中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

東海道

こどもの日





採集地 愛知(紫峰人形美術館)

『孤独のグルメ』





採集地 京都(丹波マンガン記念館)

丹波マンガン記念館再開







2009年5月31日に閉館した、京都の鉱山資料館「丹波マンガン記念館」。閉館の情報を知り直前のゴールデンウィークに駆け込んだ時の画像を紹介しよう。かつて現代美術家高嶺格はこの鉱山跡地に小屋を建て住み込み、焼き物を作り、真っ暗闇の坑道の中で体験するインスタレーション「在日の恋人」に取り組んだ。その製作過程は彼の著書「在日の恋人」に詳しい。在日韓国人である奥さんと高嶺の関係についても語られた一冊。

この本の中でも印象的だったマンガン記念館の館長・李さん一家が、手作りで手がけてきたこの観光坑道と資料館は、全国各地の鉱山資料館を巡ってきた私にとってもひときわ異彩を放つ存在だった。坑夫人形のマネキンたちの朽ち果てた姿には戦慄すら覚えたし、朝鮮人強制連行の資料を中心とした展示室の執着には目を見張るものがあった。






丹波マンガン記念館はその後曲折を経て、今年7月3日より再開館されたことを最近知った。毎週日曜開館、金土は予約制での見学となるそうである。私が訪れた2009年には、高嶺が過ごしたらしき小屋も残っていたのだが、今はどうなっているのやら。




丹波マンガン記念館公式ホームページはコチラ

2009年のその他の画像はflickrの丹波マンガン記念館set

「在日の恋人」を読んで書いた記事はコチラ

春の静岡小旅行 ねむの木と若冲

ねむの木こども美術館


4月10日から静岡県立美術館ではじまった「伊藤若冲―アナザーワールド―」展をお目当てに、先週末、静岡へ1泊2日の小旅行をしてきました。高速道路料金1000円を利用しての車旅。まだ桜の花も楽しむことができました。

1日目は東名で掛川ICまで行き、掛川の郊外の山里にある「ねむの木学園」を訪問。藤森照信設計の、ねむの木こども美術館「どんぐり」などを鑑賞。この美術館、ねむの木学園のテイストなのか、かなりメルヘンチックです。しかし手仕事にこだわったディテールの仕上げには藤森建築の魅力が発揮され、けっして甘く流されていない。「どんぐり」の名のとおりのドームの内部は、ある種の聖性をも感じさせる空間。学園の子どもたちの作品も、一段とパワーを引き出されていました。

鹿島屋


夜は、静岡の居酒屋へ。「鹿島屋」という老舗でカツオや生シラスなどを。このカツオ、一切れの厚みが2センチ以上はあろうかという重量級です。そのあとはジャズバーを2軒はしご。

翌日の朝、静岡県立美術館へ。ここは今回初めて訪問しましたが、彫刻の並ぶプロムナードからのアプローチが趣きあり。若冲展はさほどの混雑でもなく、昨年MIHO MUSEUMに行けなかった私にははじめての「象鯨図屏風」も、ゆったり鑑賞できました。常設展の加藤泉の木彫や、小西真奈の絵もよかった。ロダンの展示室の大きな空間にもびっくりしました。

静岡県立美術館


※「象鯨図屏風」は4月25日(日)まで展示。

五色園 愛知のタイガーバーム・ガーデン

居眠り
矢作橋
遅れた!
森のキノコ

愛知県日進市。まるで盛り上がらなかった愛知万博の会場近くに、五色園という摩訶不思議な宗教テーマパークがある。

広大な敷地のそこここに、鉄筋コンクリートで作られた等身大より一回りデカイ人形たち。けばけばしく彩色されたのが程よく朽ちているさまは、まるで香港のタイガーバーム・ガーデンのようだ。浄土真宗の開祖親鸞聖人の生涯を再現したというインスタレーションがポツリポツリと散在し、乗り入れ自由な敷地内を自動車で走りながら回る気分は、宗教サファリパーク感覚だ。

