中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

ジャズ

ミンガスと原子爆弾





ジャズ・ベーシスト、チャーリー・ミンガスのアルバム「OH YEAH」(1961年)は、サックスの怪物ローランド・カークとミンガスのゴンゴンたたきつけるピアノが聴かれる傑作だが、そのなかに原爆をテーマにした曲が含まれている。

『OH LORD DON'T LET THEM DROP THAT ATOMIC BOMB ON ME』

「神様、原子爆弾を落としたもうな。」ミンガスが歌うゴスペル・ジャズの怪作にちなみ、ジャケットにはきのこ雲を表すマッシュルームの画像がデザインされている。チャーリー・ミンガスらしい社会的メッセージが込められたプロテスト・ソングではあるが、このマッシュルームを目にするにつけ、日本人の感覚からするとあまりにポップでドライな印象を受けるのも事実である。

スタンリー・キューブリック監督の映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)もまた、核爆発の映像がシュールでポップに迫ってくる演出がユニークな怪作であった。


広島平和記念資料館の展示が大幅にリニューアルされたそうである。被爆者の衣服、残留遺品など「もの」に寄りそった展示が中心になったということだが、そこには即物的・視覚的な被爆体験の伝達への転換が感じられる。

微細な想像力を介した原爆の惨禍の伝達から、直接的な「もの」による被爆体験の伝達への変化。被爆当事国である日本人の感覚が、原爆をポップに表現する非当事者の感覚に近づいてきたことが、こうした転換の一因なのかもしれない。

数年前、久しぶりに平和資料館を見学した折に、その来場者が修学旅行生などを除けば、ほとんどが外国人観光客であることに驚かされた。被爆当事国の日本がその体験を風化させる速度への危機を思えば、どのような表現であれ原爆の惨禍を伝えていくことの継続が必要だろう。

広島も長崎も戦争も、無かったことにされてしまうような空気が作用することにあらがう為にも。

トマソンズ ライブ・スケジュール





先月、トマソンズの相方のチェロとピアノ担当ジョヴァンニ・スキアリさんが突然入院しました。5月は活動予定が少なかったもののトマソンズとしてのライブへの参加を1本断念。今は無事退院され、6月3日には復帰後最初の演奏で、モダンダンスの万城目純さん・広岡愛さんとの即興パフォーマンスを無事終えることができました。

この後も様々なステージが控えていますが、打ち上げで飲ませすぎないよう保護観察中。短い間とはいえ演奏から遠ざかった反動か、今、ジョヴァンニさん、冴えています。


トマソンズ・ライブスケジュール

初夏の室内楽コンサート
・6月11日(日)14:00〜16:10
・旭区民文化センター サンハート音楽ホール(相鉄二俣川駅)
・入場無料

クロカル・アンサンブルのメンバーによるクラシックのグループコンサートにトマソンズ+1が参加。
ゲストギタリストの鵜野澤’うのこ’達夫さんをむかえ、武満徹の映画音楽などを演奏します。
木質の音楽ホールの美しい響きにも注目。我々の出番は15時頃です。
多彩なユニットの演奏を、いろいろお楽しみ下さい。

はるもきライブ
・6月17日(土)20:00〜
・立ち飲み居酒屋「はるもき」(藤沢駅)
・入場無料 ドリンクオーダーをお願いします

地元のジョヴァンニさんが夜な夜な通う個性派立ち飲み屋の恒例のライブに、トマソンズが登場。
大いに飲んで楽しんでください。我々の出番は21時頃の予定。生ホッピーがおいしいです。

ベイサイドネット試聴会ミニ・ライブ
・6月18日(日)15:00〜17:00
・オーディオ・ショップ 横浜ベイサイドネット(桜木町駅)
・1080円(ドリンク付き)

わたくしテツが頼りにしている自作派オーディオショップの試聴スペースをステージに、トマソンズが演奏します。ストリートでも活躍しそうなポータブルPAシステムのデモも兼ねています。
ベイサイドネットの西川さんは無類のアルバート・アイラー好き。パワフルに行きますよ!

真夏の夜のDuo at JAZZ FIRST
・7月9日(日)19:00〜21:30
・横浜ジャズファースト(京急日ノ出町駅)
・1080円+ドリンクオーダー

3回目になる老舗ジャズスポット「ファースト」でのライブ。今回は人気沸騰中のキュートな若手ジャズDuo、サファリパークDuoと共演。世代もスタイルも大きく異なるDuoユニットが演奏します。
トマソンズにはサファリパークDuoの園長こと野村おさむさんがゲストパーカッションで参加。
フルメンバーでのセッションもあるかも?


