中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

街頭ビジョン





採集地 下田

ハロウィーンの怪物





採集地 東京

『何かが道をやってくる』





採集地 横浜

ノーベル文学賞





採集地 伊豆(天城)

九龍城の廊下





採集地 横浜(大倉山記念館)

闘牛士





採集地 横浜

ブログ12周年 『観光』ふたたび




「中年とオブジェ」には前史がある。友人たちと20年近く前に作成していたホームページ「観光〜無意識過剰な観光旅行〜」がそれである。

1980年代の終わりから1990年代にかけて、私たちは所謂観光地ならぬ場所を「観光」する旅を重ねていた。

炭鉱・鉱山の廃墟
天理・PLなどの宗教都市や巨大仏巡り
地方のJAZZ喫茶
沖縄の居酒屋
原子力発電所
現代建築


2001年には海外の炭鉱遺産を訪ねるため、ドイツのルール工業地帯へ旅するに至った。この旅をきっかけに今までの旅の記録を形にしようというわけでホームページ「観光」は始動した。そのTOPページの巻頭言にはこうある。

炭鉱の立坑やぐらを見上げるように、太陽の塔を仰ぎ見る。
軍艦島のコンクリート建築群に、安藤忠雄の廃墟を夢想する。
鉱山テーマパークの体験坑道はインスタレーション。
別子銅山の廃墟にインカ帝国の都市マチュピチュを想い、
PL平和祈念塔にガウディーを感じる。
地方都市の居酒屋のビールで疲れを癒し、
JAZZ喫茶のジントニックに過ぎた日々を懐かしむ。


このホームページの中の1コンテンツとしてオブジェの紹介や路上観察を取り上げようと開設したのが、このブログ「中年とオブジェ」なのである。当初は「〜魅惑のモノを求めて〜」というサブタイトルが付いていた。やがて当時の私の関心から美術ブログ色を濃くしたりグルメ記事が増えたり、気ままに更新を重ねてきたが、ここしばらくは本来の路上観察にシフトしてきた。

最近、本家のホームページ「観光」を共同制作者のTaka君が改めて整備しはじめた。実はTOPページの消失などでリンクに不備ができ、空中分解の状態が続いていたのである。ホームページ上の様々なリンクにリンク切れなど散見されるものの、当時のコンテンツはほぼ復旧することができた。

この12年、自分のブログに注力してきたけれど、ホームページの構造の持つ一覧性・構成の面白さを改めて感じている。旧時代に作った拙いサイトであり、情報も古いけれど、今見てもひとつの時代の記録としては貴重なのかもしれない。

12年続いている「中年とオブジェ」からも、本家「観光」へ保存版のエントリーを吸い上げてみようなどという話も出ている。なにはともあれブログ12周年、次は何処へ?


メカ地蔵





採集地 横浜
Archives
Profile
Recent Comments
Flickr


www.flickr.com








tetsu_objet's items Go to tetsu_objet's photostream




クロアチア紀行のアルバムはここをクリック!
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

Subscribe with livedoor Reader
  • ライブドアブログ