長崎県立美術館

ブリッジ

エントランスホール


平成17年に開館した長崎県美術館。今年長崎を訪ねた折に、はじめて見に行った。隈研吾がスケールの大きな建築でいかなる仕事をするのか。結果的には予想の範囲内で、隈研吾らしさは発揮しているかなというところ。ここでも隈はおなじみになったルーバーを多用し、鉄骨・石材・木などの質感を前面に出している。

2棟の建物を大きなブリッジで連続させた大胆なプランは、この美術館の目玉。長崎出島の運河の上に橋を架けるというのは、いかにもな隠喩的コンセプトだが、鉄骨フレームの無骨さ剥き出しの仕上げはインパクトがある。エントランスホールのガラスに囲まれた大空間からブリッジへ進むと、そこは運河を望むカフェになっている。鉄とガラスのこのスペース、クールな雰囲気だ。ジンジャーエールのグラスも絵になる。

カフェ
 
カフェカウンター屋上庭園


屋上は緑化され、ガラスとの対比が美しい。隈の素材へのこだわりは展示室にも見られ、常設展示室や廊下の内装は木質のルーバーでデザインされていた。いかにも隈テイストのこの美術館、難を言えば外装の石材は蛇足だったのではないかな。素材感を求めることを欲張らないで、潔く鉄とガラスで構成したほうが、このスケールの建物にはふさわしかったように思う。大規模な建築には、隈の小技は生きてこない。

廊下


さて隈研吾、新創開館をむかえる根津美術館はいかなる建築であろうか。