キノコのように僧侶たちが群生する「信行両座」という場面はなかでも出色の出来で、シュールで神秘的な美に満ちている。

門信行両座

山伏廃休憩所


廃テイストな休憩所跡もある園内はひと気も無く、わびさびが漂う。これらの彫像の作者浅野祥雲(1891―1978)は、愛知県内をはじめとして、各地にコンクリート彫刻を残した美術史上は無名の彫刻家で、タモリ倶楽部では特集されたことがあるが、日曜美術館ではもちろん紹介されない。

「大きなものに挑戦した最初が五色園」。管主・森夢幻師と出会って発注を受けて、制作を開始した年代はよくわからないものの、戦前から終戦直前まで作りつづけていたということなので、かなりの長期プロジェクトだったはず。

「現代美術場外乱闘」都築響一

数年ごとに塗り替えのメンテナンスが行われるそうなのでそこそこ新しく見えるが、実はかなりの年代モノなのだ。仏教の無常観が心に響く、愛知の知られざるアートスポットである。

南無阿弥陀仏

京都の居酒屋 神馬

神馬

かつての朱雀大路にあたる京都千本通りに面した蔵造りの古風な建物。数年前に初めて訪れ、是非再訪したいと思っていた居酒屋「神馬」(しんめ)である。ゴールデンウィークに京都の一夜を過ごした。

奥の深い店内には大きくコの字型にカウンターが回り、太鼓橋まである凝った内装。よく見ると壁一面の飾り棚には、数々の古ぼけた酒器が並んでいる。昭和9年創業のこの佇まいだけでも、稀にみる居心地のよさだ。

酒は大きな甕に灘の酒数種をブレンドして入れており、銅の燗付け器でお燗してくれる。灘の酒は男酒、伏見の酒は女酒というのだとか。そして、地元京都の料亭で修行したという若い三代目の料理がなんとも旨い。

充実のお通し

この日は希少なシャケ、時知らずの刺身や絶妙の火加減で香ばしくジューシーに焼かれた地鶏塩焼など楽しんだが、メバルと筍の煮付けにとどめを刺された。身がぷりぷりとはち切れそうな新鮮で大きなメバルと、筍・ゴボウなどの野菜がたっぷり盛られた大皿。甘辛目の煮汁に、思わず白い飯が欲しくなり注文。

飯についてきた漬物とちりめん山椒も只者ではなかった。自家製のちりめん山椒の鮮烈な芳香は、その日の朝、ホテルの朝粥セットで食べたちりめん山椒を、たちまちにして駄物に感じさせるほどだった。

神馬の難点を挙げるならば、一品のボリュームがありすぎて一人で飲むにはもてあましてしまう料理が多いということだろう。

前回は穴子寿司で締めたので、今回は最後に肉厚な鯖寿司を。高級食材から黒ホッピーまで。その品揃えは懐が深く、懐にあわせた飲み方のできる居酒屋だ。

京都市上京区千本通中立売上ル玉屋町38
営業17:00〜22:00 日曜休

ヤノベケンジ―ウルトラ

サヴァイヴァル・システム・トレイン

東海道ぶらり旅の道すがら、豊田市美術館ヤノベケンジ「ウルトラ」展を観た。会場に入ると冒頭に「サヴァイヴァル・システム・トレイン」が現れ、観客をこれからはじまるヤノベ・ワールドへ導いていくかのようだ。

サヴァイヴァル

ヤノベは1990年代、核の脅威とともに生きる時代の「サヴァイヴァル」をテーマに、放射能防護スーツやシェルター機能を持つ機械彫刻を数々制作した。造形的にはこの時期のヤノベ作品に、最も先鋭的な魅力を感じる。ヤノベの肥大した核への畏怖感を、「被害妄想」と呼んで済ましてしまえるのかという同時代への問題提起がその根底にはある。

赤い森

展示室「赤い森」は、カーペットの上に靴を脱いで上がることで、作品を一層親密に感じられる仕掛けになっている。無数のトらやんフィギュアが立ち並び、天井には幻想的で美しい光を放つオブジェ「ファンタスマゴリア」。こどもだけのための小さな映画館「森の映画館」も設置され、ヤノベ流のファンタジーの世界が展開される。放射能防護服「アトムスーツ」から派生して生まれた「トらやん」は、トリックスターとして、ヤノベの世界を「サヴァイヴァル」から「リヴァイヴァル」へと移行させた。しかし、表面的には被害妄想的自閉からポジティブな未来への指向へと変化したかに見えるヤノベの世界は、ジャイアント・トらやんの火炎を放射する暴力性に象徴されるように、自閉から攻撃性への移行と表裏一体の変化をしているのではないだろうか。