その他、8月には下田市民文化会館で、9月には東横線白楽の「ビッチェズ・ブリュー」で、トランペットの大御所庄田次郎さんとの共演を控えています。

皆さんのご来場を、お待ちしています。



トマソンズ+1 Live at JAZZ FIRST vol.2













横浜のジャズ・バー「JAZZ FIRST」でのトマソンズ2回目の単独ライブが4月15日夜、終わりました。満場のお客さまと、素敵なゲストに支えられ、トマソンズのプレイも熱く盛り上がりました。あらためまして、御礼申し上げます。

ゲストギタリストの鵜野澤’うのこ’達夫さんの参加により、新鮮なレパートリーにも挑戦。武満徹作曲のPOPソングや映画音楽ではトマソンズの新しい音が出せました。

また、当日駆けつけてくださったKYOUさんのピアノと野村おさむさんのドラムスは、即興の楽しさいっぱい。フルメンバーでのセッションはワクワクでした。

マスターの山崎さんのご厚意で、打ち上げでもいくつもの演奏をさせていただき、アフターアワーズまで音であふれた一夜でした。


紹介した画像は、お客様のイケノさんとサカイさんが撮影してくださった一部です。素晴らしい写真をありがとうございます。


数日後、トランペット・サックスの庄田次郎さんのライブにトマソンズが参戦したのですが、お店のマスターから「トマソンズの二人の音は、ジャズの側とかクラシックの側にどちらかが寄り添うのではなく、たがいに対立できているところが新鮮だね」と言ってくださいました。


結成6年目。昨年から今までになく勢いにまかせステージを重ねているわたしたちトマソンズですが、これからも即興演奏を主体に「なんだこれは!?」という音を響かせていきます。


トマソンズ・ライブスケジュール

■5月19日(金)NONAME SESSION at 国分寺giee 19:30〜
 ※モダンダンス・タップダンスとのセッションあり     

■6月3日(土)時空の箱舟展 イベント&パーティー
 ギャラリー時舟(横須賀市東浦賀)16:00〜
 ※ダンスとの共演

■6月11日(日)クロカルコンサート(クラシック室内楽)
 旭区民センター音楽ホール サンハート(二俣川)14:00〜
 ※ゲストギタリスト:鵜野澤達夫

■6月17日(土)はるもきライブ
 立ち飲み居酒屋はるもき(藤沢)21:00〜
 ※立ち飲み屋でミニライブ

■9月24日(日)庄田次郎セッション
 ビッチェズ・ブリュー(白楽)20:00〜
 ※トランぺッター庄田さんと共演


    

エリック・ドルフィー エモーショナルなコラージュ



ソロというものは始めから終りまで直進的でロジカルな発展のパターンに従わねばならないといった考えを捨てさえすれば、彼の演奏は、多くの場合非常に聴き取りやすくなる。進むにつれてはっきりした形をとっていく展開の仕方よりも、フレーズの任意の選択とか、アイディアの自由な結合にもとづく発展のスタイルを用いているドルフィーのこうしたソロは、むしろコラージュのテクニックに近いものがある。そしてこの点に関しては、ドルフィーとソニー・ロリンズとのあいだに一種の類似を見出すことができる。

「影からきた魔法使い―エリック・ドルフィー」清水俊彦


ドルフィーロリンズとのあいだの類似。一見意外な観点のようでいて、実はジャズのインプロヴィゼーションについて深く考えるための示唆に富むトピックだ。豪放磊落・陽気・歌心などステレオタイプな言葉で語られることの多いロリンズだが、彼のアドリブはストレートにメロディーを歌い上げるというよりは、装飾的に語彙豊かに主題を変奏していくイマジネーションに力点がある。

ソロの序盤をストイックに展開し、徐々にエモーションを増していくというような、「直進的でロジカルな発展のパターン」ではなく、曲の喚起するフレーズを任意に奔放に展開しながら、全体を統合していく演奏。ロジカルにストーリー性を維持してソロを構築するのとは対極にあるそのアドリブは、部分部分のディテールのアイディアの飛躍が連続しながらも、曲のメロディーの変奏という強い求心力により、聴くものを惹きつける。装飾的で饒舌なフレーズを多用しながら、曲全体の持つエモーショナルな推進力をそこなわないその表現のバランスは、凡庸なミュージシャンには到達できないものであろう。


