概要

 当初の目的であるエアコンの電源を出先のスマホから操作可能となり、システムが完成した。


背景と目的

 前回までで、AWS上のLambdaからRaspberry Piへトピックをパブリッシュしてエアコンの電源を操作することができた。今回は、いよいよスマートフォン等から操作可能にし、システムを完成させる。


詳細

1.方法

 システムを完成させるには、

  • AWSのAPI Gatewayにて、操作情報を受け取りとLambdaの駆動をするWebエンドポイントを用意する
  • スマホ側の操作インターフェースとして、電源ボタン操作インターフェースとWebエンドポイントへの操作情報を送信機能を持つWebアプリを作成する

 が必要。それぞれ順にやっていく。

2.Webエンドポイントの作成

 API Gatewayにて、POSTメソッドを用意し、統合タイプを前回作成したLambda関数呼び出しとする。パラメータは、何でもよいが、Webアプリ側の実装が簡単なJSONでの受け渡しになるようにした。

3.操作用Webアプリ

 図3.1、3.2のように、電源ボタンの図をタップすると、ON/OFFが切り替わり、それに応じて2で作成したエンドポイントへリクエストを送るようになっている。

IMG_3363

 図3.1 OFF状態

IMG_3368

 図3.2 ON状態

4.動作確認

 最後に、動作確認を行った。スマホで、操作用Webアプリを開き、電源ボタンを押したところ、1秒程度で無事エアコンの電源が入った!結構素早い動きで驚いた。


 以上で、エアコンの電源をインターネット経由で操作することができるようになった。作業に要したのはおよそ2日だったが、出来上がったときはさすがにちょっと感動した。作ってよかった。