ご覧いただきありがとうございます。社会人家庭教師の風太郎です。

最近は随分と暖かくなってきましたね。部屋の窓をあけていると、気持ちのよい風がはいってきます。勉強が捗る季節です。

その一方で、時折寒い日もあります。油断をしていると風邪をひいてしまいます。皆さまは大丈夫でしょうか。

新学期が始まって2ヶ月間経ちました。新しい塾に入室した人も多いかと思います。環境に慣れて定着してくる時期であるとともに、やはり合わないといって退塾する生徒が出てくる頃でもあります。

合わない塾は、すぐに辞めて次を探した方がよいでしょう。

しかし、勉強というのは継続が大事ですから、渡り鳥のようになってしまっては逆効果です。知識は定着せず、学力はつきません。

転塾をする際は、なぜ現在の塾を辞めるのか、どのような環境が自分に合っているのかをよく整理してから辞めることをおすすめします。

なんでもそうだと思いますが、新しい環境に移るときには、必然的にロスが生じます。新しい塾に通うときにも、入室金や入塾テストなどを受け直す手間がかかります。それを補って余りある利点があるかどうか、しっかりと考えましょう。

それでは