ありそドームありそドーム内部









展望台よりアリーナ









魚津の町外れに巨大な建築物を見つけた。ありそドームと名づけられたその建築は、巨大な体育館・展望塔・産業展示室などからなる複合施設で、田んぼに囲まれて、異様な迫力でそびえたっている。波打つ屋根・巨大な柱が圧巻だ。

富山湾の別称を有磯(ありそ)というそうで、ありそドームと名づけられた。魚津の居酒屋の主人に聞いたところ、もともとはワールドカップ・バレーの誘致のため建設されたそうなのだが、市民の役にもたたず、建設費・維持費も膨大な、税金の無駄遣いと批判されているという。

この日、巨大でゴージャスなアリーナでは、おばちゃんたちがバドミントンの大会をやっていた。

高層の展望塔からの眺めは見事で、立山連峰をひかえた魚津の全景を目にすることができる。この展望塔、名目上は「交流学習室」とされており、建設計画上、ただの展望塔では都合が悪かったので名前だけごまかしたような気がする。

これほど無駄に巨大な建築は、見ていてむなしくなってくる。造形的にはなかなか面白いのだが・・・

ありそドームホームページ