中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

ライブ

トマソンズ meets 林晶彦 at YOKOHAMA JAZZ FIRST




トマソンズのホームグラウンドであるジャズスポット、横浜ジャズファーストでのライブ、「MAY STORM NIGHT」が迫ってきた。

今回のトマソンズはゲストにベースの江口丈典、ドラムスの林裕人という30代の二人をむかえて演奏する。トマソンズはライブに今までにもゲストを加え、不定形な編成で即興演奏をしてきたが、今回のメンバーは昨年の新宿シアターPOOが初顔合わせで、2回目のユニットとなる。

トマソンズ+〇と名乗ってきた従来のゲストユニットと異なり
「ELECTRIC THOMASSONS」の名を冠している。

ベーシストがエレキ・ベースを弾くとか、ジョヴァンニ・スキアリがピックアップマイクでチェロをアンプにつなぐという意味を超えて、今までのトマソンズとは異なる新たな音を創りたいという意気込みの表れなのである。

私が好きなサックス奏者ジョン・ゾーンが自身のユニットに「MASADA」と「ELECTRIC MASADA」という名称を使い分けたように。


ライブのタイトル「MAY STORM NIGHT」は直訳すると「5月の嵐の夜」であるが、そもそも英語にはMAY STORMという表現は存在しない。日本で大気が不安定になる5月にちなんだ和製英語なのである。

トマソンズの音楽を私自身はジャズだと思っている。これは相方のジョヴァンニ・スキアリとは見解を異にするとこなのだけれど、いわゆるスタンダード・ナンバーを理論に基づいて演奏するオーソドックスなJAZZとは隔絶しているとはいえ、私にとっての即興演奏は「ジャズ」という言葉でしかすくい取れない衝動に支えられている。

JAZZ の世界には存在しないトマソンズ固有のジャズとでもいえばいいのだろうか。ちょうどMAY STORMという言葉のように。

そして今回のライブでは私は林晶彦というユニークなピアニスト・作曲家とも共演する。クラシック音楽を土台にして、独創的で柔軟な旋律を生み出す彼が、即興主体の演奏に挑戦する今回、私の荒くれたサックスと、ビアノの美しい響きがどのように対峙できるのか。

JAZZ ではないジャズのMAY STORM NIGHT。嵐は起こるか?

MAY STORM NIGHT
トマソンズ meets 林晶彦 at YOKOHAMA JAZZ FIRST
2019年5月19日(日)
18:30 OPEN
19:00 START
チャージ2500円+drink order
横浜ジャズファースト
横浜市中区長者町9-140 1F
ご予約・お問合せ TEL 045-251-2943


エレクトリック・トマソンズ始動!




去る11月11日の日曜日、新宿のシアターPOOトマソンズのライブでした。今回は2度目の競演となる「かつしか動物公園」とのステージ。1stセットのかつしかは7人所帯のユニークなバンド。おしゃれで泥臭くて笑えて。小劇場である会場のシアターPOOの舞台いっぱいに暴れまくる彼らは、演劇的なアプローチもみせた圧巻のパフォーマンスでした。

2ndセットはトマソンズ。ベースとドラムスをゲストに加えてテーマは「エレクトリック・トマソンズ」
エレクトリックベースの江口さんの「エレキ」ばかりでなく、ジョヴァンニ・スキアリは人生初のチェロにエフェクターを使用。アルコ奏法でディレイを取り入れました。まだ効果は未知数ですが、新たなチャレンジです。ドラムスの林さんは体もデカいが音もデカい。彼の繰り出すリズムにはパワーと自在さが共存し、知的でありながら過激な江口さんのエレベとともに、トマソンズに新たなグルーブを生み出してくれました。





最後は、トマソンズのステージにかつしか動物公園のメンバーも加わって、フルメンバーでの大セッション。ツインドラムスが炸裂しました。




では、新たに始動したエレクトリック・トマソンズの演奏を見ていただきましょう。曲は「Electlic Assenblage」。もともとは阪本テツとジョヴァンニ・スキアリのDuoによるオリジナル曲です。この新しいユニット、来年もやりたいなあ。

観客のひとり、舞踏家の筆宝ふみえさんは「まだ気が早いけど、このライブで年越しした気分」と言ってくださりました。多忙・多彩だった今年のトマソンズを締めくくるようなライブ、支えていただいたみなさんに感謝しています。




トマソンズ+庄田次郎×かつしか動物公園




3月31日、庄田次郎さんをゲストに迎え、かつしか動物公園を対バンにトマソンズのライブが開催されました。第1部は即興一筋の庄田次郎さんがトマソンズに加わり、私たちのオリジナル曲や庄田さんのオリジナル曲を演奏。かつしかのリーダーひだまなぶさんのウッドベースが加わる場面も。

なかでも、トマソンズの持ちネタであるデューク・エリントンCome Sundayをモチーフにした演奏では、庄田さんのルーツにあるJAZZスピリッツが伝わる即興が展開しました。