ウルトラ―黒い太陽

ヤノベの新作「ウルトラ―黒い太陽」は、巨大な角が突き出たドームのなかで強烈な放電が引き起こされるオブジェだ。パフォーマンス開始前には、強い電磁波により携帯電話が破損する恐れがあるので電源を切れとアナウンスがあり、観客がどよめく。

そしてその放電パフォーマンスは、すさまじい轟音をともない、恐怖さえ感じさせる暴力的なものだった。そこには、ジャイアント・トらやんのファイヤーに感じられたような人間の火への原初的な畏れと歓びといった感情とは別次元の、リアルな暴力の恐ろしさが感じられた。実のところ、当日は「ヤノベケンジ、またまた馬鹿なことやらかしたなあ」と軽くとらえていたのだが、今あの日の体験を思い出すと、背筋がぞくっとするような「暴力への恐怖」がよみがえってくるのだ。

村上春樹は初期3部作のような内省的で自閉した作品でひとつの世界を構築したあと、「ノルウェイの森」などで回復と再生の物語を展開し、やがて「ねじまき鳥クロニクル」や「海辺のカフカ」などで、圧倒的な暴力を表現の中に噴出するようになった。新作「1Q84」は未読だけれど、「暴力」というモチーフがどう展開されているのかが気になっている。

ヤノベケンジは絵本「トらやんの大冒険」のように一見ソフトで、キャッチーな世界を指向してしまったかに見えるが、ポジティブな「リヴァイヴァル」は不条理な暴力というダークサイドなしには存立しえないのかも知れない。

明るい光は、暗い影を生み出す。

黒い太陽のためのドローイング「ヤノベケンジ―ウルトラ」展は、6月21日(日)まで。最終日にヤノベのアーティストトークがあるそうです。
※会場内は撮影が許可されています。(フラッシュは不可)

佳水園 アルバム

大広間棟

佳水園の客室棟は瀟洒で美しいのだが、異彩を放っていたのが大広間などがある大きな棟の造形。コンクリートと木造の混構造で、まるでチベットやブータンなどのゴンパ(僧院)を思わせる。

階段照明非常口

非常口はなんと「にじり口」の様式。女将も「今の法律では許可にならないでしょうね」と言っていた。ここをくぐると中庭に出る。階段に埋め込まれた照明は、フランク・ロイド・ライトのクラフト感に通じるセンス。

仕切り壁廊下コーナー

垂直と水平のシンプルな平面構成の随所に、三角形をモチーフにした遊びが見られるのも特徴だ。

玄関

すべて一点モノの障子の光彩が美しい玄関ホール。繊細な日本の美の象徴。

階段手摺村野藤吾といえば、「手摺」。佳水園にも、美しい工芸品のような階段手摺がありました。

佳水園は大変素晴らしい建築でしたが、随所に雨漏りのあとが見受けられたり、補修中で使用を中止している客室もあるようで、老朽化が進むなか、メンテナンスの困難さも感じられました。いずれはホテル客室としてではなく、文化財的な保存の対象となっていくのではないでしょうか。泊まるなら今のうちに。

佳水園 部屋とめし

広縁

フロアライト床の間

各室とも、踏込み、次の間、化粧室、および和風浴室のついた組部屋で、これが2方を外気に面するようにのびのびと配置され、日本住宅の良さを十分味わえるようにしてある。それぞれの人がそれぞれの仕方で住んでいる住宅にあるような、親しみやすさとか、くつろぎとか、ほっとするような安心感といったもの、それらに近い雰囲気が村野のホテルにはあった。

「新建築」1960年7月号

佳水園の客室は、一見するとごく普通の地味目の和室なのである。水まわりのプランは最小限、ひのきの風呂もすこぶる小さい。しかし裏山に面した広縁の建具が、ガラス戸・障子ともに三枚組みであったり、照明器具がシンプルでモダンな村野のオリジナルであったり、天井の仕上げが部位ごとに異なっていたり。そのディテールには見入るほどに発見がある。

