ジャズ・ベーシスト、チャーリー・ミンガスのアルバム「OH YEAH」(1961年)は、サックスの怪物ローランド・カークとミンガスのゴンゴンたたきつけるピアノが聴かれる傑作だが、そのなかに原爆をテーマにした曲が含まれている。

『OH LORD DON'T LET THEM DROP THAT ATOMIC BOMB ON ME』

「神様、原子爆弾を落としたもうな。」ミンガスが歌うゴスペル・ジャズの怪作にちなみ、ジャケットにはきのこ雲を表すマッシュルームの画像がデザインされている。チャーリー・ミンガスらしい社会的メッセージが込められたプロテスト・ソングではあるが、このマッシュルームを目にするにつけ、日本人の感覚からするとあまりにポップでドライな印象を受けるのも事実である。

スタンリー・キューブリック監督の映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)もまた、核爆発の映像がシュールでポップに迫ってくる演出がユニークな怪作であった。


広島平和記念資料館の展示が大幅にリニューアルされたそうである。被爆者の衣服、残留遺品など「もの」に寄りそった展示が中心になったということだが、そこには即物的・視覚的な被爆体験の伝達への転換が感じられる。

微細な想像力を介した原爆の惨禍の伝達から、直接的な「もの」による被爆体験の伝達への変化。被爆当事国である日本人の感覚が、原爆をポップに表現する非当事者の感覚に近づいてきたことが、こうした転換の一因なのかもしれない。

数年前、久しぶりに平和資料館を見学した折に、その来場者が修学旅行生などを除けば、ほとんどが外国人観光客であることに驚かされた。被爆当事国の日本がその体験を風化させる速度への危機を思えば、どのような表現であれ原爆の惨禍を伝えていくことの継続が必要だろう。

広島も長崎も戦争も、無かったことにされてしまうような空気が作用することにあらがう為にも。