かつしか動物公園はメンバー7人がエネルギッシュでユニークなステージを繰り広げ、そのパフォーマンス性の高さは演劇的でもありました。

最後は、かつしか動物公園の演奏をベースに、庄田さんとトマソンズも加わっての大セッション。荒ぶるスタンド・バイ・ミーや庄田さん作曲のバラード、Like a Tabooを演奏。祝祭的で高揚した音が炸裂しました。




新宿シアターPOOでのこのメンバーとの共演、是非また実現したいですね。お客さんも巻き込んで、ほんとに楽しいライブでした。

撮影:久保田功




トマソンズ ライブ・スケジュール





先月、トマソンズの相方のチェロとピアノ担当ジョヴァンニ・スキアリさんが突然入院しました。5月は活動予定が少なかったもののトマソンズとしてのライブへの参加を1本断念。今は無事退院され、6月3日には復帰後最初の演奏で、モダンダンスの万城目純さん・広岡愛さんとの即興パフォーマンスを無事終えることができました。

この後も様々なステージが控えていますが、打ち上げで飲ませすぎないよう保護観察中。短い間とはいえ演奏から遠ざかった反動か、今、ジョヴァンニさん、冴えています。


トマソンズ・ライブスケジュール

初夏の室内楽コンサート
・6月11日(日)14:00〜16:10
・旭区民文化センター サンハート音楽ホール(相鉄二俣川駅)
・入場無料

クロカル・アンサンブルのメンバーによるクラシックのグループコンサートにトマソンズ+1が参加。
ゲストギタリストの鵜野澤’うのこ’達夫さんをむかえ、武満徹の映画音楽などを演奏します。
木質の音楽ホールの美しい響きにも注目。我々の出番は15時頃です。
多彩なユニットの演奏を、いろいろお楽しみ下さい。

はるもきライブ
・6月17日(土)20:00〜
・立ち飲み居酒屋「はるもき」(藤沢駅)
・入場無料 ドリンクオーダーをお願いします

地元のジョヴァンニさんが夜な夜な通う個性派立ち飲み屋の恒例のライブに、トマソンズが登場。
大いに飲んで楽しんでください。我々の出番は21時頃の予定。生ホッピーがおいしいです。

ベイサイドネット試聴会ミニ・ライブ
・6月18日(日)15:00〜17:00
・オーディオ・ショップ 横浜ベイサイドネット(桜木町駅)
・1080円(ドリンク付き)

わたくしテツが頼りにしている自作派オーディオショップの試聴スペースをステージに、トマソンズが演奏します。ストリートでも活躍しそうなポータブルPAシステムのデモも兼ねています。
ベイサイドネットの西川さんは無類のアルバート・アイラー好き。パワフルに行きますよ!

真夏の夜のDuo at JAZZ FIRST
・7月9日(日)19:00〜21:30
・横浜ジャズファースト(京急日ノ出町駅)
・1080円+ドリンクオーダー

3回目になる老舗ジャズスポット「ファースト」でのライブ。今回は人気沸騰中のキュートな若手ジャズDuo、サファリパークDuoと共演。世代もスタイルも大きく異なるDuoユニットが演奏します。
トマソンズにはサファリパークDuoの園長こと野村おさむさんがゲストパーカッションで参加。
フルメンバーでのセッションもあるかも?


その他、8月には下田市民文化会館で、9月には東横線白楽の「ビッチェズ・ブリュー」で、トランペットの大御所庄田次郎さんとの共演を控えています。

皆さんのご来場を、お待ちしています。



トマソンズ+1 Live at JAZZ FIRST vol.2













横浜のジャズ・バー「JAZZ FIRST」でのトマソンズ2回目の単独ライブが4月15日夜、終わりました。満場のお客さまと、素敵なゲストに支えられ、トマソンズのプレイも熱く盛り上がりました。あらためまして、御礼申し上げます。

ゲストギタリストの鵜野澤’うのこ’達夫さんの参加により、新鮮なレパートリーにも挑戦。武満徹作曲のPOPソングや映画音楽ではトマソンズの新しい音が出せました。

また、当日駆けつけてくださったKYOUさんのピアノと野村おさむさんのドラムスは、即興の楽しさいっぱい。フルメンバーでのセッションはワクワクでした。

マスターの山崎さんのご厚意で、打ち上げでもいくつもの演奏をさせていただき、アフターアワーズまで音であふれた一夜でした。


紹介した画像は、お客様のイケノさんとサカイさんが撮影してくださった一部です。素晴らしい写真をありがとうございます。


数日後、トランペット・サックスの庄田次郎さんのライブにトマソンズが参戦したのですが、お店のマスターから「トマソンズの二人の音は、ジャズの側とかクラシックの側にどちらかが寄り添うのではなく、たがいに対立できているところが新鮮だね」と言ってくださいました。


結成6年目。昨年から今までになく勢いにまかせステージを重ねているわたしたちトマソンズですが、これからも即興演奏を主体に「なんだこれは!?」という音を響かせていきます。


トマソンズ・ライブスケジュール

■5月19日(金)NONAME SESSION at 国分寺giee 19:30〜
 ※モダンダンス・タップダンスとのセッションあり     

■6月3日(土)時空の箱舟展 イベント&パーティー
 ギャラリー時舟(横須賀市東浦賀)16:00〜
 ※ダンスとの共演

■6月11日(日)クロカルコンサート(クラシック室内楽)
 旭区民センター音楽ホール サンハート(二俣川)14:00〜
 ※ゲストギタリスト:鵜野澤達夫

■6月17日(土)はるもきライブ
 立ち飲み居酒屋はるもき(藤沢)21:00〜
 ※立ち飲み屋でミニライブ

■9月24日(日)庄田次郎セッション
 ビッチェズ・ブリュー(白楽)20:00〜
 ※トランぺッター庄田さんと共演


    

トマソンズ LIVE info





2016年9月18日(日)
横浜の老舗ジャズバー「JAZZ FIRST」で、トマソンズの単独ライブ!

