そういえば、今年9月でこのブログ「中年とオブジェ」9周年を迎えたのであった。毎年、9月23日という開設の日付でエントリを重ねていたのだが、今年はすっかり忘れていた。

ここのところ、美術展鑑賞や旅行がなかなかできない事情があるので、自分の写真アーカイブから画像を選んではタイトルをひねり出すという作業が中心になっているのだが、撮影した記憶も忘れていた画像に当時の心のひっかかりを蘇らせたり、改めて自分の撮った対象について調べてみたり。

今回の画像は友人宅の近く、三鷹にある跨線橋なのだが昭和4年に造られた歴史ある橋梁なのだと、撮影数年後にして知った。かの太宰治も渡ったという場所で、玉川上水もこの橋の近くなのである。

赤瀬川原平が、街の無用の長物的物件についての本、「超芸術トマソン」を出版したのは1985年。これが後に路上観察学会の生みの親のひとつとなった。その序文は次のようなフレーズで始まる。

東京に幽霊がでる。トマソンという幽霊である。

霊能者が幽霊を幻視するように都市の中に無意識の造形物を感受する能力は、一般に古ぼけた時間の堆積した場所で発揮されることが多いだろう。古い建造物の持つひずみやほころびは、人の無意識領域に作用する磁場を発生させる。

その磁場に引き寄せられるコンパスを、なるべく自在に無意識に働かせ路上を歩く。そんな散歩を続けていきたい。