エリック・ドルフィーの最上の演奏の多くは、彼のバラード・プレイにみられると私は感じている。ドルフィーのバラード解釈の魅力。それは上述したソニー・ロリンズのアドリブの個性にきわめて類似している。

誰もがドルフィーの名演と語るアルバム「Last Date」の中のフルート演奏「You Don't Know What Love Is」ばかりでなく、「In Europe, Vol.2」「Laura」「Five Spot Vol.1」「Prophet」など。

彼はバラード演奏においても、常に曲のメロディーやコード進行から大きく逸脱するフレーズや、曲調とは無関係な音列によるディテールの挿入、不均質なリズムの展開を導入する。「You Don't Know What Love Is」は、フルートによる演奏であるために、ドルフィーの「異形」が受容されやすくなっているのかもしれないが、その細部の突出と全体の均衡は驚くべき境地にある。

細部に耳を傾けるとまるで音のパッチワークないしコラージュのようでありながら、全体としては過剰にエモーショナルで美しいバラードとして統合されるドルフィーの演奏。そこには「直進的でロジカルな発展のパターン」では到達できない、豊饒で先鋭的な「美」が存在する。

バラードならではのメロディーとコード進行の強度と、ドルフィーの逸脱が出会うとき、原曲の持つ「美」を超えた「乱調の美」が生まれる。そしておそらく、ドルフィー自身にとってはそれが「乱調」ですらないという彼の感覚こそが、聴く者の情動に働きかけるドルフイーの魔法の源泉なのである。

私は自分の演奏を調性にのっとって考えています。たしかに私は与えられた調にある通常の音とはいえない音で演奏します。しかし私にとっては、これらの音は正しい音として聞こえるのです。私は自分が、発想のおもむくまま勝手に変えているとは決して思いません。私にとっては、私の吹くひとつひとつの音は、曲のコードに関連しているのです。

「エリック・ドルフィー」ウラジミール・シモコス&バリー・テッパーマン(間章訳)


※ドルフィーの演奏の持つコラージュ的側面をバンド演奏に展開したのが、ジョン・ゾーンNaked City であろう。ドルフィーを継承するというテーマについても、いつか取り上げたいな。

さて今日6月29日はエリック・ドルフィーの命日。ドルフィーのバラードに身悶えるとしよう。

コスプレJAZZ






エリック・ドルフィーとコルトレーン




1964年6月29日に没したミュージシャン、エリック・ドルフィー。命日には恒例のドルフィー三昧。今年は私の知る中で都内では抜群の音を聴かせてくれるジャズスポット「o」のバータイムに、マスターにお願いしてドルフィー特集をリクエスト。エッジが効いて、押し出しの強いガツンとくるアナログ盤再生の技により、ドルフィーの生々しさ、鮮烈さ、めくるめく躍動感、圧倒的スピード感を思い知らされる。

このところ、今まで聴かず嫌いしていた、コルトレーンとドルフィーが共演する海賊盤のライブを何枚か手に入れた。コルトレーンバンドにおけるドルフィーの演奏については、私はどちらかというと過小評価してきた。基本がビバップ的なドルフィーとは、モーダルなマッコイ・タイナーのバッキングやエルビンのポリリズムは相容れない印象があったし、ドルフィーのソロが編集でカットされているヴィレッジ・ヴァンガードのライブ盤はもとより、ドルフィーの存在感がいまいちな印象をコルトレーンとの共演には抱いていたのだ。

しかし、音質が悪いながらも海賊盤の記録から聴き取れるドルフィーとコルトレーンのアドリブの凄みは、これまでのもどかしさを一掃した。レコード片面に及ぶMy favorite thingsにおける長尺のフルートソロや、異形のバスクラ、壮絶なアルトサックス。ドルフィーの存在感は圧倒的だ。コルトレーンバンドの美学を異化しながら切り開かれるドルフィーの地平は、コルトレーンのアドリブの展開にも強く作用しているように感じられる。

テーマのあと、コルトレーンのソロが先発しドルフィーが引き継ぎ、コルトレーンがリプライするというパターンが多いのだが、ドルフィー以後のコルトレーンはリズムにおいてもフレージングの跳躍においても自身の先行ソロを上回るインスピレーションを発揮する。

スピリチュアルな探求から、いわゆる神がかりな様相を見せるコルトレーンの音楽。そこには、彼が自らに神をおろすために、コルトレーンを刺激し、秩序をかき乱し、アドリブの深淵を引きずり出す媒介者が必要とされたのだろう。