9月の3連休の中日、15時のスタートです。
ゲストとして、テナーサックスの浅原ガンジーさんも参加してくださいます。

わたくしテツは
アルトサックス・ソプラノサックス・クラリネット・バスクラリネットの4本フル装備で
ジョヴァンニ・スキアリさんはチェロとピアノで、デュオを展開します。

ピアノはグランドピアノをお借りできますし、お酒・酒肴も楽しめるお店です。
チャージは500円。別途ワンドリンクのオーダーをお願いします。

いつもより、ジャズ濃度高めでいきます。
ジョヴァンニさん、ジャズピアノデビューなるか?

ご期待ください!


今年7月のステージの録音をYoutubeにアップしました。
韓国のアリランとスタンダードのSUMMERTIMEの変奏です。

ゲバラ 怒涛のJAZZライブ






ゲバラさんというアルトサックスプレイヤーの名を知ったのは、昨年の秋のことだった。新潟の水と土の芸術祭に出かけた折、夜飲んだジャズバーで、マスターがかけた1枚のCD。「Sun Ship meets Guevara in Tottori」。テナーサックスカルテットのサンシップというバンドが、鳥取で地元ミュージシャンのゲバラ武信さんと共演したライブ盤だ。

コルトレーンバンドを彷彿とさせるスピリチュアルで、ヘビーなサンシップ。そこに加わったゲバラさんは、なにしろ個性的で強烈だった。いつかライブで見てみたいという思いが、先週末に実現した。平塚の小さなジャズバーで、上京したゲバラさんが参加したサンシップのライブがあったのだ。

生音で聴くゲバラさんは、アグレッシブで疾走感にあふれ、美しくエモーショナルな音色で、生々しく胸に迫った。学生運動盛んな時代に、チェ・ゲバラの似顔絵入りヘルメットがトレードマークだったという逸話から名付けられたという「ゲバラ」。かなりなお歳なのだろうが、アルトサックスを吹くやアッパーな曲もバラードも、ほぼ全編ブロウトーン(唸りながら吹く)でものすごいビッグトーンが炸裂する。

フレージング云々など、小賢しいプレイは一切なく、ただただ熱い音を叩きつけるパワー。ロングトーンを吹くだけで情感にあふれる揺らぎのあるプレイ。こんなに疾走感のあるサッックスはめったに体験できるものではない。

本番終わり、全力投球の演奏に息の上がるゲバラさんと言葉を交し、またライブでお会いできる日の来ることを誓って帰路についた。興奮冷めやらぬ一夜であった。




2006年 私のお気に入り 音楽

JOAO■音楽
・ジョアン・ジルベルト(東京国際フォーラム)
神様はやっぱり遅刻した。しかし2時間近いコンサートはノンストップ。次々に唄が溢れ出す。まさにシェガ・ヂ・サウダージ(想いあふれて)。伝統芸能のような完璧なコントロールと、自在でのびやかな表現が共存する稀有な音楽体験だった。ギター1本であれほど深い世界を生み出すミュージシャンは、ジョアンしかいない。


・オーネット・コールマン(オーチャード・ホール)
オーネットのアルトの響きは、ほんとうに美しかった。ドラマーとツイン・ベースの編成で生み出すリズムは、しなやかでフレキシブル。オーネットのフレージングと絡み合い脳の中がほぐされるような快感を覚えた。フリージャズの伝説を体感した貴重な一夜だった。

・武満徹トリビュート・コンサート SOUL TAKEMITSU(オペラシティー・コンサートホール)
武満徹に捧げられた現代音楽と、武満のポップ・ソングを堪能した。にぎやかな顔ぶれの企画には出来不出来もあったが、美しいメロディーの数々にうきうきした気分になる。 リチャード・ストルツマンの流麗なクラリネットを聴けたことは収穫だった。武満のオーケストラ作品もいつか聴いてみたい。

・デヴィッド・マレイ(新宿ピットイン)
マレイはまだまだ健在だった。多彩な演奏技法に支えられた、イマジネーションとエモーションに溢れた演奏。目の前で吹きまくるマレイに、ライブハウスならではの熱気を感じる。どす黒くうねるテナー・サックスは現役最強のパワーだ。


昔に比べるとライブを聴く回数はすっかり減ってしまったが、今年は大物ばかりを体験した当たり年だった。横濱ジャズプロムナードの路上集団即興演奏では、庄田次郎さんと初共演(狂演)。サックスを吹いた後のビールは旨い。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