2ピーク以降の波形を圧縮することが出来ると同時に、スレッショルドを下回るレベルの正側第2ピーク以降についても圧縮することができ、正側第一ピークをより強調した波形を作り出せると考えられる。
 ためしにこれらをそれぞれ聞き比べてみた。変化を文章で伝えるのは非常に難しい&主観的にならざるを得ないが、基の音はドンッのあとにわずかにボワッという音が続く感じがして、Release=0においても同様の印象であった。しかし、Release=0.05、0.25、4は、後ろに続くボワッという部分が押さえられて音の立ち上がりが強調されているように感じた。(本ブログでは音源を載せることができないので仕方なく文章で表現する)

まとめ
図3.2 バスドラムの音を入力したときのRelease設定に対する応答波形変化の比較

まとめと今後の課題

 サウンドエフェクト:コンプレッションのパラメータであるReleaseについてパラメータによる波形の変化を確認することができた。今後は、今まで見てきたRatio、Attack、Releaseを組み合わせによりどのような波形変化を起こすことが出来るかを試してみたい。

概要

 サウンドエフェクト:コンプレッションに関する記事。本記事では2回目として、コンプレッションのパラメータであるAttackについてパラメータによる波形の変化を確認した。


背景と目的

 前回のRatioに引き続き今回はAttackというパラメータについて波形の変化を調べてみる。


活動の詳細
1.実験に使用するソフト、音源など

 今回の実験条件は、以下とする。
図1は、使用するコンプレッサのGUIである。いくつかのパラメータつまみがあり、今回はその中のAttackというパラメータをいくつか変化させてみたい。

  • DAW:SONAR 8.5 LE
  • 音源1:Drop Zone Pro Dry Kit 01のバスドラム(SONAR LE付属の音源)
  • 音源2:フルスケールDC信号(フリーソフトWaveGenで作成)
  • コンプレッサ:Cakewalk Compressor/Gate(SONAR LE付属のプラグインエフェクタ)
  • オーディオファイル:リニアPCM、16ビット、44.1kHz
  • 波形ビューワ:SoundEngine Free(波形表示)
  • 画像編集ソフト:Paint.NET(波形比較画像作成用)
コンプレッサGUI
図1 コンプレッサのGUI

2.実験条件

 比較する際のコンプレッサのパラメータは以下のとおり。Attackは0(最小値)から0.5(最大値)までの4種類を用意し、その他は固定でRatioによる波形変化を比較する。

  • アタックタイム:0、0.1、0.2、0.5
  • Ratio:5:1
  • リリースタイム:0
  • スレッショルド:-15dB
  • インプットゲイン:0dB
  • ゲートモード:OFF

 また、比較する波形は、フルスケール直流信号と前回使用したバスドラムの音の2種類を使用する。

3.結果

 図3.1に直流を入力した際の出力波形4つを重ねがきしたものを示す。縦軸は波形のレベル、横軸は時間で数値の単位は秒である。波形は青がAttack0、紫が0.1、緑が0.2、オレンジが0.5である。これらを比較するとAttackが大きくなるに従い圧縮に要する時間が長くなっている。-6dBになるまでの時間を比較するとそれは概ねAttackの設定値に比例する。そして、圧縮された後落ち着く値はAttackによらずどれも-12dBであった。(この値はRatioで決まる。)つまり、Attackは圧縮を働かせるスピードを決めるパラメータであることがわかる。Attackを長くとっていると、短い時間内に急峻にスレッショルドを横切る波形が入力された場合には圧縮効果が働かないといえる。Attackの設定によって、鋭い立ち上がりの波形に対しては圧縮を働かせず、ゆったりした波形に対しては圧縮を働かせるというような動作をさせることが出来るだろう。