いわば、トリックスターとしてのドルフィー。(そしてファラオ・サンダースも同様である)

ドルフィーとコルトレーンの海賊盤の演奏の凄みを前にして思うことのもうひとつは、一般に後期になるほどフリージャズに傾斜し、マッコイ・エルビンを擁する黄金のカルテットの解体に至ったと思われているコルトレーンが、1961年ごろのドルフィーとの共演の時点ですでにフリーキーで過激なアドリブの領域を垣間見せていることへの驚きだ。そこにはコルトレーンをも触発してやまない、ドルフィーの突出した想像力の飛翔が作用しているに違いない。

絵葉書コレクション MINTONHOUSE





横浜の中華街の外れのジャズバー、ミントンハウス。そういえば1975年創業というからもう40周年なのである。先日飲みに行ったとき、久しぶりに来たという男性客が「おいどん、40周年おめでとう」とマスターのおいどんに声をかけていた。おいどんはあっさり「ありがとう」といつもののんびりした口調で答えるばかり。

創業当時を知る知人のIさんから、「真っ白なべニアの内装の、明るい店だった」と聞いたことがある。今では店内はヤニと汚れですっかり飴色に変色し、すり切れて読み取れなくなったレコードジャケットの背がびっしり並んでいる。

検索したらこんな記事があった。

元町・中華街ピープルピクニック

絵葉書に描かれたように、入り口近くに座り読書するマスターの姿をいつまでもながめていたいものだ。

Here's That Rainy Day





採集地 横浜

エリック・ドルフィー 想像力の果てに




6月29日は、ジャズミュージシャン、エリック・ドルフィーの命日。1964年に没しているのでちょうど没後50年になる。

今日はドルフィーのレコードをあれこれ聴きつづけている。リーダー作、そしてミンガス、コルトレーン、オリバー・ネルソン、ケン・マッキンタイヤー、ジョージ・ラッセルなど様々な共演作。

ドルフィーはいつだって一人突出している。でかい音、めくるめくフレーズ、ひしゃげた叫び、強烈なバウンド感。アルト・サックス、バスクラリネット、フルートの変幻する世界。

でも、ドルフィーの饒舌さにはいつも、耳につっかえるような、心を不穏にさせる、なんともぎこちない響きが感じ取られるのだ。

ぼくは吃りでした。吃りというのは言いたいことがいっぱいあるということで、想像力に発音が追いつかない。発音が追いつかなくとも、でもぼくはしゃべっているのです。このとんでもない「ずれ」はいつまでもぼくのどこかを残響させ、それがそのまま作曲に流れこんでいったように思います。

武満徹「音、沈黙と測りあえるほどに」

そう、ドルフィーのぎこちなさを伴う発語には、武満のいう吃音者の原理と同じものが働いているのかもしれない。オーネット・コールマンにはフルバンドのファースト・アルトは務まらないが、ドルフィーにはそれが出来ると、彼の器楽的な能力を評する者がいる。しかし、ドルフィーの脳内には彼の技量をもってしても到底追いつくことができないような想像力、表現しつくせない楽想があふれ出ていたのだと思う。

確かに、一聴するとオーソドックスなビ・バップ的な演奏も、クリシェに頼ったフレージングもドルフィーにはある。でも、いつだってドルフィーには特有の揺らぎがある。頭の中で渦巻いているイマジネーションのスピードとボリュームにより、きしんだドルフィーの音。

ドルフィーから湧き起るとめどないフレーズに、めまいを覚えることがある。何度も繰り返し聴いている演奏なのに、どこか彼方に放り出されるようなドライブ感。しかし、おそらくドルフィー自身が自分の内側から湧き起るエネルギーを制御しきれずに、自分の楽想を楽音に表出する限界の前で揺らいでいたのであろう。聴く者が誰ひとりたどり着けない、自身の想像力の果ての孤独な闘い。

それが、ドルフィーに感じる「ずれ」であり、彼の「謎」を生成している。

ゲバラ 怒涛のJAZZライブ






ゲバラさんというアルトサックスプレイヤーの名を知ったのは、昨年の秋のことだった。新潟の水と土の芸術祭に出かけた折、夜飲んだジャズバーで、マスターがかけた1枚のCD。「Sun Ship meets Guevara in Tottori」。テナーサックスカルテットのサンシップというバンドが、鳥取で地元ミュージシャンのゲバラ武信さんと共演したライブ盤だ。