客室

お造りあいなめの卓袱風

甘鯛の道明寺豆ごはん

この日は、佳水園を味わい尽くそうということで、夕食は部屋食で京懐石をいただいた。手の込んだ仕事をしながら、華美な印象を与えることなく、しみじみ美味しく、部屋の雰囲気にも通じる温かみのある料理だった。締めの釜炊きの豆ごはんがなんとも香り良くおいしい。

驚いたのが「ヘブンリーふとん」という特製の布団。仲居さんが二人で手際よく組みたてた布団は洋式のベッドマットを畳の上に置いたような作り。外国人客からの「布団が固くて眠れない」というクレームに対処するため、外資のウェスティン傘下になってから開発したのだという。たしかに寝心地はベッドそのもの。

夜更けになると、窓の外は暗い静かな林の闇につつまれ、まるでどこかの山荘にでもいるような気分だ。今回利用した1泊2食の宿泊プラン。デザイナーズ系高級温泉旅館よりも確実に安いだろう。

村野藤吾に関心があり宿泊したと知り、様々な資料をわざわざコピーしてくださったり、大広間を見せてもらったり、館内の撮影を自由にさせていただいたり、女将にはほんとに感謝である。

風呂ヘブンリーふとん

佳水園
設計:村野藤吾
竣工:1959年(昭和34年)

佳水園 パブリックスペース

門
佳水園
庇京都東山、蹴上にそびえる巨大なウェスティン都ホテル。エレベーターで7階まで上がり、本館内をしばらく進むと、ホテル裏手の山の上に出る。モダン数奇屋の離れ佳水園は、その立地からしてすでに、ホテルの中の別天地だ。桧皮葺きの門をくぐると、目の前に醍醐寺三宝院を模したという庭園(京都市文化財)を取り囲んで、二寸五分勾配のやわらかな屋根の客室がリズミカルに配置されている。












ロビー1
ロビー2
ロビー3
玄関を入りまず、そのパブリックスペースのゆとりある空間に惹きつけられた。村野藤吾のデザインした丈の低いソファに身体を預け、女将から抹茶と和菓子をいただく。大きなガラス窓越しに庭を臨み、館内におだやかな外光が射しこむ。壁に掛けられた書は、ノーベル文学賞受賞直前に川端康成が揮毫したものだとか。「雨過如山洗」(雨過ぎて山洗うが如し)。かぶとが飾られているのは、いかにも外国人観光客向けのサービスだ。
ロビー4
ロビー5
夜のロビー

このロビーに見られる「雁行」のリズムは、佳水園の平面構成全体の基調にもなっている。夜、本館のバーに出かけジャズライブを観て飲んだ帰り、部屋にもどる前に誰もいないロビーでゆったり。この静かな別世界に泊まれる歓びに包まれる。

東海道ぶらり旅

佳水園

4月25日から30日まで、京都を中心に東海道をぶらぶらしてきました。高速1000円乗り放題利用の車旅です。さいわい渋滞は一度もなし。車での長旅は久しぶりで、サービスエリアにスターバックスがあったり、コンビニがあったり、高速道路の様変わりに驚きました。さて今回の旅はカテゴリー別に振り返ってみます。

建築
佳水園(村野藤吾)
京都東山のウェスティン都ホテルの別館。建築に興味のない方にとっては普通の数奇屋建築に見えるかもしれませんが、平面構成のリズム・家具・建具・照明など、村野流のモダンなディテールにあふれた空間でした。夕食は部屋食で京懐石をいただき、ゆったりと過ごしました。

京都御所
申し込み不要の一般公開期間中と現地で知り、急遽見学。すごい人出でした。

京都国立近代美術館( 槇文彦)
今見ると、ちょっと野暮ったい。平安神宮の大鳥居の馬鹿でかさに負けてます。

豊田市美術館(谷口吉生)
いつ見ても、クールで美しい。

・豊田大橋、豊田スタジアム(黒川紀章)
有機的で過剰な造形の大橋と、巨大なスタジアム。バブリーです。

資生堂アートハウス(谷口吉生)
達人にも模索の時代があったのか。いまいちです。

アート
・ヤノベケンジ「ウルトラ展(豊田市美術館)
巨大な新作は、電磁波を発する強烈なエレクトリック作品。でも「キンダガルテン」のときほどの規模の個展ではなく、物足りなさも・・・