no title
図3.1 直流を入力したときのAttack設定に対する応答波形変化の比較

 図3.2にバスドラムの音を入力した際の出力波形4つを重ねがきしたものを示す。グラフの軸は図3.1と同様である。波形の色は、黒が入力波形そのもの、その他の色は図3.1と同様である。まず、正側の第一ピークではAttack=0以外は入力信号と同じである。負側の第2ピークはAttackの値により圧縮のされ方が異なっている。これは、正側の第一ピークは比較的急峻な波形であり、Attackが0.1以上では圧縮が働かないのに対し、負側第2ピークでは先ほどよりややゆったりした波形のため圧縮の動作が波形に追従しAttackの設定値に応じて圧縮動作が働いている。つまり、今回使用したバスドラムの音に対しては、Attackが0.1以上であれば、正側の第一ピークはつぶさずに負側第2ピーク以降をつぶすことができているといえる。
 また、ためしにこれらをそれぞれ聞き比べてみた。変化を文章で伝えるのは非常に難しいがAttack=0.1、0.2、0.5は基の音に近いながら、わずかに音の立ち上がりが強調されているように感じた。Attack=0では布団をたたいているようなバフっという音に聞こえた。(本ブログでは音源を載せることができないので仕方なく文章で表現する)

no title
図3.2 バスドラムの音を入力したときのAttack設定に対する応答波形変化の比較

まとめと今後の課題

 サウンドエフェクト:コンプレッションのパラメータであるAttackについてパラメータによる波形の変化を確認することができた。今後は、他のパラメータについても同様に試す。

概要

 サウンドエフェクト:コンプレッションに関する記事。本記事では手始めとして、コンプレッションのパラメータであるRatioについてパラメータによる波形の変化を確認した。


背景と目的

 私の趣味であるDTMでは各種サウンドエフェクトを使用しているが、その中で使用頻度の高いものにコンプレッションがある。私はこのコンプレッションについて、聴感上の音質変化についてなんとなく理解しているもののパラメータを変更したときに実際にどのような波形の変化が表れるのかについてははっきりとイメージできていない。そこで、コンプレッションが持ついくつかのパラメータについて、パラメータを変えたときの波形の変化について調べ考察してみたい。
 本記事では、手始めとしてRatioというパラメータについて波形の変化を調べてみる。


活動の詳細
1.実験に使用するソフト、音源など

 今回の実験条件は、以下とする。
図1は、使用するコンプレッサのGUIである。いくつかのパラメータつまみがあり、今回はその中のRatioというパラメータをいくつか変化させてみたい。

  • DAW:SONAR 8.5 LE
  • 音源:Drop Zone Pro Dry Kit 01のバスドラム(SONAR LE付属の音源)
  • コンプレッサ:Cakewalk Compressor/Gate(SONAR LE付属のプラグインエフェクタ)
  • オーディオファイル:リニアPCM、16ビット、44.1kHz
コンプレッサGUI
図1 コンプレッサのGUI

2.実験条件

 比較する際のコンプレッサのパラメータは以下のとおり。Ratioは1:1(動作無し)から10:1までの4種類を用意し、その他は固定でRatioによる波形変化を比較する。

  • Ratio:1:1、2:1、5:1、10:1
  • アタックタイム:0
  • リリースタイム:0
  • スレッショルド:-15dB
  • インプットゲイン:0dB
  • ゲートモード:OFF
3.結果

 図3.1に4つのパラメータ設定における波形を重ねがきしたものを示す。縦軸は波形のレベル、横軸は時間で数値の単位は秒である。波形は青が1:1、紫が2:1、緑が5:1、オレンジが10:1である。これらを比較するとRatioが大きくなるに従い波形のピークが大きく圧縮されていることがわかる。つまり、Ratioは波形のピークを圧縮する効果を決めるパラメータであることがわかる。
 また、ためしにこれらをそれぞれ聞き比べてみた。変化を文章で伝えるのは非常に難しいがRatioが大きくなると音量感が減少すると同時にドンッという低音がなくなり、代わりにガサッという付帯音が大きくなって痩せた感じであった。(本ブログでは音源を載せることができないので仕方なく文章で表現した)
なお、この実験ではスレッショルドを-15dBに設定したため、-15dBを境に動作し始め/終わると思われたが、必ずしもそうなっていない。縦線で示したA、Bでは動作が切り替わるまでにいくらかのタイムラグがある。今回アタックタイム/リリースタイムを0設定したので本来タイムラグはないはずなのだが、Cakewalk Compressor/Gateの仕様かもしれない。

Ratioまとめ
図3 Ratio変化に対する波形変化の比較


まとめと今後の課題

 サウンドエフェクト:コンプレッションのパラメータであるRatioについてパラメータによる波形の変化を確認することができた。今後は、他のパラメータについても同様に試す。

このページのトップヘ