コルトレーンバンドを彷彿とさせるスピリチュアルで、ヘビーなサンシップ。そこに加わったゲバラさんは、なにしろ個性的で強烈だった。いつかライブで見てみたいという思いが、先週末に実現した。平塚の小さなジャズバーで、上京したゲバラさんが参加したサンシップのライブがあったのだ。

生音で聴くゲバラさんは、アグレッシブで疾走感にあふれ、美しくエモーショナルな音色で、生々しく胸に迫った。学生運動盛んな時代に、チェ・ゲバラの似顔絵入りヘルメットがトレードマークだったという逸話から名付けられたという「ゲバラ」。かなりなお歳なのだろうが、アルトサックスを吹くやアッパーな曲もバラードも、ほぼ全編ブロウトーン(唸りながら吹く)でものすごいビッグトーンが炸裂する。

フレージング云々など、小賢しいプレイは一切なく、ただただ熱い音を叩きつけるパワー。ロングトーンを吹くだけで情感にあふれる揺らぎのあるプレイ。こんなに疾走感のあるサッックスはめったに体験できるものではない。

本番終わり、全力投球の演奏に息の上がるゲバラさんと言葉を交し、またライブでお会いできる日の来ることを誓って帰路についた。興奮冷めやらぬ一夜であった。




無意識のDJ

PERSPECTIVEsome shapes to come


久しぶりに横浜のジャズ・バー、「M」へ行った。日曜日の深い時間。年配のご夫婦らしき二人と常連の若者だけの静かな店内。ビールでおでんをつまんでいるとスティーヴ・グロスマンのレコード、「PERSPECTIVE」がかかった。一聴するとさわやかでメロウなフュージョン・サウンド。ところがグロスマンのテナーが炸裂するとゴリゴリの濃い世界に変貌してしまう。その後もマスターの自在な選曲は続いた。ハッピーなスイング・ジャズがかかり、マリオン・ブラウンのヘタウマ・スタンダードがかかり。若い客のリクエストでデヴィッド・サンボーンのアルバムがかかり。

「M」のマスターの選曲は、オーソドックスなジャズから、フリー・ジャズ、ヴォーカル、ビッグ・バンド、スイング、フュージョンまで飛び出す横断的な自在さに魅力がある。日本各地のジャズ喫茶、ジャズ・バーをこれまで訪ねてきたが、「M」のマスターほど融通無碍にレコードを選ぶオヤジは、他に類を見ない。

「SOME SHAPES TO COME」がっかかった。またもやゴリゴリのスティーヴ・グロスマンのサックスが鳴り響く。するとカウンターの隣に座った老夫婦の白髪のご主人が言った。

「このサックス、さっきもかかったよね」
「ああ、そうだったっけ。・・・・・・もう自分が何かけたか忘れてる

マスターの言葉に一瞬あっけにとられ、そしてなんとも可笑しさがこみ上げてきた。「M」のマスターの選曲は、半ば無意識のなせる業だったのだ。融通無碍な無意識のDJ


こんな夜の出来事が、私の中でまたブログ再開しようかという気持ちに結びついていったのである。無意識の流れにまかせて、気ままに気負わず書いてみればいいじゃないかと。

2006年 私のお気に入り JAZZ遍路

JAMAICA■JAZZ遍路
・JAMAICA(札幌)
2万枚のレコードに囲まれて、パラゴンの生々しい音で聴くジャズは最高。リクエストしたドルフィーのバラードに、他のお客さんも感嘆の声を漏らし、かつてない連帯感を感じた。選曲もハードで大満足。札幌の老舗ジャズ喫茶のパワーにうなった。

・BOSSA(札幌)
エリス・ヘジーナをリクエストしたところ、マスターが次々にブラジル音楽をかけてくれ、予想外の爽やかなジャズ喫茶体験となった。カクテル飲み放題コースにも満足。

・バロン(夕張)
夕張の場末のスナックで、思いがけずジャズを聴いた。亡くなったマスターのレコード・コレクションから好きなレコードを選び、リクエスト三昧。夕張の財政破綻で、この店もどうなってしまうのだろうか。


ジャズ・バーではないけれど、札幌の名門「バーやまざき」は素晴らしいカクテルと、楽しいもてなしが印象に残る。プレゼントされたマスターの切り絵は宝物になった。野毛のバー「山荘」のジュークボックスで聴く音楽も味わいがあった。ミントンハウスはあと1年少しで建て替え。今年はなるべく多く通いたい。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