石田徹也展と静岡県ゆかりの画家(浜松市美術館)
石田徹也の展覧会ははじめてでしたが、原画ならではの感動はあまりなし。かなり大きな作品があることや、NHKでは放送しないだろうダークな作品もあることは発見でした。

・都築響一「着倒れ方丈記(京都国立近代美術館)
常設展の新コレクションとして特集展示。チープな狭いアパートに住み、ブランドもののファッションに人生を捧げる、「着倒れ」な人たちの部屋の写真がズラリ。あきれた人たちがいるものだ。「オブジェ倒れ」な私も笑えませんが。

丹波マンガン記念館

B級スポット
丹波マンガン記念館(京都)
今年5月31日で閉館する、鉱山観光スポット。苔むした坑夫マネキンの姿に感動。「在日の恋人」の高嶺格が住み込んだ小屋も発見。裏京都観光を堪能しました。

五色園(愛知県日進市)
広大な敷地にコンクリートの人形たちが散在する宗教テーマパーク。侘びさび系。

紫峰人形美術館(愛知県高浜市)
3万体の人形たちが繰り広げる、豪華絢爛な舞い踊り。言葉にできない物凄いパワースポット。

旅めし
神馬(京都)
西陣近くの蔵造りの居酒屋。雰囲気もお料理も最高です。再訪してますますファンになりました。

大甚本店(名古屋)
大衆酒場の王道を感じさせる老舗。なぜかシャネルの眼鏡をしたご主人が、いい味出してます。

・千代娘(豊橋)
タイムスリップしたような懐かしい店内。料理もいい。

あんかけ家(名古屋)
名古屋独特の食文化、「あんかけスパゲティー」を体験。B級だけどくせになる。

登喜和(京都)
丹波マンガン記念館からの帰り道、京北周山町で昼飯に立ちよった肉屋さん併設の食堂。何気なく喰った牛肉野菜炒め定食が驚きのうまさ。あとで知ったのだが、実は黒毛和牛のステーキ・すき焼きが格安で食べられる名物店だった。今は寂しいこの町が、かつては北山杉の産地として栄えたという。

ドライブイン藤田屋(知立)
昭和の雰囲気の街道沿いの食堂。安くて大盛り。名物お菓子「大あんまき」も旨い。

・すいのや(掛川)
掛川城の大手門横の駄菓子屋。静岡おでんを格安でおやつにいただく。黒はんぺんにじゃがいもが旨い。

スマート珈琲店(京都)
ご主人が毎朝焙煎するコーヒー。お土産にも買いました。

鈴木珈琲店(豊橋)
上質でシンプルなモーニングセットがよい。

ジャズ遍路
・ろくでなし(京都)
・ロジウラのマタハリ(名古屋)
・グッドベイト(知立)
・キーボード(豊田)
・グロッタ(豊橋)
・アドリブ(豊橋)

いつものごとく盛りだくさんな旅となりました。この中からいくつブログにアップできることやら。それにしても、我ながらダイナミックレンジの広い旅でした。(悪趣味とも)

明日から京都へ

明日から新緑の京都へ向かいます。

高嶺格の「在日の恋人」の舞台となった、丹波マンガン記念館が5月31日で閉館するのです。今まで全国各地の炭鉱・鉱山の資料館・テーマパークを旅してきましたが、丹波マンガン記念館は初訪問です。朝鮮人強制連行の歴史を前面に打ち出した資料館と、ボロボロに朽ちかけた坑夫マネキンがいい味を出しているという坑道見学。京都の山奥にひそむ見逃せないスポットです。

いつも旅の宿はチープなビジネスホテルなのですが、今回は村野藤吾設計の佳水園に1泊します。ウェスティン都ホテルの離れの数奇屋建築です。簡素な中に、村野のディテールへのこだわりが感じられるといいます。

京都では、蔵造りの老舗居酒屋「神馬」(しんめ)を再訪しようと思っています。喫茶店のモーニングも楽しみです。

神馬※2005年の年賀状で、神馬
を紹介しました。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